スキル

【なぜ廃業?】起業の怖さを知って成功しよう!本当にあった失敗談

意を決して独立起業したにもかかわらず、1年足らずで廃業してしまう人と長く続けられる人の違いは何でしょうか?起業するには大きなリスクがありますから、下調べや勉強をしてからスタートさせているはずです。

しかし準備期間に何年もかかって起業したのにすぐ廃業してしまうこともあります。下準備をあまりせずに起業しても成功している人もいるでしょう。どうしたらこのような差が出るのでしょうか。

そこで今回は、独立起業して失敗したケースや失敗しがちなポイントをいくつかご紹介します。起業するのに大切なことを事前に把握しておきましょう。

起業に失敗しやすいケースとは?

独立起業を失敗する人にはいくつかの共通点があります。その共通点は以下の4つです。

・知識・経験不足
・資金不足
・自信過剰
・環境の変化を求めての起業

いくら起業に熱意やこだわりがあっても、上記の4つに心当たりがあるのなら独立起業は考え直した方が良いでしょう。ここからは、4つのポイントがいくつか重なり失敗しやすくなるケースをご紹介します。

過剰な初期投資をしたケース

多額の退職金を頼りに開業する人も多いですが、過剰な初期投資には注意が必要です。お店をオープンする人の中には内装や家具にこだわりすぎた結果、初期費用がかさんでしまう経営者は少なくありません。

例えば、内装工事の業者は少しでも売り上げを上げるために、「今、出し渋らない方がいい」「今頑張れば売り上げにつながる」などと営業トークを持ち掛けてくるでしょう。これから独立起業する人の「失敗したくない」という気持ちを汲み取っての言葉ですが、さまざまな業者の営業トークを鵜呑みにしすぎないように注意してください。

あまりに初期投資をしすぎてしまうと、後々の経営を回していくための資金が足りなくなることもじゅうぶん考えられます。見た目やデザインにこだわるのは悪いことではありませんが、少しずつ価格を上乗せすると金銭感覚が麻痺して金額が膨れていくのです

経験や下調べ不足だったケース

経験や下調べが不足したままの起業失敗も多いです。たとえば、「料理が好き」という理由だけで、飲食店で働いたこともないのに独立起業しても成功は難しいといえるでしょう。飲食店経営は美味しい料理を作るだけではなく、顧客のリサーチやメニュー開発・衛生管理などさまざまな業務から成り立つ職業です。何年も修行してノウハウを学ぶことにより、独立起業への成功の道が開けてくるのです。

知識不足の失敗は、例に出した飲食店のケースに限らずどの職業にも当てはまります。万が一心当たりのある人は一度考え直してみてください。

さらに店舗を持った場合の物件選びでも、事前調査を怠ると失敗しやすくなります。接客業なのにエレベーターのないビルを選んでしまったり、集客見込みよりも収容人数が少ない広さだったりと失敗するケースは各所に潜んでいます。起業時期・職種・場所ともに事前に調査しておくことが大切なのです。

広告宣伝費を使いすぎるケース

広告宣伝費は起業前から必要な資金ですが、宣伝にお金をかけすぎて失敗するケースもあります。今やチラシだけでなくインターネットでも集客ができる時代ですが、便利さに目がくらんであれもこれもと手を出さないようにしましょう。

自身の企業を周知してもらうために、ホームページをオープンする人もいるでしょう。ただし、本当に必要なのかを見極めなければなりません。企業に委託するホームページ作成には100万円近い費用がかかるほか、検索結果上位にヒットさせるためのSEO対策などが必要です。センスの良いサイトにこだわりすぎてしまい、広告宣伝費が多くかかってしまうのです。

飲食店なら食べログなどの口コミサイト登録料が必要ですし、不動産業ならsuumoなどの不動産情報サービスにも登録料がかかります。売上が少ない初期にたくさんの広告宣伝費を使うことはおすすめできません。最初から大きな集客を望むと失敗のもととなるのです。

起業の失敗を招く原因は?

なぜ独立起業に失敗してしまったのでしょうか?失敗した理由が分かれば対処できる見込みもあるはずです。ここからは失敗を招く原因を3つお教えします。

資本金の過剰支出

まとまった資本金があるからといって、過剰に支出するのは避けましょう。上記でも初期投資のしすぎで失敗するケースを挙げましたが、お金はいくらでもあるわけではありません。ましてや、起業したばかりでは売上が少ないのは当たり前です。

独立起業にはトラブルがつきものです。いつまとまった資金が必要になるか分からないので、初期投資は最小限に留めておき、今後の運転資金に回すようにしましょう。

勉強不足で知識がない

独立起業するということは、自分に全ての責任がのしかかってくることになります。起業前にはさまざまな業者からの営業がありますが、営業マンよりも知識がないとさまざまな売り込みのターゲットになるので注意しましょう。営業マンも売上のために必死で提案してくるので、本当に必要かを見極める知識が必要です。

