物販

ヤフオクで出品したい人必見!複数アカウントを持つ方法

ヤフオクでの転売には、ネットならではの様々なリスクが伴います。リスクに対する防御策として、複数のID(アカウント)を登録し使いこなすことをおすすめします。

また、IDを複数持つことで、仕入れ出品を効率良く行うことができるようになるだけでなく、出品方法の改善にも役立てることができます。

そこで、こちらの記事では、複数のアカウントを作成する方法やそのメリットについてご紹介したいと思います。特に、いつかは本格的な転売ビジネスを展開したいと考えておられる方は、是非参考にしてください。

ヤフオクを利用する時のID使い分け例

ヤフオクでは複数の「Yahoo! JAPAN ID」を登録することが可能です。利益を出している人ほど、仕入れや出品の手間を短縮するために複数のアカウントを使いこなしています。

ただ、ヤフオクに慣れていない方にとっては、複数のアカウントを保有すると良いと言われても、いまいちピンとこないかもしれません。そこで、まずは例をあげてIDの使い分け方法を説明していきます。

出品用としてのID

ヤフオクで出品するためには、「Yahoo! JAPAN ID」が必要です。

ただ、ヤフオクで仕入れと販売を同じアカウントで行っている場合、購入者に差額を知られて、「仕入れ額と値段が違いすぎるじゃないか!」とクレームを付けられるおそれがあります。無用なトラブルを防止するため、出品用のIDを用意しておくのが便利なのです。

落札用としてのID

ヤフオクでは、取引が終わると取引相手をお互いに評価し合います。出品者としては最善をつくしたつもりでも、購入者から思いもよらないほど低い評価をつけられることが度々あります。

そして、ヤフオクには「入札者評価制限」というものがあり、評価が一定のレベル以上にない出品者は入札できないようになっています。

そのため、出品時に受けた低評価のせいで入札制限をかけられてしまった、という事態を避けるために落札専用の「Yahoo! JAPAN ID」が作られたりします。

予備としてのID

予備のIDとは、人に言えないようなものをヤフオクで落札する時専用のIDです。

「そんなものは絶対に落札しない」というなら話は別ですが、家族や友人に知られずに買いたい物がある人にとっては、予備のIDは便利なものなのです。

質問用としてのID

商品を落札する時、出品者に聞きにくい質問でもしなくてはいけない時があります。しかし、悪意がなかったとしても、その質問が出品者を不快にしてしまい、結果として、出品者が入札を削除したり、あなたの評価を低くしたりするおそれがないとは言えません。

そういったリスクを減らすために、質問用のIDを用意しておくことになるのです。

【特集#02】起業家インタビュー

フリマ出品代行サービスを立ち上げた大迫CEO率いる株式会社モノテクノロジーズ。しかしコロナで倉庫が止まり、アルバイトの自宅で商品を保管するハメに。

窮地に立たされた大迫CEOは『倉庫のクラウド化』に着手。新サービス、マカセルへとアップデートを遂げたのでした。

マカセルならフリマで高く売れるといいます。その理由とは・・?

アクシグ編集部の独占取材記事全文を是非ご覧ください。

ヤフオク用Yahoo! JAPAN IDを登録する前に

ヤフオクで出品するためには、「Yahoo! JAPAN ID」と、「Yahoo!ウォレット」の登録が必要です。

ここからは、「Yahoo! JAPAN ID」と「Yahoo!ウォレット」だけでなく、その他出品用の「Yahoo! JAPAN ID」を登録する際の注意点について解説していきます。

Yahoo! JAPAN IDの登録について

「Yahoo! JAPAN ID」は無料で登録することができます。「Yahoo! JAPAN」の提供するサービスのうちログインが必要なものも、利用している携帯番号、自身の生年月日・郵便番号・名前、そして連絡用のメールアドレスを登録することによって利用できるようになります。

また、「ご利用できるメールアドレス」の@以前の情報が、登録されたYahoo! JAPAN IDとなります。

Yahoo!ウォレットについて

「Yahoo!ウォレット」とは、簡単にインターネット上で支払いや報酬の受取ができるサービスです。あらかじめ登録しておけば、クレジットカードなどの支払い情報を毎回入力する手間が省けるようになります。

購入者が「Yahoo! かんたん決済」で支払いをした場合、その代金を受け取るためには「Yahoo!ウォレット」上で受取口座の登録をしなければなりません。そのため、出品者にとっては「Yahoo!ウォレット」の登録が必須になりますが、商品購入以外にヤフオクを利用しないという方にとっては、必ずしも登録の必要はありません。

