物販

中国輸入初心者向け!ビジネスを始めるのに重要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

収入を増やしたい、副業を始めたいと考えている人にとっては、ネットビジネスで簡単に稼げるとしたらとても魅力的ですよね。
ネットビジネスというと、リスクが高い・初期投資が必要・詐欺の被害にあう……といったものもあるため、気をつけなければなりません。

そんな方におすすめなのが、ネットで中国から輸入した物を日本国内で販売する中国輸入ビジネスです。正しいやり方を理解した上で取り組めば低リスクで高利益を出すことが可能なビジネスです。
始めてすぐに利益が出るわけではありませんが、徐々に稼げるようになり、副業から本業にされている方もいるほどです。

しかし、大事なことを理解せずに始めてしまうと稼ぐことはできません!
この記事では、中国輸入ビジネスを始める初心者の方に向けて、まず最初に理解しておかなくてはいけないことを紹介します。

Contents

初心者におすすめのビジネス、中国輸入!

ビジネスを始めるとき、どんなものが良いのか、また自分に何ができるか……そういったことを考えて迷ってしまう方も多いですよね。
また、稼げる!と謳われているものでもリスクが気になったり本当に成功するのかはどうしても不安になります。可能な限り手堅い物から始めたいというのが本音ではないでしょうか。

この記事では、難易度が低く結果を出しやすい中国輸入ビジネスにせまります。

中国輸入ビジネスとは、言葉の通り中国から物品を輸入して日本国内で販売するビジネスです。資金も小額から始めることが可能で、リスクは低いのに利益が出るというものです。
中国語を理解できなければやや難しいですが、初心者には比較的取りかかりやすいものです。

輸入を利用するビジネス自体、数あるビジネス形態の中でも初心者向けなのです。何かを始めたいけどリスクや初期投資が気になるという方はぜひ検討してみてください。

輸入ビジネスは始めるのも簡単!

ネットでビジネスをする上で、輸入ビジネスがなぜ初心者向けなのか。まず、少額の資金で簡単に始めることができるからです。

何かを製作したりお店を開いたりして商売を始めようと思っても莫大な資金がかかります。
第一、成功するかどうかわからないものに莫大な資金をかけるには高リスクですよね。
しかし、ネット上で行う輸入ビジネスならば資金10万円未満で始められることを知っていますか?

手軽さゆえにプレイヤーが多いため、市場が溢れて稼ぐことができないかも……と考える方もいらっしゃいますが、稼ぐためにはコツがあります。稼げていない人はそのコツを知らないだけなのです。

約8割の方はコツを知らずに失敗に終わるのですが、やり方を知っている残り2割の方はしっかり売り上げが出ています。
あなたがこのビジネスを始めるなら、正しいやり方を学び、理解してから始めましょう。

実際にお店を構える場合よりも桁違いに多くの消費者にアプローチをかけ、その中の何分の一かが購入してくれれば良いので難しく構える必要はありません。
少額の資金で始めて残りの2割の方に入るには、 仕組みややり方を理解し実行するのみです。そうすれば簡単に利益が出ます。

ネットモールを上手く使えば結果が早く出る

ネットモールというのは、よく耳にするAmazon楽天yahoo等の大規模なサイトのことです。必ずしも利用しなければいけないというわけではなく、自分でホームページを作りそこで販売している人もいます。

自社サイトでの販売は出店料などの手数料がかかりませんが、自分で集客をしなければならず誰の目にも止まらなければ利益も出ないことを考えると、初心者には困難です。

一方、モール出店であれば、まず人目につく回数が断然多く、購買意欲が高い顧客もたくさんいます。
そこで価格設定を間違えず需要があるものを提示すると購入につながるので、初心者でも簡単に利益を出せるのです。

今は実店舗よりもネットで購入することが多い人も増えているので、集客が見込めるネットモールは初心者にとって最適な環境。活用しない手はありません。

仕入れは売上が出ることを確信してからでも良い

売買が成立するには、需要と供給が成り立っていることが絶対条件です。そのため、消費者の動向を探り、売れているものを仕入れるほうがリスクが少なく済みます。

何も考えずただ売りたいから、自分が好きだからなどといった理由で販売しても売れないという結果を招きます。
事前に需要を調べることで売れないリスクを最小限に抑えられるということも、初心者向けの理由なのです。

実際に、物を販売するビジネスにおいてここまでリスクを下げることができるものはそうそうありません。

中国輸入を始める前に経費を理解しよう

たとえば、販売する場所にAmazonを選んだとします。
その場合、輸入から販売までにかかる経費は主に次のとおりです。

・商品本体の代金
代行業者への手数料(現地人しか買えない場合は代行業者に依頼が必要)
・中国国内の送料(アリババ等から代行業者へ発送する際の送料)
・為替や決済の手数料(代行業者によって発生する場合も有)
・国際送料
・輸入関税・消費税
・日本国内送料(直接
納品が可能ならば不要)
Amazon販売手数料
・Amazon FBA手数料

