物販

中国輸入初心者でも安心!メルカリで月10万円稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

会社やお店で働いていて、もう少し収入が欲しい方に副業としてよい方法、中国輸入商品を仕入れて、メルカリで販売する副業をご紹介します。少しでも副業で利益を得る為の方法を知りたい方に、おすすめな情報をお伝えします。メルカリで輸入品を販売する基本から、メルカリの利用方法、応用の仕方までご紹介します。

Contents

無料動画|出品するだけで売れるブルーオーシャン
韓国輸出で稼ぐ方法を暴露した対談を期間限定公開



韓国輸出はまだ実践者が非常に少なく、ブルーオーシャンの市場です。しかも無在庫販売、難しいリサーチもなし、利益率も40%と驚きの連続です。

ただ商品を出品するだけで稼げてしまう、それが韓国輸出です。そんな手法の全貌を、期間限定で無料公開中です。




初心者が中国輸入をするなら、メルカリがおすすめのワケ

中国輸入初心者におすすめしたいのは、日本最大フリマアプリである、メルカリです。メルカリは、個人対個人のやり取りで取引を行なっていきますが、中国輸入と相性がよく、販売することに慣れていなくても簡単に出店ができ、売りやすいのが特徴です。

今までは、スマホでしか利用できませんでしたが、パソコンからの操作ができるようになったことで、利用者も増えています。

中国輸入なら、メルカリで高値で転売可能

多分、勘の良い人は気づいていると思います。メルカリと中国輸入商品の相性がよいことは、取引相場額を比較してみると・・・あの大手Amazonよりも、かなりの確率で、高値で転売されていることからわかります。

以前は、アカウントを複数作り、リスク回避する方法もありました。メルカリでは、複数のアカウントで利用していることが発覚すると、無制限のアカウント停止になることがあるのでおすすめはできません。

安く仕入れることができるので、リスクも少ない

メルカリを利用しているユーザーは若い人が多く、5万円以上の商品のやり取りは、ほとんどありません。商品単価が高いと返品も面倒ですし、売る側のリスクも高くなりがち。そういう点から、売買されている商品の平均単価は、安い傾向があります。

メルカリに出店すると、高値で売れやすい

メルカリが注目されるようになったのは、2016年以降。出品、配送などが、どんどん簡単になって利用しやすくなっています。口コミやネットで急速に拡散して、CMでも見かけるようになりました。

巷で注目されているゲームやiponeなど、みんなが欲しいと思っている商品は、またたく間に高値で売れています。メルカリは若い利用者が多いだけあり、ヒット商品を転売するには最適と言えるでしょう。

Amazonでも中国輸入販売は可能だけど・・

初心者でも稼げるメルカリとは違い、Amazonで成功するには、プロにノウハウを教わる必要があります。あなたがメルカリで稼げていないなら、まずは、メルカリで売り上げを出せるようになってください。Amazonでも稼いでいる人はいますが、それはほんの一部のプロだけです。

創業してから歴史も長いAmazonでは、成功するノウハウも構築されており、初心者が介入してすぐに稼げるようになるのは、夢のまた夢です。Amazonでは現在、中国輸入販売ではOEM、オリジナルグッズの販売が流行しています。もし、あなたがチャレンジしてみたいなら、必ずプロの元で勉強をしないと難しいでしょう。

Amazonでの販売戦略は、マーケティングの元、商品を選び、スポンサープロダクトを要としたプロモーションを何度も重ねることが、成功するためのフローになります。成功するには、非常に緻密に計算された戦略が必要になってくるのです。

なお、中国輸入初心者で、まずは10万円をメルカリで稼ぎたいという方は、以下の記事も参考にしてください。

参考:中国輸入初心者でも安心!メルカリで月10万円稼ぐ方法

中国商品を仕入れて、メルカリで転売する手順

転売は、価格差でもうける方法です。安く商品を仕入れれば、売値との差額が大きくなり、多くの利益が出せるのです。ところで、中国輸入商品はどこで仕入れたらよいのかご存知ですか?

