物販

アパレルのショップ開業のための基礎知識

アパレル業界の華やかさに憧れを持っている方は多いでしょう。ファッションに高い関心があるならば、流行を先取りし、お客様に最先端の商品を提供するようなショップを持つことは、一つの具体的な夢となり得ます。

しかし、開業することはそれほど難しくはないないものの、それをビジネス的に成功させ、きちんとした利益を出し続けていくのは、とても大変な道となります。ファッションへの愛着だけで伸びていくほど甘いものではなく、客観的にトレンドを見抜く目、そして集客の労力を惜しまないことなど、さまざまなスキルとコストが必要になるからです。この記事では、そんなアパレルショップの経営に関する、基本的な知識を解説していきます。

2つの販売方法

アパレルショップを持つ、といっても、その形態には大きく分けて2つの手段があります。実店舗を持って、お客様に直接販売する方法と、ネットショップを開設して通販のかたちで販売する方法です。
ここでは、両者の異同について比較をしつつ、それぞれのメリット・デメリットについて順に解説していきます。

実店舗での直接販売

実店舗を持ち、店頭で商品を直接販売する方法には、お客様に商品を直接手にとって見てもらえるというメリットがあります。特に服というものは、自分に合うかどうか試着してみるというプロセスがお客様にとってはとても重要なので、この点は大きなものとなります。

それ以外にも、商品をできるだけ華やかに陳列することで、お客様の購買意欲を高めることが可能です。直接的にお客様に訴求できることを、実店舗ではフル活用するべきです。

実店舗においては、接客業務が大事な仕事となります。お客様に対し必要な情報を提示しつつ、店舗の案内なども行うことで、買い物をよりスムーズなものにする必要があります。コーディネートやトレンドについて的確にアドバイスすることが、売上に繋がっていきます。そのための勉強を、日頃から欠かさずに続けなければいけません。

それ以外にも、レジの対応や商品の検品・品出しといった雑務も重要です。特にセールを行ったときなどは、店内が混雑し、商品の配置が乱れたり、レジに行列ができてしまうこともあります。そのようなときでも、お客様にできる限り気持ちよく買い物をしていただけるよう、一連の業務をスムーズにこなす必要があります。

ネットショップでの通信販売

ネットショップによる通信販売のメリットは、まず営業時間に制限がないことです。年中無休・24時間営業がネットショップの基本であり、お客様はいつでも好きなときにショップにアクセスし、商品を選んで購入することができるのです。

また、海外からの注文を受けつけることができるのも便利なポイントです。実店舗と異なり、時間と空間の制約を受けないのがネットショップの強みであると言えます。

そして、実店舗を持つよりも遥かに低いコストで開業できるのもメリットの一つです。ネットショップを開業するためには、まずプロバイダーと契約してネット環境を整えます。その後、レンタルサーバーを契約し、ショップの公開に必要なスペースを確保してから、ショップのデザイン、決済のシステムなどを準備し、商品の登録をすることで、販売をスタートすることができます。

お客様から注文が入ったら、決済や配送の方法を指定してもらい、それに従って動きます。商品を梱包し、できるだけ早く的確に配送を済ませましょう。

ネットショップでの買い物は、実際に商品を手に取ってみることができません。そのため、お客様が不安を感じることも多々ありますので、各種サポートが重要になります。

購入前の問い合わせには丁寧に応じる必要があります。そしてショップに掲載する商品画像や説明をしっかりしたものにし、注文後には発送前後にメールで通知するなどの気配りも必要となります。これら一つ一つを充実させることが、リピーターを生みやすくし、売上に繋がっていくことになります。

また、ネットショップは実店舗と比べて集客が難しい点にも注意が必要です。しっかりと広告し、SEO対策を施し、SNSなどを利用した活動をしていかなければ、人々はあなたのショップの存在に気づくことさえありません。どうすればお客様に振り向いていただけるのかを常に考え、行動するようにしましょう。

