メルカリで売れたらどんなメッセージを送る?例文やメッセージ作成のポイントを解説!

メルカリでは取引が成立した際や商品を発送したときなど、様々な場面でメッセージによるやり取りをおこないます。メッセージが必要になる場面は多いため、毎回一からメッセージを考えるのは大変です。

メッセージを必要とするタイミングはある程度決まっているため、あらかじめ例文を考えておけば手間を軽減できます。

今回は、メルカリでメッセージを送る際に役立つ例文集を紹介します。ある程度アレンジを加えれば様々な場面で対応できるため、ぜひ参考にしてください。

目次

商品が売れたときの対応

出品した商品が売れた場合、まずは相手の入金を待ちます。入金が確認されたら、発送する準備をおこないます。梱包をして準備が整い次第、発送をおこなってください。

その後はショップの管理画面にて、発送連絡をおこなうと、売上金が計上されます。発送した商品が相手に到着すれば、取引は無事に完了です。

メッセージを送るタイミング

取引の成立後に、メッセージを送るタイミングは案外多いです。

取引が成立した直後や商品を出品したとき、取引が完了した際などは、その都度タイミングに合ったメッセージを送る必要があります。

ほかにも相手から質問があったり、取引の最中にトラブルが発生したりした場合には、個別にメッセージが必要です。連絡を取らないと取引後の評価を下げられる可能性があるため、購入者とのやり取りは面倒くさがらず対応してください。

お礼の例文

購入された際は、最初にお礼のメッセージを送ります。最初のメッセージはこちらの第一印象を決める非常に重要なものとなるため、丁寧な文章を心がけてください。メッセージを送らないと購入者の心証が悪くなるどころか、最悪の場合購入をキャンセルさせられる可能性があるため、できるだけ迅速に連絡をとることが大切です。

ここでは、お礼のメッセージの例文を紹介します。相手が入金していた場合と未入金の場合に分けて紹介するため、状況に応じて使い分けてください。

代金が支払済みの例文

「初めまして。出品者の●●と申します。この度は〇〇(商品名)をご購入いただきまして、誠にありがとうございます。ご入金を確認いたしましたので、すぐに発送の準備をさせていただきます。発送が完了次第ご連絡差し上げますので、今しばらくお待ちください。」

最初のメッセージなので、出品者名はしっかり名乗りましょう。また、商品名も内容に盛り込むことで、購入者の購入ミスを減らせます。

代金が未払いの場合

「はじめまして。出品者の●●と申します。この度は〇〇(商品名)をご購入いただきまして、誠にありがとうございます。入金を確認次第、発送の準備に移らせていただきます。」

商品の発送は入金が済んでからなので、まずは相手に入金を促す一文を盛り込んでください。

商品発送後のメッセージ例文

商品を発送したあとも、都度やりとりをおこないます。円滑な取引を進めるためにはどのメッセージも必要不可欠なので、必ず送ってください。

ここでは、発送後にメッセージを送るタイミングと例文を紹介します。発送から到着までは時間がかかりますが、こまめな連絡を取ると購入者も安心してくれるので、徹底した連絡が取引後の評価を上げるポイントです。

発送後に送るメッセージ

商品を発送したら、発送直後にすぐ相手にメッセージを送ってください。発送から購入者のもとに到着するのは時間がかかるため、購入者を不安にさせないためにも発送が完了していることを伝える必要があります。

ちなみに、発送前にメッセージを送ると、万が一発送ができなかった場合にトラブルの原因となってしまうため、必ず発送を完了してからメッセージを送ってください。例文は以下の通りです。

「お世話になっております。先ほど●●(発送会社)にて発送をおこないました。到着は〇〇日になるかと思われます。商品がお手元に届きましたら、内容物をご確認いただき、ご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。」

取引完了後のお礼メッセージ

発送が完了し取引が完全に終了したら、購入者にお礼のメッセージを送りましょう。購入してくれたことや滞りなく取引が完了したことなどに感謝するメッセージを送ることで、購入者の印象が良くなりリピートしてくれる確率を高められます。

また、取引の途中に不備があった場合は、一言謝罪を含めることで誠実な出品者だと感じてもらいやすいため意識してください。例文は以下の通りです。

「この度は、〇〇(商品名)をご購入いただきまして、誠にありがとうございました。滞りなく取引を終えられたこと、お礼申し上げます。また機会がございましたら、ぜひよろしくお願いいたします。」

好印象なメッセージカードの活用方法

商品に購入してくれたお礼を記したメッセージカードを同封することで、より誠実な出品者であることを印象付けられます。メッセージカードを使わない出品者も多く、同封させるだけでも一定の効果が見込めます。さらに内容を工夫すれば、効果をより高めることが可能です。

ここでは、相手に好印象を与えられるメッセージカードのポイントについて紹介します。慣れれば大した手間をかけずに用意できるため、ほかの出品者と差別化させるためにもぜひ活用してください。

内容は簡素なもので十分

メッセージが長すぎると、読むのが面倒くさがられる可能性があります。せっかくお礼メッセージを送っても相手に読むのが手間だと感じさせてしまったら、メッセージカードの効果は活かせません。

メッセージの内容は購入してくれたことへのお礼や、またよろしくお願いしますといった簡単なもので構いません。一目みただけでお礼のメッセージだとわかるように、簡素な内容を心がけてください。

相手の名前にはハンドルネームを使う

メッセージカードに記す相手の名前は、メルカリで使用しているハンドルネームで構いません。むしろ下手に本名を記してしまうと、距離感が近すぎて相手に不信感を持たれる可能性があります。