さらに、経営が始まってからも常に知識が必要になります。トラブルを対処する力や集客に関わることなど、知識があるからこそ経営が成り立つと頭に入れておきましょう。

知人や友人に同情した過剰値引き

友人や知人が利用してくれるのは、非常にありがたいことです。宣伝にもなり、これまでの恩をサービスで返すこともできるでしょう。しかし仲が良いからといって過剰に値引きをすると、失敗のもととなってしまいます。

いくら仲の良い友人でも、恩のある知人でも顧客と経営者であることに変わりありません。こちらが提供するサービスに対価を払うことはビジネスの基礎です。知り合いだからといって安くしすぎると、その分は他で売上を増やさなければなりません。

たまには「友だち価格で」とお願いされることもあるかもしれませんが、それで機嫌を損ねる人を友だちとはいえるのでしょうか。一度値引きをしてしまうと次は断りきれなくなります。

飲食店であれば、飲み会やイベントに場所を提供する方法もあります。ちょっとしたサービスをするくらいなら構いませんが、値引きを理由にした集客は控えめにしておきましょう。

準備段階から失敗する原因とは?

独立起業は準備段階でも手を抜けません。準備に失敗していると、無事に起業できたとしても後々に響いてくるのです。準備段階で失敗しやすいポイントをご紹介します。

顧客ニーズを甘くみすぎている

顧客のニーズ調査を怠るのも失敗する原因の一つです。固定観念にとらわれてしまい、自分だけの顧客ニーズで事業計画を立てないようにしましょう。

自分が経営者なので、自分の考えた顧客ニーズで計画するのは当たり前ですが、それは本当に正しい情報でしょうか?実際のニーズと合致していない点はないでしょうか?

顧客ニーズが間違っていると、今後の経営状態が大きく左右されます。自身が提案する顧客ニーズを通す前に、もう一度細かく調査してみましょう。価格は適正か・場所や間取りは適当か・需要と供給がつり合っているかを見極める知識をつけてください。

起業に失敗したらどうなるの?

万が一独立起業に失敗したらどうなるのでしょうか?起業前の人にとってはあまり知りたくない内容かもしれませんが、怖さも理解しておくことでより起業に力が入ります。失敗したら現実に起こりうることなので、よく知っておいてください。

借金がふくらみ自己破産

起業に失敗すると聞いてまず思い浮かぶのが、「自己破産」ではないでしょうか。これはイメージ上の世界だけの出来事ではなく、現実に何度も起こっていることです。

独立起業してすぐは企業の信頼度が低い状態です。銀行などで借入ができなかった経営者は、個人名義を使って借金をすることができます。ただし、万が一自分の会社が倒産してしまうと、個人名義での借金が残ってしまいます。この借金を返済できないと自己破産となってしまいます。

また借金の連帯保証人になって自己破産するケースも知っておきましょう。会社名義の借金に対して経営者自らが連帯保証人になっていると、倒産と同時に返済義務が発生します。どちらも会社の借金が残っている状態なので、借入の際は慎重にしてください。

自己破産すると二度と起業ができないわけではありません。会社が倒産・自己破産となっても何度も挑戦することができるのは事実です。

最終的に成功した人もいるかもしれませんが、自己破産はしないに越したことはありません。金融機関の信用が大幅に落ちてしまうため、後々の資金集めは苦労するので気を付けてください。

周囲の人の反応が変わる

起業に失敗すると周りの反応が変化します。失敗したことを知られると「そら見たことか」と責めたり、失敗したとたんに声をかけてこなくなったりとみじめな思いをすることもあるのです。

とくに責められてしまうのが、起業の際に自慢げに話していた人や周りに大きな口で触れ回っていた人です。成功してしまえば何も言えませんが、周囲の反感を買っていた人ほど言われてしまうので気をつけましょう。

起業することを好奇な目で見ている人や、自信過剰と見ている人は少なからずいます。言葉には出しませんが、裏では何を噂しているのか分かりません。万が一失敗したら嫌な思いをすることも覚悟しておきましょう。

再就職がしにくい年齢になる

独立起業に失敗したら再就職をする必要があります。しかし年齢によっては再就職が困難なのが現実です。とくに40歳以上の人では就職先が狭くなりますし、企業によっては「組織的に使いづらい」とみられてしまうかもしれません。

独立起業する前に、万が一失敗したら再就職先をどのような企業にするかを考えておくと安心です。失敗したら当面の生活費を稼ぐために再就職は必須です。

企業によっては独立起業したことを理解して、プラスに捉えてくれる可能性があります。面接の際には失敗したことを隠さずに話してみましょう。

起業に失敗しないための心がけとは?

