物販

Amazonで注文した商品がずっと未発送!あまりに長い場合はキャンセルも可

Amazonでショッピングをしていると、いつまで経っても商品が届かないのでステータスを確認すると未発送のままであることがたまにあります。

今回は、未発送のままステータスが変わらない原因と、商品が届かない場合の対処法を解説します。

Amazonの出荷状況

Amazonでは、注文履歴から購入した商品の出荷状況を確認することができます。

出荷状況の確認方法

まずは、Amazonにログインしてください。

ログインしたら、右上のアカウント&リストをクリックしてください。すると、プルダウンメニューが表示されますので、「注文履歴」を選択してください。

注文した商品が一覧表示されます。

該当商品の「配送状況を確認」ボタンをクリックすれば、詳細情報を確認できます。

配送状況のステータス

配送状況のステータスは、以下の順に切り替わっていきます。

注文済み(出荷準備中)

  1. 発送済み
  2. 輸送中
  3. 配達中
  4. 配達完了

出荷準備中から発送までの時間

Amazonが販売・発送する商品の場合は、原則として、支払いが完了して発送の条件が整ってから48時間以内にステータスが「発送済み」に切り替わります。

ただし、Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する場合は、出品者によって発送までの時間がまちまちです。購入前に出品者のページを確認しておきましょう。

出荷準備中のまま変わらない原因

一向に配送状況が「発送済み」に切り替わらない原因としては、以下の4つが考えられます。

ステータスが反映されていない

一番多いのは、Amazonのシステムエラーなどが原因でステータスが更新されていないケースです。この場合は、配送状況のステータスが出荷準備中のまま商品が配達されたりします。

システムに問題がなくても、情報が更新されるまで1日、2日かかる場合もあります。

支払いがされていない

支払い方法でコンビニ決済や銀行振込などを選択した場合、支払いが完了しなければ商品が発送されません。先払いには支払い期限があるため注意してください。

また、クレジットカード払いを選択した場合も、カードの期限が切れていたり、入力したカード情報に間違いがあると支払いがされず、商品が発送されません。

在庫切れ

注文時は在庫ありと表示されていても、それは最新情報が反映されていなかっただけで、実は在庫切れだったというケースもあります。

その場合は、商品を取り寄せるのに時間がかかるため、発送が遅れます。

出品者のミス

Amazonが直接発送するのではなく、Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する場合は、出品者のミスで未発送のまま放置されているケースも稀にあります。

評価の低い出品者はミスが多いので、購入前に出品者の評価をよく確認しましょう。

商品が発送されない場合の対処法

商品代金の未払いなどの落ち度がないにも関わらず商品が一向に発送されない場合は、Amazonに問い合わせましょう。

Amazonへの問い合わせ

Amazonが直接発送する商品が発送されない場合は、Amazonのカスタマーサービスから問い合わせましょう。

まず、「今すぐチャットをはじめる」をクリックします。

チャット画面が開きますので、「注文した商品」をクリックします。次に、発送されていない商品を選択します。商品を選択すると、どんな問題が起きたか聞かれますので、「届いていない」をクリックしましょう。カスタマー担当者につながり、現在の状況を調べてくれます

マーケットプレイス出品者への問い合わせ

Amazonではなく、マーケットプレイスの出品者が発送する商品が届かない場合は、出品者に直接問い合わせましょう。

Amazon以外が販売・発送している商品の場合、注文履歴に「注文に関する問題」というボタンがありますので、それをクリックしてください。

すると、以下のような画面になるので、「荷物が届いていません」を選択してください。

これで出品者に連絡が行きますので、返信を待ちましょう。

出品者から返信がない場合

「注文に関する問題」から問い合わせてもマーケットプレイス出品者から連絡がない場合は、出品者のページに記載されている電話番号に直接連絡しましょう。

発送済みだった場合

問い合わせた結果、ステータスが反映されていないだけで、すでに発送済みだった場合、配送業者と荷物のお問い合わせ番号を聞いて、配送業者のホームページから配達状況を確認しましょう。

Amazonへ問い合わせるメリット

商品がなかなか発送されない場合でも、しばらく待っていれば発送される場合がほとんどです。そのため、わざわざ問い合わせなくても普通は問題ありません。

しかし、Amazonへ問い合わせた方が問題解決も早く、場合によってはお詫びとして何かもらえることもあります。Amazonに問い合わせるメリットを3つ紹介します。

早い対応

問い合わせると、配送の手配がいつもよりスピーディーになります。また、在庫切れの場合は、急いで商品を取り寄せてくれます。

クーポンの付与

問い合わせた結果、別の配送業者に荷物を渡してしまったなど、Amazon側に不備があった場合は、お詫びとして数百円分のクーポンやポイントが付与されることもあります。

プライム会員期限の延長

Amazonプライムの会員期間が終了する間際のタイミングで問い合わせてみたところ、Amazon側の不備が発覚したため、ポイントやクーポンの代わりに、お詫びとして会員期間が1ヶ月延長されたというケースも報告されています。

Amazonの発送が遅くなっている理由

昔は、Amazonが販売・発送する商品は、先払い決済の場合を除いて、注文後に即日発送されることがほとんどでした。しかし、最近は次の日以降の発送が増えています。

Amazonの発送が遅くなっている原因として挙げられるのは以下の2つです。

人手不足

年々Amazonの宅配個数が増加しているため、随分前から宅配ドライバーの人手不足が問題となっています。

そんな中、2013年には佐川急便がAmazonの配達から撤退して、2017年にはヤマト運輸がAmazonの当日配達から撤退しました。これにより人手不足はさらに深刻化し、Amazonの配達スピードはかなり落ちました。

Amazonプライムとの差別化

また、AmazonにはAmazonプライムという有料会員制度があります。そして、プライム会員になれば、お急ぎ便・配達日時指定が無料で利用できるようになります。

Amazon側としては、有料のプライム会員を増やしたい思惑があるため、プライム会員への配達を優先させて、無料会員との差別化を図っているようです。そのため、人手不足とのダブルパンチで無料会員への発送が少し遅くなりました。

Amazonの即日配達は過去の話

昔のAmazonは、無料会員でも注文したら即日に配達されることが普通でした。しかし、それは過去の話です。

今は人手不足などが原因で全体的に発送が遅くなっています。それでも原則として48時間以内には発送されます。支払いが済んで発送条件が整っているにも関わらず、2日以上ステータスが出荷準備中から変わらない場合は、Amazonやマーケットプレイス出品者に問い合わせてください。