中国商品は、やはり地元中国のECサイト、タオバオアリババで仕入れるのが安いです。Amazonでは、ほとんどの商品が中国製で日本製を探すのが大変なくらい。メルカリでも、Amazonで販売されていた中国商品が、転売されていることがよくあります。

最初は少しずつ中国から輸入して、リスク回避しよう

日本と違い、中国から商品を輸入するには、税金や配送料、日数もかかってきます。トレンドアイテムを転売しようと思っても、商品が手元に届くまでのタイムロスがあるため、到着したときにはもう下火になっているリスクも・・・そうなると、在庫を抱えることになります。

最初のうちは、コツをつかむまで、少しずつ仕入れて転売するのが、賢いやり方です。

メルカリに合った仕入れ方法について

メルカリで商品を販売するには、仕入れが必要になります。まとまった金額を稼ごうと思えば、それだけの仕入れが必要に。毎月、コンスタントに一定量仕入れをするには、流通ルートを確保しなくてはなりません。副業レベルで行なうには、どういう方法があるのでしょう。ここでは3つの方法を紹介していきます。

1.実店鋪を利用

実店鋪を利用する場合、利益率が見込める商品を、直接仕入れます。月収30万円なら、利益率30%以上の商品を毎日17個、20400円で仕入れる必要があります。副業として考えると、物理的に運搬も購入も不可能です。

2.電脳せどり(Amazon、ヤフオク)を利用

こちらも商品管理が大変です。通販を利用する場合、受注したら、受け取り作業があります。平日、受け取ることが不可能だと、週末にまとめて処理することになりますが、届いた商品を管理するスペースも必要になります。また、配送に使われたダンボールの処分も大変です。地域によっては回収頻度が月1回程度の場所もあります。

3. 欧米や中国から商品を輸入

こちらは月に数回、輸入代行業者に発注をまとめて一任できるのがメリット。毎日、商品を購入しにいくことも、自宅で商品管理をしなくても済みます。ただ、中国商品は、粗悪品も混じっていることがあり、返品や購入者からのクレームなどのリスクもあります。

それを加味しても、メルカリと中国商品は相性がいいので、副業レベルでするならおすすめです。

メルカリの販売方法

メルカリの販売方法を、初心者にも分かりやすくまとめてみました。以前は、スマホからしか利用できませんでしたが、2016年7月以降は、パソコンからも手続きができるようになっています。

◎出品

・出品する商品の写真を撮る
・商品情報を記載
・価格設定
・出品

◎お客様対応

・値段交渉
・購入希望者の対応
・落札

◎落札後

・入金確認
・商品発送

◎発送後

・発送完了の連絡をメルカリに
・購入者の評価

何もトラブルがなく発送まで完了した場合、上記のような流れになります。ただ、入金が確認できない、商品が未着などの不測の事態が起きたときは、それぞれの対応が必要になってきます。

もし、転売ビジネスで稼ぐための方法について詳しく知りたいなら、下記の記事を参考にしてください。

参考:転売ビジネスの方法とは?稼ぐための方法や条件について

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

中国輸入初心者が知っておきたい、メルカリのメリット

メルカリを利用するメリットをまとめてみました。

1.他のサイトで売れない商品にも値段がつく
2.違法商品以外は、何でも売れる
3.簡単に利用できる
4.一般人対象なので、相場よりも高く売れる
5.価格が即決のため、売値が安定している
6.工夫次第で、ノーブランドでも高く売れる
7.無料で利用できる

フリマアプリの市場動向がアツい

現在、フリマアプリ市場は、メルカリ一色に染まっていると言っていいでしょう。約3年間で国内のダウンロード数は3000万、月間流通額100億円。利用者が多いので、売れる確率も高くなる、ますます利用者が増える。つまり相乗効果ですね。

比較されないから高く売れる

メルカリで商品が高く売れるのは、上述したように、利用者の数が圧倒的に多いこと。他のサイトと違い、出品順に掲載されるので、即決で決まることが多いです。

Amazonよりも高く売れる理由は、メルカリユーザーは、他のサイトをリサーチしないから。Amazonでは、価格を競うことができる相乗り出品が、メルカリにはない点も理由の一つ。何でも高く売れるという保証はありませんが、明らかに、他よりも高値で販売できる確率が高いのです。

誰でも操作できる

メルカリは、誰でも簡単に利用できる点も、人気がある理由です。 画面の指示に従ってキー操作をしていけば、簡単に登録できて、慣れてくれば、わずか3分程度で出品完了。自宅パソコンからも操作が可能になりました。これは便利ですね。パソコンからも、1分程度で出品完了です。

らくらくメルカリ便がある

らくらくメルカリ便には、さまざまなメリットがあります。

・宛名書が必要ない
・全国各地どこでも送料が同じ(最大69%OFF)
・対応してくれるサイズが豊富
・配送状況の確認が可能
・匿名でも安全に配送
・あんしん配送補償付き

少しでもコストをかけたくないなら、まずは、らくらくメルカリ便を使ってみるといいでしょう。

さらに、メルカリを活用するならツールが便利です。メルカリに使えるツールについては、下記の記事を参考にしてください。

参考:メルカリで使えるツールは?今でも使用可能な無料・有料ツールはコレ!

