物販

【稼ぐなら必見!】amazonでオリジナル商品を出品する方法とは?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 副業にはいろいろとありますが、転売ビジネスでAmazon出品を始める人も少なくありません。しかし、相乗出品をしているだけでは、手間がかかるだけでなかなか利益を出せずに思うように設けられないという現実があります。

本当にAmazon出品で稼ぐためには、オリジナル商品のを出品を始める必要があるといわれています。副業で出品をしている人には、オリジナル商品の出品というのは、かなり敷居が高いように思われます。

しかし、実は経験がない人でもオリジナル商品を開発して販売することができる方法があるのです。この記事ではAmazon出品で本当に稼ぐための、オリジナル商品の開発方法や、実際にAmazon出品するための手順などについてお伝えしていきます。
 

Contents

無料動画|出品するだけで売れるブルーオーシャン
韓国輸出で稼ぐ方法を暴露した対談を期間限定公開



韓国輸出はまだ実践者が非常に少なく、ブルーオーシャンの市場です。しかも無在庫販売、難しいリサーチもなし、利益率も40%と驚きの連続です。

ただ商品を出品するだけで稼げてしまう、それが韓国輸出です。そんな手法の全貌を、期間限定で無料公開中です。




amazonでは相乗り、OEM、オリジナル商品が出品できる!その違いは?!

 実際にAmazonで出品されている商品には3種類の商品があります。

相乗り出品
OEM商品
完全オリジナル商品

この3つの商品の違いについてまずは具体的に見ていきましょう。 

相乗り商品とは?

 まずは相乗り出品について見ていきましょう。 Amazon出品を始めた人が、まずは取りかかるのが相乗り出品になるかと思います。

楽天やYahoo!ショッピングなどに出店をすると、出店者が自分が出品している商品の商品ページは、ゼロから全て作らなければなりません。

しかし、Amazonでは1つの商品に対して商品ページは1ページだけと決められています。そのために、誰かが既に出品している商品を販売したい場合には、その同じ販売ページを使いながら出品することになるのです。

商品画像や説明文を用意して、商品ページを自分で作る手間が省けるというメリットもありますが、購入希望者はより安い商品を求める傾向があるので、価格競争に巻き込まれてしまい、あまり利益を出すことができないという大きなデメリットがあります。 

OEM商品とは?

 次に、 OEM商品について見ていきましょう。 OEM商品というのは、すでに販売されている商品に対して、自分で作ったブランド名をロゴとして入れて、オリジナル商品として販売する手法になります。

無印良品や大手のコンビニなどでもこの手法でオリジナル商品として多くの商品を販売しています。試しにコンビニなどでオリジナル商品と銘打っている商品の製造者を見てみましょう。そのコンビニで作っているわけではないことがわかります。

自分が売りたい商品を見つけてきて、そこにロゴ付けるだけでいいので、とても簡単で安定して稼ぐことができると、amazonでもこの手法で出店する人が増えています。 

オリジナル商品とは?

 オリジナル商品というのは、OEM商品ではなくて、完全にオリジナル化した商品になります。商品コンセプトから、ゼロから自分で開発した商品になるので、誰にも真似されない鉄壁な商品といえるでしょう。

とはいえ、OEMに少しだけ手を加えれば完全オリジナル商品は作れてしまいます。というのは、OEM商品に「もう少しこんな点を改良したらいいな」というところを追加するだけで、完全オリジナルな商品が作れてしまいます。 

amazonで本当に稼げるのはオリジナル商品!

 Amazonで転売ビジネスをしている人は、ある程度のところで伸び悩む時期がやってきます。というのは、単なる転売で相乗りをしているだけでは、どうしても価格競争に巻き込まれてしまい、思うような利益を出すことができなくなってしまうからです。

同じ商品でも、相乗り商品で出しているものが数百円でしか売れないのに、オリジナルロゴのタグをつけてOEM化しただけで、3000円近い値段で売れるようになったという実例もあります。

オリジナル商品は、認知度がゼロの状態からスタートするので、最初はなかなか認知度が上がらずに売れ残ってしまったりする可能性もありますが、一度波に乗り始めると確実に利益を出せるようになっていきます。 

オリジナル商品を扱うことのメリットとは?

