【2022年版】Amazonせどりで売れ筋商品を見つける方法7選

Amazon出品で仕入作業を行うためには、何かと面倒くさい細かい作業が多いものです。そんな面倒くさい作業を一気に効率化してくれるのが便利ツールです。

Amazonせどりの売れ筋商品を仕入れるために使えるツールにはどんなものがあるのでしょうか?この記事ではおすすめの便利ツールをご紹介します。

目次

Amazonせどりで売れ筋人気商品である6つの特徴

Amazonせどりで売れ筋となっている商品にはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは人気商品の特徴を6つご紹介します。

テレビやメディアで多く見られる

TVやCMなどで多く見られる商品は、売れ筋商品である可能性が高いです。というのもTVやCMといったメディアには大きな影響力があるからです。そのためTVやCMで紹介された商品は、翌日大反響を呼ぶことがあるのです。

例えばTVである電化製品について紹介をしていたとしましょう。すると翌日には紹介された電化製品はどこの店舗も売り切れになってしまいます。それほどTVやCMによる影響力は大きいのです。

なのでTVやCMで紹介された商品をよくチェックしてみましょう。

需要が高い

供給よりも需要が高い商品は、売れ筋商品になる可能性が高いです。例えばある商品が急に生産中止となったとしましょう。するとAmazonでは定価よりも高い金額で売られるようになります。供給が止まった分、その商品の需要が高まり定価以上でも求める人が増えるからですね。

逆に生産中止になっていた商品が急に生産量を増やすとなった場合には、値崩れが起きやすくなるのでニュースや商品を扱っている企業の情報は随時見ておきましょう。

ネットショッピングで上位の商品

当たり前ですが、ネットショッピングで上位をキープしている商品はほぼ確実に売れ筋商品です。例えばGoogleで「Amazon ランキング」と検索すると、ジャンルごとに売れ筋商品ランキングが表示されます。

他にも楽天市場でも同じように検索することで、売れ筋商品をランキングで把握することができます。

可愛い系、萌え系

可愛い系や萌え系といったキャラクター性のある商品は、売れ筋商品である可能性が高いです。例えば可愛い系で言うとポケモンのピカチュウやアンパンマン、萌え系で言えばけいおん、でんぱ組などです。

特にポケモンのピカチュウは、長年日本で愛されているキャラクターということもあってどの商品もプレミアム価格になりやすいので狙い目です。

便利で安くて人気の商品

日本の100均で買えるような商品でも、便利で使いやすければ人気商品で売れ筋になる可能性があります。100均の代表店でもあるダイソーでは、海外でも事業を展開していて未だに人気が絶えないと言われています。

単純かつ楽しい

例えば任天堂が販売している「Switch」は単純かつ楽しい商品の代表とも言えます。コンパクトなサイズで持ち運びが楽で、1つあればみんなが楽しくプレイできるので人気を集めるのです。

そのためゲームといった単純で楽しい要素がある商品は、人気商品になりやすく売れ筋商品になりやすいのです。

Amazonせどりで人気商品を探す7つの方法

ここからは売れ筋商品を見つけ出す方法を7つに分けてご紹介します。

Yahoo!ニュースを見る

Yahoo!ニュースで売れ筋商品に関する情報があったら、迷わずにチェックしましょう。Yahoo!ニュースを使っているユーザーはたくさんいるので、売れ筋商品に関するニュースがあれば、注目度も高くなります。

とは言っても最新の売れ筋ニュースを見るために、都度Yahoo!ニュースをチェックするのは効率的とは言えません。売れ筋商品に関するニュースが出てるかな?という視点で探しましょう。

Googleアラートを使う

Googleアラートとは、あらかじめキーワードを設定しておくことでそのキーワードに関する情報が一気に見れるものです。

例えばGoogleで「Googleアラート」と検索して以下のようにキーワードを設定します。

後は下のメールアドレスを記入し「アラートを作成」ボタンをクリックすると、記入したメールアドレスに随時情報が更新されます。情報を絞って集める際には便利な機能です。

CMで流れている商品

CMで流れている商品は人気商品になる可能性が高いです。というのもCMはより多くの人が見るからです。多くの人が見るということは、その商品について知る機会が増えるということです。

