物販

Amazon輸出は儲からない?初心者に必要な心構えを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転売ビジネスに挑戦してみたいと思いAmazon輸出を始めてみたものの、思うように儲からないことがあります。自分にはビジネスセンスがないのではないかと悩んでしまう人も多いでしょう。

しかし、Amazon輸出で儲からないのには理由があります。その理由を理解して問題点を改善すれば、Amazon輸出で儲けるチャンスが広がります。

この記事では、Amazon輸出で儲からない人の共通点と儲からない理由について紹介します。

Amazon輸出が儲からない人の共通点

転売ビジネスを行っている人の中には、「Amazon輸出は儲からない」という人がいます。そんなネガティブな意見を聞いてしまうと、諦めてしまいがちです。

しかし、実際には儲けている人はたくさんいます。儲からないと言っている人にはいくつかの共通点があるのです。

作業量が少ない

Amazon輸出が儲からないと言っている人の多くは、圧倒的に作業量が少ないという共通点があります。価格差のある商品や、自分が興味のある商品を取り扱うだけではなかなか稼げません。

Amazon輸出は、商品選定が重要です。ただ、売れる商品を選定できるようになるにはある程度の経験が必要で、経験が不足している間は利益があがらないことがほとんどです。

Amazon輸出が儲からないと言っている人は、経験を十分に積む前に諦めてしまっているのです。

他の転売ビジネスに逃げてしまう

転売ビジネスはAmazon輸出だけに限りません。ヤフオクeBay等を利用した転売ビジネスも多くあります。Amazon輸出に少し手を出しただけで「Amazon輸出は稼げない」といって、他の転売ビジネスに変更する人が多いのです。

どのような転売ビジネスが合っているかは人によるので、Amazon輸出ビジネス以外の転売を試してみるのも一つの方法です。しかし、少しだけ挑戦してみて儲からなければすぐ止めるというマインドでは、どの転売ビジネスに挑戦したとしても上手くいかない可能性が高いでしょう。

人との取引だと考えていない

Amazon輸出を始めようとする人には、転売ビジネスで稼ぎたい、儲けたい、という気持ちが強過ぎる人がいます。ですが、取引する相手は感情のある人間だということを忘れてはいけません。

Amazon輸出で多くの商品を取り扱っていると、「商品を売る」ことだけに意識がいき商品説明文や取引メッセージなどが雑になりがちです。商品を買ってくれた購入者に対して、作業的に取引してしまいます。

購入者に対して「商品を購入してくれてありがとう」という感謝の気持ちを伝えないと、リピート購入はしてもらえませんし、高い評価も付けてもらえません。これでは、商品が継続して売れないという状況に陥ってしまいます。

Amazon輸出のコツ

誰にでもできる副業は、簡単には儲からないと考えるようにしましょう。

一般家庭にパソコンが普及し、インターネットを介する取引が始まった2000年代にはAmazon転売や他の転売ビジネスで簡単に儲けられました。

しかし、その後ライバルが急激に増加したため、簡単にはAmazon輸出で儲けられなくなりました。このような状況で成功するには、「経験を積んで数年後には稼げるようになるぞ」くらいの長期的なスパンで考える姿勢が必要です。

還付金制度を利用する

商品を国内で販売する場合、消費税が課税されます。しかし、輸出して海外で販売する場合は消費税は課税されません。こちらが商品を仕入れる際に課税された消費税は、還付の対象になります。

例えば20万円の商品を仕入れた場合、仕入れ時に支払った消費税8%分の金額(16,000円)は、後で必要な手続きを行えば還付されます。

儲からない時期があることを知っておく

Amazon輸出を始めて間もないうちは、朝から晩まで頑張って商品のリサーチや仕入れ、取引を行ったというのに、月の売り上げがわずか1万円なんてことも珍しくありません。

最初から収入になるという人はほとんどいないでしょう。Amazon輸出で稼いでいる人は、最初の儲からない時期を乗り越えた人たちです。Amazon輸出で儲けることはもちろん可能ですが、最初から簡単に稼げるビジネスではないことは肝に銘じておきましょう。

Amazon輸出で儲からない理由

Amazon輸出で儲からない理由は、自分の経験不足や努力不足の他にもあります。儲からない時でもモチベーションを失ってしまわないよう、理由を把握しておきましょう。

ライバルが多すぎる

Amazon輸出で儲からない大きな原因の一つが、ライバルが多い点です。Amazon輸出は簡単な英語さえ分かれば誰でも挑戦できる転売方法なので、参入者も多いのです。

特に人気のある商品には、多くの強者ライバル達が出品するので、自分の商品がユーザーに見てもらえないことさえあります。また、ライバルが多い商品は10円、20円単位での苛烈な値下げ競争が生じるので、利益が出にくいです。このような状況に疲弊してしまうこともあります。

返品が多すぎる

Amazon輸出のような海外出品取引は、日本人相手の取引とは勝手が違います。それは、返品率の高さに如実に現れています。日本人は商品自体に故障や破損がなければ、自分の都合で身勝手に返品してくることは少ないですが、海外の人はそうではありません。

