物販

中国スマホの輸入サイトとその使い方!注意すべき点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外製品のスマホを購入するには、日本国内の取扱いショップか、現地の輸入サイトに頼ることになります。商品によっては、日本国内では取扱いのない場合もあります。

日本国内で海外製品を購入すると、現地の価格よりも値段が高くなってしまうことがほとんどです。そのため、現地の輸入サイトで個人的に輸入した方が安く済むことがあります。

そこで、今回はおすすめの中国の輸入サイトでの購入方法をまとめていきます。

大事なことですが個人輸入は全て自己責任ということを肝に銘じておいて下さい。

主な中国メーカースマホの輸入サイト一覧

中国メーカースマホを個人輸入できる主なサイトは以下の3つがあります。

AliExpress
PandaWill
GearBest

それぞれの特徴を解説していきます。

AliExpressについて

AliExpressは中国のアリババグループの輸入サイトです。正確には販売者の集合体で「中国版の楽天市場」とも呼ばれているサイトです。

たまに非常に安価でスマホを販売している出品者がいますが、卸売りでロット販売(10〜100個)が前提の場合も多いので注意が必要です。

一応日本語版のサイトもありますが、翻訳サイトベースの日本語なので少々扱いにくい部分もあります。

尚、AliExpressでの商品購入から取引完了までの流れについては、下記の記事を参考にしてください。

参考:AliExpressで商品を買ってみよう!商品購入から取引完了までの流れは?

PandaWillについて

AliExpressやGearBestと比べると少しマイナーな中国の輸入サイトです。

AliExpressやGearBestと比べるとあまり注目すべきポイントはありませんが、サイトがシンプルで検索がしやすいです。

またアカウントをつくらなくてもゲストで購入が可能なので、中国通販サイトのお試しとして使ってみるのが良いでしょう。

GearBestについて

GearBestに中国の深セン拠点を置く通販サイトです。品揃えが豊富で、日本では正規販売のされていないXiaomiやLeEco、OnePlusといったメーカーのスマホが激安価格にて購入できます。

こちらも、日本語版サイトは翻訳サイトベースになっています。

尚、日本語しか出来な人が中国輸入する方法については、下記の記事を参考にしてください。

参考:日本語しかできなくても「中国輸入」は可能!その方法とは

AliExpressで中国製スマホを購入するには?

「中国版の楽天市場」とも呼ばれるAliExpressでの中国製スマホの購入方法をまとめていきます。

アカウント作成方法

AliExpressのトップページ右上の「join」→「join free」からアカウントの作成(会員登録)を行います。

次の画面で、

Email address: メールアドレス
Name: 名 / 姓
Create password: パスワード
Confirm your password: パスワードの確認
Enter the code below: 下枠に表示されているコードを入力

「View Agreement」をクリックして利用規約の確認後、チェックボックスにチェックをしましょう。

全ての項目を入力したら、「Create Your Account」をクリックするとアカウントができます。

その後、登録したメールアドレス宛にAliExpressからメールが届いているので、「COMFIRM MY EMAIL ADDRESS」をクリックしてメール認証を行って下さい。

商品検索・注文方法

AliExpressスマホを買うには、トップページの「CATEGORIES」から「Phone & Accessories」→「Mobile Phones」を選択します。

ページ左の「Refine Search」からさらに絞込みを行います。「Celluar」を「LTE」、「Item Condition」を「New」にして検索をかければ、通信方式がLTEで新品のスマホだけが検索対象になります。

購入したいスマホの販売ページにリンクしたら、「Buy Now」をクリックしましょう。配送方法の選択で「Free Shipping」を選んで「Confirm」をクリックします。

次に配送先の情報をローマ字表記で入力します。

Contact Name: 氏名
Country/Region:国名
Street address: 町名、番地(下段にマンション・アパート名)
City: 市名
State/County/Priovince: 県名
ZIP/Postal Code: 郵便番号
Tel: 電話番号(Country Codeは「81」で電話番号は先頭の「0」を除いて記入)
Mobile: 携帯電話番号

決済方法

最後のページで改めて注文内容の確認ができます。

確認ページの下部に決済欄があるので決済方法の選択後、必要な情報を入力しましょう。

クレジットカードの場合は、名前、名字、カード番号、有効期限、セキュリティコード(カード裏面の3ケタ)を入力して「Pay My Order」をクリックします。

これで、注文・決済が確定します。

Open Dispute(オープン紛争)とは?