特に芸能人と商品がコラボしているCMはチェックしておきましょう。芸能人がCMに出演するだけで、その分CMに目がいきます。その状態で商品をPRすれば、より多くの人の目に触れるので人気商品になる可能性があります。

なので芸能人とコラボしているCMは早い段階でチェックしておき、商品を仕入れるとより大きな利益となって稼ぐことができるでしょう。

Amazon売れ筋ランキング

「Amazon ランキング」と検索すると、ジャンルごとに今Amazonではどんな商品が売れているのかを一気に確認することができます。ランキングで上位を占めている商品は、売れ筋商品なので随時チェックしたいところです。

売れ筋商品の関連商品もチェック

例えば売れ筋商品を調べていて「PS4」を見ていたとしましょう。するとサイトの下の方に「この商品を買った人は、こんな商品も買っています。」というのが書かれていると思います。

これを見るとレビューが高い商品を一瞬で見つけることができるので便利です。

ファルコンのグラフがギザギザしている

ファルコンとは、Amazonの商品ランキングと価格推移を表示してくれるサイトです。せどりで仕入れたい商品を選ぶ時には、このファルコンが便利です。

仕入れたい商品が売れている商品であれば、ファルコンのグラフはギザギザになります。

参考:ファルコンでランキングの推移をチェックする

人気あるメーカー、ブランドを知ること

商品のジャンルによって人気のメーカーやブランドは異なります。なのでまずは仕入れたい商品で人気あるメーカーやブランドがどこなのかを把握しましょう。

例えばパソコンで人気のあるメーカーは以下の通りです。

・パナソニック

・東芝

・富士通

・NEC

Amazon出品で儲けるためには売れ筋商品のリサーチが命!

Amazon出品で儲けるためにはリサーチが命といっても過言ではありません。儲かる商品を見つけるためのリサーチのコツを見ていきましょう!

ブルーオーシャンを見つけよう!Amazonの売れ筋ランキングは宝の山!!

売れ筋ランキングは必ずチェックしましょう。ここには誰も見つけていない、参入者が少なくて必ず売れるブルーオーシャンが眠っている可能性があります。

売れ筋ランキングに常時載っている商品はもちろん参入者が多いのですが、そこから横方面にリサーチを広げていくことで、思わぬ商品が見つかることがあります。

新規市場はリスクも!しかし売れ筋商品のリサーチ眼を磨けば儲けは出る!

ランキングから横方面にリサーチして見つけた商品は、まだ参入者がほとんどいない商品です。つまりほぼ新規市場になります。

新規市場は売れるかどうかは正直なところわかりません。だからといって、誰もが売っている商品を売っても儲けにはつながりません。多少のリスクをとっても新規市場を開拓したほうが儲かります。

しっかりとリサーチを繰り返して、売れ筋商品を見極められるようになれば、新規の商品も売れるかどうかはわかるようになります。

Amazon売れ筋ランキングから商品を探す方法

売れ筋ランキングから商品を探す方法は次の通りです。

①Amazonのカテゴリーごとに売れ筋アイテムをリサーチ

Amazonランキングから売れ筋商品をピックアップして、Excelなどにリスト化していきましょう。リストの項目には、ランキング、商品名、商品画像、URL、評価、売れ行き、個人輸入の可否を書き込んでいきます。

②Amazon内の売れ筋商品から縦横にリサーチを広げる

売れ筋商品をピックアップしたら、売れ筋商品から縦横にリサーチを広げていきます。
縦というのは、関連性の高い商品です。横というのは類似性の高い商品です。
iPhoneのケースなら、縦がiPhoneの他のアクセサリーです。横がケースのバリエーションです。

売れる!と確信が持てる商品が見つかるまでのリサーチを繰り返します。すると売れそうな商品がだんだんと見えてきます。

③売れ筋の商品にあたりが付いたら海外のAmazonなどから仕入れる

売れる!と確信が持てる商品が見つかったら海外サイトから仕入れましょう海外のAmazon中国のサイトで類似する商品を探していきます。

Amazonの急上昇ワードにも注目する

Amazonの売れ筋ランキングを見るのはもちろんですが、急上昇ワードにも注目するようにしましょう。売れ筋ランキングでは、具体的な商品名を検索しないと調べられませんが、急上昇ワードは抽象度が高いワードでも検索することができます。

