物販

Amazon新規出品における商品名・検索キーワード設定の重要性とコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonでは商品ページがまだ存在しない商品を出品する際、商品ページに必要な項目をイチから入力、設定していくことになります。

その際に、検索キーワードを設定することができます。その名のとおり、検索キーワードは検索結果に影響を与える項目になります。

そこで今回は、検索キーワード設定の重要性や設定のコツを紹介していきます。

Contents

【期間限定無料公開】ノーリスクで時給1万円の国内転売ノウハウ



物販ビジネスでは、利益率が高ければ販売する商品点数が少なくて済みます。

これから副業でネットビジネスを始めたいというのであれば、ただ漫然と稼げそうな方法に 手を出すのではなく、副業の少ない時間でも稼げる利益率の高いビジネスを始めるべきです。

そこでおすすめしたいのが国内転売です。

国内転売というとネットビジネスの中では今や珍しい方法ではありませんので今更と思うかもしれません。確かに、普通の国内転売であれば利益率は10%程度が当たり前です。しかし、今回ご紹介する国内転売のノウハウは利益率40%とかなり高めで、無在庫販売かつ発送作業が不要です。

在庫を持つリスクがない上に、商品が売れても自分で発送をする必要がなくて利益率40%。発送作業がなければ場所に縛られることがありませんので、パソコン1台あればどこからでも稼ぐことができます。

そんなあり得ない稼ぎ方について、ノウハウ構築者本人が全貌を曝け出している映像を無料で公開します。

期間限定の公開なので、見逃さないよう早めに登録することをおすすめします!

>>> 【3月25日24時まで】副業でも1日1時間の作業で月収30万円稼げる無在庫国内転売の秘密を知るにはこちらをクリック

Amazon新規出品における検索キーワードの重要性とは?

Amazonに新規出品する際、検索キーワードを設定します。

そのとき設定したキーワードがAmazon内での検索に影響を与えるので、検索キーワードの選定は非常に重要です。

この項ではAmazon出品における検索キーワード選定の重要性を紹介します。

キーワード選定で参考にするモノ

Googleのサジェスト機能

Googleのサジェスト機能とは、Googleの検索窓にキーワードを入力すると関連性の高い複合キーワードが自動的に表示される機能です。

例えば、「スニーカー」と入力するとGoogleのサジェスト機能により、「スニーカー レディース」、「スニーカー ブランド」などが提示されます。

これらのキーワードがネットでよく検索されていることが分かります。

GoogleとAmazonのサジェスト機能の違いについては、下記の記事を参考にしてください。

参考:Amazonで売上をUP!SEO対策で商品ページの検索上位を狙う方法

Amazonの検索予測機能

Amazonにも、Googleのサジェスト機能と同じような検索予測機能があります。

この機能でも、出品する機能に関連性の高い複合キーワードが分かります。

尚、カテゴリーによって結果が変わるので、自分が出品する商品カテゴリーでこの機能を活用しましょう。

例えば、「ワンピース」というキーワードをファッションのカテゴリーで検索すると、服のワンピースの複合キーワードが表示されますが、本のカテゴリーで検索すると、漫画作品の複合キーワードが表示されます。

GoogleAdWordsキーワードプランナー

Googleのサジェスト機能には表示されないレベルの複合キーワードを提案してくれます。

自分の頭で考えても、思いつかないようなキーワードを発見できることもあります。

提案されたキーワードの中から購買につながるようなキーワードをピックアップしましょう。

商品名と検索キーワードの違い

商品名

商品名は外部(Googleなどの検索エンジン)からの検索と、Amazon内部の検索どちらの対象にもなります。

なので、商品名はAmazonの検索予測機能だけでなく、Googleのサジェスト機能やGoogleAdWordsキーワードプランナーなども活用して商品名にキーワードを挿入するのが良いでしょう。

商品名に使ってはいけない言葉などについては、下記の記事を参考にしてください。

参考:【売上アップ!】Amazon出品で検索上位を勝ち取るための秘密はこれだ!