 オリジナル商品を扱うことには、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

オリジナル商品を扱うメリットというのは、価格を自分で自由にすることができるということです。

相乗り商品の価格というのは、どうしても最低価格やカート価格に準じた相場でしかることができません。しかし、雑貨や小物、服飾品など相場があってないようなカテゴリーの商品の場合には、付加価値をつけることで高い値段でも販売することが可能になります。

また、オリジナル商品はランド登録してしまえば、他の出品者が出品できなくなるので、価格競争に巻き込まれる心配が全くなくなります。自分だけのamazonの商品ページが持てる、というのは最強の戦略なのです。

オリジナル商品は利益率をかなり高く設定することもできます。そのために、少ない販売数でもしっかりと利益を出すことができるようになります。

価格競争ですぐ試合をする必要がないので、長期的に利益を出していけるのも大きな魅力です。似たような商品がたくさん出品されてしまうと価格競争が起きてしまうかもしれませんが、相乗り出品に比べると参入しにくいのは確かなので、価格競争が起きる可能性がとても低いといえるでしょう。 

オリジナル商品販売にはこんなデメリットも!

 このように稼ぐためのメリットがたくさんあるオリジナル商品ですが、もちろんデメリットもあります。

オリジナル商品をAmazonで出品するデメリットには、まずは認知度が低い状態から販売しなくてはならないという点があります。認知度が高い商品を扱う場合には、検索順位の高いために、商品ページの集客はそれほど困りません。

しかし、オリジナル商品は、認知度ゼロの状態から始めなければならないので、最初の集客に広告を打つなどの努力が必要になってきます。

また、認知度が低いので、万が一売れ残った場合に、在庫処分が難しいというのもあります。すでにある程度の集客が見込めている商品の場合には、どうしても在庫をゼロにしたい場合には、赤字覚悟の格安価格にすれば簡単に売り切ることができます。しかし、そもそもその商品ページへの集客が少ない場合には、その方法で売り切ることはできません。結果として、行き場のない在庫を抱えてしまうリスクがあります。

売れない場合には、その在庫は負債として残ってしまうことになります。メルカリやヤフオクなどを駆使して何としても売り切ってしまわなくてはいけません。

最初にビジネスを始めるときには、転売に比べると資金が必要になるという点もデメリットとして挙げられます。転売の場合には、商品を買い付ける時にクレジットカード払いを選ぶことができるので、支払いを少し先伸ばしにすることもできます。

しかし、オリジナル商品の場合には、製造元に現金で先払いをすることがほとんどです。個人レベルであれば信用後払いには絶対に応じてくれません。そのためにある程度の資金の余裕が必要になります。

最低でも10万円程度の資金は見ておく必要があります。 

オリジナル商品はOEMがおすすめ!

 デメリットもあるとはいえ、 Amazon出品でオリジナル商品を出品するメリットは大きいものです。しかし、ゼロから自分で出て開発するとなると、開発費がかなりかかります。また、認知度が上がり、安定した生産量を保てるようにしたいときには、しっかりとした製造体制を整える必要があります。これは個人の副業レベルで手が付けられることではありません。

そこでお勧めしたいのがOEMです。

OEMであれば、年に発売されている商品に、ロゴを付けるだけでいいので、開発費や設備投資はほとんど必要ありません

オリジナル商品の販売を始めたいという人は、OEMから始めることを検討してみましょう。 

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法
>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

amazonでオリジナル商品を販売するために必要なこととは?その手順について

それでは実際に、 Amazonでオリジナル商品を開発して販売するまでの手順について見ていきましょう。

商品について調べる

 オリジナル商品をいきなり作っても、まずは売れることはありません。というのは、本当に消費者が必要としている商品なのかどうかがわからないからです。

そこで、まずは市場をリサーチしてみることをおすすめします。売れ行きがいい商品と同じような種類の商品を作れば、売れること間違いなしです。

Amazon売れ筋ランキングなどを見ながら、どんな商品が売れているのかをリスト化していきましょう。その中で、オリジナル開発できそうな商品を見つけていくのです。 

OEM製品の製造業者を探す

 市場を調査して、売れ筋商品の中から、自分が開発したい商品が見つかったら、次にOEMの製造業者を探しましょう

業者の探し方は「オリジナル雑貨」などと検索してみましょう。するとOEM生産を請け負ってくれる業者がたくさん出てきます。その中から見積もりを取りながら、自分に合った業者を見つけていきます。