例えば「寒い冬の対策グッズ」と検索すると、こたつやストーブなどあらゆる商品を調べることができるので、商品の連想がしやすくなります。

Amazonせどりで仕入れる際の注意点

売れ筋商品や人気商品を探すのには、いくつか注意点があります。ここではそんな注意点について解説します。

出品者1かどうか

売れ筋で人気がある商品だけれど、出品者数が1になっている商品がたまにあります。これはメーカーや企業が独占して販売しているものなので、他の人が勝手に販売してはいけないルールになっています。

もしそのような商品を販売してしまうと、規約違反になってしまうこともあるので注意です。

値崩れする可能性も視野に入れる

仕入れた際には、生産数が高く需要が高い商品だったとしても、いつその商品が再び生産をするかは分かりません。なのでせっかく仕入れた商品でも、生産開始と同時に値崩れが発生してしまう可能性があります。

こういった値崩れを少しでも防ぐためにも、日頃からニュースなどはきちんとチェックしましょう。

長期的に人気の商品、短期的に人気の商品がある

ピカチュウといったキャラクター性のある商品は、長期的に人気でプレミアム価格が付きやすいです。しかし同じキャラクター性のある商品でも、人気が途絶えてしまう商品もいくつかあります。人気が途絶えてしまうと、その時点で売れなくなってしまうので注意です。

この人気商品の見極めはかなり難しいので、少しずつ経験で身につけていくしかありません。

Amazon出品者に注目される無在庫転売とは?

Amazonなどで転売をしている人の間で最も注目されている販売方法が無在庫転売です。いったいどんな販売方法なのでしょうか?

無在庫販売とは?

無在庫販売というのは、文字通り在庫を持たずに出品する方法です。出品して、売れたら仕入れて発送します。

在庫を抱えるリスクを抑え、在庫管理の手間をかけないで済む、というメリットがあります。

無在庫販売のメリット

無在庫販売は在庫を持ちません。物販では在庫というのは万が一売れなかった場合には、無駄になってしまうだけではなく、倉庫などを借りていたら場所代だけがかかるため、リスクにしかなりません。在庫が売れなければ次の仕入の資金を確保できない可能性もあります。

在庫がない、というのは理想的なビジネス形態といえるでしょう。

無在庫販売にはデメリットも!

無在庫販売にはデメリットもあります。注文を受けてから仕入れるので、配送が遅くなります。これがクレームにつながることがあります。あるいは、リピートしてくれなくなる可能性もあります。

また、海外から仕入れている場合には、為替の急激な変動などにより、出品時の仕入額売れた時の仕入額が違ってしまうこともあります。仕入額が安くなっていれば黒字になるのでいいのですが、仕入れ額100円の心づもりで200円で出品していたものが、仕入額が200円になってしまった場合、大量に売れたら大赤字になってしまいます。

こんな場合でもキャンセルは出品者評価を落とすだけで、Amazonなどは下手をするとアカウント削除のリスクもありますので、販売せざるを得ません。

このようなリスクもあることを頭に入れて、キャッシュフローもしっかりとチェックしながら行いましょう。

AmazonのASINから売れ筋商品を探せるリサーチツール「アマテラス」

アマテラスについてご説明します。これはAmazon転売のためのリサーチツールです。

タオバオアリババなどからASINなどを入力するだけで、仕入れ可能な商品を一瞬で探し出せます。中国の仕入先のリサーチも同時にしてくれます。欧米輸出入のリサーチも中国輸入のように行うことができます。

検索結果には出品者数や価格、ランキング、商品重量や、カート価格、レビューの数など、売れ筋商品かどうかを見極めるために重要なデータが収集できます。

パワーセラーを登録することで、そのセラーの出品アイテムをチェックすることもできるので、売れ筋商品がすぐにわかるようになります。

独自商品セラー向けの『アドバンスプラン』は月額9800円、中・大規模セラー向けの『プロプラン』は月額19800円です。この値段でこの機能は便利すぎます!

