物販

Amazonの返品手続きは簡単!返品のやり方から日本郵便の集荷依頼まで手続きをまとめ

Amazonに限らず、ネットショッピングを利用していると間違った商品が届いたり、不良品が届くことがあります。いざ返品しようと思っても、どういう手続きが必要なのかわからず戸惑ってしまう方が多いです。

Amazonでは返品の手続きは非常に簡単であり、日本郵便(郵便局)への集荷依頼を行うこともできます。ここではAmazonでの返品方法から、日本郵便(郵便局)への集荷依頼のやり方まで分かりやすくまとめました。

Amazonの返品手続きはどのように進めるのか?

Amazonで購入した商品を返品したい場合、購入した商品がAmazonからなのか、それともAmazonマーケットプレイスからなのかでやり方が異なります。特にマーケットプレイスの場合は、出品者に左右されることもあるので要注意です。それぞれどのような手順で返品手続きを進めれば良いのかを解説します。

Amazonの商品とAmazonマーケットプレイスの商品の違い

AmazonにはAmazonが販売する商品と、Amazon以外の出品者が商品を出品するマーケットプレイスの2種類があります。Amazonで返品・交換可能な条件は以下の通りです。

  • Amazonが販売する商品
  • AmazonマーケットプレイスでAmazonが配送する商品
  • Amazonマーケットプレイスが配送するAmazonプライム対象商品

Amazonが配送しているか、Amazonプライム対象商品であればそこまで問題ではありません。Amazonマーケットプレイスの商品では、出品者に対して返品のやり取りを行わなければなりません。

出品者によってはAmazonの返品条件と合わせている人もいますが、出品者によって異なります。また、出品者の中には海外の方もいるので、その場合はやり取りに時間がかかったり、送料も別途かかってしまいます。

このように、Amazonが販売する商品かマーケットプレイス対象商品かによって、手続きの違いが大きくあります。できる限りAmazonからの出品商品を選んだ方が安心感があります。

返品・交換の手続きはいつまで対応可能?

商品を返品・交換する場合は、原則購入から30日以内に手続きを行う必要があります。

返金額は理由によって変わる

返品を行う際は、返品理由により返金額が変動します。商品の初期不良といった店側の不具合か、間違えた商品を注文してしまったというお客様側の問題かによって変わります。販売側の問題であれば全額返ってきますが、お客様都合の場合はそうならないケースが多いです。それぞれについて解説します。

販売者側の理由である場合

商品の初期不良といった明らかに店側に問題がある返品は、交換か返金を選択できます。送料の負担もありません。商品の代金全額だけではなく、配送料・手数料・ギフトラッピング料からすべて返金されます。

販売者側の理由であれば、商品価格だけではなく手数料等も返金されるので文字通り全額返金されます。

購入者の都合による返品の場合

購入者都合の場合は全額返金とはなりません。未使用かつ未開封であれば、商品の代金は全額返金されます。しかし、配送料・手数料・ギフトラッピング料は返金されません。

すでに開封している商品の返金の場合は、商品の代金の50%が返金されます。なお、メーカー特注品や使用済みの消耗品といった返品・交換不可の商品もあります。対象の商品が返品可能かどうかはAmazonの返品・交換条件ページで確認しましょう。

参考:Amazon.co.jpが発送する商品の返品・交換の条件

いつ返金される?

Amazonギフトで購入している場合は、返品した荷物がAmazonに到着した1日~2日後に返金されます。返金額はAmazonギフト券残高に返金されます。コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い、携帯決済、Paidy翌月払い、ポイント支払いの場合は1日~3日後に返金され、メールで通知が届きます。代金引換だと1週間~3週間です。

