韓国子供服を仕入れて日本で販売するには?仕入れサイトも紹介!

韓国子供服を仕入れてショップを開きたいけど、仕入れ方法が分からないという方。韓国子供服はどんな特徴があるのか、具体的な仕入れサイト、安く仕入れる方法、輸入の注意点をまとめています。是非参考にしてください。

目次

今人気が集まっている韓国子供服

日本に押し寄せている韓流ブームは、韓国子供服の人気にも火を付けました。ここ数年、オシャレなママやアパレル業界が韓国ブランドに注目しています。

そんな人気の韓国子供服のデザインやコスト、品質はどうなのか観ていきましょう。

デザインが豊富でオシャレ

日本の子供服とはちょっと違った、大人っぽいデザインや垢抜けたデザインが支持され、韓国子供服通販のセレクトショップが増えてきています。近年では女の子用はもちろん、現代風のスマートさを追求した男の子用の服も多く登場しています。

子供の可愛さを一層引き出す韓国子供服は、周りと差をつけることができインスタ映えも抜群。

また、豊富なデザインで飽きることなくオシャレが楽しめるのも利点です。何千というブランドが、一日に数着ずつ韓国子供服を作っています。だから、日本では考えられないくらい多くのデザインが生まれるのです。他の子どもたちとかぶらず、一点ものとして楽しめることも人気を集めている理由です。

お手頃価格

日本の人気ブランドは、オシャレだけど価格が高く、なかなか手を出せないという人が多くいます。しかし、韓国子供服はブランド間の競争率が高く、とてもオシャレなのに多くがお手頃価格で販売されています。オシャレなのに安いのは、消費者にとってとても嬉しいことです。

検査のクリア基準が日本製より緩い

市場に出回っている日本製の洋服は、とても厳しい検査基準をクリアしています。その反面、韓国での検査基準は緩く、縫製の糸始末が雑である場合が多くあります。しかし縫い目は服の裏にあるため、よく観察しないとその質は分かりません。子供服は一時的にしか着ないので、可愛さや希少価値を優先する場合は、縫製が多少いい加減でも十分満足することができるでしょう。

また韓国子供服にはタグが付いていないものが多いです。これもコストが抑えられる要因でしょう。

日本では子供服だけでなく多くの韓国商品に人気が集まっています。下記の記事では日本で売れ筋の韓国商品のジャンルや、利益の出る韓国仕入れの転売方法を紹介しています。ぜひ読んで参考にしてください。

参考:韓国仕入れメルカリ転売で儲ける方法!売れるジャンルも紹介

若い親世代が韓国子供服に好印象を持っている

以前は中国や韓国というと安くても質が悪い商品、というイメージがありましたが、現在の若い親世代は韓国系の洋服に好印象を持っています。

なぜかというと現在は韓国のスイーツやドラマ、アイドルなどが日本に浸透しており、若い親世代の韓国に対する抵抗感が薄れてきているのです。

韓国に抵抗のない若い世代と、子供服に関心を持つ世代がマッチしている現在は、韓国の子供服を販売するチャンスと言えるでしょう。

日本で韓国子供服を仕入れる方法

韓国子供服を作っている中国から仕入れる

一部の韓国の子供服は、中国で生産されています。中国から直接仕入れができれば、原価を抑えられる可能性が大いにあります。中国語を話せることができれば、専用のソフトを使って直接交渉してみても良いでしょう。
中国語が話せない場合でも、輸入代行業者を経由することによって交渉を進めてもらうこともできます。

以下は、中国のECショッピングサイトですが、韓国子供服が見つかる可能性もあるので是非探してみてください。

・淘宝網(タオバオワン)

中国の大手ITグループであるアリババグループが設立。中国で知名度が高く、個人同士の取引ができます。

・天猫

こちらもアリババグループが手掛けるECショッピングサイトです。出店は法人のみなので、淘宝網より高品質な商品が期待できます。
ちなみにタオバオと同じく知名度の高いアリババ1688.comもおすすめの仕入れ先です。

アリババ1688.com

中国で仕入れたものを輸入するための輸入代行を含め、中国輸入ビジネスの初心者が月収100万円以上になるためのノウハウを無料で教えてくれる「在宅中国輸入ビジネス講座」がおすすめです。
実際の成功者が教えてくれるので現実味があり、多くの役立つ情報が載っているので、無料登録をして購読してみましょう。

