物販

無在庫転売は犯罪?無在庫転売が違法になるケースと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一般的な転売には常に不良在庫を原因とする赤字リスクが付きまといます。
しかし、無在庫転売にはこのようなリスクがありません

そのため、無在庫転売は物販初心者でも稼ぎやすいビジネスとされています。

しかし、無在庫転売は多くのプラットフォームで禁止されています。また、扱う商品や行為によっては違法になる場合もあります。

今回は、無在庫転売の特徴と違法性について詳しく解説します。

無在庫転売の仕組み

一般的な転売(有在庫転売)は以下のような流れで進みます。

1.リサーチ
2.仕入れ
3.出品
4.注文発生
5.梱包、発送

注文が発生しなければ、仕入れにかかった費用はそのまま赤字になってしまいます。

無在庫転売は仕入れが後

それに対して、無在庫転売の流れは以下のようになっています。

1.リサーチ
2.出品
3.注文発生
4.仕入れ
5.梱包・発送

注文が確定した商品のみを仕入れるため、赤字のリスクがありません。

購入者から見た無在庫転売

無在庫転売は販売者にとっては非常に魅力的な手法ですが、購入者からするとあまり良いものではありません。

なぜなら、注文発生後に仕入れるため、発送に時間がかかるからです。最悪のケースでは、仕入れに失敗して取引がキャンセルになることもあります。

無在庫転売のメリット

販売者にとっての無在庫転売のメリットには、大きく分けて2つあります。

不良在庫を抱えるリスクがない

一番のメリットは不良在庫を抱えるリスクがないことです。
在庫を管理する倉庫が必要ないので、赤字になることもありません。

そのため、リサーチも最低限で済みます。有在庫転売の場合はしっかりリサーチしないと赤字になりますが、無在庫転売は適当に出品しても赤字にはならないからです。

また、リスクがないため実験的に幅広い商品を扱えます。そのため、無在庫転売はブルーオーシャンを見つけやすい販売手法となっています。

資金0円からでも始められる

仕入れの際にクレジットカード決済など、後日請求される決済方法を利用すれば、商品代金を受け取ってから仕入れ代金の支払いができます。
したがって、無在庫転売は資金0円から始められるビジネスなのです。

無在庫転売のデメリット

しかし、無在庫転売も良いことばかりではありません。販売者にとってのデメリットを2つ紹介します。

トラブルが起きやすい

無在庫転売は発送が遅れるため、クレームが寄せられやすくなります
無在庫転売が禁止されたプラットフォームで無在庫転売した場合、通報されればアカウント停止処分になる恐れもあります。

また、仕入れに失敗するリスクもあります。出品時には仕入れ先に在庫があった商品が、注文発生後に売り切れていることは決して珍しいことではありません。仕入れに失敗した場合は、取引をキャンセルしなければいけません。

出品者都合によるキャンセルは、Amazon・ヤフオクなど、多くのプラットフォームで最低評価のペナルティが課せられます。キャンセルの仕方を間違えると、購入者に訴えられる危険さえあります。

ライバルが多い

無在庫転売は誰でも資金0円で始められるため、無在庫転売しやすい商品はライバルが非常に多くなってしまいます。
未開拓市場を見つけてもすぐ飽和してしまいます。

ライバルが多いと価格競争が起きやすいため、利益率が下がってしまいます。

無在庫転売の違法性

無在庫転売をすること自体は違法ではありません。

その証拠に、BUYMAなど、公式に無在庫転売を認めているプラットフォームも存在します。

しかし、場合によっては違法となります。

古物商許可を持たずに中古品転売

自分の不用品を転売する分には何も資格は必要ありませんが、
事業として中古品を仕入れて定期的に販売する場合は、古物商許可が必要です。

古物商許可がない状態で中古品転売事業をした場合、古物営業法違反により3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課せられます。