ざっとあげただけでもこれだけあり、ここからさらに梱包材など細かな経費がかかってきます。
輸入ビジネスを始める前に経費について理解しないと、利益がどのくらい出るか把握できません。

商品本体の代金

当然のことですが、商品を仕入れるには商品本体の代金がかかります。

注意しなければならないのは、日本円ではなく中国人民元で表記されていることです。
例えばアリババ等で購入する際 の価格が200となっていても200円という意味ではなく、200元という意味になります。

仮に、1元=16.75円だった場合の計算は200元×16.75円=3350円になるのです。

代行業者への手数料

中国に居住していなければ決済不可というところもあるため、代行業者の利用が欠かせません。
商品の買い付けや日本への発送等を行ってくれるので、報酬として手数料が必要になります。

これは業者ごとで金額が違い、安いところであれば商品代金の3%~、高いところであれば15%ほどかかるのでしっかり確認しましょう。

あまりにも高すぎる値段設定は心配ですが、安いからといって飛びつくのも危険があります。
安いところでは、商品がなかなか送られてこない・別の経費が高い・値下交渉の融通が利かないなどトラブルが起きる場合もあるのです。
いくら手数料が安くても、そんな問題が起これば損ですよね。
代行業者選びは慎重に行ってください。

中国国内の送料

これはアリババ等→代行業者へ商品を送るときにかかってきます。

物や距離にもよりますが、中国国内での送料は大きな金額にはならないものの、代行業者を利用する度に発生します。
経費として把握しておきましょう。

中国輸入ビジネスを始める前に準備しておくもの

中国輸入ビジネスを始めるのに必要な物を準備しましょう。

大前提として住所不定、電話番号もなし……という状態ではビジネスができません。
そして以下のものも必須になるので、なければ用意します。

・ネット環境
・パソコン
・メールアドレス
・ネット銀行(自分名義)
・クレジットカード(自分名義)

ネットやPCの環境を整えよう

【ネット環境】
この記事で紹介している中国輸入ビジネスは、現地で買い付け等をするのではなく、ネット上で行うものです。
リサーチから代行業者への依頼、転売までほとんどネットでの作業になります。
安定してネットに接続できる物なら、光回線でもWi-Fiでも問題はありません。

【パソコン】

パソコンも必需品です。タブレットでもできなくはないのですが、作業効率を考えるとかえって面倒です。
出品する際、画像を編集するのであれば、CPUはIntel Core i5以上、メモリは8GBあると安心して作業できます。

【メールアドレス】

出品時のアカウント作成や業者との連絡など使用する場面は多いです。
他のメールと混ざらないよう、輸入ビジネス専用のアドレスを作成しましょう。自分で管理しやすいものならプロバイダは何でもよく、yahooやGoogle等のフリーメールでもかまいません。

ネット銀行(自分名義)

売上金や支払で銀行口座は必ず使用します。

「ネットバンクじゃなく普通の銀行ではダメなの?」という声もありますが、ネットビジネスにおいてはあると断然便利です。
特にこだわりや理由がないのであれば、ネット銀行口座を用意しておくとよいでしょう。

また、他の収支と混ざらないよう、こちらも輸入ビジネス専用として管理することをおすすめします。
出品予定のネットモールが運営しているネット銀行があれば、そこで作るとより便利です。

もし、海外送金の仕組みを詳しく知りたいなら、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入での送金方法には何がある?

クレジットカード(自分名義)

仕入れ時にクレジットカードを使用することは少ないですが、Amazonでの出品用アカウントを作成するときやその他ビジネスで必要なソフト等の購入時に使用する場面が出てきます。
クレジット決済しか受け付けないということもあるので、1枚はあるとよいでしょう。

デビットカードでもあるに越したことはないですが、デビットでは支払不可な場合もあるので、可能であればクレジットカードをおすすめします。

中国輸入ビジネス出品用アカウントを作成しよう


準備するものが揃ったら、アカウントの作成に移ります。

販売するネットモールは自分の好みで選んでもよいのですが、輸入ビジネス初心者におすすめなのは以下のネットモールです。

Amazon
ヤフオク
メルカリ

中でもAmazonが一番取りかかりやすく便利なので、Amazonから始めて慣れてからヤフオクやメルカリに出品するのもよいでしょう。

Amazonでアカウントを作成

Amazonでは出品形態が大口と小口から選べます。

ビジネスで使うなら月額登録料がかかっても大口出品がおすすめです。
小口出品では1個売れるごとに100円の基本成約料がかかることと、現在Amazon上に出ているものしか出品できないという縛りがあります。
あなたが輸入したものがまだAmazonになければ、出品自体ができないということです。
他にも大口にはない制限があるため、中国輸入ビジネスには不向きのプランになります。

