物販

高機能で便利なsnapcrabの使い方

アクシグ編集部
アクシグ編集部
アクシグ編集部です。期間限定で利益率9割、累計6億円を超える売上を得た具体的な方法をご紹介しています。(証拠アリ)

クリックして”利益率9割のビジネス”を見る

みなさんはPC上の画面をキャプチャする際にどのようなツールを使用していますか?多くの方はWindowsに標準搭載されている「Snipping Tool」を使用していることかと思います。

Snipping Toolは動作も軽く、ペンツールで簡単なメモも入れることが出来たりと便利ですが、画面をキャプチャする度に自分で保存しないといけないので、効率性に欠ける面もあります。

そこで今回は、キャプチャした画像が自動で保存される便利な画面キャプチャツール、「SnapCrab」を紹介したいと思います。

SnapCrabのインストールと設定

SnapCrabフリーソフトながらも、画面キャプチャに必要な機能が一通り揃っている優れもの。画面全体のキャプチャはもちろん、ウインドウ範囲や、自分の指定した範囲でもキャプチャすることが可能です。

それでは、SnapCrabのインストール方法と設定の仕方を解説していきます。

SnapCrabのインストール

SnapCrabの公式サイトへ行き、SnapCrab for Windowsをダウンロードのボタンを押してください。

インストールの際は特にこだわりがなければ推奨されている標準インストールを選択しましょう。

また、SnapCrabを常に使用したいわけではなければ、「スタートアップに常駐させる」の項目のチェックは外しておくとよいでしょう。

「Program Files(x86)」にインストールします。

SnapCrabのインストールが完了しました。

SnapCrabの起動

「スタートメニュー」、もしくはデスクトップのショートカットアイコンで起動すると、このような縦30px、横210pxほどの細長いバーが表示されます。これが、SnapCrab本体です。このバーに並んでいるアイコンから全ての操作が可能です。

SnapCrabの設定

バーの一番右の歯車の形をしたアイコンをクリックすると、設定オプションが現れます。キャプチャした画像の保存先や共有先など、各種の設定は「詳細設定」で行えます。

ちなみに現在、期間限定で初期費用をかけずに、リスクなしで複数の収入源を得る方法を特別講義でお話しています。

アクシグ編集部
アクシグ編集部
あなたがもし"複業収入"を得たいのなら、下記より無料で受講してみてください。編集部が自信を持ってオススメします。

世の中の99%の人が知らない"収入を倍増させる方法"を無料公開中。


クリックして「6億円稼いだ男の特別講義」を受けてみる。

SnapCrabの使い方

前項でインストールの方法やツールの起動の仕方、設定の仕方は分かってもらえたかと思います。続いては、SnapCrabの使い方をより詳しく解説していきます。

SnapCrabは使用している間は常に画面の最上位に表示されています。SnapCrabを常駐の設定にしている場合は、タスクトレイからいつでも表示できるので、使用しないときは閉じていてもOKです。

SnapCrabを移動したい場合は、左端をクリックしてドラッグすることで、自分の好きな位置に配置することができます。

キャプチャの方法

ウインドウのキャプチャ

ウインドウをキャプチャしたいときは①の「ウインドウをキャプチャ」か、②の「トップレベルウインドウをキャプチャ」のアイコンを使用します。両者共に撮ったキャプチャはトップレベルウインドウになり、違いはないので、どちらを使用しても構いません。

③の「デスクトップ全体をキャプチャ」はその名の通り、タスクバーなども含めた画面全体のキャプチャが出来ます。通常のPrintScreenと似たような機能ですが、キャプチャがクリップボードには送られず、画像ファイルとして保存されるという相違点があります。

マウスの操作を停止させるとカウントダウンが始まり、自動的に指定した保存先にキャプチャが保存されます。アイコンをクリックした際に、Ctrlキーを押すことでも保存が可能です。

指定範囲のキャプチャ

自分で好きな範囲を指定してキャプチャをしたいときは④の「指定範囲をキャプチャ」のアイコンを使用します。

「指定範囲をキャプチャ」をクリックすると、画面全体が白っぽくなり、ドラッグで好きな範囲を指定することが出来ます。

キャプチャする範囲を決定したら、範囲の下に表示されているカメラマークをクリックしてキャプチャを保存します。また、ウインドウのキャプチャ同様、Ctrlキーをクリックすることでも保存が出来ます。

