物販

メルカリで業者認定されないためにも気をつけたいこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人気フリマアプリの「メルカリ」。商品を出品したことのある方もこれから出品を考えている方も多くいらっしゃると思います。

そんなメルカリですが、「業者認定」という言葉があるのはご存知ですか?
業者認定とは何なのか?業者認定されたらどうなるのか?ということについて調べてみました。

【期間限定無料公開】ノーリスクで時給1万円の国内転売ノウハウ



物販ビジネスでは、利益率が高ければ販売する商品点数が少なくて済みます。

これから副業でネットビジネスを始めたいというのであれば、ただ漫然と稼げそうな方法に 手を出すのではなく、副業の少ない時間でも稼げる利益率の高いビジネスを始めるべきです。

そこでおすすめしたいのが国内転売です。

国内転売というとネットビジネスの中では今や珍しい方法ではありませんので今更と思うかもしれません。確かに、普通の国内転売であれば利益率は10%程度が当たり前です。しかし、今回ご紹介する国内転売のノウハウは利益率40%とかなり高めで、無在庫販売かつ発送作業が不要です。

在庫を持つリスクがない上に、商品が売れても自分で発送をする必要がなくて利益率40%。発送作業がなければ場所に縛られることがありませんので、パソコン1台あればどこからでも稼ぐことができます。

そんなあり得ない稼ぎ方について、ノウハウ構築者本人が全貌を曝け出している映像を無料で公開します。

期間限定の公開なので、見逃さないよう早めに登録することをおすすめします!

>>> 【3月25日24時まで】副業でも1日1時間の作業で月収30万円稼げる無在庫国内転売の秘密を知るにはこちらをクリック

メルカリの業者認定とは

メルカリの業者認定とは、業者と思われる行動を取ると課せられるもので、出品した商品が新着に表示されない状態のことを指します。

タイムラインの下の方に表示

通常であれば、出品したばかりの商品は新着でトップに表示されます。しかし業者認定されていると、自分の出品した商品が新着に表示されなくなってしまいます。これでは、せっかく出品した商品が落札者の目に留まらず流れてしまいます。

メルカリの業者認定の定義

実はメルカリの運営側からは業者認定される定義は公表されておらず、なんの通告もなく突然自分の出品した商品が新着に表示されない状態になってしまうのです。業者認定されたかどうかの通知もないため、自分で商品を出品して確認してみるしかありません。

告知もなく突然業者認定される

業者認定と似ているものに「利用制限」がありますが、こちらはちゃんと通知は来ますし、制限内容が記載されたメッセージが個別に来ます。対して業者認定はなんの告知もなく規制に入ってしまうのです。

圏外飛ばしについて

業者認定と同じように、圏外飛ばしという言葉も耳にします。圏外飛ばしとは何なのかということも解説していきます。

圏外飛ばしとは

この状態に陥ると、出品した商品が半年以上前の検索結果ページに飛ばされてしまい、検索の圏外にいってしまうため、圏外飛ばしと呼ばれています。意味合い的には業者認定と同じ現象を指しています。

圏外飛ばしをする理由

圏外飛ばしをする理由は、メルカリ側が業者だと判断したアカウントの出品した商品を検索圏外に表示し、個人出品との公平性を保つためだと言われています。
しかし実際は、個人出品なのに業者と判断され検索圏外に表示されたり、実際の業者がメルカリの目をかいくぐっている事例もあるようです。

圏外飛ばしの期間

短くて1日で済む人もいれば、最長で1ヶ月も規制が続く場合もあります。業者認定を受けてしまった場合、解除するには何もしないで放置するしかないようです。

業者認定される行動

それでは、具体的にどういった行動が業者認定に繋がるのか解説していきます。

最初に出品した商品が売れてから出品する

同じものが何個かあってすぐに出品したい!と思っても、一度に出品してしまうと業者認定を受けてしまう可能性があります。同じものを何個も出品したいときは、最初に出品した商品が売れてからにすると良いでしょう。

同一の商品情報説明文、または一部しか変更していない説明文の商品

商品の情報説明を入力するのが面倒だからと、他の商品の情報説明を使い回したり、一部だけ書きかえて使用していませんか?
全く同じ文面の情報説明商品画像の使い回しは業者認定を受ける可能性大です。

一定期間に大量の出品・出品削除

出品したい物がたくさんあると、一度にまとめて売ってしまいたい!と思ってしまいがちですが、これも業者と取られることがある行動なので注意しましょう。同じように、出品している商品を一度に大量に削除するのもNGです。