中国輸入初心者が、メルカリを利用する際のデメリット

いいことづくめのメルカリですが、デメリットもあります。

1.手元に商品がないと利用できない
2.粗悪品だった場合、在庫を抱えるリスクがある
3.中国輸入には、仕入れ額の他に、関税や海外配送料がかかる

中国から輸入する場合、関税と国際配送料がかかる

中国現地で商品を仕入れると、商品値段が安くても、それに、日本に郵送するための税金や配送料が加算されることになります。(仕入れ金額+関税+国際配送料=コスト)利益を上げるには、コストよりも、売上金額が高い必要があります。コスト高では赤字になってしまうので・・・(売上高=コスト 損益分岐点の基点)最初は、この損益分岐点が、0よりもマイナスならないようにすることが大切です。

参考:中国輸入の税関費用と関税についての注意点とは

手元にない商品は販売できない

メルカリを利用する場合、手元に商品があることが条件です。画像も同様なので、手間がかかります。ということは、商品の荷送、配送、商品管理をするのに、Amazonのマルチチャンネルサービスは使えないことになります。いろいろメリットが多いメルカリですが、こういう手のかかる点もあります。

無在庫転売について知りたい方はこちらをご覧ください。

参考:物販とは何か?初心者が物販ビジネスで稼ぐには!?

在庫が焦げ付くことも

メルカリでは、一つのアカウントで大量出品をすると、規制がかかります。これにより、業者が排除される原因になったとも言えます。もちろん、一般人も同様です。業者は、ツールを使って、メルカリで商品を転売する方法を取りますが、メルカリの規制に遭い、撤退する、この繰り返しが起きています。

中国輸入からメルカリに転売するライバルはいますが、規制がかかると商品を大量に転売できなくなり、在庫を抱えるリスクが出ます。中国商品は、粗悪品が多い部分も考えると、不良在庫が焦げ付くことも。

ある程度の金額を稼ぐ場合は、在庫を持ち、転売するほうが売り上げは見込めます。
ただ、在庫がさばけなくなることも、念頭に置いておく必要があります。

もし、中国輸入の安全性やトラブル回避について知りたいという方は、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入は本当に安全?トラブル回避の方法とは

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

中国のサイトから仕入れる方法を、3つ押さえよう

今の時代、個人輸入なども、ネットで完結できるため手軽です。中国から商品を輸入するのも、ネットでできるので簡単。中国にも、日本のAmazonやYahoo!、楽天などと同様のサイトが存在します。

代表的なサイトは、

タオバオ
アリババ
aliexpress(アリエクスプレス)

の3つ。次項では、このサイトの特徴を紹介していきます。

aliexpress(アリエクスプレス)は、クレジットカード決済が可能

aliexpressは、日本語サイトなので使用しやすいです。また、中国から商品を仕入れるときに、日本のクレジットカードは使用できませんが、aliexpressでは利用できます。クレジットカードの手数料が加算されているせいか、他サイトよりも商品金額は高いです。

単品でも購入できるので、個人的に利用するのはよいのですが、まとめて商品を仕入れるとなると、割高になってしまうのでオススメできません。

タオバオは品揃えが豊富

タオバオは、商品の品揃え豊富なのが特徴です。ここなら、何でも手に入ると言われています。日本のヤフオクに似ています。タオバオでは、日本で転売されている商品を目にすることがあります。スマホの充電器やiphoneケースなどです。個人出品が可能な分、ユーザー同士のトラブルも多いので、注意が必要です。

アリババは業者向け

アリババには、日本のサイトもあります。サイトの作りは、Amazonに似ています。サイトの感じから、業者向けのような気がします。工場直接販売の場合、かなり販売価格が安いです。その反面、少ロッドで購入できないこともあります。輸入禁止品も中には紛れているので、購入するときには注意が必要です。

商品を中国輸入するときのリサーチで外せないことについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参考:メルカリで商品を中国輸入する時のリサーチに外せないこととは

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

メルカリなら、初心者でも中国輸入商品が売れる

メルカリは、知識の浅い初心者でも売れる点が魅力です。通常は、商品を販売する場合、ブランディングを行いますが、メルカリでは、この販売戦略がなくても売ることができます。メルカリで高値で売りやすいのは、ノーブランド品。ノーブランドだけあって、ユーザーはその商品をネット上で初めて見ることも多いのです。山ほどあるノーブランド品から選んでもらうには、どうしたらいいのでしょう。

実際に手に取り、商品を確認できないので、ユーザーは、写真と紹介文で判断します。商品が高く売れるかどうかは、写真と紹介文にかかっていると言っていいでしょう。メルカリの場合、出品後すぐに掲載されるので、特に他社のECのように、検索キーワードを考えなくても集客しやすいのが、メリットです。