古物商許可は所轄の警察署に19,000円を払って申請すれば取得できます。申請に必要な書類は役所でもらえます。

仕入れ失敗による商品未発送

商品の仕入れに失敗したにもかかわらず商品代金を返金しないまま放置していると、債務不履行責任としての損賠賠償を請求される恐れがあります。

仕入れできない商品の出品

仕入れが困難・非常に難しいと分かっている商品を出品した場合は、債務不履行責任だけでなく詐欺罪に問われる恐れも生じます。

詐欺罪で有罪になると10年以下の懲役が課せられます。
事前にリサーチをしっかりして、仕入れが可能な商品のみ出品するようにしましょう。

契約違反

法的には問題がなくても、販売先のプラットフォームで無在庫転売が禁止されている場合は、規約違反により販売停止・アカウント凍結などの処分が下されます。

前述の通り、Amazon・ヤフオク・メルカリなどの大手ECモールでは「手元にない商品の出品」が固く禁じられています

無在庫転売がばれる可能性

もちろん、ECモールの運営会社も出品者の在庫を直接確認することはできません。そのため、「バレなければ大丈夫」と思っている人は非常に多くいます。

しかし、発送遅延や注文キャンセルが相次いだり、購入者からのクレームが多いと、仮に無在庫転売をしていなくても無在庫転売とみなされてアカウント停止になることもあります。

また、新規アカウントで大量出品した場合も、無在庫転売の疑いをかけられる恐れがあります。

アカウント停止後の無在庫転売について

無在庫転売の疑いをかけられてアカウントが凍結されても、最近のプラットフォームは簡単に新規アカウントを作成できるため、転売自体は継続できます。

しかし、一度ペナルティを受けたにもかかわらず、新規アカウントでも再び無在庫転売をやってしまった場合、偽計業務妨害罪や不正アクセス防止法違反になる可能性があります。
どちらも3年以下の懲役か100万円以下の罰金が課せられます。

転売すると違法になる商品

また、扱う商品によっても違法になるケースがあります。以下の2つの商品は無在庫・有在庫かかわらず転売すれば違法となります。

チケット高額転売

チケットを転売する行為自体は違法ではありません。その証拠に、チケット転売に特化したECサイトもあります。

しかし、最初から転売目的で買ったチケットの販売は違法になります。「転売目的」とみなされる基準は販売価格です。チケットを購入価格以上の価格で転売した場合は「転売目的で購入した」とみなされ違法になります。しかし、購入価格以下の価格で販売した場合は「自分で使用する目的で購入したチケットを他人に譲った」とみなされ合法となります。

偽物の販売

また、ブランド品などの偽物を転売すると、商標権の侵害行為に該当します。不正競争防止法に基づき、10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金が課せられます。

安全に無在庫転売する方法

以上に見てきたように、安易な気持ちで無在庫転売を行うのはリスキーです。そこで、安全に無在庫転売するコツをいくつか紹介しますので、是非覚えておいてください。

無在庫転売に特化した仕入れ先を使う

Amazon・ヤフオク・メルカリなど、無在庫販売が禁止されたプラットフォームでどうしても無在庫転売をしたい場合は、無在庫転売に特化した仕入れ先を利用しましょう。おすすめの仕入れ先サイトを挙げておきます。

参考:NETSEA

参考:トップセラー

参考:もしもドロップシッピング

上記のサイトでは、無地のダンボールで商品を梱包して購入者に直送してもらえます。
そのため、発送遅延が緩和され、購入者に無在庫転売がばれる危険も少なくなります。
納品書もあなたの名前で作成してもらえます。

無在庫転売OKのプラットフォームで販売する

数は少ないですが、無在庫転売を公式に認めているプラットフォームもあります。海外ブランド品に特化した通販サイト「BUYMA」がその代表例です。

参考:BUYMA

BUYMAでは無在庫転売が公式に認められています。
発送期限は注文発生から18日以内に設定されています。仕入れ先の在庫切れなどの理由で発送まで18日以上かかる場合は、延長申請も可能です。

誠意を持って対応する

無在庫転売で仕入れに失敗した場合は、誠意を持って対応しましょう。

購入者にすぐに連絡して、在庫切れであることを伝えましょう。すでに入金されている場合は迅速に返金してください。銀行振込で返金する場合は、振込手数料などの諸費用はすべてあなたが負担してください。また、代金支払いの際に購入者が手数料を負担した場合は、それも返金しましょう。

ゆくゆくは有在庫転売に切り替える

最初のうちは無在庫転売である程度資金を稼ぎ、売れ筋商品が分かってきたら、有在庫転売に切り替えることをおすすめします。

無在庫転売は注意が必要

無在庫転売は不良在庫を抱えたり赤字になるリスクがありません。クレジットカード決済で仕入れれば資金0円でも始められます。
しかし、発送遅延や仕入れ失敗のリスクがあるため、多くのプラットフォームで禁止されています。
扱う商品や対応によっては違法になることもあります。十分注意してください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る