検索キーワード

検索キーワードはAmazon内部でのみ検索の対象になります。

なので、検索キーワードはAmazonの検索予測機能を活用して設定しましょう。

検索キーワードの選定方法

複合キーワードは1項目の欄内に半角スペースで区切れば設定できます。

ブランド/メーカー名など、商品名と重複するキーワードは入力しても無意味です。

検索キーワードには商品名に含め切れなかったキーワードを設定するようにしましょう。

設定する検索キーワードに関する制限とは?

検索キーワードには、出品する商品に関連するキーワードを制限なく盛り込めば良いわけではありません。

この項では設定する検索キーワードに関する制限を紹介します。

商品検索対策(検索キーワード)をダウンロードする

Amazonセラーセントラルの「パフォーマンス」から「Amazon出品大学」をクリックすると、出品者に対するガイダンスを動画やPDFで見ることができます。

Amazon出品大学の資料の中には検索キーワードに関するPDFもあります。

閲覧数を上げるには」から「商品検索対策(検索キーワード)」をクリックすると、PDFファイルをダウンロードすることが可能です。

検索キーワードに関する決まりごと

商品検索対策(検索キーワード)のPDFには、AmazonにおけるSEO対策に関する内容が解説されています。

9P、10Pには検索キーワードに関する記載がされています。

検索キーワードは購入者には表示されませんが、商品に関連する言葉を登録しておくことで購入者のキーワード検索に適切な商品をヒットさせることができます。登録については下記の点を遵守することが重要です。

商品名・商品説明など購入者が閲覧可能な情報を別の表現で言い換えた言葉を登録する。
上位語:該当が商品が属する商品群の上位でまとめる言葉
例:商品がiPodの場合、「デジタルミュージックプレイヤー」
同義語:同じ商品タイプを意味する言葉
例:「オールインワンプリンター」と「複合機」
英語の綴りや漢字・ひらがな・カタカナのバリエーション
例:「浴衣」と「ゆかた」
商品名・商品説明・ブランド名など別の項目にすでに登録済みの情報は登録しない。
商品に関連しない情報は入れない。
他社の商標・競合製品名や製品コード(例:JAN、ASIN、UPC)
主観に基づいた表現(例:「最高な」)
一時的な状況に基づく表現(例:「新商品」、「セール中」)
その商品タイプの多くの商品に当てはまるような言葉は入れない(例:「本」といった商品カテゴリ名など)
アルファベットの大文字小文字両方を入れない。片方を入れれば検索システムが両方を考慮します。
登録するときは各単語をスペースで区切る。
登録する情報は500バイト未満にする。(服&ファッション小物/シューズ&バッグ, ジュエリー, 時計カテゴリーは250バイト未満)
文字列長は半角スペースおよび ”,”(半角カンマ) ”;”(半角セミコロン)“.”(半角ピリオド) を除いて計算されます。
日本語の全角1文字は平均3バイトに相当します。
商品登録画面では最大5つの検索キーワード入力欄があります。すべての入力欄に記入されたキーワードを連結した文字列の長さと、上限値との比較が行われます。
上限値を超えた場合、設定した検索キーワード全体が無効となります。