業者認定の対策

自分の出品した商品が落札者に閲覧されず、売れないことは絶対に避けたいですよね。それでは、業者認定の対策について説明したいと思います。

業者と思われないように出品

一度に大量に出品する、同じ商品を何個も出品するなど、極端な行動を取ると業者と認定される可能性が高くなるので、たくさん出品したい際は、焦らずに少しずつ出品するように心がけましょう。

売れてから出品する

複数ある商品を、一度に出品してしまうと業者認定を受けてしまう可能性があります。同じものを何個も出品したいときは、最初に出品した商品が売れてからにすると良いでしょう。

商品名を変える

複数ある商品を何個か出品するときは、文字列を入れ替えるなど、商品名を少しだけ変えておきましょう。商品画像も同じものを使い回さず、別のものを用意するとより効果的です。

アカウント規制の種類

業者と認定されてアカウントが規制された際、解除されるまでに時間がかかる場合と、あまりかからない場合があります。
規制の種類はおおまかに3つあると言われています。

低レベルの規制

一定数出品するとなることのある規制で、販売済みの商品を1つでも評価すると解除されることがほとんどです。
業者認定された?と思ったら、まずはこの状態を疑ってみましょう。

中レベルの規制

一定数の出品に加え、出品物の削除、出品の一時停止をするとなることのある規制で、1つの評価だけでは解除されないことがあります。一般的に15件ほどの評価をすると解除されるようです。

高レベルの規制

出品物の削除、出品の一時停止をするとなることのある規制で、何回か評価をしても規制が解除されることのない状態です。すぐには解除されず、1日~数日間ほど出品を控えてると解除されます。

業者認定後の動き

もしも業者認定されてしまったらどう行動すればいいのでしょうか。その後の動きについてまとめました。

行動が改善しない場合はアカウント凍結も

上記の行為を改善しないまま出品を行っていると、メルカリの禁止している行為や出品物に当たるとして、アカウントが凍結される恐れがあります。アカウントが凍結されてしまうと商品の出品ができなくなってしまうので、禁止行為は行わないようにしましょう。

凍結された場合復帰はできないが、業者認定は解除可能?

アカウントが凍結されてしまうと復帰はかなり難しいですが、業者認定された場合は1週間~1ヶ月で規制が解除されます。しかし、メルカリで生計を立てている方には痛手でしょうから、業者認定はされないに越したことはありませんね。

新規アカウントを作成して再スタートする方が早い?

新しいアカウントを作成すれば、業者認定はされていないため、出品した商品はちゃんと新着に表示されますが、今まで使用していたアカウントの評価は引き継げないので、もし新しいアカウントに移行するなら慎重に検討しましょう。

メルカリで出品することについてのまとめ

メルカリでの出品は気軽に出来る分、出品のしすぎや商品の削除も気軽に出来てしまうのが難点です。

ルールと節度を守って、楽しいメルカリライフを送りましょう。

【お知らせ】1年以内にサラリーマンの月収を超えて独立する方法を無料でお教えします!



今や副業でもサラリーマンの月収程度の稼ぎなら当たり前、大きく稼いでいる人は個人でも年収1000万円以上という方もたくさんいます。

「そんな風に稼ぐことができるのはセンスのある人たちだけでしょ…」とあなたは思ったかも知れませんが、それは違います。

ビジネスで成功するために必要なのは、才能やセンスなどではありません。正しいやり方を知り、その通りにしっかりと実践をすれば自ずと稼げるようになります。

もしあなたが、

  • 本業の給料以外にも収入の柱が欲しい
  • どれだけ頑張っても思うように上がらない年収に嫌気がさしている
  • お金がないせいで常に心に余裕がなく、どこか暗い毎日を一変させたい
  • 自分の力だけで稼げるようになって、人や場所に縛られない生活をしたい
  • 仕事のストレスから解放されて、自由な暮らしを送れるようになりたい
  • 借金やローンを返済して余裕のある生活ができるようになりたい
  • 経済的余裕がなく、奥さんや子どもに我慢をさせるような生活をどうにかしたい

  • こんな風に思っているなら、以下の情報を必ずご確認下さい。

    10年以上にわたってネット物販ビジネスの成功者を輩出し続けてきたノウハウを無料でお教えします。

    >>> ネット物販で年収1000万円以上を稼いでエグゼクティブになる方法はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る