ソーシャルネットワーク・ウェブストレージへの投稿

ソーシャルネットワークやウェブストレージへの投稿は、⑤の「投稿」アイコンを使用します。

投稿先はTwitter、Evernoteの2つがあります。どちらのサービスでも選択した範囲を指定した後に、投稿文の編集ができ、投稿ボタンを押すと各サービスのログイン画面に移動します。

キャプチャした直後にすぐ投稿が出来るため便利な機能のように思いますが、キャプチャ画像の編集が後から出来なかったり、各サービスにログインする際にパスワードを間違えたりすると画像の修正が出来なかったりする問題点もあります。

その他のアイコンについて

⑥のスポイトのアイコンには「カーソル位置の色を取得」する機能があります。Ctrlキー+Cで取得できる他、「詳細設定」の「その他」からカラーピッカーの保存形式を「ウェブ16進」にしておくと、そのままサイトで利用することができます。

⑦のアイコンでは「ウェブページをキャプチャ」することができます。

ウェブページのキャプチャには、Sleipnirが必要なので、インストールしていない場合、このようなインストールを促す表示が現れます。

Sleipnirをインストールのボタンをクリックすると、自動的にダウンロードが開始します。ダウンロード終了後はボタンをクリックするだけでインストールが開始します。

Sleipnirをインストールした後は、Sleipnirで保存したいページを表示しておいて、部分選択か全体キャプチャを選ぶとキャプチャすることができます。

SnapCrabでできること

これまでツールバーにある各アイコンの主な機能を紹介してきましたが、これならWindowsに標準搭載されているSnipping ToolやPrintScreenでも十分じゃない?と思われる方もいらっしゃるかと思います。この項目ではSnapCrabならではの機能にさらに踏み込んで紹介していきます。

キーを1回押すだけで一瞬で画像保存

PrintScreenやSnipping Toolは特別な準備もせずにキャプチャが出来るという利点がありますが、冒頭で述べたように一度撮ったキャプチャを画像編集ソフトに貼り付けてその都度保存…という流れで、何度も続けてキャプチャを撮るには非効率な面もあります。

SnapCrabは、Ctrlキーを1回押すだけでキャプチャが撮れる上に、撮ったキャプチャが画像ファイルとして保存されるので、作業時間の短縮になります。

カーソルもキャプチャできる

通常のスクリーンショットではカーソルはキャプチャ出来ませんが、SnapCrabはカーソルも一緒にキャプチャ出来るので、カーソル込みでのキャプチャが欲しい方にはオススメです。

部分的に切り取れる

部分的に切り取ったキャプチャをすぐに保存して画像ファイルにできるのはかなりの利点ですね。

SnapCrabはこんなときに便利

SnapCrabはどのような場面で役に立つのでしょうか。例を挙げてみたいと思います。

ブログやマニュアル作りに

スクリーンショットを使ってブログ記事を書きたい場合やソフトの使い方のマニュアル作りなど、大量にスクリーンショットが必要なシーンでSnapCrabは活躍します。

特にソフトの使い方は文面だけでは分かりにくく、画面のキャプチャが必要なことが多いので、短時間でキャプチャを作成できるSnapCrabは非常に向いていると言えます。

ネットで参考画像を収集しているときに

絵を描くときなどに必要な参考画像を右クリックして保存するフォルダを選んで…という作業を何度も繰り返して行うのが面倒なときにSnapCrabを使うのもオススメです。ワンクリックで画面全体のキャプチャを撮ることが出来るので、面倒な作業を繰り返さないで済みます。
しかし、ブラウザやカーソルも写り込んでしまうので、それが必要でない場合は使用を控えた方がいいでしょう。

動画のスクリーンショットをしたいときに

Youtubeの動画などを見ていて、好きな芸能人や癒される動物のいいなと思った瞬間を切り取りたいときに、すぐにキャプチャすることができるSnapCrabは向いていると言えますね。

SnapCrabを使うときに気になること

この項目ではSnapCrabの、そういえばここはどうなの?こういうときはどうすればいいんだろう?というみなさんの疑問に答えていきます。

保存する際のファイル名は?