検索キーワードは全部で500バイトまでしか設定できない

日本語の文字は、基本的に1文字3バイトです。半角英数字や半角記号は1バイトになります。

ただし、半角カナは3バイトです。

一部の記号やギリシャ文字が2バイトで、常用漢字ではない一部の漢字が4バイトとなっています。

そのため、基本的には1バイトと3バイトの文字の組み合わせで、500バイトの容量に収まっていれば良いのです。

もし、検索キーワードをすべて日本語で設定するなら、500÷3≒166文字までは入力可能ということになります。

また、検索キーワードは1つの商品ごとに5項目まで設定できるので、1項目あたり166÷5≒33まで入力可能です。

服&ファッション小物、シューズ&バッグ、ジュエリー、時計カテゴリーは250バイトまでなので、ちょうど半分までです。

検索キーワードの容量がオーバーすると、検索キーワードがすべて無効化されるので注意しましょう。

Amazon新規出品におけるキーワード設定の豆知識

この項ではAmazonに新規出品する際に、皆さんが意外に知らない豆知識を紹介します。

ASINごとに検索キーワードを設定できる

通常、1商品ごとに500バイト以内のキーワードを設定できます。

ですが、サイズやカラーにバリエーションがある商品であれば、さらにASINごとに検索キーワードを設定できます。

サイズやカラーにバリエーションが無い商品でも、セット内容を変更することでASINを追加して、それらに検索キーワードを設定することが可能です。

ただし、検索キーワードを増やすことを目的にして、内容の伴わないASINの追加はやめておきましょう。

闇雲にキーワードを設定しても逆効果

検索キーワードは500バイトまで設定することができますが、闇雲にキーワードを入れ込むのはやめましょう。

あくまで、ご自身が出品する商品に対して、関連性の高いキーワードを厳選して設定するのがベストです。

例えば、男性用のスニーカーを出品するのに「スニーカー レディース」というキーワードを設定するのは、無意味どころか逆効果になります。

たとえ「スニーカー レディース」というキーワードで検索結果に表示されても、ユーザーが購入したいものには当てはまらないので、ほぼ購入までには至らないでしょう。

商品ページの閲覧にさえも至らないかもしれません。

そうなると、出品した男性用のスニーカーへのAmazonからの評価は下がってしまい、本来のターゲットである「スニーカー メンズ」などのキーワードでの検索結果にも悪影響が及ぶ可能性もあります。

商品の仕様、商品説明文にもキーワードを散りばめる

商品の仕様、商品説明文に記載されているキーワードも検索エンジンの検索結果に影響を与えると言われています。

あくまで、商品の仕様、商品説明文は商品に関する情報を、購入者に分かりやすく伝えるというのが主な目的です。

商品の仕様、商品説明文にも、検索キーワードになりそうなキーワードを、その目的を崩さない程度に自然に散りばめましょう。

最新のAmazonコンディションガイドラインについては、下記の記事を参考にしてください。

参考:Amazonコンディションガイドラインの変更!その内容とこれからの考え方

各種ツールを用いて検索キーワードを探すには?

Amazonでキーワードを設定する際には、ツールを使うことでより有効なキーワードを探し出すことができます。

この項では、各種ツールを用いて検索キーワードを探す方法を紹介します。

各種サジェストツールを使う

アマゾンサジェストキーワード一括DLツール

Amazonでキーワードを設定する際に最も重要視すべきは、この「アマゾンサジェストキーワード一括DLツール」です。

ツールの検索窓に出品する商品に関連するキーワードを入力して「検索」をクリックすると、Amazonで検索されている複合キーワードを一括で表示してくれます。

その中から、出品する商品の購買に繋がりそうなキーワードをピックアップしましょう。

基本的にAmazonで検索をする人は購買意識の高いことが多いので、アマゾンサジェストキーワード一括DLツールの結果を重要視すべきなのです。

また、グーグルサジェストヤフーサジェストビングサジェストユーチューブサジェストのキーワード一括DLツールもあります。

商品名に含まれるキーワードは、Amazon検索だけでなく検索エンジンでの検索結果にも影響を与えるので、グーグルサジェストキーワード一括DLツールも合わせて参考にしましょう。

検索エンジンのシェア率はGoogleとYahooで9割を超え、YahooはGoogleのアルゴリズムを参考にしているので、グーグルサジェストキーワード一括DLツールを参考にしていれば十分です。

Googleキーワードプランナーを使う

Googleキーワードプランナー

サジェストキーワード一括DLツールはその名の通り、関連性のある複合キーワードを一括で表示してくれます。

その中から購買に繋がりそうなキーワードをご自身でピックアップしますが、ピックアップしたキーワードがある程度は検索ボリュームのあるキーワードでなければ意味がありません。

