物販

中国輸入は利益率高め!日本で売れる中国商品7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中国製品は日本製品と比べてかなり価格が安いため、中国輸入ビジネスは非常に利益率の高いビジネスと言えます。

今回は、中国輸入で稼ぐためのリサーチ方法と、日本で売れる中国製品を7つ紹介します。

中国輸入ビジネスの基本

中国輸入ビジネスで稼ぐのにセンスは必要ありません。

重要なのは、センスの有無よりビジネスに取り組む姿勢です。

感覚を捨てる

まずは、自分の感覚に頼っていては輸入ビジネスはうまくいかないことを理解してください。

「私はこのブランド好きだから、このブランドの商品を仕入れよう」
「この商品だったら私はワインレッドが欲しいって思うから、多分ワインレッドが人気なはず」

というように、自分の感覚に従って仕入れてしまうと大抵失敗します。

輸入ビジネスの基本は、購入者の需要を正確に把握して、その需要に合った商品を提供することです。自分の感覚は捨てて、データに基づいた行動を心がけましょう。

そういう意味では、自分の好きなジャンルの商品は自分の意見・感覚が出てきやすいため、初心者は全く知らないジャンルの商品から扱った方が良いという人もいます。

徹底的なリサーチ

購入者の需要を把握するには、徹底的なリサーチが必要です。

仕入れや販売の段階で、「この商品はどっちの色の方が良いんだろうか?」「男女兼用の商品だけど、男性・女性どちらに向けた商品説明を書けばよいだろうか?」などの疑問が出てきたら、リサーチが足りない証拠です。人気のカラーや、購入者層の男女比なども含めて徹底的にリサーチしましょう。

また、ある程度輸入ビジネスに慣れてきたら、購入者の需要を把握するだけでなく、なぜ需要があるのかを掴むようにしましょう。そうすると、今後売れる商品をある程度予想できるようになります。

環境を変える

また、中国輸入に限らず、何かビジネスをやる場合はそのビジネスに関する情報が集まる場所に身を置きましょう。

最近は個人輸入のオンラインサロンスクールがたくさんあります。自分に合ったコミュニティを見つけてください。コミュニティはTwitterやFacebookなどで探すのがおすすめです。

ただ、詐欺まがいのスクールや、会員の親睦を図るだけの無意味なオンラインサロンも一部あります。そういったコミュニティにいると、プラスどころかマイナスになるので注意してください。

中国輸入のリサーチ方法

中国輸入で儲かる商品を見つける方法を解説します。

市場別に中国商品をリサーチ

一口に売れ筋商品と言っても、市場ごとに売れる商品は異なります。ECモールごとに、人気の中国製品をリサーチしていきましょう。リサーチする際は、「中国製」「China」「ノーブランド」「並行輸入品」などのキーワードを使って調べましょう。

例えば、Amazonとメルカリで中国製と調べると以下のように中国製品がずらっと出てきます。

Amazon

メルカリ

カテゴリで絞る

時期によって商品の需要は異なります。シーズンに合った商品をリサーチしていきましょう。

例えば、夏なら浮き輪などの海水浴・プール用品がよく売れます。

参考:子供用浮き輪(Amazon)

こちらのユニコーンデザイン浮き輪はAmazonで2,930円で販売されていますが、天猫Tmallなら69元(約1,050円)で仕入れが可能です。

参考:子供用浮き輪(天猫Tmall)

浮き輪は軽く、送料をかなり抑えられるため、ほぼ間違いなく黒字になります。

ノーブランド品はほぼ中国製

あと、Amazonやメルカリで売られているノーブランド品は大体中国製です。

例えば、Amazonで1,499円で売られているこちらの頭皮マッサージブラシ(ノーブランド)は、商品ページのどこにも中国製とは書かれていません。

参考:頭皮マッサージブラシ(Amazon)

しかし、タオバオで調べてみると、全く同じマッサージブラシが9.61元(約150円)で売られています。

参考:頭皮マッサージブラシ(タオバオ)

薄利ではありますが、かなり利益率の高い商品です。

ライバルを見る

他にも、中国製品を扱っているライバルセラーから情報を得る方法もあります。

中国製品の販売者のストアページを開き、「製品」タブをクリックすると、他の商品も見ることができます。

中国製品を一つでも扱っているセラーは、他にもたくさんの商品を中国から輸入している可能性があります。また、実績のあるセラーが扱っている商品は総じて利益率も高いため非常に参考になります。

Amazonランキング

他にも、Amazonのランキングなどで人気商品を把握してから、タオバオや天猫Tmallでその商品のリサーチをかけるという方法もあります。

Amazonならカテゴリごとにランキングを確認できます。中国製品も結構ランクインしているので確認してみてください。

レビューを確認

また、売れ筋商品を見つけたら、そのレビューもよく確認しましょう。レビューにはその商品に人気がある理由が隠されています。

また、売れ筋商品の関連商品もチェックしましょう。例えば、Amazonなら、商品ページに「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という欄があり、関連商品が表示されているので確認してみてください。

リサーチツールを使う

Amazonで販売する場合は、モノレートを使うと簡単に売れ行き・相場・ライバル数の推移が把握できます。

参考:モノレート

使い方は簡単です。モノレートのホームページを開いて、一番上の入力フォームに商品名、もしくはASINかJANコードを入力して検索してください。

そして、検索結果から該当商品を探してクリックしてください。

すると、最安値・出品者数・人気ランキングの推移グラフがそれぞれ表示されます。グラフの統計期間はグラフ右上の「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」「すべて」をクリックすることで変更できます。また、左上の「すべて」「新品」「中古品」「コレクター」のタブで商品の状態を限定することもできます。

さらに、グラフの下までページをスクロールすると、日別にランキング順位・出品者数・最安値の変動を新品・中古品・コレクター品別に確認できます。

中国輸入におすすめの商品

中国輸入ビジネスで特に稼ぎやすい商品ジャンルを7つ紹介します。

アパレル・ファッション

中国のECモールでは、特にファッション商品を安く仕入れることができます。

ただし、Amazonでは中古のファッション商品の出品ができません。タオバオなどから仕入れた中古のアパレル商品に関しては、メルカリに出品しましょう。

参考:メルカリ

生活雑貨

家具やインテリアなども利益率の高い商品の1つです。

ただし、ソファやベッドなど大きなものになると送料もかさみますし、配送途中で商品が破損するなどのトラブルも起きやすくなります。

そのため、小さなインテリアから輸入することをおすすめします。

カー・バイク用品

カーナビスタンドやシガーソケットのUSB変換器なども、中国のECモールで格安で販売されています。

工具

Amazonでは中国製の工具がよく売れています。日本製のものと比べると質は落ちますが、値段が安いためコスパが良いのです。

同じ商品で中国製と台湾製があった場合は、台湾製の方が長く使えるためそちらを輸入しましょう。

自転車用品

自転車のカバーやスマホホルダー、メンテナンス器具もAmazonでよく売れています。

防犯・防災グッズ

監視カメラやダミーカメラなどの防犯グッズや、ライト・ラジオなどの防災グッズも稼ぎやすいジャンルの1つです。

スマホ用品

スマホケースやガラスフィルム、タッチペンなどのスマホアクセサリーは、単体での利益は少ないですが、非常に利益率が高いため大量輸入して販売すると大きく稼ぐことができます。

中国輸入は稼ぎやすい

中国製品はとにかく価格が安いため、中国輸入は初心者でも比較的稼ぎやすいビジネスと言えます。ぜひ中国輸入にチャレンジしてみてください。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る