物販

レザークラフト用革の仕入れ方法やオススメの専門店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

レザークラフトを始める場合には、革の選び方や品質の良い革を販売している業者を見極めることが大切です。革を転売しているだけの業者もいますので、革の品質を見極めることが、良質のレザークラフトを作り、販売するためのポイントです。

レザークラフトを作って販売する場合の費用計算の方法も解説していきます。

無料動画|出品するだけで売れるブルーオーシャン
韓国輸出で稼ぐ方法を暴露した対談を期間限定公開



韓国輸出はまだ実践者が非常に少なく、ブルーオーシャンの市場です。しかも無在庫販売、難しいリサーチもなし、利益率も40%と驚きの連続です。

ただ商品を出品するだけで稼げてしまう、それが韓国輸出です。そんな手法の全貌を、期間限定で無料公開中です。




なめしの方法の違い

皮はなめしという工程を経て、「革」に変化していきます。主に2種類のなめしの方法がありますが、それはタンニンなめしと、クロムなめしです。2つのなめしの方法の違いは、なめし後の革の特性にも影響をします。タンニンなめしの革は、使い込むと色が変わったり、形が馴染むので革の良さを楽しめます。

タンニンなめしとは?

植物性の薬剤であるタンニンを使って皮を加工していきます。タンニンなめしをした革は、肌色のような色に仕上がります。この過程の後に、染色剤などで色を付けていきます。染色剤で色を付けずに、自然の色のままなのが「ヌメ革」と呼ばれる革です。

タンニンなめしの革は、丈夫で伸びに強いのですが、ひっかき傷には弱い特性を持っています。しかし使っていると形がなじみ、色が変わってきて、革を育てる楽しさがあります。経年変化を楽しむには、ヌメ革がおすすめです。

もしタンニンなめしでも、色を付けているのであれば、それほど色の変化がありませんので、タンニンなめしであれば、必ず色が変化するという訳ではありません。

クロムなめしとは?

科学的な薬剤であるクロムを使ってなめしを行います。タンニンよりも安価になめしを行うことができるので、クロム加工の革の方が安いです。クロムなめしが終わった革は、青色に変化しますが、その後染色剤で色を付ける加工がされます。

クロムなめしの革は、柔軟性があり傷が付きにくく、耐熱性が高いという特徴を持っています。

コンビネーションなめしはどんななめし?

コンビネーションなめしは、先ほどの2つの種類のなめしを組み合わせたものです。クロムなめしをした後に、タンニンなめしを行います。

2つのなめしの中間の特徴を持った革に仕上がります。

革の仕上げ方法の違いによる革の特性とは?

レザークラフトでは、革は加工をしてから販売されていきますが、その加工方法によっても仕上がりが異なります。革の最終工程でどのような仕上げ方法があるのか見てみましょう。

顔料仕上げ染料仕上げ(アニリン仕上げ)という方法があります。

顔料仕上げの方法

顔料仕上げというのは、革の表面に塗料を塗って仕上げを行います。革の表面に塗料を塗ってしまうという事は、傷も隠れますし、色も好みの発色の良いものを使えます。

裏を返せば塗料で傷を隠してしまうので、傷が多い革でも一見すると、きれいに見えます。革は動物の成長によって形成されるので、当然傷はあるものです。置かれている環境によって、傷のつき方が異なりますので、傷の多さによってランクが分けられます。

当然傷が多くてランクが低い革は、この顔料仕上げで傷を隠す加工がされます。逆に傷が少ないランクが高い革は、染料仕上げなどで革の良さを生かして加工されます。

顔料仕上げの場合には、革の表面に革の雰囲気が感じられません。傷が隠される代わりに、革の経年変化などは楽しめなくなります。

アニリン仕上げの方法

アニリン仕上げの場合は、染料をしみこませて色を付けた後に、アニリン染料で薄い膜を作っていきます。透明感があり、発色も良いという特徴を持っているので、傷が少ない革にぴったりの加工方法です。