Googleキーワードプランナーは、キーワードの検索ボリュームを調べることができます。

Googleキーワードプランナーは、Googleアドワーズ(リスティング広告)というサービス内で使える機能のひとつです。

Googleアドワーズには無料で登録することが可能です。登録してもGoogleアドワーズ自体は使わずにGoogleキーワードプランナーだけ使ってもOKです。

Googleアドワーズの管理画面からGoogleキーワードプランナーのトップページにアクセスします。

「キーワードを検索」をクリックすると入力窓が出てきます。

ここでは仮に「スニーカー メンズ」と入力します。

すると、「スニーカー メンズ」のボリュームやそれに関連するキーワードのボリュームが表示されます。

ボリュームは「1万~10万」というように、かなりザックリしか分かりませんが目安にはなります。

正確なボリュームはGoogleアドワーズにお金を使って広告を出稿すると使えるようになります。

キーワードをCSVでダウンロードする方法

アマゾンサジェストキーワード一括DLツールの場合

検索窓にキーワードを入力して「検索」をクリックすると、関連する複合キーワードが一括表示されます。

一括表示されたキーワードの上、もしくは下にある「CSV取得」をクリックするとCSVファイルをダウンロードできます。

尚、「+」マークをクリックすると表示される下層の複合キーワードのCSVダウンロードは有料オプションです。

Googleキーワードプランナーの場合

「お客様のビジネスに関連する」の部分にキーワードを入力して、「開始する」をクリックします。

検索窓の右側にある「キーワード候補をダウンロード」をクリックするとCSVファイルをダウンロードできます。

検索キーワードに設定してもAmazon内検索でヒットしないのはなぜ?

検索キーワードに設定したキーワードはAmazon内での検索に効果があると言われています。

ところが、検索キーワードに設定したキーワードを使って検索しても、検索結果にその商品が表示されないということがあるようです。

この項では、検索キーワードに設定してもAmazon内検索でヒットしない症状を分析します。

キーワードが商品名と検索キーワードに分割されてしまっている

例えば、「スニーカー カラフル」という複合キーワードでAmazon検索して表示されない場合は、「スニーカー」と「カラフル」がそれぞれバラバラに商品名と検索キーワードの項目に設定されてしまっていると思われます。

「スニーカー カラフル」で確実に表示したい場合は、「スニーカー」と「カラフル」を分割せずに、「スニーカー カラフル」という複合キーワードを商品名もしくは検索キーワードのどちらかに登録しましょう。

商品名はAmazon内の検索と検索エンジンの検索の両方に効果があり、検索キーワードはAmazon内の検索だけに効果がある点は注意しましょう。

確実に表示させたいキーワードは商品名に入れよう

商品名に含まれるキーワードが、最も検索結果に強い影響を与えると言われています。

検索キーワードにも1商品あたり、5項目まで設定できますが、ここには商品名には含めきれなかったキーワードを設定するようにすると良いです。

また、商品名は購入者も目にすることになりますが、検索キーワードは購入者からは見えません。

そのため、購入者が検索に使ったキーワードが商品名に含まれていると、必然的に購入者はクリックしたくなります。

そういった可能性もあるので、重要なキーワードは商品名に入れるようにしましょう。

検索キーワードは500バイト未満で設定する

検索キーワードは500バイト未満の容量に抑えなければなりません。ファッション小物、シューズ&バッグジュエリー、時計のカテゴリーに限っては250バイト未満です。

1文字の容量は平均3バイトなので、およそ166文字もしくは83文字までにする必要があります。

この容量制限をオーバーしてしまうと、検索キーワードに設定したキーワードがすべて無効化してしまうので、あまり欲張りすぎないようにしましょう。

最も重要なのはあくまで、商品名で検索キーワードはオマケ程度と考えていたほうが良いかもしれません。

検索キーワード設定時のQ&A

商品名などに比べ、検索キーワードの設定はわかりにくい部分が多いです。

この項では検索キーワード設定の疑問点をQ&A形式で回答します。

Q.どこに部分に含まれるキーワードが検索対象になるの?

A.商品名と検索キーワード、ブランド/メーカー名がAmazon内の検索対象になります。

また、商品名、商品の仕様商品説明文は検索エンジンの検索対象になっていると言われています。

AmazonはSEO(検索エンジン最適化)に強いので、検索エンジンからのアクセス流入も十分に期待できます。

商品の仕様、商品説明文にも自然にキーワードを散りばめていきましょう。

Q.商品名や検索キーワードに含めるキーワードの順番って影響あるの?

