物販

せどり屋は稼ぎやすい!転売ビジネスの特徴と稼ぐコツを解説

せどり(転売)は誰でも簡単に稼げるビジネスです。その分ライバルも多いですが、市場はまだまだ飽和していません。

今回はせどりビジネスの特徴と、せどりで稼ぐコツを解説します。

せどり=転売

転売とせどりはほぼ同じ意味です。

せどりとは元々、安く仕入れた古本を別の古書店に転売して利益を上げることを言います。やっていることは転売と同じです。現在は古本に限らず、あらゆる商品の転売をせどりと呼ぶようになっています。

せどりの方がイメージは良い

しかし、悪質な転売屋が度々ニュースに取り上げられたため「せどり」より「転売」の方が世間のイメージは悪いと言えます。

人気があるコンサートのチケットやゲーム機器を大量に買い占めた上で高額で転売するという、一般消費者に迷惑な行為を行う転売屋がいるため、転売屋=悪というイメージが世間にあるのです。

転売自体は法的にも倫理的にも何ら問題のない行為です。

せどりで稼ぐ仕組み

せどりは、お店で仕入れた商品を別の店や人に仕入れ値以上の価格で販売し、その差額で利益を得るビジネスです。

せどりの収益モデルは大きく分けて2つあります。

中古品転売

1つ目は定価より安く仕入れて、それより高く売る方法です。中古品の転売はこの方法が主流です。

リサイクルショップやフリマアプリに出品されている格安の中古品を仕入れて転売します。

予約転売

2つ目は定価で仕入れて、定価より高いプレミア価格で売る方法です。品薄になりやすい人気商品を予約の段階で大量に仕入れて、市場から在庫がなくなったタイミングを見計らって定価より高い価格で売ることになります。

過去には、PlayStationやNintendo Switchなどのゲーム機の予約転売が話題になりました。これからも予約転売で稼げる商品は出てくることでしょう。

せどりのメリット

せどりには、他の副業にはないメリットがたくさんあります。

資金0円からでも始められる

転売では売上金を受け取る前に仕入れを行うため、仕入れのための初期費用が必要だと言われています。

仕入れの際にクレジットカードを使用し、カードの請求日より先に売上金を受け取ることができれば、資金0円でも始められます。

成功体験が早い

副業やネットビジネスの多くは、稼げるようになるまでそれなりの時間がかかりますが、転売はすぐに稼げます。

家の不用品をメルカリやヤフオクに出品するだけでも売れます。早い段階で成功体験ができるため、「稼げるイメージ」を持ちやすいという特徴があります。

集客の必要がない

ビジネスで稼ぐにあたって最も重要な要素は集客です。アフィリエイターにしろYouTuberにしろ、集客ができなければ1円も稼げません。

その点、転売は自分で集客する必要がありません。Amazon・ヤフオク・メルカリなどの大手プラットフォームが有する集客力をそのまま利用できます。

カードのポイントが貯まる

仕入れ時の決済にクレジットカードを利用すれば、仕入れの度にポイントが貯まります。貯まったポイントは生活費に回すとお得です。

自宅で完結

ネットショップで仕入れてパソコンで出品作業をすれば、自宅から出かけることなく利益を出すこともできます。

利益率が高い

せどりの利益率は平均して20~30%と言われています。これは一般的なビジネスで考えるとかなり高い水準です。

買い物上手になる

商品の仕入れを何度も繰り返すうちに、自然に不良品を見極められるようになったり、値引き交渉が上手くなったりします。

せどりのデメリット

しかし、せどりも良いことばかりではありません。せどりの主なデメリットを紹介します。

赤字リスクがある

仕入れた商品が売れなければ、当然不良在庫を抱えて赤字になります。

注文が発生してから仕入れる「無在庫転売」という手法もありますが、手元にない商品の出品は多くのプラットフォームで禁止されています。

完全成果報酬

転売は商品が売れなければ利益が出ません。何十時間働いても結果が出なければ収入は0円のままです。

時給制の仕事に慣れ切っている人には、成果報酬型の転売は向きません。

中古品は古物商許可が必要

転売目的で中古品を仕入れて販売する場合は、古物商許可が必要です。

古物商許可がない状態で中古品転売事業をした場合、古物営業法違反により3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課せられます。

古物商許可は所轄の警察署に19,000円を払って申請すれば取得できます。申請に必要な書類は役所でもらえます。

ただし、自宅の不用品の転売は事業としての中古品販売ではなく「生活用動産の処分」という扱いになるため、古物商許可は必要ありません。

梱包・発送が面倒くさい

扱う商品数が増えてくると、梱包・発送作業がかなりの負担となります。

もっとも、Amazonで販売する場合はFBAを利用すればこの負担を減らすことができます。FBA(Fulfillment by Amazon)とは、Amazonの物流拠点であるフルフィルメントセンター(FBA倉庫)に商品を事前に納品しておくことで、商品の管理・注文処理・配送・返品を全てAmazonが代行してくれるサービスです。

取引相手とのやり取りが手間

ヤフオクやメルカリなどの個人間取引サイトから仕入れたり出品する場合は、取引相手とのやり取りがネックとなります。規約外の取引条件を提示してくる非常識な利用者もいるため注意が必要です。

せどりは飽和している?

せどりビジネスの歴史は長いですが、市場はまだまだ飽和していません。なぜなら、常に新商品が開発・発売され続け、トレンドが変化し続けているからです。

確かに昔と比べると稼ぎにくくはなっていますが、きちんとリサーチすれば今から参入しても十分稼ぐことができます

せどりで稼げない人の特徴

・市場調査を疎かにしている
・出品作業や顧客対応などが雑
・ノウハウを集めてばかりで実践しない
・損益の計算をしていない

以上のいずれかに当てはまる人は要注意です。直ちに改善しましょう。

稼ぐために必要なリサーチ

せどりで利益を出すには、まずは需要調査が必要です。人気ランキングなどをチェックして人気商品をピックアップしましょう。

次にライバル調査をして「売れる商品」を選定する必要があります。人気のある商品=売れる商品ではないからです。需要が大きくても、その商品を取り扱っているライバルが多いようでは売れません。

最後に市場調査損益計算が必要です。売れる商品=利益の出る商品とも限らないからです。仮に売れたとしても、仕入れ値と各種手数料で赤字になっていたのでは意味がありません。

せどりで稼ぐコツ

転売で大きく稼ぐ最も簡単な方法は、安く仕入れて高く売ることです。したがって、仕入値と売値の価格差が大きい商品を優先して仕入れていきましょう。

また、売れ筋商品を見つけたら、そのジャンルの商品を優先的に仕入れてください。そうすればそのジャンルに詳しくなりますし、顧客からも「この人は◯◯の専門業者だ」というイメージを持たれ、信頼されやすくなります。

せどりは儲かる

せどりは誰でも簡単に始められる即金性の高いビジネスです。お金に困っている方は、まずは不用品を転売することから始めてみてはいかがでしょうか。