ここからは大口出品用のアカウント作成方法の説明です。

Amazonトップページ上部にあるAmazonで売るから登録ページへのリンクを押します。

購入用のアカウントを持っていてそのアカウントを使用するなら、ログイン
アカウントがない・普段の物とは分けたいのなら、アカウントを作成

ログインできたら情報を入力します。

正式名称/販売業者名のところは、個人であれば氏名を入力してください。

店舗名は表示される際の名前です。後から変更できます。
電話番号は 国際電話番号での登録になるため、頭に+81を付けて最初の0を消した番号で入力しましょう。
(例:090-△△△△-□□□□ → +81 90△△△△□□□□)
運営責任者名は自分の氏名か、他にいればその人の氏名を入力します。

次に、クレジットカードの登録をします。

有効期限内で使用できるカードの番号を入力してください。月間の登録料や販売手数料の引き落としの際に使用されます。

全ての登録が終わったら、Amazon セラーアカウント初期設定を行います。
ここでは、銀行口座・出品者情報・プライバシーポリシーの設定をしましょう。

もし、Amazonにログインできなかった方は、下記の記事の対策を参考にしてください。

参考:Amazon出品用アカウントにログインできない原因と対処法を探る!

銀行口座情報登録の手順

セラーセントラルTOPから、出品用アカウント情報アカウント情報に進み

銀行口座情報をクリックします。

入力項目を間違いがないように十分注意しながら入力しましょう。Amazonでの売上を入金するための情報になります。
※銀行口座情報を入力してから有効化するまでに約3日かかることがありますが、特に入力間違いがなければ気にする必要はありません。

出品者情報・プライバシーポリシーの設定手順

セラーセントラルTOPから、情報・ポリシーに進みます。

まずは出品者情報の設定です。

店舗運営責任者→ 個人の場合は自分の氏名、複数いる場合は代表者の氏名を入力します。
その後、店舗名・住所・電話番号・メールアドレスを入力してください。
自宅と店舗が異なる住所の場合は、店舗の住所を入力しましょう。電話番号やメールアドレスも同様です。

次にプライバシーポリシーの設定を行います。

以下はプライバシーポリシーのテンプレートです。○○となっている部分を変更し入力します。

○○ (以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。
・個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
・個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
・個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
・法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

以上が終われば設定完了です。

中国輸入ビジネスの初心者におすすめ!メルカリでやってみよう

メルカリの登録は特に難しくなく、表示されるものを順に入力すれば大丈夫です。
アプリ、Webサイトどちらからでも登録できます。

メルカリは日本で一番ユーザー数が多いフリマサイトです。
出品者も、お店というよりは一個人のようになり、売買する両者の距離が近い仕様になっています。
Amazonや楽天等に比べると年齢層が低く感じますが、意外と売上になるサイトです。

パソコン、スマホどちらでも簡単に出品できることもあり、中国輸入ビジネス初心者にとっては販売やお客様対応に慣れる絶好の場になります。

フリマアプリの市場規模を見てもダントツ

昨今フリマアプリ市場が急激に成長している中で、群を抜いているのがメルカリです。
2013年のサービス開始から4年ほどの2017年末には日本国内で6000万ダウンロードを突破し、世界では何と1億ダウンロードを突破しています。
今なお会員数を増やしているだけでなく新たなサービスも次々展開しているのが魅力です。

利用者数が多く、物によっては出品からそう時間が経たずとも売れるため、需要があるものを販売できれば相当利益が出ます。

他サイトと比較し、高めの値段で売れる

商品自体や商品の状態にもよるのですが、Amazonとメルカリの両方で出品されている物の値段を比較してみると、メルカリの方が高く売れています。
これは、メルカリを利用している人には他サイトとの値段を比較しない人が多いことと、メルカリでは同じ商品を出品している人がいても同一ページに表示されず、出品順で表示されているので、Amazonより価格競争が激しくないことが理由です。

もし、メルカリで中国輸入商品を売るコツを知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入初心者でも安心!メルカリで月10万円稼ぐ方法

らくらくメルカリ便を使って配送料を削減できる

らくらくメルカリ便というサービスがあり、送料だけでなく手間も削減してくれるものになります。

日本国内への発送は全国一律の料金で、サイズも幅広くA4~160サイズまで送ることが可能です。
面倒な宛名書きも不要で、間違える心配がありません。

さらには匿名配送にも対応していて、出品するときに匿名配送可能にすると、出品者・購入者とも相手に個人情報が知られることなく取引が出来るため、どちらも安心できるのです。

もし、メルカリで手間を削減できるツールを知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参考:メルカリで使えるツールは?今でも使用可能な無料・有料ツールはコレ!