例えば、カーフという生後6か月以内の子牛の革は、傷が少なくきめが細かな革です。こうした革にきれいなカラー加工を施したい時に、このアニリン仕上げを行います。

傷に弱いので、コーティングは徐々に薄くなります。そこでアニリン専用のクリームでメンテナンスすることが必須になります。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

革のサイズを表す単位

革のサイズは、DS(デジ)という単位で表します。1DSは10cm×10cmという大きさです。革は動物の大きさにかかっているので、すべてが同じではありません。

一般的に下記のサイズが目安になります。

  • 牛革:200DS~300DS
  • 豚革:100DS~150DS

革を仕入れる際には、ある程度の目安のサイズはあるものの、実際の革のサイズによって価格が決定されます。

レザークラフトを始める際に必要な物

レザークラフトで作れるものは、たくさんあります。靴、バッグ、衣料の部品など人によって異なります。何を作りたいかを決めておけば、必要な革をお店に行って比較することができます。

型紙がすでにあるのであれば、お店に持っていけば、実際に必要なサイズを確かめられるので、レザークラフトを始める段階で準備しておくと良いでしょう。

どのくらいのサイズで何個の製品が作れるのか?

目安として、トートバッグであれば、30DSほどあれば作成可能です。トートバッグは、レザークラフトの基本でもありますので、最初に作成しておきたい製品です。

ただし革を購入する時には、1枚単位で購入するので、何個ほど作れるのか相談しておきましょう。

レザークラフトの用語の解説

レザークラフトでは、他にも専門用語を使いますので確認しておきましょう。

バンまわり

革1枚の大きさのことを表します。革を販売するお店によっては1枚単位での購入が必要なので、「バンまわり」がどれほどかによって値段が変わります。

スキ加工

厚さを薄く漉く加工方法です。革の利用方法や、強度に合わせて加工をします。

箔押し加工

革の表面に箔を押し付ける加工方法。繊細な模様も加工可能なので、革でも細かな花柄などが加工できます。

吟スリ加工

革の表面にやすりをかけるなどして毛羽立たせる加工方法。

型押し加工

加熱高圧プレスで型を押して凹凸を出す加工方法。ひとつの型さえつくれば、同じ型で革に加工ができます。

ボンベ加工

グレージング(光沢)仕上げのワニ革のウロコに立体感をもたせる加工。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法

>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

費用と原価の計算方法

レザークラフトは、細かな作業も多いので、いつの間にか時間が経過していることも多いものですが、レザークラフトをして、販売までを考えるのであれば、費用の計算をしておく必要があります。

レザークラフトを作るための費用

まずは道具をそろえる必要があるので、その為の費用が生じます。

道具などの初期費用と、維持をするための維持費用があります。

初期費用で必要になる道具

最初はキットを購入すると、必要な物が揃っているので、お買い得になります。
もしキットの工具では満足できない場合は、必要な物を買い足していくスタイルがオススメです。

最初のキットとしては、1万円ほどで売っている物で対応できます。最低限の道具を揃えるのに、このくらいの費用が必要で、さらに自分の作品に必要な道具を合わせても、2万円もあれば大体の物が揃うでしょう。

維持費としてかかる物

ブックカバーを作る際にかかる維持費用を考えましょう。

レザー

レザーの品質によって大きく異なりますが、国内で有名な栃木レザーを使うとすると、およそ原価は1000円ほどになります。

カバーを縫う時の長さとして、本体の倍は必要になりますので、およそ10円として計算します。

ロウ

糸に塗り付けるロウも必要になります。15gで200円になりますので、およそ10円として計算します。糸そのものにロウが含まれているものもありますので、そちらを使う事も可能です。

オイル、ワックス、ボンド

トコノールで革の表面を仕上げたり、コバの仕上げをしたり、縫う前にボンドで接着したりします。大まかに計算して、1個当たり100円にしておきます。

このように、ブックカバー1つに対して、1120円がコストになります。この値段を基準にして、価格の上乗せをして販売する必要があります。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法

