物販

商品の販売時や購入時に大切な「発送」の意味を解説します!

Amazonやヤフオク、メルカリなどのECプラットフォームを利用している時に起こるトラブルの中でも特に多いのが「発送」に関するものです。

この記事では、「発送」の意味や発送トラブルへの対処法を紹介します。

発送という言葉の意味

通販サイトやオークションを利用する際に不可欠な「発送」という作業工程について解説します。

サービスによって記載方法が異なる

商品を購入する時に発送までの日数や配送予定日を確認する人は多いと思います。しかし、発送に関する表示内容は利用するサービスによって様々なため、少しわかりにくくなっています。例えば、発送までに要する日数が記載されたサイトがある一方で、自宅に到着する予定の日付が記載されているものもあります。

通常配送とお急ぎ便

Amazonでは「通常配送」「お急ぎ便」の2種類があり、当然のことですが、お急ぎ便の方が早く購入者の元に届きます。通常配送を選択した場合は、商品の発送までに時間がかかることもあります。

クロネコヤマトを利用した場合の商品発送

ヤフオクやメルカリ、AmazonなどのECサービスでクロネコヤマトの宅急便を利用する場合の商品発送について解説します。

商品の配達状況

クロネコヤマトの場合、各サービス内で確認できる配送状況で「発送済み」となっていれば、それは文字通り「商品が出品者から発送されたこと」を意味します。

そして、出品者が商品を発送してからしばらくすると、クロネコヤマトの公式サイトでも配達状況が「荷物受付」の状態に変わります。

Amazon・楽天市場からの配達状況の確認

Amazon楽天市場などの通販サイトでは、サイト内から簡単に注文した商品の配達状況が確認できます。

Amazonでは「注文履歴」から過去の注文ページに移動すると、「2019/10/03に配達しました」というように最新の配達状況が表示されます。

楽天市場では「購入履歴」のページを開くと各注文商品一覧の中から「配送状況を確認」ボタンを押すことで現在の配達状況を確認できます。

Amazonの配送状況

Amazonでは商品が発送されると、「商品を発送しました」と表示されるようになります。これは、商品が配送拠点に持ち込まれたという意味です。

クロネコヤマト公式サイトで確認

注文商品が配送業者に引き渡されると、「ご注文商品が配送業者に引き渡されました:○○市○○区」といった配達状況が表示されます。この時点でクロネコヤマトの公式サイトから配達状況の確認が行えます。

発送済みにならない時

稀に商品が発送されているのに、配達状況が「発送済み」にならないことがあります。これはヤフオクやメルカリなどの個人取引でよく起こる現象です。たいていは出品者が「発送済み」の通知をし忘れているだけです。

気になる場合は、ただちに出品者にメッセージ等で確認しましょう。

佐川急便で商品が発送される場合

ここからは、佐川急便を利用する場合の商品発送について解説します。

配達状況の確認

佐川急便を利用して発送された商品の配達状況も、Amazonや楽天市場の通販サイトから簡単に確認できます。また、荷物が発送されてからしばらくすると、佐川急便の公式サイトにも配達状況が表示されるようになります。

Googleから簡単検索

佐川急便の配達状況の確認方法は簡単です。Googleの検索窓に配送番号を入力すると「クロネコヤマト・佐川急便・日本郵便」の3択画面が表示されるので、佐川急便を選択してください。

すると、佐川急便の公式サイトに移動し、配達状況が確認できるようになります。

佐川急便公式サイトを確認

佐川急便では商品が配送拠点から発送された日「出荷日」と記載しています。出荷日は発送日とほぼ同じ意味で使われており、佐川急便公式サイトで配達状況がリアルタイムで確認できます。

佐川急便の荷物お問い合わせ詳細情報

佐川急便の「荷物お問い合わせ詳細情報」には、各営業所を出発した旨や、自宅近くの営業所から荷物を配達するために出発した旨等が表示されます。

配達を担当する営業所の電話番号も記載されているため、配達状況が気になる場合は電話でも問い合わせることができるようになっています。

Amazonや楽天市場を利用した場合の「発送」の意味

Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで使われる「発送」という言葉の意味を解説します。

Amazonの出品者

Amazonでは、Amazon自身が発送する商品一般の出品者(マーケットプレイス出品者)が発送する商品があります。どちらが発送するかは、商品ページ右側の表示を見ればわかります。

また、Amazonプライム対象商品Amazon自身がAmazonの倉庫から発送するので、比較的早く購入者の元に届きます。

Amazon以外の出品者の商品

Amazon以外の出品者が商品を発送する場合は、発送までに日数を要する場合があります。商品ページに記載されている発送予定日を確認してから購入するようにしましょう。

発送予定日を過ぎても発送されない場合は、早めに出品者に問い合わせることをおすすめします。

FBA出品の場合

一般の出品者の中には商品をAmazonの倉庫に預けるFBA出品といわれる販売方法を利用している人もいます。この場合は商品の発送をAmazonが請け負うため、比較的早く商品が発送されます。

FBA出品されている商品はAmazonが管理・発送を担当しているので、購入者としては安心して購入することができます。

発送に関する注意点(出品者版)

商品の発送に関して出品者が気を付けるべきポイントを解説します。

日付指定された場合

購入者の中には無理な要求をしてくる人もいます。例えば、商品説明欄に「1週間以内に発送します」と記載しているにもかかわらず、商品の購入日から2,3日後の日付を指定してくる人は多くいます。

購入者の希望に合わせるのは大事なことですが、無理な要求をされた場合はきっぱりと断る勇気も必要です。

丁寧な対応を心がける

とは言っても、購入者の希望した日に発送できない場合は丁寧にお詫びの連絡を入れましょう。間違っても、上から目線で「発送まで1週間かかると記載しています」などと応答してはいけません。

購入者にまた購入してもらえるように、丁寧な対応を心がけましょう。

発送手続きも大事なプロセス

購入者としては、気に入った商品を購入したときは、その商品がいつ自宅に届くのか気になるものです。また、出品者なら、発送した商品がきちんと購入者のもとに届いたのか確認したいときもあるでしょう。

そのような時は、各サービスの購入履歴ページや各配送会社の公式サイトで商品の配達状況を確認しましょう。

また、出品者の場合は、お互い気持ちの良い取引になるよう丁寧な対応を心がけましょう。