amazon.comは返品できる?返金額・送料・手数料を確認しよう

amazon.comでショッピングをしていると、たまに不良品や説明と違う商品が届くことがあります。その場合はAmazonの一部の商品を除いて返品が可能です。ただし、Amazonに返品しても全額返金されるとは限らず、Amazonの返品条件によって返金額が変わります。

今回は、Amazonの返品条件と返品方法や、送料や手数料はどうなるかなどについて解説します。

目次

Amazonの返品条件と返金額

Amazonでは、すべての商品が返品できるわけではありません。また、返品理由や返品の条件によってAmazonからの返金額も変わってきます。

Amazonにおけるトラブル・不具合による返品条件と返金額

Amazonは商品到着から30日以内であれば、基本的に返品・交換が可能です。正常に動作しない・壊れているなどの不良品は、返品・交換が可能であることはもちろん、返品する商品に支払った額が手数料も含めAmazonから全額返金されます。

あわせて読みたい
Amazonの返金はいつ?デビットカードを使って買った場合を解説 デビットカードは、クレジットカード同様、Amazonなどのネット通販で役に立ちます。 その一方で、デビットカードで購入した商品を返品した場合、なかなかAmazonからお金...

Amazonでは返品ができない条件や商品もある

ただし、Amazonでは以下の条件の商品は返品自体ができません。

・受注生産品
・特注製作品
・刻字入り商品
・サイズお直し品
・メーカー既成の外装で配送した商品を返送(返品)するときに外装がない場合や、外装のみに損傷がある場合
・メーカー既成の外装に直接出荷伝票が貼られているという理由の返品
・商品詳細ページに返品や交換ができない旨の記載がある商品
・服&ファッション小物、シューズ&バッグのカテゴリーで使用済みの商品
・特別取扱商品で受領印を押した後に配送による商品のトラブルが原因の商品
・Audibleのオーディオブックなど音声デジタルコンテンツ
・金庫
・イベントチケット、サービスチケット、プリペイドカードその他プリペイド式商品
・Amazonギフトカード など

Amazonでサイズ違いなど購入者都合による返品条件と返金額

「間違って注文した」
「気が変わった」
「やっぱり要らなくなった」

といったAmazon購入者の勝手な都合による返品の場合でも、Amazonでは原則として商品到着から30日以内であれば返品が可能です。

ただし、Amazonで返品した際に全額返金されるのは未使用かつ未開封の場合のみが返品条件です。Amazonへ返品した商品が開封済みの場合は返金額は購入代金の50%になります。Amazonの返品条件の例外として、洋服・シューズ・バッグ・税込み30万円未満の腕時計やジュエリーなどのファッション系アイテムは、サイズ違いなど試着後に返品可能です。またAmazonでは、商品によっては返品の際に独自の返品条件や返金額を設けている場合があります。

参考:返品・交換の条件 Amazonカスタマーサービス

あわせて読みたい
Amazonで間違えて注文した商品の返品送料を無料にする方法 「Amazonは何でも返品できる?」 「間違えて注文した商品の返品送料は誰が負担するの?」 「返品商品は着払いと元払いどちらがお得?」 このようなお悩みはお持ちではな...

amazon.comにおける返品時の送料の扱い

Amazon商品の返品の際にかかった送料(返送料)も返金されるかはケースバイケースです。

不良品の場合

Amazonで正常に動作しない・壊れているなどの不良品の返品の場合は、商品代金はもちろん、返品するためにかかった送料・手数料・ラッピング料金も全て返金されます。返品にかかった送料もAmazonが負担してくれます。

Amazonでサイズ違いなど購入者都合での返品の場合の送料や手数料

Amazonでサイズ違いなど購入者都合で返品する場合は、商品代金は返金されても返品にかかる送料や各種手数料は返金されません。またAmazonでは、返品にかかった送料も自己負担となります。中国などの海外出品者から購入したものを返品する場合の返品送料は国際送料になります。そのため、返品手数料や送料は事前に確認しておきましょう。

amazon.comの返品手順は?中国など海外からの返品方法や送料は?

ケース別にAmazonでの返品手順を説明します。

あわせて読みたい
Amazonで購入した商品を返品する場合のおすすめの発送方法を紹介! Amazonで買った商品の到着をワクワクしながら待っていたら不良品だった…。そんな残念な経験をしたことはありませんか?Amazonに限らず、ネットショッピングは現物を見て...

amazon.co.jpが販売、発送した商品の返品方法と送料

amazon.co.jpが販売、発送した商品の返品手順は次のとおりです。

1.Amazonにログイン

2.アカウントサービスから「注文履歴」を選択

3.返品したい商品を見つけて「商品の返品」をクリック

4.返品理由を選択・返品の具体的な理由を入力

5.手続き方法を選択

6.返送方法の選択

7.商品の梱包・発送

あわせて読みたい
Amazonの返金方法はギフト券のみ?返品から払い戻しまでの流れを解説 「Amazonの返品・返金手続きの方法がわからない」 「返金されるまでの期間は?」 「返品・返金手続きの注意点を知りたい」基本的にAmazonで返品・返金手続きをする機会...