参考:無料で在宅中国輸入ビジネス講座を購読する

オークションサイトから仕入れる

国内外のオークションサイトから仕入れるという方法もあります。個人から購入できる著名なサイトを紹介します。

・BUYMA

注文した商品の買い付けを、世界に散らばるバイヤーが行ってくれるサイトです。日本に居ながら現地価格で購入できるのが魅力です。

・eBay

世界最大級のシェアを誇るオークションサイトです。掘り出し物が見つかるかもしれません。

・ヤフオク

日本国内で最も多く利用されているオークションサイトです。転売先としての利用も一般的です。

下記の記事では初心者向けのeBayでの買い物の仕方を解説しています。ぜひ読んでeBayを利用してみましょう。

参考:eBayの購入方法を初心者でもわかりやすく解説

現地で仕入れる

韓国に行ける人は現地で直接仕入れるという方法もあります。直接実物を確認することで、商品ページにある画像と実物とのギャップに頭を悩ませることがなくなります。

具体的にはブランドの店舗や古着屋、卸売市場などで仕入れましょう。韓国の卸売市場で有名なのはソウルにある東大門(トンデムン)市場や南大門(ナンデムン)市場です。

韓国に直接行けなくても現地在住の方に仕入れを代行してもらうなどして、上手に仕入れましょう。

日本向けのサイトで仕入れる

韓国の洋服を扱う日本向けのサイトは沢山あります。

SHEINやQoo10、DHOLICなどのサイトでは韓国アパレルを豊富に扱っているため、韓国子供服を仕入れることが可能です。

本格的に仕入れたい場合は、NETSEAなどの卸売サイトを活用すると良いでしょう。

ただし日本向けのサイトだからと言って、しっかりした出品者ばかりではありません。対応が不十分だったり連絡が取れなくなる出品者も存在していますので、レビューなどを確認して悪質な取引相手かどうかを見極めましょう。

参考:SHEIN

参考:Qoo10

参考:DHOLIC

参考:NETSEA

韓国子供服をより安く仕入れるには

より安く仕入れることは物販ビジネスの基本です。常に意識しておきたい「安く仕入れる方法」を解説します。

メーカーや製造元からの仕入れが安い

  • 韓国まで行った場合、ショッピングセンター・百貨店・スーパー・ホームセンター・個人商店などでは安く仕入れることは難しいでしょう。なぜならこれらは流通過程末端の小売店だからです。
  • 製造者から小売店まで商品が流れるには、様々な仲介業者が介入しています。それぞれの仲介業者に支払うマージンなどのコストがかかるので、流通過程の末端に行くほど商品価格が高くなります。

    例えば、製造者⇒卸業者⇒仕入れ業者⇒小売店という流れの場合をみてみましょう。卸業者より仕入れ業者、仕入れ業者より小売店の方が商品価格が上乗せされた分高くなります。

    そこでできるだけ流通過程の上流で、買い付けをするように意識しなければなりません。

    直接買い付けに必ず必要になってくるのが交渉です。交渉と聞くと難しそうに聞こえますが、コツを知っていれば怖がることは有りません。下記の記事では仕入れ交渉のコツや注意点を解説しています。ぜひ参考にして、ビジネスを成功させましょう。

    参考:仕入れ交渉のコツを解説!有利に交渉を進める方法

    現地でコネクションを作る

    メーカーから直接仕入れると、小売店の売価の5~7割引きになることもあり得ます。

    メーカーや卸業者とコネクションを作るには、韓国で開かれる展示会やメーカーなどに直接コンタクトを取るという方法が王道です。

    ある程度の販売経験を積んだ上級者の人は、次はこういった仕入れ方法を見据えてみましょう。工夫次第で独自の仕入れルートが開拓できます。

    多くの仕入先が参加する展示会に出向くことは、実際に自分の目で商品を見られるだけでなく、直接交渉をする事もできる大きなチャンスになります。下記の記事ではおすすめの展示会や参加する際の注意点を紹介していますので、参考にしてください。

    参考:仕入れ商品を展示会で探そう!展示会仕入れに挑戦する前に覚えておくべきこととは!?

    ネットで検索してもっと気軽に仕入れる

    韓国まで行って交渉するのはハードルが高すぎると感じる人は、安いルートでもっと気軽に仕入れしたいと思いますよね。

    そんな場合はGoogleの画像検索機能が役に立ちます。Amazon・楽天・ヤフオクなどで売っている子供服の画像を、仕入れ先からそのまま流用しているケースがあり、ネット上で辿っていくと仕入れ先が分かることがあるのです。

    まずはGooglechromeで「韓国子供服」と検索し、画像のみに絞ります。すると画像が沢山出てくるので、気になる画像の上で右クリックをして表示される「GoogleLensで画像を検索」をクリック。

    するとその画像が掲載されているホームページが沢山出てきます。その中に仕入れ先が含まれていれば、チャットやメールでコンタクトを取ってみましょう。検索した画像の子供服の他に、売れ筋商品があれば商品仕入れ開拓に繋げます。