あくまでメルカリ内での出品者と購入者の関係なので、呼び方もメルカリ内のニックネームを使ったほうがよいです。直接会うこともないメルカリの取引相手と、不必要に距離を縮めようとしないように注意してください。

メッセージカードや封筒も簡素なものを使う

メッセージカードや封筒が豪華すぎると、相手を委縮させてしまう可能性があります。あくまで一言お礼を添えるだけのものなので、相手が身構えるほどのアイテムを使う必要がありません。

また、こちらのコストも軽減できるため、より多くの購入者に無理なくメッセージカードを送れます。メッセージカードの目的は相手に感謝を伝えることなので、必要以上に装飾にこだわらないよう注意してください。

メッセージカードは商品に張り付けない

封筒が用意できない場合に、メッセージカードを商品に直接貼り付ける人は少なくありません。しかし、商品に汚れが残るリスクがあるため、非推奨です。

封筒がない場合は、まとめて包装するだけで構いません。あくまで添え物なので、メインである商品自体に干渉しないようにすることが大切です。

メッセージカードの例文

短いメッセージの中で、オリジナリティを出すのは非常に難しいです。余計な言葉を増やして全体のボリュームを増やすくらいなら、シンプルなお礼を伝えるだけで構いません。

ここでは、メッセージカードの例文をいくつか紹介します。取引全体の内容や相手とのやり取りなどに応じて、内容を変えていきましょう。

最もシンプルな例文

「ご購入ありがとうございました。ぜひまたよろしくお願いいたします。」

不要な文章を一切排除した、シンプルな内容です。お礼の気持ちを伝えるという最大の目的は果たしているため、これだけでも十分効果はあります。

長いとかえって読んでもらえないリスクも発生するため、手間がかかるくらいなら最低限の内容でも構いません。

商品コメントを加えた例文

「数ある中から私の商品を選んでいただき、ありがとうございました。こちらの商品は、冷暗所で保管していただきますよう、よろしくお願いいたします。」

商品ごとの注意点や、使い方のポイントなどを一言加えることで、メッセージの独自性が一気に増します。

商品についてどうしても伝えたいことがあれば、それを記載するのもありです。ある程度オリジナリティを出したい人は、参考にしてください。

取引の感謝を伝える例文

「この度は、ご購入ありがとうございました。滞りなく取引が完了したこと、お礼申し上げます。ぜひ今後とも、よろしくお願いいたします。」

取引が迅速に完了した場合には、スムーズに進んだ感謝を言葉にして伝えることで、丁寧な印象を与えられます。

スムーズの定義は人それぞれですが、特に遅延などがなければこの内容を使っても構いません。

確認を促す例文

「ご購入ありがとうございました。万が一商品に不備などございましたら、遠慮なくお申し付けください。問題なければ、評価の登録をお願いいたします。」

購入後の評価は忘れられがちなので、メッセージカードに一言記載しておくと、取引完了までスムーズに進みやすいです。

受取評価を忘れた相手に後日催促の連絡をするよりは、最初からメッセージカードとして伝えておいたほうが、心証は悪くなりにくいといえます。

謝罪を盛り込んだ例文

「ご購入ありがとうございました。こちらの連絡ミスによって発送に時間がかかってしまい、申し訳ありませんでした。」

取引中にトラブルがあった場合には、それを謝罪する一文を盛り込むことで、誠意を感じさせられます。リピート率も高くなるため、不手際があった場合は必ず活用してください。

相手に催促を促す例文

取引の中では、支払いや受け取り評価など相手の行動を待つタイミングが存在します。しかし、相手がアクションをおこさないと取引が先に進まないため、催促のメッセージを送る必要があります。

催促のメッセージは言い方を誤ると、相手に不快な思いをさせてしまうため、内容には注意が必要です。たとえ相手に非があったとしても、低評価になるリスクは避けたいので、言葉の言い回しには十分注意してください。

ここでは、相手に催促を促す例文について紹介します。不特定多数と取引を続ける限りいつかは使う機会が巡ってくるため、その際は参考にしてください。

支払いを促す例文

購入後に支払いがない場合は、相手に催促の連絡をしてください。相手に購入の意思がなくなった可能性が考えられますが、単に忘れているだけの場合もあるため、連絡して現状を確認することは大切です。

「お世話になっております。現在、まだお支払いが確認できておりません。まことに勝手ながら、〇〇日までに対応をお願いいたします。お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。」

指定日を過ぎても支払いがなければ、相手に取引をする意志がないと判断できるため、キャンセル措置をとって問題ありません。

受取評価を促す例文

購入者は商品を受け取ったあとに、受取評価をしてもらわないと取引が完了しません。商品の評価をしないままになっている人は一定数存在するため、こちらから評価を促す必要があります。

「お世話になっております。先日配達しました商品ですが、お手元に届きましたでしょうか。商品に問題がなければ、受取評価の登録をお願いいたします。お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。」

商品の到着を確認する名目で連絡をすれば、相手に与える不快感は小さくなります。

まとめ

メルカリではことあるごとにメッセージを使ってやり取りをするため、ある程度例文を決めておくと作業がスムーズに進みます。もちろん、例文をそのまま使ってしまうと齟齬が発生したり愛想がないように感じてしまったりするため、必要に応じて内容を変えていってください。

さらに丁寧な印象を与えたい場合には、メッセージカードの利用も効果的です。簡潔な内容でも構いませんので、いくつかパターンを用意して活用すると、少ない労力で大きな印象アップの効果を生み出せます。

メッセージのやり取りは、こまめに行わないと購入者を不安にさせてしまい、評価が低くなる原因になってしまいます。今回紹介した例文を参考に、メッセージが必要な場面では面倒くさがらずやり取りをしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次