物販

Amazonの出品説明文の書き方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonで販売する商品を出品する際は、商品説明文が必要となってきます。購入者は商品の状態や決済手続きに注意するからという理由です。

中には何も記入していない人もいますが、それでは重大な販売機会の損失になってしまいますのでご注意ください。

出品者がどれだけ購入者の疑問を解決できるかが販売成約の鍵ですので、商品説明を記入する際は、必ず購入者の立場から求められる情報を記入するように気をつけてください。

そこで今回はどういった商品説明文が優れているのか、そのテンプレートや考え方をご説明していきます。

そもそも商品説明文とは?

Amazonで買い物をする時にはたくさんの出品者が同様の商品を取り扱っています。そして商品ごとに「中古-可」などの表示があり、これらは商品の状態を表しています。商品説明文はその状態説明の下に記載されている文のこと。

この商品説明文をうまく利用することで商品が売れやすくなり、逆に下手な文を書くと商品が売れなくなってしまいます。ですからAmazonに出品する以上、商品説明文は非常に重要な位置をしめているというわけなのです。

商品の状態・仕様

商品の状態や仕様は一番目立つ商品画像の横に示されます。ここが最もお客さんの目に止まる部分なので、しっかりと記入しましょう。

このとき一つの項目には100文字までしか記入できません。文字制限がある以上、だらだらとした文章を書いていては商品も売れませんから、簡潔な文を心がけましょう。

特にこのとき洋服関連・アパレルですと、サイズが重要になってきます。洋服はサイズを間違えると使い物になりませんから。しっかりとお客さんに伝わるよう簡潔な文章で商品の仕様を表記してください。

実際の商品説明文

先ほどの「商品の仕様」の部分に入りきらなかった補足説明をこの説明文の欄に入力していきます。

「仕様」の下部分の「もっと見る」が表示されていれば、「もっと見る」を押すと商品の説明欄に移動します。

この欄では先ほどの仕様の部分で説明ができていれば特に記入する必要はありません。もし、情報が不足していると感じたら補足しましょう。この時全角600文字まで記入することができます。

また、この時、商品のコンディション送料出品者情報は別に記入する欄があるので、ここでは記入しないようにしましょう。

商品説明文ではHTMLタグも使用できるが使わない方がいい

ちなみに商品説明文では改行を行うことができません。一応、HTMLの<br>タグを入れることで改行すること自体は可能なのですが、Amazon側がそれを推奨していません。

少なくとも、商品説明文における改行は規約違反ではありませんが、Amazonが推奨していないということなので、できるだけ改行をせずに文章を書くべきです。ですから改行を使わなくても読者にとって読みやすい商品説明文を書くことが大切になります。

商品の状態・コンディションの説明は必須

商品をAmazonに登録する際、商品の状態・コンディションを商品説明に設定し入力することができます。

以下の画面から

ここに情報を入力していきましょう。

すると画像のようになり、購入を考えている人の目に留まるというわけです。

このコンディションの情報は中古品を扱う上で最重要とも言えるステータスです。新品なら気にしない部分ですが、中古品だと「どういった状態か」を明記しておかないと商品は売れにくくなってしまいます。

また、新品ではほとんどこのコンディションが重要視されないのはカート取得システムがあるから。わざわざコンディションを確認するまでもなく購入されてしまうからです。

中古品を扱う以上、コンディション説明が大切になってきますので、慎重に文章を組み立てましょう。また、多数の商品を扱う場合は一種のテンプレート・雛形を用意しておくのもおすすめです。

どの商品でも共通する説明の項目とその書き方

では、具体的に商品説明文の書き方について説明していきます。

まず重要なこととして、「わかりやすく簡潔に」文章を構築しましょう。説明文がくどいと購入者が商品の購入を諦めてしまうこともあります。

商品説明で必要な事柄は「付属品の有無」「動作確認」「送料の有無」「決済方法」「保証の有無」程度です。これらの中から必要な情報だけをシンプルな文章で表現してください。

例としてCDを出品した時の「悪い例」と「いい例」を示します。

【悪い例】
この度は当社の商品をご覧いただき誠にありがとうございます。この商品はスタッフが丁寧に梱包発送させていただきます。もちろん梱包の際に傷がつくようなことはございませんのでご安心ください。商品の状態も音源には問題がなく、パッケージにも多少の傷はございますが、使用には問題がないかと存じます。配送はAmazonが行いますので、各種決済方法を利用するということも可能です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【良い例】
パッケージには多少の傷がみられますが、CD本体は無傷で、音源自体も問題なく再生できる状態です。万一不具合が生じた場合、返金保証もございますのでご安心ください。またAmazonより発送を行うため、各種決済方法の利用も可能です。

