iPhoneでヤフオクに無料出品する方法

現在のヤフオクでは、無料会員でも出品できます。加えて、スマホアプリから出品することで、さらにスピーディーな出品が可能です。

そこで今回は、iPhoneでヤフオクに出品する際の準備、手順などを具体的に解説します。

目次

ヤフオク出品前の準備

最初にiPhoneでヤフオク出品するために必要な準備について説明します。

iPhoneでのヤフオク出品に必要なもの

iPhoneでヤフオク出品するには、以下の3つが必要になります。

・Yahoo!無料アカウント作成
・SMS認証
・ヤフオクアプリインストール

Yahoo!アカウント作成

Yahoo!アカウントは以下のリンク先から新規作成できます。

参考:Yahoo! JAPAN ID登録 – Yahoo! JAPAN

Yahoo!アカウントのSMS認証

ヤフオクに出品するには、SMS認証が必要です。

電話番号を入力して、認証コードを送ってもらい、入力するだけです。1分で終わります。

iOS11.0以降のiPhoneが必要

また、ヤフオクアプリをインストールするには、iOS11.0以降のiPhoneが必要になります。

アプリのインストールは以下のリンク先から可能です。

参考:ヤフオクアプリ

ヤフオクの出品は無料

以前のヤフオクは、プレミアム会員(有料)でないとオークション出品ができませんでした。しかし、現在は無料会員でもオークション出品が可能です。

2018年11月12日以降、無料会員もオークション出品が可能に

無料会員のオークション出品が解禁されたのは、2018年11月12日のアップデート以降です。現在はPC・スマホともに無料で出品できるようになっています。

無料会員とプレミアム会員の違い

しかし、無料会員は一部機能が制限されています。無料会員でも利用可能な機能は以下のとおりです。

・最大7日+11時間のオークション期間
・画像登録機能(最大10枚)
・即決価格の設定
・匿名配送

以下の機能はプレミアム会員しか利用できません。ご注意ください。

・複数出品(評価11以上の場合は9個まで出品可)
・特定カテゴリ商品の出品
・出品ページの下書き保存(最大10件)
・出品中の有料オプション設定
・自動再出品
・配送方法の複数選択
・商品説明のHTMLタグ入力
・Yahoo!かんたん決済以外の決済方法(一部カテゴリ)
・送料をあとから連絡
・送料を着払い設定
・自動延長
・総合評価による制限
・悪い評価の割合による制限
・入札者認証制限
・出品者情報の手動開示の設定

1ヶ月の売上が大きい場合はプレミアム会員の方がお得

また、無料会員は落札された際に徴収される手数料が落札額の10%であるのに対して、プレミアム会員は落札額の8.8%しか徴収されません。その代わり、プレミアム会員には月額462円(税抜き)の利用料がかかります。

1ヶ月の落札額が42,334円以上の場合は、プレミアム会員登録した方が手数料がお得になります。

参考:Yahoo!プレミアム

ロハコのヤフオク用梱包資材

ヤフオクに出品すること自体は無料ですが、梱包資材などは自分で揃える必要があります。

ヤフオク利用者にはロハコの梱包資材をおすすめします。

袋や封筒

書籍やゲームソフトなど、小さな商品の梱包に必要な袋・封筒は以下の値段で販売されています。

・宅配ビニール袋(小)10枚:162円
・宅配ビニール袋(大)10枚:217円
・クッション封筒10枚:319円

小型ダンボール

アパレル商品の梱包に必要な小型ダンボール箱は以下の値段で販売されています。

・ゆうパケット用ダンボール箱5枚:275円
・宅急便コンパクト用ダンボール箱5枚:350円
・ネコポス用ダンボール箱5枚:280円

通常のダンボール

家電・家具などの梱包に必要な通常のダンボール箱は以下の値段で販売されています。

・60サイズダンボール箱(3枚入):245円
・80サイズダンボール箱(3枚入):427円
・100サイズダンボール箱(3枚入):530円
・120サイズダンボール箱(3枚入):652円
・140サイズダンボール箱(3枚入):896円
・160サイズダンボール箱(10枚入):3,095円