クレジットカードだと会社によりますが、基本的に1~3日程度で返金されます。

参考:返金の方法と所要日数

キャンセルしようとした商品が既に発送されてしまった場合

商品を注文したものの、やはり不要となった場合は受け取り拒否ができます。配達で届いた際に受け取らなければ、そのまま返品されます。

しかし、受け取り拒否は配達業者への負担が増加してしまう問題もあります。既に発送されてしまっていたら仕方ありませんが、配送前であればキャンセルすることを心がけましょう、配送されてしまっているのであれば荷物の追跡状況を見て事前に受け取り拒否を配送業者へ連絡しましょう。

1、2回であれば問題ありませんが、何度か受け取り拒否を繰り返しているとAmazonアカウントが凍結する恐れもあるので要注意です。しかし、受け取り拒否自体はAmazonから案内されることもある手続きです。正当な理由であればアカウントが凍結される恐れもありません。

電話で手続きをしたい場合は?

Web上での手続きが苦手であれば、電話で返品対応することもできます。Amazonでは問い合わせフォームにて電話を折り返しもらうような形で手続きを進めます。
まずはWebで問い合わせを行いましょう。

カスタマーサービス」をクリックしてください。

次に、「注文内容について」を選択後、該当する商品を選び、「返品、交換、返金」から「返品方法について」を選択します。

最後に、「カスタマーサービスへ連絡」を選択後、「Amazonから電話をする」をクリックして、「今すぐ電話がほしい」に進むと、Amazonから電話が入る仕組みとなっております。

下記のリンクからでも問い合わせフォームを開けます。

参考:お問い合わせ方法

また、チャットでのやり取りでも問題がなければチャットを使うこともできます。

Amazonで返品できる商品とは?

Amazonではご自身の都合を含めて、返品に対応してもらえることが多いです。しかし、対応できないケースもあります。

開封済みであっても、消耗品であれば返品ができないなど、物によって返品可否が決まるケースもあります。では、どういった商品が返品不可となるのでしょうか?状況別に解説します。

返品できる商品一覧とは?

返品可能な商品は以下の通りです。Amazonから配布されている商品であれば返品可能です。Kindleについても返品可能ではありますが、こちらは必ず返品できるわけではありませんのでご注意ください。

  • Amazonから配送している商品
  • Kindle電子書籍は購入から7日以内のもの(カスタマーサービスへの連絡が必要です。また、必ず返品できるとは限りません。)

返品できない商品とは?

返品不可の商品は以下の通りです。ダウンロード商品は、Kindleが返品可能であることもあります。しかし、基本は返品不可商品となるので注意してください。

  • ダウンロード商品(デジタルミュージック、ゲーム、PCダウンロード商品)
  • Androidアプリストアからの購入商品(アプリ、アプリ内課金、Amazonコイン)
  • 金庫
  • プリペイド式商品(イベントチケット、プリペイドカードなど)
  • メーカー受注生産、特注、刻印入り商品
  • 商品に直接出荷伝票がはられているという理由での返品
  • 商品ページに返品や交換ができないという記載がある商品

購入者都合で返品できない商品

下記は購入者の都合で返品不可となる商品です。
とくに消耗品は開封したら返品不可となる点に注意してください。

  • 改造商品
  • 開封済み、使用済み商品の消耗品
  • メーカーが初期不良と認定していない不具合商品(液晶のドット抜け、パネルずれ、使用後の外傷など)
  • 車用タイヤ、ホイール
  • 購入者の要請でメーカーから鑑定書・鑑別書の発行を受けている商品
  • 法令などに基づき返品ができない商品
  • 雑誌
  • 植物
  • 生き物・ペット用の飲食物及びサプリメント
  • 医薬品、医薬部外品、化粧品、サプリメント、医療機器
  • 食品、飲料、お酒
  • トレーディングカード
  • 開封後のピアス・ボディピアス
  • 使用済みのファッション用品
  • 服&ファッション小物、シューズ&バッグカテゴリの福袋
  • 材木、大形の木製建築資材、発動機付き商品
  • トイレ、洗面化粧台、システムキッチン、ドア
  • 原動機付き自転車、自動二輪車
  • カーバッテリー、バイクバッテリー
  • Amazonパントリー
  • 特別取扱商品(サイズの大きい商品、重い商品など、配送時に特別な取り扱いの必要な商品)
  • 大型家具・家電設置回収サービス対象商品、マッサージチェア組立・設置サービス対象商品