内容はほぼ同じですが、【悪い例】の方は無駄な語句や敬語が多すぎます。かしこまるのは悪いことではないですが、少なくとも商品の説明ではより簡潔な文章を求められます。【良い例】のような簡潔な表現を心がけてください。

新品の商品を扱う際のテンプレート

一方、中古商品ではなく新品の商品を取り扱う場合は定型文でかまいません。

ただ、注意すべき点として「箱の傷」だけは気にかけてください。中身が新品だったとしても、箱に傷がある場合、Amazonでは新品扱いにできません。

箱に多少の傷があり、それでも新品として出品したい場合は「配送時にスレが生じることがあります」と記述することもできますが、あまりおすすめはできません。傷のある商品は大人しく「傷あり未使用品」という表記をするべきでしょう。

FBAの場合のテンプレートは以下。
●新品・未開封
●Amazon専用の在庫のため、各種支払後、すぐに配送されます。

自己発送基本形
●新品・未開封
●注文確定後、2営業日以内にゆうパックにて発送予定です。
●万一商品に不具合がある場合は返品・返金が可能です。

以上のような文言で新品の説明文は十分でしょう。

中古品を扱う際のテンプレート

中古品の場合は気にかける事柄が変わってきますので、商品説明文もジャンルごとに変わってきます。

以下に例を示しますが、あくまでも一例ですのでご自身で変化させて使ってみてください。

●古本の場合は「多少の傷、日焼けの後がみられますが読む分には問題ありません」

●ゲームソフトなどの場合は「ケースに多少のスレ傷がみられますが、ディスクには傷はなく再生には問題ありません」

●家電などの機械の場合は「動作確認を行なっています。表面に傷がありますが運用には問題ありません」

●未開封の新品の場合は「未開封品です。箱にはスレ・傷がありますが、中身は完全に未使用です」

●開封済みの未使用品は「一度開封し商品を取り出しています。ただ、使用はしておりませんので未使用品です」

そして、「Amazon専用在庫のため、各種支払い対応・倉庫より迅速発送されます。万一商品に不具合がある場合は全額返金保証等ございますので、ご安心してお買い求めください。」
と付け加えればOKです。この文言はどんな商品でも共通です。商品の状態を説明した後に付け足せばそれで商品説明が完了します。

また、これらの表記はFBAにおける表記ですので、自己発送の場合は「Amazon専用の在庫のため、各種支払い対応・倉庫より迅速発送されます。」の部分を、「注文確定後、2営業日以内に発送いたします」に変更すれば使用できます。

商品説明文において抑えるべき4つの注意点

説明文において押さえておくべき事柄は4つあります。

・商品の状態について良い点と悪い点を正確に伝える
・購入者の不安を払拭する情報を書く
・商品をより魅力的に見せる文章を書く
・具体的かつ簡潔な文を心がける

以上の事柄を抑えることでより良い商品説明文となります。良い商品説明文が書けると自ずと商品も売れやすくなります。

商品の状態について、いい点と悪い点を正確に伝える

まずは商品の良いところと悪いところを正確に伝えることが重要です。

特に悪い点についての記述をすると「商品が売れないのでは?」と思うかもしれませんが、逆に悪い点を隠して商品を販売すると、返品・クレームの対象となります。一度ケチがついたアカウントは評価されにくくなりますので、正確に表記しましょう。

また箱や付属物に傷があるなどの悪い点と、本体は無傷という良い点の両方がある時は、悪いことから記述し後から良い点を述べると印象がよくなります。

例としては「箱には目立たない程度の傷がありますが、本体は傷一つありません。完全な未使用品です」といった具合にしてください。もし傷が目立つものであれば、傷の詳細についても言及すると良いでしょう。

購入者の不安を払拭する情報を書く

次は「購入者の不安を払拭する」ことです。

商品の購入を検討している人は常に「これで大丈夫か?」と不安になりながらネットショッピングをしています。ネットショッピングは商品を手に取ることができないので、不安がつきものなのです。とにかく商品説明欄では購入者の不安を取り除く情報を記入しましょう。

