物販

国際郵便が追跡できない原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

国際配送する場合は国際郵便がおすすめです。スピード重視・安さ重視など様々な要望を叶える配送プランが多数用意されていますし、書留にすれば追跡も可能です。

しかし、国際郵便物が追跡できない場合があります。
そこで今回は、国際郵便が追跡できない原因と対策を解説します。

国際郵便の種類

まず最初に国際郵便の種類について説明します。国際郵便には5種類の配送サービスがあります。

・EMS(国際スピード郵便)
・国際小包
・小型包装物
・国際eパケット
・国際eパケットライト

国際小包と小型包装物には3種類の発送方法があります。

・航空便(AIR)
・エコノミー航空便(SAL便)
・船便

速さで選ぶなら「EMS(国際スピード郵便)」

配送スピードで選ぶならEMS(国際スピード郵便)がおすすめです。

EMS(国際スピード郵便)で送られた荷物は国際郵便の中で最優先に扱われるため、最速で配送されます。2~4日で荷物が届きます。
ただし、配送料は若干高めです。例えば、日本からハワイに2kg以内の荷物を発送する場合は、配送料4,500円で3日で配送されます。

EMS(国際スピード郵便)で配送が可能な荷物の重量は配送先によって異なります。詳しい重量・送料は以下のページで調べることができます。

EMS大きさ・重量制限一覧表

EMS(国際スピード郵便)を利用すると追跡番号が発行され、荷物紛失時は最大2万円まで補償されます。

重い荷物を送るなら「国際小包SAL便」

2kg以上の重い荷物を安く配送したい場合は、国際小包としてSAL便で発送するのがおすすめです。

国際小包は最大30kgまで配送可能です。国際小包の発送方法は、前述した航空便(AIR)エコノミー航空便(SAL便)船便の3つです。

配送スピード順に並べると以下のようになります(送料が高い順でもあります)。

1.航空便(AIR)
2.エコノミー航空便(SAL便)
3.船便

船便は配送料が安いですが、配送に1~3ヶ月かかります。航空便(AIR)は3~6日で配送されますが、配送料が高いです。書留にするとEMSとほぼ変わらない値段になってしまいます。

おすすめはエコノミー航空便(SAL便)です。
1~2週間で配送され、配送料も安いです。書留にしたとしても、EMSの半分ほどの送料で済みます。

2kg未満の荷物は「小型包装物SAL便」

2kg未満の軽い荷物は、小型包装物としてSAL便で発送するのがおすすめです。

小型包装物として配送できるのは3辺合計90cm以内(1辺60cm以内)、2kg未満の荷物です。

追跡番号は必須

トラブルを予防するために、国際配送する際は追跡番号を必ず発行してもらいましょう。
EMSは自動的に追跡番号が発行されます。その他の配送方法を利用する場合は、書留にすれば追跡番号が発行されます。

EMSで発送した荷物を追跡する方法

続いて、EMSで発送した荷物を追跡する方法を解説します。

EMSで追跡可能な国

EMSで発送した荷物を追跡できる国を以下に示します。

EMSの追跡番号の確認方法

EMSの追跡番号は、EMS伝票の控えに記載されています。

EMSの追跡番号

EMSの追跡番号は「EM987654321US」というように13桁で構成されており、必ずEから始まります。最後のアルファベット2文字は発送国を示しています。

EMSの荷物を追跡する方法

EMSで発送された荷物を追跡するには、以下のページで追跡番号を検索する必要があります。

EMS配達状況の確認

空欄に追跡番号を入力して「EMSの追跡」をクリックしてください。

すると、以下のように配達状況が表示されます。

既に配達が完了している場合は配送履歴に「お届け済み」と表示されます。

EMS追跡結果の配送履歴の見方

配送履歴の表記項目の例を以下に示します。

・引受
・国際交換局から発送
・国際交換局に到着
・税関検査のため税関へ提示
・通過
・保管
・差出人に返送
・お届け済み

注意が必要なのは「保管」と「差出人に返送」です。
「保管」は配達時に受取人が不在であったため郵便局で荷物が保管されている状況ということです。海外では不在配達後に再配達されません。不在配達の荷物を受け取るには、受取人本人が郵便局に取りに行く必要があります。保管期限内に取りに行かないと、差出人に返送されます。