中国輸入ビジネス初心者にとってメルカリを選ぶ際のデメリットとは?

次はメルカリで出品する際のデメリットを紹介します。

・出品に手間がかかる
・顧客と1対1のやり取りが求められる
・手元に商品がないといけない

これらについて詳しく見ていきましょう。

出品に手間がかかる

メルカリのデメリットでもあるのが出品方法

出品順でどんどん表示されて行きますが、売れずに出品から時間が経ってしまった場合は削除して出品し直します。
また、同じ商品を複数出品するとしても、まとめ売りなどのセットでなければ1ページずつ出品しなければいけないのです。
もちろん出品数が多ければ多いほど時間がかかります。

出品ツールと呼ばれるものがあり、それを利用するのも手ですが、1日で大量に出品したり短時間での出品し直しは、運営から規制されてしまうこともあるので注意が必要です。

顧客と1対1のやり取りが求められる

メルカリは商品ページごとにコメント欄があり、メルカリユーザーであれば誰でもコメントが可能です。
購入意思のある人や、検討中の人だけでなく、買うつもりがあまりない人からもコメントが来ます。
値下げ交渉を送ってくる人もいるので、その都度コメントの対応をする必要があるのです。

また、購入された後は取引ページにて購入者とのメッセージのやり取りをしなければなりません。

コメントや取引メッセージで快い対応をすることによって、ファンを作れるというメリットもありますが、出品している数だけやり取りが増えるので出品者の負担になる部分です。

メッセージやコメントの対応時間を決めたり、あまりにも手に負えないときはクラウドソーシングなどで顧客対応してくれる人を探すのも一つの方法ですが、コストになるのでよく考える必要があります。

手元に商品がないといけない

メルカリでは規約で、手元にない商品を販売することは禁止されています。
そして商品画像も、手元にあるものを撮影し掲載しなくてはなりません。

つまり、Amazonなどの倉庫から発送ということはできませんし、Amazonとの同時出品でも同じ画像を使用すると、商品が手元にない無在庫での販売だとみなされ規制対象となってしまうのです。メルカリには他のサイトと同じ画像を使用しないよう気をつける必要があります。

知っておかなくてはならない輸入ビジネス・販売サイトのルール

ビジネスである以上、初心者だから理解していなかった・知らなかったでは通用しないことや、知らないと痛い目をみることがあります。

それらのことを知っておかないと、
・長い期間売れず在庫がはけない
・アカウントが削除されてしまう
・資金繰りができなくなる

ということにつながってしまいますので、理解してからビジネスを始めましょう。

販売するサイトの規約は遵守し、定期的に確認すること

Amazonでもメルカリでも、どこを選ぶにしても共通して言えることです。
サイトの規約をしっかり理解し遵守しないと、気づかないうちに違反してしまうことがあります。最悪の場合、アカウントの凍結などの処分が下ります。

特にAmazonは規約がとても細かいため、見落としがないか十分注意が必要です。
また、違反に気づかずにそのまま販売していると、競合している他のセラーに通報されてしまうこともあります。
Amazonの規約は変更前の予告がないため、自分で定期的に確認しましょう。

もし、Amazonでアカウント凍結されたときの対処法を知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参考:Amazonで出品停止中!?その謎と対処法をご紹介

輸入・販売が禁止されている商品を把握する

規約に必ず記載がありますが、販売できない商品というものがあります。
そのサイトでのみ禁止になっている物であれば大事になることは避けられるでしょうが、輸入禁止の物を輸入・販売すると逮捕される可能性もあり、知らなかったでは済みません。
国外とのやり取りの際は、輸入・輸出が禁止になっていないか十分に確認しましょう。

関税や国際送料が必要なことを頭に置いて輸入する

関税と国際送料は国外との取引で必ずかかってきます。
中国から輸入する際、税関を通さなくてはならないので関税がかかり、送料も重量やサイズで異なってくるため事前に確認が必要です。
原価が安い商品でも関税や国際送料のことを考慮し、トータルでどれくらいの利益が出るのかを見極めてください。

中国輸入ビジネス参入の前に知るべき重要点まとめ

どんなビジネスでもそうですが、生半可な気持ちで取り組んでも成功にはつながりません。
儲かるという言葉に踊らされて、軽い気持ちで挑めば痛い目をみます。

成功させるためには、ノウハウと成功への固い意志が必要なのです。

安く買って高く売るという単純なビジネスですが、それにかかる経費も考慮し、売上だけに気を取られずトータルでの利益も見て取り組みましょう。

始めたばかりの方やこれから始める方は、最初は自己流に走らず、まずはセオリーに忠実になってみてくださいね。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法