オークション出品とフリマ出品

ここからは具体的な出品方法について解説します。

ヤフオクにはオークション出品とフリマ出品の2種類の出品形式があります。オークション出品は入札形式での販売方法であるため価格が変化するのに対して、フリマ出品はメルカリのような定額販売となっています。両者それぞれにメリット・デメリットがあります。

オークション出品のメリット

まずオークション出品のメリットを以下に示します。

・価格が高騰する可能性がある
・入札者が多い

ヤフオク利用者はオークションが好きなので、フリマ出品よりオークション出品の方が人が集まります。また、入札合戦が起きると相場を大きく上回る価格で落札されることもあります。

オークション出品のデメリット

ただし、オークション出品には以下のようなデメリットがあります。

・赤字になるリスクがある
・いたずら入札がある

入札数が少ないと、思うように価格が上がらずに安く落札されてしまいます。さらに、1円出品などスタート価格を安く設定してしまうと、手数料や送料で赤字になる危険もあります。

また、いたずら目的で入札し、落札後音信不通になる悪質な落札者に遭遇する危険もあります。

フリマ出品のメリット

次は、フリマ出品のメリットです。

・出品が簡単
・赤字リスクがない

フリマ出品は即決価格のみを設定すればよいため、オークション出品より設定項目が少なく、初心者でも比較的簡単に出品可能です。

また、定額出品のため、安く買い叩かれて赤字になるリスクもありません。

フリマ出品のデメリット

しかし、フリマ出品には次のようなデメリットも存在します。

・損をする可能性がある
・値引き交渉されることが多い

フリマ出品では価格が固定されています。ということは、オークション出品であれば価格が高騰していたかもしれない商品を安く手放してしまう可能性があるということです。

また、フリマ出品は値引き交渉されることが多いため面倒です。

iPhoneでヤフオク出品する方法

それでは、実際にiPhoneでヤフオク出品する手順を解説します。

商品写真の撮影

ヤフオクアプリを起動して、右下にあるカメラボタンをタップし、次に「オークション出品」を選択します。

出品フォームを開いて、上にあるカメラボタンをタップしてください。

すると以下のような画面が表示されます。商品写真がアルバムにない場合は、「カメラマーク」を選択して撮影してください。

「ヤフオク!カメラ」だと、アプリを起動したまま何枚も写真を撮影できるため便利です。投稿する写真を選んだら「決定」をタップしてください。

商品カテゴリの選択

続いて商品カテゴリを選択します。「カテゴリ」をタップしてください。

商品の状態

続いて商品の状態を選択します。以前は「中古」と「新品」の2つしか選択肢がありませんでした。

しかし、現在は6つ選択肢があります。最適な状態を選択してください。

・未使用
・未使用に近い
・目立った傷や汚れなし
・やや傷や汚れあり
・傷や汚れあり
・全体的に状態が悪い

商品説明文の入力

続いて商品説明文を入力します。

基本情報だけでは不十分であるため、以下の情報を加筆しましょう。

・購入時期
・購入先
・使用期間
・商品の詳しい状態(動作確認含む)

配送方法の決定

続いて配送方法を入力します。

送料は落札者負担にしておくと赤字リスクを回避できます。

配送方法は、商品の重量・サイズを元にあらかじめ決めておきましょう。その際、梱包材の重さも考慮に入れてください。

オークション終了日時の設定

次にオークション終了日時の設定をします。

終了日時は休日の20~24時がおすすめです。なぜなら、ヤフオク利用者が一番多くなる時間帯だからです。

価格の設定

続いて価格を設定します。開始価格は相場の半額程度にすると良いです。ヤフオクの落札相場はオークファンというサイトで確認できます。即決価格の設定は任意です。

出品者情報の入力

最後に出品者情報の入力を行います。氏名、住所、電話番号の入力です。一度登録しておくと次回からは変更がない限り入力の必要がなくなるので、入力しておきましょう。

最終確認

全ての設定が完了したら、最後に「プレビューで確認する」をタップしてください。
するとプレビューが表示されます。

問題がなければ、一番下の「出品する」ボタンをタップしてください。

以下のような画面になれば出品完了です。

iPhoneでスピーディーに出品

ヤフオクは無料会員でも出品可能です。さらにスマホを使えばPCよりスピーディーな出品が可能です。ぜひお試しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次