AliExpressは販売者の集合体であるため、その中にはまれに悪質な販売者も存在しています。

そのような販売者から購入者を保護するために、AliExpressにはOpen Dispute(オープン紛争)というトラブル解決システムが採用されています。

Open Disputeは商品が届かなかったり、商品に相違・破損があった場合、返金や再送を要請できるシステムです。

Open Disputeはいつでも、申請できるわけではなく期間が決まっています。その期間は、配送方法や発送元の住所によってかわりますが、早く届く配送方法ほど申請可能な期間は短いです。

尚、中国輸入におけるトラブルの回避方法については、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入は本当に安全?トラブル回避の方法とは

トラブルがあったらまずは交渉

AliExpressで注文した商品に関してトラブルがあった場合、いきなりOpen Disputeを申請するのではなく、まずは通常のチャットでトラブルがあった旨を販売者に伝えましょう。

この段階で解決する場合もあります。

Open Dispute(オープン紛争)の申請

Open Disputeの申請ページでは、選択式の各設問に答えてAliExpressへ状況を知らせます。

・ 商品は届いたか?
・ 問題点を選択
・ 返金希望の場合なら金額入力
返品するか?(送料は購入者持ち)
・ 自分の言い分を文章化(英語)
・ 証拠となる画像や動画の提出(スマホなどの動作不良の場合は、動作不良がわかるような動画を撮影してアップロードします。※500MBまで)

5日以内に販売者から連絡がなければ返金されます。

尚、信頼できる代行業者については、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入の強い味方!信頼できる代行業者一覧

返品・再送対応の注意点

返金対応ではなく返品・再送対応を希望する場合は、あらかじめ商品代金に送料を加えた金額を入力しておきましょう。

一度、販売者側と対応の条件が合致すると、申請の内容変更ができなくなります。

そのため、後で送料分が足りなくても請求することができません。

GearBest.comで中国製スマホを購入するには?

GearBest.comでの中国製スマホの購入方法をまとめていきます。

GearBest.comは中国通販サイトの中ではメジャーで比較的安心できるサイトです。また、激安なことでも有名です。

アカウントを作成方法

GearBestのトップページ右上の「Sign in」をクリックします。

FacebookもしくはGoogleのアカウントがあればそちらでもログイン可能です。

GearBestで使うメールアドレス、パスワード、パスワードの確認を入力して「Register」をクリックすると認証用のメールが先ほど入力したメールアドレスに送られます。

メールが届かない場合は、「Resend Activation Email」をクリックして再送して下さい。

届いたメールのリンクをクリックすると認証が完了します。認証が完了したページで「Check my account」をクリックするとログイン画面に移行するので、先ほどのメールアドレスとパスワードを入力して「SIGN IN」をクリックするとログインできます。

次に配送先を登録しておきます。事前に配送先を登録しておけば買い物の際に入力が必要なくなります。

ページ右上の「Hi ◯◯(名前)My Account」から「My Profile」をクリックしましょう。次に「Address book」→「Add a new Address」をクリックします。

ここで配送先の情報をローマ字表記で入力します。

First name: 名前
Last name: 名字
Email address: メールアドレス
Street address: 町名、番地(下段にマンション・アパート名)
Country: 国名
State/County/Priovince: 県名
Phone Number: 電話番号(最初の0を除いて入力)
ZIP/Postal Code: 郵便番号

また、配送方法で「日本郵便」を選択すると日本語表記の住所も必要なので、合わせて登録しておきましょう。

情報の入力が完了したら、「Confirm Edit」をクリックします。そして表示されたページで「Back to address list」をクリックしましょう。

商品検索・注文方法

トップページ左の「SHOP BY DEPARTMENT」の「Mobile Phones」から「4G LTE Smartphones」や「Xiaomi」、「Elephone」などをクリックすることで、通信方式やブランドからスマホを絞り込むことが可能です。

通信方式で絞り込んだ場合は、そこからさらに価格帯、OS、ブランド、ディスプレイの大きさから絞り込むことが可能です。

欲しいスマホが見つかったら、画像をクリックして購入ページにリンクして下さい。そして「Add to Cart」をクリックすると商品がカートに反映されます。

そして、カートから支払いベージにリンクして決済方法を選択します。選択した決済方法にて必要な情報を記入した後、配送先の住所の記入ページになりますが、先ほど登録した配送先がそのまま入力されます。

変更がなければ「Place your Order」をクリックして、配送先の選択ページに移行します。

配送方法の選択

GearBestでは以下の配送方法が選択できます。

・ Flat Rate Shipping / Air Mail (無料配送)
・ Priority Line(比較的安価で届くスピードも早め)
・ Standard Shipping (標準配送)
・ Expedited Shipping (高速配送)