セレクトショップ開業のためのステップ

セレクトショップとは、バイヤーが自分のセンスで商品を選び、販売をする店のことです。商品のブランドにこだわるのではなく、ショップのブランドイメージを考えながら取り扱うものを選んでいくことに、その本質があります。

この項では、そのようなセレクトショップを開業するまでの流れを解説していきます。

ショップのコンセプトを決める

コンセプトとは、これからあなたが作ろうとしているショップの方向性や強みを設定し、どんな風に構築していくのかを決めることです。すべての実作業がこのコンセプトに従って動くことになるわけですから、極めて重要な土台であると言えます。

コンセプトを考える際には、まず既存の店舗を巡ってみることをオススメします。あなたの好みのショップを改めてみて回ることで、「自分だったらこうする」というビジョンが固まっていきます。あなた自身の個性や強みが、既存のショップと自分のイメージとの比較で明確になっていくのです。

次に、ショップのキャッチコピーを考えましょう。キャッチコピーとはつまり、「私のショップはこのようなところです」ということを端的にわかりやすく表したものです。

これがきちんと定まっていれば、商品を仕入れる際の取引先や、融資の担当者、そして何よりお客様に対して、あなたのイメージを正確に伝えることができるようになります。ショップをあなたの思い通りに展開することができるだけでなく、トラブルの回避にも繋がります。

コンセプトやキャッチコピーと一緒に決めなければいけないのは、ショップ名です。よほど社会的に問題のあるものでない限り、どのようなショップ名でも構いませんが、すでの他のショップで使われていないかどうかはチェックするようにしましょう。先方から名前を変えるよう指摘される可能性がありますし、場合によってはそれが大きな面倒事に発展することもなくはありません。

権利関係のチェックは、以下のサイトで行うことができます。同じ名前のショップがないかどうかを事前にチェックし、なかった場合にはあなたのショップ名を商標登録しておくのも戦略の一つです。

参考:特許情報プラットフォーム|J-PlatPat [JPP]

開業資金を調達する

開業資金を調達する方法はいくつかあります。自己資金ですべてまかなうのがもっとも簡単ですが、それができない場合には借りるのがセオリーです。親族や知人の他、日本政策金融公庫などの機関による融資、クラウドファンディングなどが考えられます。

また、あなたの状況や地域によって、さまざまな助成金や補助金があります。これらは返済不要のものも多いので、ぜひチェックしておきましょう。

実店舗を持つ場合、開業時にかかる費用を大きく分けると「物件まわり」「内外装」「仕入れ」「備品」「広告などの販売促進費」があります。その比率はあなたのショップ次第で変わるところですが、いずれにせよ安くはないのが実店舗の開業費用です。
言うまでもなく、開業だけですべての資金を使い果たしてはいけません。ある程度の運転資金を残しておくことは絶対に必要となります。

この運転資金がたとえば一ヶ月分しかないとなると、そのあいだに売上が立たなければショップを畳まなくてはならなくなります。ここは最低でも数ヶ月分は確保しておきたいところです。

ショップの立地・物件を選ぶ

立地を決めるのはなかなか難しいものです。繁華街、駅前、商業施設といったところは人通りも多く、集客しやすいですが、家賃は高くなります。逆に住宅地などを選ぶのであれば、集客は難しくなりますが、そのぶん家賃は低く抑えることができるでしょう。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、慎重に選択する必要があります。

また、あなたのショップのコンセプトに即しているかどうかという点も重要です。高級ブランドを扱い、少数のお客様に愛好していただくことがビジョンとしてあるならば、繁華街などを避け、あえて閑静な住宅街を選ぶのも選択肢のうちです。いずれにせよ、開業する前に実際にその土地を訪れてみて、人の流れやその種類、競合ショップの存在などを細かく確認していくことが大切です。

物件の探し方としては、まず自分でネットを使って探しつつ、不動産屋にも希望を伝えておき、適切な物件が見つかったら連絡してもらうというやり方がよいでしょう。物件が決まったら、できるだけ早く開業までこぎつけるようにすべきです。そうでないと、売上がまるで立たないのに家賃だけがかさんでいく時期が生まれてしまうからです。