>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

レザークラフトを販売するために活用できるサービス

今は誰でも簡単にネットショップを作ることができます。

レザークラフトを作って、販売をしたい場合に活用できるサービスを紹介しましょう。

簡単に作れるのがBASE

趣味の範囲でレザークラフトを作成するのであれば、BASEというサービスがオススメです。

無料でネットショップが作れて、クレジットカードでの決済でも可能です。商品の登録数の制限もなく、在庫管理もしやすいデザインになっています。カスタマイズがそれほどできないのと、商品の画像が5つまでに制限されるのがデメリットですが、無料のサービスも充実しています。

商品を送付する手間はありますが、プロの撮影で商品を10点まで無料で撮影してもらうことができるサービスもあります。他にも、「ロゴ作成」、「定期購入」、「レビュー設定」、「ブログ設定」などのサービスがあります。

本格的にするならカラーミーショップ for グーペ

注文を受けて制作したり、商品として販売したいのであれば、カラーミーショップ for グーペがオススメです。簡単にきれいなデザインのネットショップが作れるので、オススメのサービスです。

商品の美しさや、レザークラフトの技術を伝えるには、写真やデザインで勝負する必要があります。

フリマアプリで販売

フリマアプリは、商品の売買ができるアプリです。複数のサービスを組み合わせて使うと、売れる確率が向上します。

メルカリ

フリマアプリと言えばメルカリというほど有名なサービスです。

ユーザー数も多いので、多くの人にアピールすることができるフリマアプリです。販売されている商品としては、中古の物が多いので、ハンドメイドはそれほどありません。販売手数料は、10%になります。

ココナラハンドメイド

ハンドメイド作品に特化したアプリです。ハンドメイド作品を求めているユーザーに訴えかけることができます。ココナラはユーザー数が多いので、このアプリもかなりのユーザーが使っていることが予想されます。

minne

こちらもハンドメイドに特化したアプリです。販売手数料は10%で、ハンドメイド作品を求めているユーザーが多くいることが考えられます。初心者でも売りやすいアプリになっています。

FRIL

服がメインのアプリですが、ハンドメイド作品も出品されています。手数料が無料なので、販売しやすいアプリです。

モバオク

モバオクが運営しているオークションアプリです。オークションなので、自分が作った作品がいくらで売れるのか試してみたい方にぴったりです。
実際にハンドメイド作品も出品されているので、売れないことはないでしょう。月額料金はかかるのですが、販売手数料はかからないので、利用はしやすいです。

おすすめの革の販売サイト

通販サイトを通じて革を購入すると、自分が思った通りの革でないということもあります。
しかし、実際の店舗には土地柄遠くて行けないという事も多いものです。

そこで、革を購入するのにオススメの通販サイトを紹介します。

ミヤツグ

ミヤツグ

革の見本帳を見てから購入できるのがポイントです。カットレザーやゴートレザーなど幅広い商品を取り扱っている、オススメの通販サイトです。

レザーマニア

レザーマニア

扱っている革の種類が豊富なのが特徴です。レザーだけでなく、レザークラフトに必要な道具も購入できるので、必要な物があれば一緒にオーダーすることができます。海外で有名な革も取り扱っています。

和乃革

和乃革

国産の革のみを取り扱っている通販サイトで、質が良いものを主に取り扱っています。質の良い革というと、外国製を思い浮かべますが、国産でも質の良い革があります。その分価格が少し高めですが、質が良いので、作品もきれいに仕上がります。

レザークラフトを始めてこだわりの作品を作る

革を使って多くの作品が作れるのが、レザークラフトです。
技術を向上させれば、市販されていないオリジナルの作品が完成します。

最初は、通販サイトのはぎれなどを使って、練習を重ねて、レザークラフトに慣れていきましょう。慣れてくると、お気に入りの革を使って、一生ものの作品を作ることができます。ぜひ基本をマスターして、難しいバッグなどの制作に挑戦してみましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法