アマテラスの使い方とは?

アマテラスの使い方は次の通りです。

まず、Amazonで販売している商品を、キーワード、ASIN、セラーID、価格帯、カテゴリーなどで検索します。

すると検索結果のボリュームが表示されるので、仕入れの経費Amazon手数料など、自分の状況に合った出品を絞り込んで表示させることができます。

検索結果には、該当する商品に関する次のようなデータが表示されます。この中でも特に、自分のリサーチの軸にしたい項目を基準にして並び替えができるのも便利ですね。

  1. 推移グラフ(出品者数、価格、売上ランキング)、売上ランキング上昇回数
  2. アマゾン商品情報(タイトル、重量、カートボックス価格、ASIN、カテゴリー)、オークファンの検索結果
  3. 出品者数、レビュー数
  4. アマゾン手数料
  5. 各中国サイト検索結果リンク

仕入れ先のリサーチもできます。こちらのツールで検索できる中国サイトには次のようなものがあります。
AirExpress、タオバオ、画像検索、Google翻訳、Weblio(辞書サイト)

気になるセラーが出品している商品をリサーチすることも可能です。パワーセラーが稼いでいる商品がわかれば、簡単に儲けられることは言うまでもありません。

セラー追跡ページでセラーIDを登録するとそのセラーの出品商品が表示されます。

検索した商品のデータは常に最新のものに更新されるので、常に変動しているAmazonの状況を正確に把握することができます。

「ジモティー」は売れ筋商品を仕入れてAmazonで販売するための宝のツール!

メルカリで仕入れたものをAmazonで売ることも流行りましたが、最近ではメルカリで転売をする人が増えたので、あまりいい商品が見つからなくなりました。

その点、ジモティーはまだまだ認知度が低くライバルが少ないので、いい商品が見つかる可能性が高いです。しかもジモティーなら無料で不用品がもらえる可能性もあります!仕入れ0円で儲けが出せるお宝ツールです!

ジモティーの使い方とは?

欲しいもののジャンルが決まっている場合にはカテゴリー選択から選びます。

自宅近くで検索すれば、取りに行くのに交通費もかからず、お宝をゲットできます。気になる商品にはお気に入りをどんどんと付けていきましょう!

そしてお気に入りの商品が利益が出せるものかどうかを他のサイトでチェックです!

Amazon売れ筋商品のリサーチを時間短縮できるツール「RSS Subscription Extension」

RSS Subscription ExtensionはGoogleChromeの拡張機能で、登録した商品や自分が仕入れたい商品がヤフオクなどに出品されたときに知らせてくれるツールです。

どんな商品を売りたいのかはっきりしているときには、仕入れるタイミングを待つだけでよくなるという、夢のようなツールですね!

RSS Subscription Extensionの使い方

GoogleChromeから上のリンクのページを開きます。「+CHROMEに追加」をクリックすると機能が拡張されます。

RSS Subscription Extensionの設定

RSS Subscription Extension(by Google)のデフォルトをFeedlyになるように登録します。

まずは先ほど追加された、アドレスバーのアイコンを右クリックし、メニューから「オプション」を選択します。

開いたRSS Subscription Extensionのオプション画面で、Feedlyを選び、「デフォルトに設定」をクリックします。

Feedly をデフォルトに設定して「フィードの登録時に常にデフォルトのリーダーを使用します。」にチェックを入れておくと一発で Feedly に飛びます。フィードの登録時に余計な画面遷移が減るので、Feedly しか使わない場合は、おすすめです。

こちらは無料で使えて、何件でも商品は登録できるので、リサーチ時間の短縮には欠かすことができないツールです。

「CD横断検索システム」は売れ筋のメディア商品をAmazon出品するための便利ツール!