内外装の依頼先を決める

物件が決まったら、内外装を整える段階に入ります。この段階をすべて自力でこなすことは無謀なので、然るべき業者をパートナーとして選びましょう。

実績や評価でいくつかの会社を選び、見積もりをとります。この際、あなたのイメージと先方の解釈に差ができてしまわないように、文章表現だけでなくイメージ画像も用意しておくと、より確実となります。

とはいえ、ある程度の部分を自分達の手でやってみる、というのも、場合によっては一つの売りになります。たとえば、壁のペンキ塗りや植物を並べることなどです。それによって「手作り感」を出すことも可能なので、柔軟に考えていくようにしましょう。

仕入れ先を開拓する

ショップの用意ができたら、仕入れ先の開拓です。仕入れの方法は、大きく分けて3つあります。

一つ目は、メーカーと直接取引をするというやり方です。展示会などに足を運んで交渉をしたり、気になる商品を見つけたら商品タグからメーカーを割り出して連絡をとる、などが具体的な方法となります。

取引の条件はメーカーによって異なりますので、先入観を持たずにきちんと確認することが大切です。ただし、開業したてで実績のないうちは、そもそも取引をしてもらえないリスクもあります。

二つ目は、問屋から仕入れるやり方です。問屋とは、メーカーと小売のあいだを取り持ち、メーカーから商品を仕入れて小売に販売する業者のことです。

問屋の魅力は、複数のメーカーの商品を扱っており、かつそれらが即納品であるため、思い立ったときにすぐ仕入れができることです。有名な問屋街は全国にありますので、それらを当たってみるのがよいでしょう。ただし、商品数はある程度限られることになります。

三つ目は、ネットの仕入れサービスを利用するというやり方です。これはいわば、問屋がネットでビジネス展開しているようなものだと考えるのがよいでしょう。直接手にとって商品を見定めることはできませんが、膨大な商品数と、24時間365日仕入れが可能であるということから、使い勝手は非常によいです。

忙しい開業準備中、隙間時間を使って仕入れを行うには最適の仕入れ先であると言えるでしょう。有名なところとしては、「スーパーデリバリー」などがあります。

参考:事業者専用の卸・仕入れサイト【スーパーデリバリー】

インテリア等を調達する

店内のインテリアなどもしっかり調達しなければなりません。アパレルならば、たとえば服をかけるハンガーやバーは必須です。
あなたがしっかりとしたコンセプトを元にここまでの段階を進めているのであれば、すでに頭の中に必要なものは浮かんでいるはずですから、それに従って、イメージ通りのショップになるように調達していきましょう。

これらを揃えるのにどれくらいの費用をかけるかは、あなたの資金次第です。
場合によっては、仕入れに少しでも多くのお金をかけたいのでインテリアのたぐいはリサイクルショップなどで探す、という選択もあり得ます。

備品をしっかり揃える

あなたが最初に思い描いた夢には含まれていないでしょうが、備品をしっかり揃えておくことはとても重要です。夢を現実にするためには、細々とした作業がどうしても必要であり、それを怠ったことで時間をロスしたり、お客様に迷惑をかけたりしないようにしなければなりません。

備品は多岐に渡りますので、欠けているものがないか、何度もチェックする必要があります。電話やパソコン、印鑑、ペン、プリンター、ゴミ箱、ラッピング用紙、リボン、梱包材、緩衝材、セロハンテープ、ハサミ、カッター、玄関マット、傘立てなど、店内での作業を一通りシミュレーションして、必要なものを書き出しておくとよいでしょう。

広告展開の準備をする

現代においては、インターネット上でショップ情報を検索できないというのは、経営上致命的な問題になります。ウェブサイトやSNSは、あなたのショップをアピールための非常に有効なツールであり、使い方次第では幅広い人々にお客様になっていただくことも可能です。

ショップを開業するまでの段取りをブログで紹介したり、店長であるあなたが自らSNSで日常的な投稿をするなど、訴求の方法は何通りもあります。無料で始められるサービスも多くあるので、これらは絶対に活用していくようにしましょう。