返品ラベルの印刷

Amazonの返品用ラベルを印刷するにはプリンターが必要です。

プリンターがない場合

Amazonの返品用ラベルを印刷するためのプリンターがない場合は、以下のいずれかを同梱して返送・返品してください。

・返品手続き後に表示されるバーコード番号を記入した紙
・返品する商品に貼られていた「SP」から始まるバーコード
・商品が届いた時に貼られていた送り状ラベルのバーコード又はお問い合わせ伝票番号部分
・返品受付IDをご自身で記載したメモ
・商品が届いた時に入っていた納品書

Amazonマーケットプレイス出品者から購入した場合の返品方法は?中国からも返品できる?

Amazonでマーケットプレイス出品者が販売・発送した商品を返品する場合は、返品手順は上記と同じですが、返品する前に返品条件を確かめる必要があります。

Amazonの出品者のプロフィールページにある「返品&返金ポリシー」で返品条件が確認できます。Amazonで返品条件を確認し、返品可能な場合は、注文履歴から返品リクエストを出します。Amazon出品者が返品を了承したら、上記の手順で返品してください。

Amazonに返品リクエストを出してから2日以上連絡がない場合は、Amazonカスタマーサービスに返品の旨を連絡してください。不良品や違う商品が届いたことを返品理由とする場合であれば、返品後すぐにAmazonから返品・返金処理されます。

中国など海外からAmazonに返品する場合は、DHLの保険付きの方法で返品・返送してください。

あわせて読みたい
Amazonで届いた商品が違う場合問い合わせする?べストな対処法を紹介 この記事では、Amazonマーケットプレイスで違う商品が届いた時の返品・交換方法や問い合わせ方法について解説していきます。Amazonマーケットプレイスとは、Amazon以外...

amazon.comでの返品送料を安くする方法

Amazonで購入者都合で返品する場合は、返品送料を抑えなければいけません。Amazonで購入した商品の代金が安い場合は、返品のための送料だけで赤字になる可能性もあるため要注意です。

安い運送業者を選ぶ

Amazonでの返品の発送方法には制限があり、返品に利用できる運送業者は以下の3社のみとなっています。

・ヤマト運輸
・佐川急便
・日本郵便(ゆうパックのみ)

Amazonに商品を返品する場合は3社の中からどの配送業者でも返品は可能です。

25kg以上や160サイズ以上の大きな商品を返品する場合を除いて、Amazonに商品を返品する場合の送料は基本的には日本郵便が送料最安の発送方法と言えます。

最安配送プラン

Amazon返品時における日本郵便で発送する場合の、送料最安の発送プランを紹介します。

・16.5cm×9.2cm以内、25g以内の商品:送料全国一律63円のミニレター
・34cm×25cm×3cm以内、50g以内:普通郵便(25g以内なら84円、50g以内なら94円で送れます。送料は全国一律)
・34cm×25cm×3cm以内、1kg以内:送料全国一律185円のクリックポスト
・34cm×25cm×3cm以内、4kg以内:送料全国一律370円のレターパックライト
・34cm×25cmで3cm超、4kg以内:送料全国一律520円のレターパックプラス

Amazonでこれより大きな商品を返品する場合は、ゆうパックが送料最安でおすすめです。

小さい梱包で発送する

返品の時、Amazonから商品が送られてきた際のダンボールが大きい場合は、小さいダンボールで梱包し直して返品しましょう。Amazon返品はサイズが小さくなれば返品時の送料も安くなります。

割引を利用する

Amazon返品時は集荷は極力利用せず、郵便局に返品する商品を直接持ち込んで持込割引を利用して返品しましょう。返品における送料を抑えることができます。

Amazon返品に関するQ&A

最後に、Amazonの返品に関するよくある疑問・質問に関する回答を紹介します。

受取拒否で返品できる?

Amazonの商品を受取時に拒否すれば、そのまま返品されます。ただ、購入者都合の返品となります。

Amazonで返品しすぎても条件的に大丈夫?

あまりに返品頻度が高いと、Amazonから悪質と判断されてアカウント停止処分などのペナルティが課せられます。具体的な返品の基準や条件はAmazonで公開されていません。

返金にかかる時間は?

Amazonで返品条件を確認し、Amazonが返品商品を受領したらすぐに返金されます。Amazonが返品商品を受け取り、返金処理が完了した際には、返金完了メールがAmazonより送られてきます。

Amazonの返品は簡単だけど条件によっては返金額が異なることがある

amazon.comでは商品到着から30日以内であれば簡単に返品できます。ただしAmazonでは、返品の条件や返品理由によって返金額が異なるため返品前に注意が必要です。中国など海外から返品する場合はDHL付きの配送方法で返送してください。Amazonではそれ以外の返送方法で返品すると返金されない場合があります。

また、Amazon利用時の返品頻度が高いとアカウント停止処分になる可能性もあるため返品の際は注意してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次