この画像の赤い枠で囲ってある場所に好きな名前を入力しましょう。

yyやmmといったアルファベットは、キャプチャを撮った際の時間や日付などを代入できる記号で、ファイル名を他のキャプチャと同じ名前にならないようにすることができます。

yy=年 mm=月 dd=日
hh=時間 nn=分 ss=秒

ショートカットキーがうまく働かないときは

ショートカットキーとは同時に押すと何かしら便利なことが起こるように設定されているキーの組み合わせのことで、SnapCrabを使っているときにうまく働かない場合があるようです。

その際はSnapCrabを管理者権限で起動することで解決します。また、SnapCrab以外に管理者権限で起動しているソフトがあると、ショートカットキーがうまく働かなくなる場合があるようです。

SnapCrab自体をキャプチャするには?

SnapCrabを使用したキャプチャにはSnapCrabのツールバーは写りません。そのため、SnapCrabのツールバーをキャプチャしたい場合には、他のキャプチャソフトを使用するしかありません。

SnapCrabの小技

マニュアルにも載っていない、SnapCrabを使う上で覚えておくと便利な小技を紹介します。

カーソルで微調整

選択範囲を指定して作成したキャプチャの大きさや位置を変えたいときがあると思います。そんなときは、既に選択した範囲をクリックし、ドラッグすることで選択範囲の微調整が可能です。また、この移動はカラーピッカーで色を取得する際にも使えます。

ドラッグ&ドロップでかんたん投稿

ツールバーの「投稿」ボタンでソーシャルネットワークやウェブストレージへの投稿が出来るのは前述した通りですが、この機能はそのまま使うだけではあまり使える機能じゃないように感じますよね。

しかし実は、「投稿」ボタンに既に撮ってあるキャプチャやそれ以外の画像をドラッグ&ドロップすると、選んだ画像をそのままソーシャルネットワークやウェブストレージへ投稿することができるんです。

マルチモニタでの切換

今までのWindows向けのキャプチャソフトは更新が止まってしまい、最新のマルチモニタ環境には対応していないものが多いです。そのマルチモニタ環境への対応可能にしたのがSnapCrabです。

初期設定では、マウスポインタがある方のモニタのキャプチャをするように設定されています。「詳細設定」の「その他」の「カーソル位置のモニタをキャプチャ」のチェックを外すことによって、デスクトップのキャプチャ時に全てのモニタをキャプチャすることが可能です。

トラブルの対処

SnapCrabをインストールしたのはいいけど、クリックしても起動しない!指定したフォルダにキャプチャが保存されない!といったトラブルへの対処法を解説します。

クリックしても起動しない

デスクトップのSnapCrabのアイコンをクリックしても起動しないどころか何の反応もない!そんなときはタスクバーの通知領域(IMEやスピーカーのアイコンがある場所)にあるカメラのアイコンをクリックしてみましょう。
通知領域にカメラのアイコンがなければ、「隠れているインジケーター(タスクバーにある▲のアイコン)」に格納されているはずなので、確認してみましょう。

設定情報が消えてしまう

何らかの原因で、保存する際のファイル名やショートカットキーなど、設定した情報が消えてしまうトラブルが起こることがあります。

万が一の可能性に備えてフォルダ内にあるSnapCrab.iniファイルを別の場所へコピーしておき、設定情報が消えてしまった際に元のフォルダへ再び移すことでこの問題は回避できます。

指定したフォルダにキャプチャが保存されない

保存先フォルダを指定したのに反映されていない…そんな場合はインストールされているフォルダのプロパティが読み取り専用になっている可能性があります。

まず、SnapCrabのインストール先のフォルダを開き、「SnapCrab for IE」のフォルダを開きましょう。

SnapCrabUser.exeを右クリックし、プロパティを開きます。

互換性タブをクリックし、「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れましょう。

最後に

今回はフリーソフトながら高機能なSnapCrabを紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

この他にもキャプチャソフトはたくさんありますが、やはりワンクリックで画面をキャプチャし、画像として保存できるという点はとてもありがたいですね。

スクリーンショットが必要なときにすぐに使えてとても便利なので、この記事を読んでくださった方も実際にSnapCrabをインストールして使い心地を体験してみてくださいね。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】複業の教科書

複数の収入源を持ち、人に感謝されながら利益を倍増させる唯一の方法

  • 個人でも売上6億円、利益率90%以上の驚異的ビジネスの成功事例
  • 物販の利益を○○○○に活用してレバレッジを掛ける秘密の方法
  • 毎月100万円以上、安定した複数の収入源を持つ具体的な手順
  • 資金ゼロでも始められる、驚きの新手法法
  • 物販を低リスクかつ高収益体質に変えるアドバイスは

など、アクシグ編集部が総力をあげて作り上げたコンテンツをお届けいたします。。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。