商品の詳細な情報をただ列挙しただけでは購入者の不安を払拭することはできません。大事なのは購入者が「何を不安に思っているか」です。購入して失敗する状況がどんな状況か考えてみましょう。

例えばアパレルの商品なら、傷や汚れはもちろんのことですが素材や着用年数、匂い、ほつれなど購入者が気にする情報はいくらでも思いつきます。洗濯ができるのか、クリーニングに出さなければならないかも重要です。基本的には「あなたが購入者だったら何を知りたいか」を考えれば自ずとここで書くべき情報が浮かんでくるでしょう。

商品をより魅力的に見せる文章を書く

商品説明では商品の詳細を伝えることはもちろん重要な事柄ですが、商品をより魅力的に見せるような文章を書くことも重要です。もちろん嘘をついてはいけません。事実の伝え方次第で魅力的な商品に見せましょう。

例えば、単純に「2way仕様の洋服です」と記述するのではなく、「気分や気候にあわせて着こなしを楽しめる2way仕様です!」と記述するのでは全然印象が違います。このように商品の魅力を最大限に引き出すような文章を書きましょう。

ただし、この方法は一つの商品に一度程度に抑えてください。というのもやりすぎるとくどい文章になりかねないからです。魅力を引き出す文章も使いすぎにはご注意ください。

具体的かつ簡潔な文を心がける

最後に気をつけるべき事柄は「簡潔な文章を心がける」です。ただし、簡潔に書くということは短くすることとは異なります。「簡潔に」とは、過不足なく適切な情報を適切なボリュームで表現するという意味です。

洋服の販売をするとして、例を以下に示します。

●ダメな例(短くしすぎ):この服は青緑色です。サイズはMです。

これではどんな色なのか、そしてどの程度のサイズなのかがわかりにくいですよね。短くすれば良いってものでもないことがわかります。

●ダメな例(長くしすぎ):この服は深い緑に近い青色で、絵の具で言えばエメラルドグリーンに青をまぜたような色です。サイズ表記はMサイズですが、身長160cmの人が着ると肩が3cmほど落ちるので165cmくらいの体格の人にはぴったりかもしれません。

具体的な数字や表現を使っていて理解はできますが、表現が冗長すぎて購入者も読んでくれないでしょう。

◎良い例(ちょうど良い):この服は深い緑に青を混ぜたような色合いです。サイズは165cmくらいの人にはぴったりでしょう。

このように具体性のある表現を使って、簡潔な文章を作ると読んでもらいやすくなります。

商品説明文に画像を挿入できる

平成27年の6月から「商品紹介コンテンツ」という機能が実装されました。これは商品紹介に画像を挿入できるというものです。大々的に発表されたわけではなく、ひっそりと追加された機能なので、知らない人も多いものだったりします。

商品紹介のコンテンツの具体的な使い方

Amazonのセラーセントラルの管理画面も平成27年に一新され新しい管理画面になりました。

在庫を管理する画面の商品の右端に「詳細の編集」がありますので、メニューを開き、「商品紹介コンテンツの編集」をクリックしましょう。

テンプレートを選んでください。

紹介コンテンツは4つまで作ることができます。一つの項目につき、挿入できる画像は2枚まで。見出しと説明文を記入したら、画像をアップしましょう。商品紹介コンテンツの編集が一通り終わったらプレビューをして確認をしてください。これで完了です。

ただし、こうして設定した商品紹介コンテンツはすぐに反映されるわけではありません。だいたい30分ほど時間がかかるものです。もし、それでも反映されない場合は、ガイドラインに違反している可能性があるので、もう一度コンテンツを確認し、エラーが出ていれば、修正をしましょう。

商品紹介の一例

商品紹介コンテンツを使えば上のような商品ページを作る事ができます。やはり見栄えがかなりよくなりますので、できる限り商品紹介コンテンツには画像を挿入するようにしましょう。

商品のサブ画像を見ることはあまりない

これまでも商品の詳細な画像を登録することはできましたが、実は一つの商品には9枚まで画像を貼ることができるのです。サムネイル以外の6枚はマウスポインタを載せると拡大されますが、残り2枚は商品画像をクリックしないと見ることができません。この場合のサブ画像はみられることがほとんどないのです。

サブ画像はみられる可能性が低いので重要度も低いのですが、商品紹介コンテンツの画像は目に留まりやすいので、ぜひ設定しておきましょう。

FBAで高額販売するための商品説明文の書き方

FBAでは決済から配送までAmazonが行ってくれます。ですから出品者が行うことは商品紹介ページを作るだけです。そこで、同じ商品を販売している競合相手がいたとします。