CD横断検索システムは、CDやDVDなどのメディア商品の在庫のある店舗を探し出してくれるツールです。

手動で1店舗1店舗在庫を探していく手間を考えると、一発で在庫状況がわかるので、リサーチ時間が一気に短縮します。

CD横断検索システムの使い方

まず仕入れたいCDの規格番号を入力して検索します。

するとCDの情報在庫状況が出てきます。

Amazonでの販売価格と比較して、利益が出せる在庫があるかを探していきます。

AmazonのセラーIDで売れ筋商品をリサーチできるツール「せどりアナライザー」

せどりアナライザーはAmazonで気になるセラーのIDを入力すると、そのセラーが販売しているどんな商品が売れているのかがわかるツールです。

現在は一時販売停止しているようです。

「Keepa – Amazon Price Tracker」は売れ筋商品の価格変動をグラフ表示できる便利なツール!

keepa – Amazon Price TrackerはAmazonの商品ページに価格変動のグラフを表示させるツールです。GoogleChromeの拡張機能で無料で使えて、商品検索をしながら一発でデータを確認できるので便利です。

keepa – Amazon Price Trackerのインストール方法

keepa – Amazon Price Trackerは、GoogleChrome、Opera、Vivaldi、Firefoxで使うことができます。

GoogleChromeを立ち上げたら、上のリンクを開き、「+CHROMEに追加」をクリックします。するとインストールが開始され、完了したら使うことができます。

他のブラウザでも、それぞれのアプリストアで検索して同様にインストールすれば使えるようになります。

Amazonの売れ筋アイテムをワンクリックで分析できるツール「SmaSurf」

SmaSurfもGoogleChromeの拡張機能で、Amazonの商品ページからワンクリックで FBA料金シュミレーター、プライスチェックなどのサイトへ簡単に飛べるツールです。

最初に設定をすれば自動でリンクを表示してくれるので、とても便利なツールです。

SmaSurfの使い方

GoogleChromeで上のリンクを開いて「+CHROMEに追加」をクリックしてインストールします。

Amazonの商品画面に行くと「SmaSurf設定」というボタンが現れるので、こちらのマウスカーソルを合わせます。

すると次のような画面が出てくるので「検索結果にアイテムクイックを表示する」にチェックを入れます。

商品ページで、商品名を右クリックしたままなぞると、左下にリストが表示されます。ここから、他のサイトで出品されている同じ商品を探すことができます。

売れ筋商品の仕入れ・Amazon出品をサポートするツール「プライスター」

プライスターは自動価格改定ツールです。仕入れには関係ないように思えますが、在庫管理もでき、ヤフオクでの在庫状況まで確認できるので、仕入れにも使えます。

月額制の有料ツールですが、30日間の無料お試し期間があるので、試しに使ってみることをおすすめします。

プライスターでできること

プライスターではどんなことができるのでしょうか。


プライスターの使い方ブログ より画像引用

プライスターではまず自動価格改定ができます。


プライスターの使い方ブログ より画像引用

カート価格や最低価格などに合わせて自動的に価格を変動させることで、販売機会を逃しません。もちろん価格の変動の幅は設定できるので、大出血サービスを仕掛けてきたセラーがいても、そのセラーに合わせた赤字価格では販売できないようにもできます。

次にカンタン出品ができます。

プライスターの使い方ブログ より画像引用

セラーセントラルでの面倒くさい入力作業が一発でできてしまうので、これを使ってしまったら二度とセラーセントラルから出品はしたくなくなってしまいます。

またFBA納品も簡単にできるようになります。売上の自動計算や利益計算もしてくれます。商品登録の時に仕入れ値を入力すればOKです。

さらに、サンクスメールの自動配信もしてくれます。

プライスターの使い方ブログ より画像引用

レビューが欲しいときには、サンクスメールでレビューを促すことが大切ですが、このツールに設定しておけば自動でメールを配信してくれます。

ツールでAmazon売れ筋商品の仕入リサーチをサクサクと!

この記事ではAmazonの仕入れを効率化するツールのご紹介をしました。ツールを使いこなすためには、本質的な部分の理解が必須ですが、ある程度リサーチスキルが上がってきた人にとっては、作業効率をアップさせるために欠かせないものです。

自分に合った使い勝手の良いツールをぜひ見つけて、稼ぎをもっともっと大きくしていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次