    韓国の南大門(ナンデムン)市場は子供服が豊富

    韓国ガイドブックで必ずといっていいほど紹介されている南大門(ナンデムン)は超人気のスポット。名物の屋台や雑貨などありとあらゆるものを取り扱い、パワー溢れる魅力があります。

    そんな南大門には子供服の卸問屋街もあり、激安価格で仕入れることができます。南大門の子供服売り場はどんなところなのかや、アクセス方法などについて紹介します。

    南大門の子供服売り場の特徴

    南大門の子供服エリアでは、道路の両脇に子供服専門店が立ち並びその数は100店舗以上。店内は子供服が所狭しと並べられていますが、ベビー向け・ドレス・女の子向け・男の子向けという風に、ジャンルごとに分けられているのでお目当ての商品が探しやすいです。

    1着の価格帯は5,000~20,000ウォン(日本円で約500円~2,000円)という安さです。それでいてトレンドを取り入れた素敵なデザインが豊富。母子ペアで着られる服やキッズバッグなどもあり、ママ受けする商品が多いのが特徴です。子供服の対象は、主に小学校低学年までとなっています。

    南大門の子供服売り場へのアクセス方法と営業時間

    ◆アクセス方法

    南大門の最寄り駅は、地下鉄の4号線会賢駅(フェヒョン駅)です。6番出口から出て歩道沿いに直進します。そして2つ目の曲がり角で右折。

    地面にマンホールのような円形の方向表示があり、そこが子供服売り場の始まりとなっています。

    ◆営業時間

    平日の営業時間:昼間9:30〜17:00 夜間22:30〜5:00
    土曜日の営業時間:9:30〜17:00

    土曜日夕方から日曜はほとんど休みです。韓国の旧正月(ソルラル)や秋夕(チュソク)の間は一帯が休みになります。

    韓国の子供服売り場に行く際の注意事項

    卸売りの場合、5着から購入OKというところもあれば、100着以上の購入を条件にしているところもあります。また小売りの場合は、1着でも良いという店舗、5着は購入して欲しいという店舗があります。入店の際に購入数量の条件を聞き出しておくと、仕入れが行いやすいでしょう。

    決済方法は現金のみの店舗や、クレジットカードが使用できる店舗があります。クレジットカード決済では値引きができないケースが多いので、現金を用意して価格交渉するようにしましょう。

    韓国子供服を販売する方法4選

    韓国から仕入れた子供服を販売する方法は以下の4つです。

    1. Amazonで販売
    2. 楽天市場で販売
    3. メルカリで販売
    4. 自社のプラットフォームでネット販売

    ひとつずつ解説していきます。

    Amazonで販売

    Amazonで販売する一番のメリットはFBAを利用できる点です。FBAとはAmazonの倉庫が在庫管理・梱包・発送などの作業を代行してくれる、というサービスです。手数料は高くなりますが、商品を大量に扱っている人にはオススメです。

    Amazonではブランド登録されていない商品は、ノーブランド品と表示されてしまいます。ノーブランド品はライバルが少ないというメリットはありますが、販売価格が下がる傾向にあります。

    ブランド品として販売するためには、自社タグを縫い付けるなどしてAmazonにブランド登録申請をしましょう。

    楽天市場で販売

    キャンペーンの多さが主婦層に人気の楽天市場は、子供服を販売するためのターゲット層と合致しています。

    Amazonとは違い同一商品でも複数の商品ページが表示されるため、価格や商品タイトル、送料の有無などで他の出品者と差別化を図る必要があります。

    中国や韓国の仕入れサイトで使用されている画像をそのまま使うと、他の出品者と同じ画像になってしまいますので、写真は撮り直した方がいいでしょう。

    メルカリで販売

    若い世代に人気のメルカリですが、若い世代は韓国に抵抗感が少ないため、子供服を購入してもらいやすいと言えます。

    ただしメルカリは「安く買える」が特徴のフリマアプリですので、高値の商品を販売するのは難しいでしょう。

    値引き交渉などに柔軟に対応することで、購入者の信頼を得られるようにしましょう。

    自社のプラットフォームでネット販売

    ネットショップなどのプラットフォームを自社で用意して販売する方法もあります。BASEなどを利用すれば誰でも簡単にネットショップを開設することができます。

    他にも最近人気なのはInstagramを活用した販売方法です。韓国から仕入れた洋服の写真をアップして宣伝しています。

    より自由度の高い販売を目指す方にはオススメの販売方法です。

    韓国子供服のサイズや心配事

    韓国子供服のサイズは、日本の子供服と比べ少し小さめです。具体的に韓国子供服で表示されているサイズはどのくらいなのか紹介します。ブランドやデザインによって多少ずれるので注意してください。