開業に関する届け出をする

個人事業主として開業するには、最寄りの税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出する必要があります。いわゆる「開業届」と呼ばれるもので、何であれ新たに事業を開始する際には、これが必須となります。

申請書は税務署でもらうこともできますし、国税局のサイトからダウンロードすることもできます。事業開始の日から一ヶ月以内に提出する必要があるので、忘れないよう注意しましょう。

また、確定申告の際にさまざまな節税効果を期待することのできる青色申告を選ぶために、「青色申告承認申請書」も提出することをオススメします。こちらは事業開始の日から二ヶ月以内に提出すればよいのですが、開業届とセットで提出してしまうのがもっとも混乱が少なく、手っ取り早いでしょう。

アパレルネットショップ開業資金の調達

アパレルネットショップの開業資金は、あなたが初動でどのような内容・規模のショップを構えたいかによっても変わってきますが、最低でも100万円は欲しいところです。ビジネスには当然リスクもあるので、すべてを自己資金でまかなうことができるならばそれがいちばんなのですが、難しい場合には何とかして資金を調達しなければなりません。資金の調達方法にもいろいろありますので、この項ではそれを解説していきます。

補助金を申請する

これはあなたがお住まいの自治体によるのですが、ネットショップ開業のための補助金を支給しているところがあります。中小企業庁が「補助金等公募案内」というサイトを用意しており、そこに補助金制度に関する情報を定期的に更新しています。さまざまな種類の制度がありますので、定期的にチェックして、自分に適用されるものがあるかどうかを確認しましょう。

参考:中小企業庁:補助金等公募案内

融資を申請する

日本政策金融公庫から創業融資を受けたり、銀行や信用金庫を通じて各地の信用保証協会にかけあい、創業支援融資を受けたりすることができます。どうしても借りる必要がある場合は、まずこれらを利用することを考えてみましょう。

ただし、申請を通すためには、これから行う事業に関する綿密な計画書を作成する必要があります。まだ実績のないあなたを先方が信用するには、具体的な将来設計しか判断材料がないからです。

クラウドファンディングを利用する

開業資金を調達するための、比較的新しい方法として、クラウドファンディングがあります。クラウドファンディングとは、無数のインターネットユーザーに対して呼びかけ、開業のための資金を集める方式のことです。

クラウドファンディングのためのサイトはいくつも存在しますので、そこに登録し、開業の目的や販売予定商品の詳細、必要な資金などを公表してスポンサーを募ります。出資者に対して還元を行う「購入型」と、純粋に資金提供をする「寄付型」がありますので、あなたの置かれた状況を考えて選択するようにしましょう。

アパレルビジネスのリスクについて

「服が好きだから、アパレルショップをやってみたい」そのようにして夢を追い、実際にショップを開業するのは難しいことではありません。
しかし、それで実際に利益を出し、ショップを長く経営していけるかどうかは、まったくの別問題です。特に実店舗型のショップには、本当に厳しい現実が待ち受けています。

ここでは、具体的なリスクについて考えていきましょう。

店舗をオープンするのにかかる費用

立地によって費用は大きく変わってきますが、まず店舗を借りるまでで、最低でも100万円は必要になるでしょう。ちょっとひらけた土地であるならば、これが400万、500万と跳ね上がっていきます。

店舗を借りることができたら、次は内外装です。資金がもったいないと言って、この段階で手抜きをするのは、後々致命的な問題となって返ってくるでしょう。したがって全力で取り組む必要があります。

高級ブランドを扱うのであれば坪100万円、最低限の内装工事を行うだけでも坪10万円あたりが相場と言われていますので、あなたが構えたいショップの広さで掛け算してみてください。想像以上に費用がかさんでいくのがわかります。

商品の仕入れに必要な初期費用

たとえば、5,000円で販売する商品を、販売価格の60%で仕入れることを考えてみましょう。S・M・Lの3サイズを5セットずつ仕入れるのであれば、1商品あたり45,000円が必要になります。服の種類を100種類用意するのであれば、この100倍、450万円の仕入額が必要になります。