OEMとはいえ、amazonユーザーにとっては商品の質はとても大切なものです。商品の質は製造業者の質にかかっているといってもいいでしょう。価格や納期、顧客対応などから、いい業者かどうかを見極めることが大切です。

親切な業者を見つけることができれば、急ぎの注文にも対応してくれたり、資金繰りが苦しいときに融通してくれることもあります。 

オリジナル商品を作る デザインで勝負!

 商品と業者を決めることができたら、次は実際に商品を開発していきます。

現在ある商品をしっかりと見直して、どんな点をオリジナル化することができるのかをじっくりと検討してみましょう。

機能面でのオリジナル化が難しければ、デザインに手を加える、というのもあります。自らにデザインスキルが身についていれば、パッケージやステッカー、タグなどにデザインを加えるだけで、与える印象が全く違ってきます。

クラウドソーシングなどでオリジナルロゴの募集などをかけてみるのもいいですね。 

amazonで本当に売れるオリジナル商品とは?

 それでは実際にamazonで本当に売れるオリジナル商品というのは、どのような商品なのでしょうか。amazonで売れるオリジナル商品というのは、次のような観点から作られているものになります。

・日本語の説明書

説明書が必要な商品の場合、中国転売では英語か中国語の説明書しかついてないことがあります。そこに日本の説明書がついているだけで、オリジナル化することができます。

・保証付きか

もともとの商品にはついていなかった保証を付けるのもありです。

・品質は?

いうまでもありません。

・画像はオリジナルで魅力的なモノか?

OEMとして販売している商品でも、アリババなどで使われている画像をそのまま使っている場合もあります。オリジナルとして売り出すのであれば、画像もオリジナルなものを用意しましょう。

・FBAを利用しているか

FBA利用商品の方が検索順位などでの優遇があることは言うまでもありません。

・商品説明は1000文字以上

実際に手に取って商品を見ることができないネット通販では、画像や説明文で判断するしかありません。しっかりと正確に商品の情報を伝えながら、魅力的に商品を伝えられる商品説明になっているか見直してみましょう。

・箇条書きの説明文・商品詳細情報はしっかりとしているか

ここに手を抜く出品者も多いのですが、ユーザーは商品ページをくまなく隅から隅までチェックしているものです。またキーワードを絡めることでSEO対策にもなります。

・在庫数は十分か?

amazonでは在庫数が多い商品の方が、検索順位を上げてくれます。在庫数もチェックしましょう。

・商品レビューを増やしているか

自作自演は絶対にやってはいけませんが、amazonでは商品レビューの数や質も検索順位に影響してきます。購入者へのメールで「気に入っていただけましたらレビューをぜひお願いします。」と付け加えるなど、いいレビューを増やすための努力をしましょう。

・キーワードは適切に配置しているか

SEO対策をするためにはキーワードの配置が重要になります。商品タイトルや説明文に必要なキーワードが適切に散りばめられているかチェックしましょう。

・成約率は1%以上あるか

amazonでは実際に商品ページにアクセスした人の数と、その中から商品を購入した人の割合を計算しています。少なくとも成約率が1%以上ないと、圏外へ飛ばされてしまう可能性もあります。

・商標権は獲得しているか

オリジナルロゴに対して商標権を獲得してしまえば、もう誰も入ってこられない自分だけの聖域を作ることができます。

これらすべてを完璧に行うのは難しいのですが、本当に儲けたいと思うのならば、できる限りの完璧を目指すようにしましょう。 

価格は適切な価格で設定しよう!

 上にあげた条件は徐々に出来るところから手をつけていくとして、出品したら価格設定が大切になる事は言うまでもありません。

オリジナル商品は、自分で自由に価格を決めることができるとはいっても、カテゴリーや種類による相場というのはある程度決まっているものです。

相場からあまりにもかけ離れて高い値段で設定しても、なかなか買ってもらうことはできません。相場もにらみながら、価格を設定するようにしましょう。 

日本語の説明書はついていますか?