商品の需要度は、検索する必要がありますが、他にしなくてはいけないことは、効果的に写真を撮ることと、購買意欲をそそる紹介文を書くことです。写真と紹介文は、30時間程度で習得できるので、初心者でもハードルが低いと言えます。

売れる商品を見極める、リサーチの方法とは

確実に儲けるには、売上を出せる商品を選ぶことです。この問題は、「モノレート」という、過去に売れた商品を検索するサイトを活用することで、解決できます。自分が欲しくて購入した商品に似た物も、候補にしてみましょう。なぜなら、好きな商品の紹介文は、経験に基づいた、リアルな内容が書けるからです。大体、人間の感覚には違いがありません。自分が好きだと思った商品は、他にも好きな人が必ずいるものです。

販売価格は、過去の市場価格を参考にする

商品の値段を、どのように決めるか。ここはとても重要な点です。高過ぎても安過ぎても、利益にはつながりません。まずは、販売する商品と似たような商品の販売実績を調べます。価格は、メルカリの過去における販売価格と、売れ残っている場合の販売価格から、市場価格を推測します。値段は、仕入れ個数の半分が売れたときに、売上高が見込めるように決めましょう。

なお、商品リサーチを効率よく行いたいならツールが便利です。ツールについては下記の記事を参考にしてください。

参考:【作業改善】SmaSurfの使い方!商品リサーチを効率的にしよう

イベントの時期は狙い目

規制が度々あるものの、メルカリは、まだまだ未知数であり過渡期です。とにかく売れやすいのが魅力ですが、どんな商品が売れるのか未知数の部分もあり、いろいろチャレンジしていくことで、新たなブレイクを起こせる可能性もあります。オールシーズン活気のあるメルカリですが、狙い目は、クリスマス・ハロウィン・バレンタインなど、イベントの時期。

イベントがある時期は、関連グッズが飛ぶように売れるので、中国輸入商品を売りさばくチャンスです。大量に仕入れても、リスクが少ないのがこの時期と言えます。

メルカリが軌道に乗ったら、どのタイミングで外注化すべきか?

メルカリで、売り上げが安定して見込めるようになったら、次のステップとしては何があるのでしょう。その収入で満足する方はそれでいいのですが、さらに月収を増やしたい場合、どうすればいいか。現在、自分が行っている、メルカリでの電話対応や発送業務を、別の人に依頼していくのも一つの方法です。

身内や知り合いに、適任の人がいた場合は、その人に一任して、自分は他のビジネスに移行する。この場合、面識がない人にお願いするのは、その人のスキルが判断できないと難しい。そういう意味では、人を雇わずに、自分自身がレベルアップしていくことを考えたほうが、リスクが少ないと言えるでしょう。

メルカリの次にチャレンジするとしたら、Amazonがおすすめです。メルカリよりもレベルが高いため、勉強が必要になってきます。実績を見ながら、少しずつAmazonに移行していくのが賢明です。

もしも、在庫を持って中国輸入ビジネスをスタートするとなると、100万円程度の資金が必要になります。在庫を持つことで、売り上げもアップしますが、リスクもあります。

最終的には、ネットショップの運営もありますが、こちらは、ビジネススキルがさらに必要です。レベル的には中上級者向き。自分に、ブランディングしたい商品あったり、別サイトでも活動していきたい、リスクヘッジを考えている人などにはおすすめと言えます。

メルカリを外注化するメリット

人選をしなくてはいけなので、大変な面もありますが、メルカリを外注化すれば、自分は直接作業をしなくて済みます。それには組織化すること。

一つの例になりますが、メルカリで行っている作業を二分して、それを2社の外注に依頼する。二分する理由は、作業内容が違うためです。商品のリサーチ、商品の仕入れまでをA社。商品の写真撮影と加工、商品の出品、お客様対応、発送業務をB社。このように、それぞれの業務を依頼すれば、自分が手を出さなくても作業は完結します。

外注を使うことで、効率よく作業ができ、さらなる売り上げを作ることが、物理的に可能になります。

外注化についての記事はこちらをご覧ください。

参考:Amazonマーケットプレイスに出品する際の作業が大変…出品代行とはどんなもの?

まずは、メルカリで稼げるようになろう!

こちらの記事では、メルカリを利用して、中国輸入で稼ぐ方法について、主に紹介してきました。メルカリ以外にも稼げるサイトはありますが、やはり専門知識が必要です。メルカリはまだまだ未知数な部分があり、稼げる可能性が限りなくあります。

まずは、メルカリで売り上げを出せるようになることからはじめて、勉強しながら、次のステップアップをしていくことが、リスクが少ない方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法