A.例えば「スニーカー メンズ」、「メンズ スニーカー」のどちらの順番でキーワードを入力する場合、検索キーワードの場合はどちらで設定して影響はありません。

また、検索キーワードは入力する箇所が5項目ありますが、1~5段目どこに何のキーワードを入力しても、そこに順位付けは発生しません。

一方、商品名は先頭(左側)に入力するキーワードがより検索結果に強い影響を与えます。

Q.仮に「メンズスニーカー」というキーワードを検索キーワードに設定していたら、購入者が「メンズ スニーカー」(半角スペースあり)と検索した場合に検索対象となるの?

A.検索対象となりません。

ところが、「メンズ スニーカー」(半角スペースあり)と検索キーワードに設定していると、購入者が「メンズスニーカー」、「メンズ スニーカー」のどちらで検索をかけても、検索対象となります。

検索キーワードはできるだけ、単語で切り分けて設定しましょう。

Q.商品名やブランド/メーカー名に入力したキーワードを検索キーワードに設定しても良いの?

A.設定しても無意味です。

商品名やブランド/メーカー名に入力するキーワードは、重要なのでより検索結果に影響を与えるために検索キーワードにも設定したくなる気持ちは理解できますが、全くの無意味です。

商品名やブランド/メーカー名に入れることができなかったキーワードを入力するようにしましょう。

Q.ひらがなとカタカナなど、様々な表記をすべて設定したほうが良いのか?

A.どれか1つでOKです。

例えば、「ひよこ」、「ヒヨコ」ならどちらか1つを設定していればOKです。

また英字の場合でも、例えば「ipod」、「iPod」、「IPOD」のうちどれか1つを設定すれば良いです。

Q.半角と全角に区別はあるの?

A.区別はありません。

例えば、「スニーカー」、「スニーカー」のどちらかで検索キーワードに設定していれば、購入者が半角、全角どちらで検索をかけても検索対象となります。

尚、検索キーワードの容量を節約するためにすべて半角で設定しても、半角も全角もカナは3バイトなので無意味です。

検索キーワード設定の重要性とコツ まとめ

検索結果に最も大きな影響を与えるのは商品名です。
新規出品する商品に対して重要なキーワードは、検索キーワードではなく商品名に入力するようにしましょう。

だからといって、検索キーワードの設定をないがしろにして良い訳ではありません。
商品名に入り切らなかったが、その商品の購買につながる見込みのあるキーワードを設定しましょう。
重要で一般的なキーワードは商品名に入力するので、少しニッチなキーワードになるのでしょう。
意外にそのようなキーワードが細かく購入者を拾ってくれて、売上が上がることもあります。

【お知らせ】1年以内にサラリーマンの月収を超えて独立する方法を無料でお教えします!



今や副業でもサラリーマンの月収程度の稼ぎなら当たり前、大きく稼いでいる人は個人でも年収1000万円以上という方もたくさんいます。

「そんな風に稼ぐことができるのはセンスのある人たちだけでしょ…」とあなたは思ったかも知れませんが、それは違います。

ビジネスで成功するために必要なのは、才能やセンスなどではありません。正しいやり方を知り、その通りにしっかりと実践をすれば自ずと稼げるようになります。

もしあなたが、

  • 本業の給料以外にも収入の柱が欲しい
  • どれだけ頑張っても思うように上がらない年収に嫌気がさしている
  • お金がないせいで常に心に余裕がなく、どこか暗い毎日を一変させたい
  • 自分の力だけで稼げるようになって、人や場所に縛られない生活をしたい
  • 仕事のストレスから解放されて、自由な暮らしを送れるようになりたい
  • 借金やローンを返済して余裕のある生活ができるようになりたい
  • 経済的余裕がなく、奥さんや子どもに我慢をさせるような生活をどうにかしたい

  • こんな風に思っているなら、以下の情報を必ずご確認下さい。

    10年以上にわたってネット物販ビジネスの成功者を輩出し続けてきたノウハウを無料でお教えします。

    >>> ネット物販で年収1000万円以上を稼いでエグゼクティブになる方法はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る