    また、一時期話題になった発がん性についても解説します。

    ベビー服の韓国サイズ

    韓国サイズ日本サイズ参考年齢・体重
    3号(XS)85~90cm1~2歳・11~13㎏
    5号(S)90~100cm2~3歳・13~15㎏

    子供服の韓国サイズ

    韓国サイズ日本サイズ参考年齢・体重
    7号(M)100~105cm3~4歳・15~17㎏
    9号(L)105~112cm4~5歳・17~20㎏
    11号(XL)112~120cm5~6歳・20~23㎏
    13号120~128cm6~7歳・23~28㎏
    15号128~135cm7~8歳・28~31㎏

    購入する時はタグの表示と合わせて、洗濯方法や生地の種類も確認しておくと良いでしょう。特に大量仕入れの場合は今後のために、レシートを保管し店の名前を書き留めておいてください。

    危惧される発がん性について

    88社100種類の子供服を検査したところ、2製品に基準値を超える数値のホルムアルデヒドが検出されたと、過去に中国の広東省広州市商工局が公表したことがありました。

    ホルムアルデヒドは洋服の防虫剤に使用されていますが、発がん性があると危惧されています。しかし、ホルムアルデヒドは水洗いすることで取り除くことができるので、使用前の洗濯をおすすめします。

    これまで子供服の仕入れ方を紹介してきました。次は転売でビジネスをはじめる際に必要な知識や、おさえておきたいポイントを紹介した下記の記事を読んで、あなたのビジネスを成功させましょう。

    参考:副業でもできる!服を輸入してしっかり稼ぐ方法

    子供服を輸入する時の注意点

    韓国子供服を輸入する際注意しなければならない、「偽物ブランド」「ニット製商品」「革製品」について説明します。

    偽物ブランドに注意する

    偽物ブランドは商標権に触れるため、輸入を避けなければなりません。韓国や中国では偽物が多く出回っていて、もし間違って仕入れてしまったら税関で没収されてしまいます。輸入費用は輸入した人の自己責任ということもあり、偽物ブランドを掴まされないように十分注意しましょう。

    韓国子供服を仕入れるときは、ノーブランドのものを選ぶと安心です。

    ニット製商品は関税率が高い

    編み物などニットで作られた服は、簡易税率ではなく一般税率が適用されるので関税率が高めに設定されています。靴下やセーターなど、引っ張ると伸びるものがニット製衣類に当てはまります。

    革製品は関税率が高い

    商品の一部または全部が革で作られていると、一般税率が適用され関税率がかなり高くなります。その理由には、動物保護の目的という側面があります。

    子供服を仕入れるときは、革が含まれていないかしっかり確認しましょう。

    品質表示タグの情報が間違っていることがある

    韓国の洋服は品質表示タグの情報が間違っていたり不十分なことがあります。

    日本の子供服は10cm単位でサイズ表記がされています。子供は成長によってすぐに着れなくなることがあるため、サイズ表記がなかったり曖昧だと購入してもらえないことがあるので注意しましょう。

    質の低い商品もある

    韓国の子供服の中には質の悪い商品が紛れてることがあります。質の悪い商品や注文した商品とは別の商品が届いた、という口コミは多く存在しています。

    購入する際は口コミをよく見て信頼できるショップかどうかを判断しましょう。あまりにも評価の低いショップからは仕入れない方が無難です。

    特に子供はよく体を動かすため、繊維などの品質が不十分でないか慎重に見極める必要があります。

    YouTubeなどに「韓国○○サイトの洋服を購入してみた」などの実態検証動画が投稿されていることがありますので、気になるサイトやブランドの動画を見て参考にすると良いでしょう。

    再入荷は期待できない

    韓国の洋服は新作との入れ替わりが激しいため、再入荷したくても商品ページがすでに存在していない、ということがあります。

    そのため基本的には仕入れた分はすぐに売り切るつもりでいましょう。定番物は大量に仕入れたりOEM生産をしてくれる工場を確保しておくと良いでしょう。

    韓国子供服の仕入れまとめ

    可愛いデザインの韓国子供服はとても人気があります。縫製が多少雑でも子供服ならアリと割り切っている人には十分な魅力がある商品でしょう。韓国から仕入れることは、日本での仕入れよりリスクを伴います。まずは信頼できるバイヤーやメーカーを見つけ、独自のルートを開拓するのが先決です。

    良いと思ったことはどんどん行動に移し、ぜひ韓国子供服の人気ショップを作って下さい。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    目次