EMSの追跡情報が更新されない場合

また、配送が遅れたりトラブルがあると、EMSの追跡情報が何週間も更新されないことがあります。

国際郵便が追跡できない3つの原因

続いて、EMSや書留付きの国際郵便が追跡できない原因を3つ紹介します。

情報処理に時間がかかっている

まず1つ目は、情報処理に時間がかかっているケースです。

日本を出た後の配送情報は、更新に時間がかかります。国によっては細かい配送状況が一切更新されない場合もあります。

例えば、以下のように詳しい配送状況が一切更新されず、いきなり「お届け済み」になる国もあります。

その一方で、以下のように配送状況が逐次更新される国もあります。

追跡できない国・地域にある

2つ目は、追跡できない国・地域に発送してしまったケースです。

上記の追跡可能な国・地域の中にも、追跡できないことが多い国・地域があります。
カナダ・オーストラリア・南米全土・アフリカ全土に向けて発送した荷物は、日本を出た後に追跡できなくなることが多いです。

郵便局のミス

3つ目は、郵便局のミスです。

郵便局員が追跡番号のバーコードスキャンをしていなかったり、書留をつけられない国に間違って発送してしまった場合は、追跡ができません。

国際郵便が追跡できない時の対処法

続いて、国際郵便で発送した商品が追跡できなかった場合の対処法をケース別に紹介します。

日本から海外へ発送した場合

まず日本から海外へ発送した場合の対処法を以下に示します。

1.追跡番号に間違いがないか確認する
2.追跡情報の更新を待つ
3.発送先の国の郵便局サイトで追跡する
4.調査請求書を提出する

追跡番号を調べて「引受」の履歴があれば、番号に間違いはありません。到着予定日を1週間以上過ぎても追跡情報が更新されない場合は、相手国(発送先)の郵便局サイトで追跡してみてください。相手国サイトでは情報が更新されていることがあります。

海外の郵便局サイトリンク

それでも追跡ができなかった場合は、調査請求書を郵便局に提出しましょう。やり方は後述します。

海外から日本へ取り寄せた場合

次に海外から日本へ取り寄せた場合の対処法を以下に示します。

1.追跡番号に間違いがないか確認
2.発送元の国の郵便局サイトで追跡
3.発送主に連絡

発送主へ連絡する際は英語のような例文を送ってください。

Hello,
I have not received the items I purchased from you on 【日付】.
I checked the tracking number you told, but I didn’t know where my baggage is.
Please check the location of it and tell me.
Best regards,

(日本語訳)
こんにちは。
私が◯月◯日に購入した商品がまだ届いていません。
あなたが言っていた追跡番号を調べましたが、荷物の所在は分かりませんでした。
私の荷物の所在を調べて、教えてください。
よろしくお願いします。

国際郵便が届かない場合の対処法

国際郵便を追跡できず、荷物も届かない場合は、郵便局に調査請求書を提出しましょう。

EMS・書留は調査依頼が可能

調査請求書は、EMSか書留付きで発送した荷物が届かない場合のみ提出できます。

小型包装物や国際小包を書留なしで発送した場合は、調査してもらえません。注意してください。

調査請求書の提出方法

調査請求書は日本郵便のサイトからダウンロードできます。

調査請求書のダウンロード

調査請求書に必要事項を記入したら、2枚分コピーして1枚を発送した郵便局に届けてください。もう1枚は控えとして取っておきましょう。

調査結果

調査請求書を提出してしばらく経つと、電話か書面で回答が返ってきます。

電話で回答が来た場合は、配達済みの報告が多いです。これに対して書面の場合は、荷物を紛失したため賠償するという内容が記載されていることもあります。

また、調査請求した時点で既に配達済みだった場合は、WEB上の追跡結果が「お届け済み」と更新されるだけで、回答が返ってこないことも多いです。

調査請求書で荷物が動くこともある

税関などで荷物が止まっていた場合は、調査請求書を出すことで荷物が動くことがあります。配送が遅れていると思ったら、積極的に調査請求書を出していきましょう。

国際配送はトラブルが多い

国際配送はトラブルが多いです。必ずEMSか書留つきで発送しましょう。
追跡できない場合は、相手国のサイトで確認してください。
それでも荷物の所在が分からない場合は、調査請求書を提出しましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法