相手の商品と自分の商品どちらも状態は「良い」でした。そこからどちらの商品が売れやすいかと言えば、商品の説明文が優れている方です。判断基準が商品説明文でしか差別化できませんから、優秀で魅力的な説明文をつけている方の商品が優先して買われます。

つまり、FBAにおいても商品説明文は非常に重要な役割を担っているということなんです。

FBAで高額販売できない商品

FBAの商品説明文を眺めていると「なぜこのような販売の仕方をしているんだ?」と思う出品者がちらほらいます。

一番上の出品者、新品の下に何も出品コメントが書いてありません。出品コメントが書いていないとどういう商品だか分からないため、誰も買おうと思いません。

新品だったとしても、箱に傷があったり梱包が雑だったりすることもありますから。きちんと商品説明文は記入しておく必要があります。

もう一つ例を挙げると、以下のような出品者から商品を買いたいと思いますか?

よほど商品の値段が安くても購入しないんじゃないでしょうか。この説明文ですと、商品を汚れないように梱包されているかが全く分かりません。見るからに購入する意欲を下げるような説明文では、本来売れるような商品も売れなくなってしまいます。ですからきちん商品説明文には、ここまでお話してきたポイントを抑えて記入をしましょう。

FBAで高額販売できる商品説明文の6つのコツ

ここからは実際にどうやって商品説明文を書くのか例を挙げながら説明していきます。商品説明文に必要な要素は以下の5つです。

・感謝の気持ちを表現する
・商品状態の詳細
・FBAサービスであり、商品が安全に届くことを説明する
・各種保証があること
・各種支払い方法があること

まず「感謝の気持ちを表現する」ですが、これは「ご覧いただき誠にありがとうございます」で十分です。Amazonといえど、お店であることはかわりません。ですからしっかりと感謝の気持ちをまず伝えましょう。

次は「商品状態の詳細」です。お客さんは商品の状態に特に気を配っていますので、この部分が一番重要と言っても過言ではありません。もし商品に傷やスレがあるなら写真付きで具体的に記述してください。明確に悪い点を記述した方が逆に成約率の向上が狙えます。

そして商品が安全に届くことを説明するのも重要です。もし、商品を購入したのに商品が届かなければ、購入者は納得しません。そこで、在庫が確実であることと、発送が確実に届くことを説明しましょう。もしFBAサービスではない場合、いつ頃に商品発送ができるのかを明記しましょう。

返金や返品の保証があることも説明してください。もし商品の状態が悪かった時、返品の対応をするべきです。できる限りの保証対応を準備しておいてください。

また代引きやクレジットカード、銀行振込など、各種決済手続きがあることも明記しておくのが良いです。決済方法が多いほど商品の売れ行きがよくなりますから。

実際の画像をみていただければわかるんですが、商品の状態説明は最初の3行しか表示されません。お客さんは全てのコメントを読んでくれるわけではないので、最初の3行でお客さんの目を留める必要があります。ポイントは最初の3行で「いかに商品状態を伝えるか」ということ。

また、中古品の場合付属品の有無も重要です。靴の場合は箱であったり靴紐であったり、タグなんかも重要です。できればこれらの情報を最初の三行にまとめておくと売れ行きがよくなるでしょう。

以上のポイントを気に留めながら商品説明を行えば、きっと商品も売れやすくなります。

FBAで高額販売するなら何よりも商品説明文が重要

FBAでできるだけ高額販売をしたいのであれば、先ほど紹介したような手法で丁寧な商品説明文を記述しましょう。商品説明文の有無で購入を検討するお客さんが非常に多いからです。

また、テンプレート通りではなく、お客さんがなんの情報を求めているのかを想像して説明文を記入しましょう。どれだけお客さんの疑問を解決できるかが鍵です。うまく情報を伝えることができれば、FBAでの高額販売も夢ではありません。

まとめ

以上、商品説明文のポイントと例についてお話してきました。

ないがしろにしがちな内容ですが、この商品説明文1つで成約率が断然変わってくるので、ぜひとも記入するようにしましょう。

もしも商品説明文の書き方がわからない場合は今回ご紹介したテンプレートを利用して作成してみてください。きっと素敵な商品説明文がかけるでしょうから。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法