運転資金と全体のシミュレーション

ここまででかかった費用に加えて、実際に開業してからはさまざまな運転資金が必要になってきます。従業員をたとえば月給20万円で3人雇うなら、それで60万円です。

他にも広告宣伝費、発送配達費、福利厚生費、書籍研究費、消耗品費、接待交際費、通信費、光熱費など、無数の出費があります。それらをざっくり合計すれば、月に200万円ほどにはすぐ到達してしまいます。

あなたが構えたいショップで、これらの費用をまかなって黒字にするためには、果たしてどれだけの商品を売らなければならないのでしょうか。このあたりは開業前にだいたいのところを計算しておく必要があります。客単価を2万円、購入率を10%とするなら、一日100人のお客様が来たとして売上は日に20万円、月にすると600万円、原価率が60%であれば粗利益は240万円、そのように計算していき、それが出費を超える数字になるのかどうかを検証するのです。

結論を述べてしまいますが、あなたのショップと資金がどのようなものであれ、アパレルショップを黒字経営していくのはとても難しい道のりになります。実店舗を持つ場合、この点は覚悟のうえでチャレンジしなければならないでしょう。

季節外れの商品が不良在庫になるリスク

アパレル経営における難所の一つとして、季節外れの商品があります。他のジャンルの商品とは異なり、アパレルにおいては季節が変わると、それまでの商品が途端に売れなくなるのです。

そのような在庫が増えていくと、キャッシュフローに影響が出て、資金繰りが上手くいかなくなります。これをできるだけ避けるために、各アパレルショップは懸命の努力をしています。

季節の変わり目にセールが行われやすいのも、その一環です。不良在庫を抱えるくらいなら、たとえ少ない額でもキャッシュに変えておくほうが遥かにましである、というショップ側の経営戦略なのです。

資金繰りがすべてである

「あらゆる物販ビジネスにおいては、資金繰りがすべてです。売上が立たない、だから投げ売りをするしかない、だから次を仕入れることができない」、という悪循環に陥ってしまうと、そのビジネスが再び息を吹き返すのは難しくなります。特にアパレルは原価率が高めなので、そのあたりの資金繰りはより難しいと言えるでしょう。莫大な初期費用を回収することができるかどうかは、あなたの手腕にかかっています。これが、実店舗でアパレルショップを経営することの現実です。

アパレルショップを黒字化するコツ

前項では脅しのような現実を解説してきましたが、アパレルショップをより簡単に成功に導くには、いくつかのコツがあります。

ネットショップを展開する

一つ目は、ネットショップを展開することです。開業してすぐに同時進行でオンラインショップを立ち上げるのは時間的に難しいかもしれませんが、将来的に取り組むことは重要です。確実に売上に繋がるからです。また、どこに住んでいる人であってもお客様になり得る、という点はショップの強みになり得ます。

在庫管理を徹底する

二つ目は、在庫管理を徹底することです。すでに述べたとおり、アパレルショップは季節が変わると、それまでの商品が急に売れなくなります。

在庫が多くなり、商品の回転率が悪くなると、資金面であっという間に窮地に追い込まれることになります。それを避けるために、なるべく在庫を抱えない仕入れをすることが必要です。このあたりの管理はきっちりと行うようにしてください。

損益のシミュレーションを行う

三つ目は、損益のシミュレーションをしっかりと行うことです。資金計画を綿密に立てて、最悪のケースでも「何とか生き残れる」ように舵をとっていくこと。それを常日頃から実践しているショップほど、やはり黒字経営になりやすく、改善すべき点が見つかりやすく、よりよい成長を見込むことができます。

まとめ

アパレルショップを開業するうえでの基礎知識について解説しました。自分が描いた理想のショップを開業するのは、夢があります。しかし夢ばかり見ているわけにはいかず、目の前に広がる現実的な諸問題を解決していかなければ、そのショップを存続させることはできません。アパレル業界の現実をよく理解したうえで、然るべき覚悟と準備をもって飛び込むようにしてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。