独立起業を失敗させないために重要なことは、6つに分けることができます。以下の6つのポイントを心がけておけば、失敗するリスクが大幅に減少するはずです。それでは、1つずつ説明していきましょう。

週末起業からスタートしてみる

独立起業するからといって、現在の職場を退職する必要はありません。すぐに軌道に乗れるかどうかは全く分からないため、安定した収入があると大変心強いものです。退職して収入がなくなると起業した後の売上に頼るのみになってしまうので、まずは週末のみの起業から始めるという手段も検討してみましょう。

まずは職場の休業日を使った「週末起業」で様子をみておき、退職してもやっていけそうだと思ってからでも遅くはありません。「起業するなら思い切ってやりたい」とやる気がある人もいるかもしれませんが、やる気だけでは長続きしない可能性があります。地味なようにも思えますが、初めて独立起業する人にとっては有効な手段といえるでしょう。

お金を使いすぎない

独立起業するにはお金が必要です。貯金や退職金・借入などで資金を作ることになります。まとまったお金が入ってくるとつい気持ちが大きくなってしまいますが、グッとこらえて節約するように心がけましょう。

日常生活においては節約をする感覚が皆さんにあるのではないでしょうか。しかし大きなお金に変わると、10万円や20万円という金額が小さく見えてくるのです。開業資金ということで、せっかくだからと思い切って使ってしまう人が多い傾向にあります。

自身が一生懸命働いて貯めたお金や、銀行から借りたお金を湯水のように使ってしまうのは非常にもったいないです。初期投資にお金を使いすぎる人はその後の経営も失敗しやすいため注意しましょう。なぜなら事業を成功させたい・拡大させたいという熱意から、投資に走ってしまうからです。

経営するには賃料・人件費が必要ですが、この2項目が失敗しやすい項目でもあります。さらに初期投資と固定費は最小限に抑えておき、節約に励むようにしてください。

小規模から起業する

「週末起業」にも似ていますが、もし退職して独立起業することを選んだ場合は小規模からスタートしましょう。最初から都内の一等地に店を構える・何店舗もオープンするなど、売上が確実に見込めないのに大きく始めるのは避けるのが無難です。

万が一失敗した場合にどうするつもりなのかを考えているか?その成功するという見込みは正しいのか?と自分に問いかけてみて、明確な答えがあるのなら挑戦してみても良いでしょう。しかし小さく始めて様子をみるのに越したことはありません。

起業してすぐの売上は非常に少ないものですが、大切なのは少しでも黒字になっているかです。赤字であっても黒字に近い金額であれば順調に売上がある証拠です。もう少し頑張れば黒字に好転する可能性も高くなっていくので、そこからさらに売上を伸ばしていくための方法を考えていきましょう。

このように小さくスタートして少しずつ大きくしていった方が損益が出にくく、事業がより長く続きます。週末起業を取るか、小さく始めるのをとるかをよく検討してから起業してください。

斬新すぎるアイデアに注意

起業の準備段階で画期的だと思うアイデアが出たとします。しかしそのアイデアが必ずしも成功するとは限りません。売上が伸びなければそのアイデアは失敗とみなし、思い切って次へ進みましょう。

自身にとっては良いと思うアイデアでも、集客ができなければ意味がありません。「これは良い!」と思ったことでも、いざ実行すると売れないというケースはよくあることです。テレビで紹介されていた斬新なアイデアを持ち出した企業が、いつの間にか廃業していたという噂を小耳にはさんだ経験はありませんか?

アイデアを出すこと自体はどんどん出していっても構いません。ただしそのアイデアを欲している顧客がどれだけいるのかを見極めなければならないのです。アイデアに目がくらんで失敗しないよう、実行前には冷静になって考えてみてください。

起業前に知識をつけておく

知識不足で失敗したケースをご紹介したように、独立起業する前に知識を多くつけることはとても大切なことです。知識不足が原因で騙されたり、判断を誤ったりする人は少なくありません。

起業には失敗例と成功例の両方を学びましょう。もちろん業種によって学ぶことは違い、判断もさまざまなケースがあります。すべてを完璧に学ぶことはできませんが、自分に必要な知識を見極めながら自分なりに最大限の努力をしてみてください。

集客方法を考えておく

良い商品を販売していても、顧客が購入しなければ売上になりません。元から友人や知り合いに紹介してもらえるような人なら良いですが、一般の人は集客をする必要があります。

近年ではTwitterやブログ・Facebookなども宣伝ツールとして多く利用されています。顧客には少額の割引をするかわりに口コミを発信してもらったり、自身で頻繁にブログを更新したりして少しでも多くの人の目に留まるようにしましょう。

顧客本人のSNSであれば信ぴょう性も高く、近隣に住む人が見ている可能性が高いです。ギブアンドテイクで、少しずつ集客するのも一つの手段として使ってみてください。

まとめ

独立起業は一世一代の大イベントです。華々しく起業したのに失敗に終わらないよう、正しい知識と心構えで開業してください。

実際には失敗するケースは少なくありません。成功することのほうが難しいため、起業する前にしっかと知識をつけておかなければなりません。正しい知識と心構えで起業した人は、今後成功する確率がグンと上がります。

失敗のほとんどは、勉強を怠ったことが原因です。失敗例も成功例も把握して、じゅうぶんに学んでから起業に挑戦しましょう。