中国転売などで輸入品を扱っていると、説明書が英語か中国語か、使い方がよくわからない商品でも説明書がついていないことがあります。そんな場合に、日本語の説明書を丁寧に作ることでオリジナル化することができます。

オリジナルのパッケージかどうか?

パッケージをオリジナル化することで、簡単にOEM化することができます。パッケージの専門業者を使ったり、自分でステッカーを作るといいでしょう。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法
>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

こんな勘違いをする人が続出!

amazonでOEM商品を出品すれば、相乗りよりも確実に稼げる可能性は高くなります。しかしだからといって、簡単にOEMのオリジナル商品で稼げると勘違いしている人もいるのが現実です。ここではamazonでのオリジナル商品出品に関する勘違いについてみていきましょう。

【よくある勘違い】オリジナル商品は人気が出てすぐ売れる

 よくある勘違いの1つが、オリジナル商品をAmazonに出品すれば、商品に人気が出て簡単に稼げるようになるというものです。

相乗り出品をすれば、簡単に稼げてしまうので、相乗り出品と同じような感覚ですぐにバンバンと売れると思っている人が意外と多いようです。しかし、amazonでは新規のページは1か月ほどは検索に乗りにくいので、アクセスが来なくて売れません。

売れる商品にまでするためには、どうしても時間や労力がかかってしまいます。オリジナル商品が売れるようになるためには、ある程度の時間が必要なことを理解しましょう。 

【よくある勘違い】小資金でも稼げる

 無在庫転売をしている人の中には、ほとんど資金を掛けずにamazonで儲けている人も多いので、OEM販売も小資金で始められると思い込んでいる人がいますが、これは間違いです。

まずはオリジナル商品を販売するためには、しっかりとページを作らなくてはいけません。画像も美しい画像にこだわるのであれば、プロに外注しなくてはいけません。

また、既存の商品を参考にするためには、サンプルを購入する必要もあります。また、製造業者にお願いするときにはある程度のまとまったロット数でお願いする必要があります。

ここまでで最低でも数万円はかかります。

また、amazonの検索エンジンでは購入数を見ているので、検索結果に早く乗せるために、赤字覚悟の安売りで最初にたくさん売ってしまう、という手法がとられています。というのはamazonでは安い順から売れていくために、ありえないほどの安売りをすれば、新規商品であっても売れていくからです。

最初は10万円から20万円は赤字になると思っていた方がいいでしょう。

この資金の余裕がなければ、せっかくオリジナル商品を開発しても、結局中途半端で終わってしまいます。

赤字が続く時期をしっかりと乗り切ることができるだけの余裕を資金にも心理的にも持てるようにしっかりと準備をしてから取りかかるようにしましょう。 

【よくある勘違い】相乗りで失敗した人でもオリジナルなら勝てる!

 最後によくある勘違いには、相乗り出品で稼げない人でも、オリジナル商品が勝負ができるというものがあります。

相乗りでもオリジナルでも、amazonで出品してある程度しっかりと稼ぐためには、売れ筋商品を販売する必要があります。そのために必要になるスキルがリサーチ力です。

売れ筋商品をしっかりと見極めて、それを安い値段で仕入れて、高い値段で売っていく、amazonで稼ぐ原理はたったこれだけのことです。

そこは相乗りでもオリジナルでも関係ありません。相乗りでしっかりとリサーチスキルを発揮して、売れ筋商品を出せない人が、オリジナルをはじめてもうまくいくわけがありません。

相乗り出品だけでもある程度稼ぐことは十分にできます。相乗りでうまくいかない、という人は安易にオリジナルに手を出すことはやめましょう。まずは相乗りで成功してからでも遅くはありません。 

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法
>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

オリジナル商品を出品するなら必見!製品コード免除申請の方法とは?