出品用と仕入れ用でIDを分ける

出品時の高評価が仕入れ時の低評価で下がってしまったり、アカウント停止になったりしてしまうと、それまでの苦労が水の泡になってしまいます。

このようなリスクを減らすために、仕入れ用と出品用のIDは別々に登録することをおすすめします。

Yahoo! JAPAN IDは変更できない

いったん作成した「Yahoo! JAPAN ID」は変更できません。そのため、よく考えて作成してください。

「他のIDにすればよかった」と後悔することがないように、良く考えてから登録しましょう。

出品者のYahoo! JAPAN IDはそのまま表示される

ヤフオクでは、入札者と違って、出品者の「Yahoo! JAPAN ID」 は公開されます。

つまり、あなたがヤフオクで出品すると、ヤフオクの全利用者があなたの「Yahoo! JAPAN ID」を知ることができるようになるということです。そのため、出品用のIDは他の目的では使用しないようにしましょう。

IDを複数登録することをおすすめする理由

これまでにも述べてきたとおり、「Yahoo! JAPAN ID」は複数登録することがおすすめです。その理由をもう一度確認しておきましょう。

目的別にIDを使い分けることができる

まずは、複数のアカウントを持っていれば、出品用・仕入れ用・質問用などの目的に合わせてIDを使い分けることができます。

IDごとにリスクを分散することができる

複数のアカウント所持していれば、ひとつのIDの評価が低くなったり、ペナルティを課されたりした場合でも、他のアカウントに影響せずにすみます。リスクの分散という観点から、IDは複数用意し、使い分けるのが良いでしょう。

出品用のIDごとに特色を出すことができる

複数のアカウントがあれば、出品する商品毎にIDを使い分けることができます。「このアカウントはマニア向けに」「あのアカウントは主婦狙いで」などと戦略を練ることができます。こうしておけば、アカウントごとの売上高を比較分析し、売れ筋を探るなどの楽しみも膨らみます。

アカウントを複数登録するには

ここからは、複数の「Yahoo! JAPAN ID」を実際に登録する方法をご紹介していきます。

クレジットカードを用意する

複数のIDを登録するには、それぞれ別々のクレジットカードが必要です。いくつかのクレジットカードを用意しておきましょう。

銀行口座を用意する

先にお伝えしたように、商品を出品するには「Yahoo!ウォレット」の受取口座の登録をしなければなりません。そして、他のIDで登録済みの口座を「Yahoo!ウォレット」に登録することはできません。

そのため、複数のアカウントを使用して出品するには、複数の金融口座を開設しておく必要があります。

Yahoo! JAPAN IDを登録する

繰り返しになりますが、いったん登録した「Yahoo! JAPAN ID」は変更することができません。したがって、特定のブランド名やカテゴリ名(kaden・gameなど)をIDの文字列に入れるのは止めておきましょう。後々、そのブランド名とは違った商品を出品したくなった時に応用が効かなくなってしまうからです。

複数のIDの管理

複数のIDはきちんと使い分けるようにしましょう。特にメールアドレスは、IDごとに厳格に分けておかないと混乱やトラブルの原因となってしまいます。

その他に注意すること

複数のアカウントを使い分けるのは、便利なことに違いありませんが、ルールやマナーを守らなくてはトラブルの原因となります。

ここからは、今まで説明してきたこと以外にも注意していただきたいことをいくつかご紹介します。

複数のアカウントを使用していても最低限のマナーを守る

複数のアカウントを持っているからと言って、ルールやマナーに反するような使い方をしてはいけません。

また、こちらがどれほど丁寧な対応をしても、不当に低い評価をしてくる取引相手はいるものです。そのため、「全てのアカウントの評価を完璧にしよう」とするのではなく、「どのアカウントもある程度評価されればそれで良い」と割り切ることが、余計なトラブルを避けるためにも大切です。

同一の商品を複数のアカウントで同時に出品しない

同一の商品を複数のIDで同時に出品すると、アカウント停止になる可能性があります。

「同じような商品であると認識される商品等の複数出品原則禁止に関するルール」には、「出品者以外の第三者から同じような商品であると認識される商品等(当該認識の有無は当社が規格・種類・性質などを総合的に勘案して判断します)を、1日に2オークションID以上で出品することを禁止します」と記載されています。
そして、同一商品の2オークションID以上での出品は、発見され次第出品が削除されます。またこれを繰り返すとYahoo! JAPAN IDの利用が制限されてしまいます。

実際の事案について、具体的にどのルールに違反したことを理由にアカウント停止措置がなされたのかは分かりません。ただ、念のため、同じ商品を一日に複数のIDで出品するのは控えましょう。また、同じ商品を出品することになった場合でも、一定期間を開けてから出品するのが無難です。

他のアカウントを使って自分の商品に入札しない

他のアカウントを使って自分の商品に入札する行為は、明らかなルール違反です。絶対に止めましょう。

まとめ

ヤフオクで利益を出している人たちの多くは、複数のアカウントを使いこなしています。管理が楽になることやリスクを減らせることなど利点が多いからです。

気を付けるべきポイントやルールを押さえた上で上手く使いこなせば利益アップにつながるでしょう。今はまだ複数のアカウントを持つ必要を感じていない方でも、転売の規模が大きくなれば必ず必要になってきます。

ぜひ一度、複数アカウントの開設にチャレンジしてみて、そのメリットを実感してください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!