「勢いで購入したけれど、商品が届いたら気が変わってしまった。返品したい。」と考える外国人は想像以上にいます。そのため、せっかく「売れた!」と喜んでいても自分勝手な理由で返品されることは日常茶飯事です。

仕入れから販売まで時間がかかる

Amazon輸出でFBAを利用する場合、まず海外のAmazon倉庫まで商品を発送しなければならないため、日数を要します。商品のリサーチの際には利益が見込める商品だったのに、海外のAmazon倉庫に到着した頃には旬を過ぎていたというケースも少なくありません。

お金の回収に時間がかかる

Amazon輸出で時間がかかるのが、売上金の回収です。売上金は、商品が売れてからすぐに手に入るわけではありません。たいていの場合、商品が販売されてから2週間程度かかります。

初心者の方は、資金もまだ多くないのでクレジットカードで決済し仕入れる人がほとんどだと思います。しかし商品が売れなかった場合は、クレジットカードの支払い日までに入金が間に合わないこともあるので注意が必要です。

無在庫販売の場合、発送が大変

無在庫販売(先に販売しておき、実際に売れてから商品を仕入れて発送する販売手法)はAmazon輸出でよく行われています。

FBAを利用する場合は、商品の発送を全てAmazonが行ってくれるので比較的楽ですが、無在庫販売の場合は自分で梱包や発送手続きを行わなければなりません。

無在庫販売で注文が確定すると仕入先に発注をかけることになりますが、通常、商品の仕入れには日数がかかります。実際に商品があなたの手元に届くまでに相当な時間が経過しているので、発送作業を迅速に行わなければいけません。

そうしないと、クレームを付けられるのは目に見えています。この発送作業に手間取り、十分な売上を上げられないという人は結構います。

Amazon輸出で気を付けるべきポイント

最近は、転売防止対策をとっている有名メーカーが増えてきているため、転売ビジネスを取り巻く環境は厳しくなってきています。それは、Amazon輸出も例外ではありません。

例えば、メーカーの許可を受けないまま日本のフィギュアを転売していると、メーカーからクレームが入り、出品制限を課されることがあります。最悪の場合アカウント停止になってしまうこともあります。

有名メーカー側としては、自社の商品を勝手に転売されるとブランドイメージを損なうので、転売者を見張っているのです。そのため、販売前にメーカーの許可が必要な商品なのかどうかチェックしておく必要があります。

カテゴリ選定が重要

Amazon転売では、売れるカテゴリと売れないカテゴリがあります。当然ながら売れるカテゴリにはライバルが多く、利益をあげるのは難しくなります。しかし、売れないカテゴリだとなかなか売れず、在庫を抱えてしまうリスクがあります。

また、化粧品関連の商品は良く売れるカテゴリではありますが、一般的な出品者が販売許可を得るのが難しいカテゴリでもあります。その点、実家で薬局を営んでいる人は、化粧品関連の商品の販売許可を比較的取得しやすいです。

一般的な出品者の場合は、許可が必要なカテゴリではなく、誰でも販売できるカテゴリに集中して出品すると良いでしょう。

Amazon輸出のリスク

Amazon輸出にもリスクはあります。リスクに無頓着なまま転売を続けていると後で大きな失敗を犯してしまいかねませんので、目を配っておきましょう。

赤字や売り切れのリスク

Amazon輸出の場合、商品のリサーチから販売まで日数が空くので、売る頃には仕入れ値よりも相場がダウンしていることもあります。この状況で商品を売り上げるには相場の価格まで値下げせざるを得ませんが、これでは売れば売るだけ赤字になってしまいます。

また、無在庫販売をやっていた場合、販売開始時には仕入先に在庫があったのに、商品が売れたときには在庫切れになっていることがあります。こうなってしまうとキャンセルせざるを得ず、必然的にあなたの評価が下がってしまいます。

初心者の心構えとポイント

これからAmazon輸出に挑戦する方に向けて、心構えや気を付けるべきポイントを解説します。

英語に自信がなくても大丈夫

アマゾン輸出では、商品説明文の記載も、購入者とのやり取りもすべて英語でこなさなければならないため、「英語ができないから不安」という人は多いでしょう。しかし、翻訳サイトを利用すれば思った以上に簡単にできるものです。

翻訳ソフトの内容が怪しくても、相手はネイティブなので大体の意味は汲み取ってくれます。あまり身構えず、慣れるまではゆっくりと取引を進めていきましょう。

高額のセミナーに惑わされない

「Amazon輸出」とGoogleで検索すると、Amazon輸出経験者の体験談が書かれたブログを数多く目にします。中には高額のセミナーを進めるものもあります。しかし、Amazon輸出初心者の場合は、まずは実際にやってみて経験を積むことが大事です。体験談を読んだり、セミナーに参加したりするのはその後で十分です。

Amazon輸出が儲からなくてもすぐに諦めない

Amazon輸出で儲からないのは、ただ単に経験や作業量不足が原因の可能性があります。儲からないからといって、すぐに諦めてしまうのはもったいないです。

最初は赤字が続いてしまうかもしれませんが、諦めずにコツコツと続けていくことで徐々に利益が出るようになります。まずは趣味半分の気楽な気持ちで始めてみるのが良いでしょう。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る