 オリジナル商品を出品するときに、大きな壁になるものに製品コードの取得があります。製品コードというのは、商品をレジに通すときに読み取るバーコードの英数字になりますが、amazonでは基本的に製品コードが付いている商品しか出品してはいけないということになっています。

しかし、実はamazonでは製品コードの申請を免除してもらえる仕組みもあるのです。オリジナル商品を出品したいと考えている人は絶対に知っておかなくてはいけないこの方法というのはどういうものなのでしょうか。 

製品コードっていったい何?

 まずは製品コードというのはどのようなものなのか理解しておきましょう。

スーパーなどで商品を買うと、レジでお金を払うときに、 1つ1つバーコードをスキャンして値段をレジに打ち込んでいきます。このときに読み込んでいるバーコードの英数字が製品コードとなります。

JANコードとかEANコードとかISBNといったものが製品コードと呼ばれるものになり、必ず商品には1つのコードが割り当てられています。

JANとEANというのは、世界100か国以上で使われているコードになります。
UPCというのはアメリカで使われるコードです。
ISBNというのは出版物などにつけられるコードになります。

個人が自分でオリジナル商品を作っても、この製品コードの取得は難しいですよね。そこで取るべき方法は、製品コード免除申請を出すことなのです。 

製品コードを免除申請できる商品とはどんなもの?

 amazonでは原則として、製品コードがある商品しか出品できないとされています。しかし原則は原則ですから、原則に当てはまらない部分も当然あるわけです。


出品したい商品が上の画像の例外が認められる場合に該当するようであれば、製品コードがなくても出品することが可能になります。

ほとんどのカテゴリーで可能になってくるので大丈夫だと思っていいでしょう。 

製品コード免除申請の手順はこちら!

 まずはセラーセントラルから次のページにアクセスしましょう。

製品コード免除の申請
https://sellercentral.amazon.co.jp/gtinx

こちらに必要事項を記入して送信します。 

製品コード免除申請を行うために必要な3つのこと

製品コードの免除申請を行うためには3つの条件をそろえておく必要があります。どれも難しいものではないので、きちんとクリアしてから申請を行いましょう。

大口出品者であること

製品コード免除申請を行うことができるのは、大口出品者に限ります。小口出品者では相乗り出品しかできないので、小口出品者でオリジナル出品をしたい人は大口へと切り替えておきましょう。

特定商法取引法を表記すること

 オリジナル商品を出品するためには、特定商法取引法を記入する必要があります。セラーセントラルから出店者情報を選んで次の情報を記入します。

・事業者名(法人もしくは屋号・個人名)
・住所
・電話番号もしくは連絡先
・代表者もしくは責任者の氏名

次に「私は特定商法取引法で定める販売事業者に該当します。」の項目で「はい」を選びます。

すると運営責任者名と問い合わせ先の電話番号の記入を求められるので入力して保存したらOKです。

 

返品・返金について表記すること

 製品コード免除申請を行うためには、返品、返金ポリシーも記入する必要があります。製品コードがついていない商品だということは、製造者に責任を求めることはできません。販売者にすべての責任があるという意味で、しっかりと責任を求められます。

セラーセントラルから情報・ポリシーに進み、返品と返金に入ります。

「出品者の返品および返金ポリシーは、Amazon.co.jp 返品ポリシーと同等のものが適用されます。
購入者は出品者から購入した商品についても、Amazon.co.jp 返品ポリシーに従って商品を返品できます。
返品および返金について詳しくはAmazon.co.jp 返品ポリシーをご覧ください。 詳細はこちら」

上の表示が出ればこれでOKです。

もしも上の表示がなければ次のように書いてください。

「弊店の返品・返金に関しましてはAmazon.co.jpの規定に準じます。詳しくはAmazonサポートにお問い合わせください。」

これで返品・返金に対する対応は十分です。 

オリジナル商品で本当に勝負できるようになろう!

この記事ではamazonでオリジナル商品を販売する方法についてご紹介しました。相乗り出品ではなかなか思うように利益が上げられない、という人も多い中、オリジナル商品で勝負できれば本当に勝ち組になれるといえるでしょう。とはいえ、amazon出品の基本中の基本は相乗り出品の手法にあります。しっかりと相乗りで基本を押さえて、ある程度の利益を出せるようになったら、ぜひ次のステップにオリジナル商品の開発に乗り出してみましょう!

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法