■ Flat Rate Shipping / Air Mail について
GearBestではFlat Rate ShippingもしくはAir Mailがデフォルトの配送方法で、オプションを着けなければ「無料」です。ただし手元に届くまでにかなり時間がかかります。

発送から最大で5週間ほどかかります。そもそも、GearBestは発送までに1週間かかることもあるので、注文してから6週間待つこともありえます。

注文した商品にもよりますが、Flat Rate Shippingは基本的には追跡番号が付いていません。付ける場合には200から300円かかります。また配送事故の保証もありません。

■ Priority Lineについて
Priority Lineは配送先にあわせた方法で、5から9営業日ほどの比較的短い期間で届けてくれます。料金もスマホ1台なら数百円ほどで良心的です。

Expedited Shippingほど高い配送料は払いたくないが、1ヶ月も待てないという方にオススメです。

■ Standard Shipping について
Standard Shipping = EMS(配送先が日本の場合)です。配送スピードは7から10営業日で、Expedited Shippingよりも時間がかかるにも関わらず、料金がExpedited Shippingのほぼ倍額します。

そのため、基本的に選択する利点のない発送方法です。

しかし、Expedited Shippingは日本の配送拠点から配送先が離れていると追加で30ドルほど請求される場合があります。EMSではその心配はありません。

■ Expedited Shippingについて
Expedited Shipping = DHL(配送先が日本の場合)です。配送スピードは3から7営業日で最速の配送方法です。料金はスマホ1台なら700円~1500円になります。

その他の中国製スマホ販売サイト

ここまでに紹介したサイト以外の中国製スマホを取り扱っているサイトを紹介します。

Banggood

Xiaomiやhtcなどの中国や台湾のメーカーのスマホを販売しているサイトです。

日本向けの販路開拓を目指しているようで、日本語表示・日本円表記に対応しています。また、送料無料で配送してくれます。

Banggoodは香港、深セン、杭州、義烏市に拠点を持っており、その販売網を利用して仕入れ値を抑えることに成功しています。

VISAやPaypalにも対応しています。

赤札天国

日本向けの転売業者です。個人輸入が不安な方は使ってみましょう。

元々スマホよりもタブレットの方が品揃えが良く、最近はスマホの品揃えも増え始めています。

ただし、価格は中国価格の1割増しくらいになっています。送料の関係で、Amazonで買った方が安い場合もあります。

Amazon

有名な中国メーカーのタブレットはAmazonでも取扱いがある場合が多いです。

送料無料なので、赤札天国よりも安い場合もあります。

なにより世界的な通販サイトということで、安心感があるのも大きいです。

中国の通販サイト共通の注意事項

中国の通販サイトには、中国相手ならではの注意事項があります。

検品のため開封済みであることが多い

スマホなどのガジェット系の商品は検品のため、開封・セットアップされていることが多いです。

未開封の状態で送って貰おうとしても、無視して開封されて届くことも日常茶飯事です。

ショップ独自のROMがインストールされていることがある

ショップ独自のROMがインストールされていることがあります。つまり、メーカー純正のROMではないものがインストールされているということです。

そのため、何らかの不具合が起こったとしても、メーカーからは何も保証を受けることができません。

ショップ独自のROMは大抵の場合、アップデートアプリを削除してしまっているので、メーカー側から提供されるアップデートを受け取ることができないの問題になりかねません。

悪質なショップに至っては、スマホ自体を純正ではない状態にするほど改変してしまっていることもあります。ここまでしてしまっていることは非常に稀なケースですが、全く無いとは言い切れません。

基本的なショップ独自のROMは、アップデートアプリを削除して多言語対応を実現しているといったものです。

尚、中国輸入での失敗例については、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入の失敗例!事例を学んでリスクを減らそう

提供記事の信憑性

一部のレビューサイトやレビュー動画を載せているYouTubeチャンネルは、中国の通販サイトから無償の商品提供を受けてレビューしている場合があります。

サイトやYouTubeチャンネル経由で商品が売れた場合、そのサイト・YouTubeチャンネル運営者にはいくらかマージンが入ります。

そのため良い所を誇張しすぎることは無いにしても、悪い所を隠している可能性は十分に考えられます。

中国メーカースマホの個人輸入 まとめ

個人輸入と言いつつも現状では、間に中国の通販サイトが入るため、昔に比べるとかなりハードルが下がったのは事実です。

しかし、商品の不具合や配送事故などのトラブルは無いとは言い切れない現状もあります。そのため、トラブルの際には基本的に英語で対応することになります。

もしそれでも、「安く購入したい」、「日本で未販売のスマホが欲しい」という方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。

あなたのビジネスを成功させるために、ぜひこの無料動画を活用して下さい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法