返品のやり方

注文履歴を開きます。

実際商品を返品するにはどうすればよいのでしょうか?返品手続きの操作を解説します。まずはAmazonの注文履歴を開きます。

返品したい商品の「商品の返品」をクリックします。

返品の理由を選択し、次に進みます。

画面に従い処理を進めると、説明用紙とラベル用紙が合計2枚印刷されます。プリンターがなくても返品をすることはできます。プリンターがない場合は、別途紹介する「プリンターを持っていない場合」の項目で紹介してる手順を参照してください。

ラベルは商品と一緒に梱包する

ラベルを切り取ります。

切り取ったラベルの下側にある「返品受付IDラベル」を返品する商品と一緒に梱包します。見やすいよう、商品の上に置きます。

Amazonの住所が入ったラベルを箱に貼ります。

受け取ったときの箱を捨ててしまった場合

ダンボールを捨ててしまっているケースもあります。もう捨ててしまったから返品不可となってしまうのか心配になりますが、配送されたときのダンボールが手元になくても問題ありません。その場合、他のダンボールを用意すれば問題ありません。

用意したダンボールに商品を梱包します。商品が動かないよう緩衝材を入れましょう。新聞紙を丸めて入れるなどしても代用もできます。

プリンターを持っていない場合

プリンターがない場合、あるいはラベルの印刷が手間な場合でも返品するやり方はあります。
手順は、商品に貼られているラベルを貼ったまま返品するだけです。

「このラベルはきれいにはがせます」と書かれているラベルが該当のラベルです。

こちらの手順のほうが手間を減らせるので、プリンターを持っていても簡略化目的で使用しても問題ありません。

ラベルもはがして捨ててしまっている場合

ラベルを捨ててしまっており、手元に無ければ、手書きで返品受付IDを紙に書いて商品と一緒に送ります。IDが間違っていると、Amazonでの返品受付処理の遅延原因となるので、間違いが無いようにしっかり確認しましょう。

これ以降はプリンターありの場合と同じ手順なので割愛します。

日本郵便へ集荷依頼をする

Amazonから返送の手続きを済ませると、日本郵便(郵便局)に集荷に来てもらえます。一部商品については、ヤマト運輸、佐川急便でも対応しています。

Amazonの返送手続きのページから、日本郵便(郵便局)で「着払い」とするか「元払い」とするかを選択できます。「着払い」はAmazonで送料を支払い、「元払い」は配送時に送料を支払います。

着払いかどうか判断できない場合、着払いでも問題ありません。Amazonから返金するときに、送料等も含めた形で返金されます。商品によっては、オプションで他の運送会社を選択することもできます。選択肢が表示されない場合は選択できません。

今すぐ集荷依頼をする」を選択します。

必要な情報をすべて入力します。

受付番号が出ますのでメモをするか画面のコピーをしましょう。後は集荷が来るのを待ちます。

返品した商品の配送状況を知りたい

商品がAmazonに返品されているかどうかは、下記の返品受付センターで確認できます。「返品・交換状況を確認する」でチェックできます。

参考:Amazon返品受付センター

Amazonの返品手続きはとても簡単

Amazonを始めとした通販サイトでは、不良品が届いたり間違った商品が届いたりとトラブルはどうしても発生してしまいます。Amazonではマーケットプレイス商品でない限りは、簡単に返品手続きを行えます。間違った商品が届いた、あるいは購入した商品が思っていたのと違ったからと諦めないで、返品の手続きを行ってみましょう。

返品したいケースはあまりないかもしれませんが、長く使えば使うほどトラブルが発生する確率は高まります。そのようなとき、手順に困らないように本記事をしっかりと見直しましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!