物販

【amazon出品の返品】どう対応するのか、応じる必要性はどこまであるのかを検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FBAは在庫管理から受注・梱包・発送、さらには返品やクレームまで対応してくれる非常にありがたく便利なシステムですが、自己発送をしていると気になるのが「返品対応」です。

自己発送でも受注から丁寧に対応し、商品にも問題がなければ返品されることは稀です。しかし返品がまったくないわけではないのです。自己発送の場合の返品処理はどのようにすれば良いのか解説していきましょう。

【お知らせ】物販ビジネスと相性の良い最強のクレジットカードとは?



物販ビジネスではクレジットカードは必須です。あなたも何かしら使用していますよね。

ただ、あなたが使っているそのクレカ…実はものすごく損をしています。

多くの人はクレジットカードなんてどれも同じと思いがちですが、使うクレカが変われば利益率の向上、支払サイクルの長期化、最初から限度額が大きいなど、ビジネスに大きく影響を与えます。

そんな数あるクレジットカードの中でも、物販ビジネスと最も相性の良い最強のカードをあなただけに特別にお教えします。

広告やCMなどは一切やっていない極秘のクレジットカードなので、お見逃しのないようにしてくださいね!

【アクシグだけの限定公開】
>>> 還元率4.5%のクレカ情報を無料で手に入れる

まず返品の条件や返品方法の手順を知ろう

amazonでは返品ポリシーが定められています。amazon出品は、当然amazonという巨大プラットフォームで活動するのですから、amazonの返品ポリシーそのものを理解しておく必要があります。

amazonでの返品条件を把握しよう

amazonや、FBAの販売である場合は「返品理由を問わず、商品到着後一定期間(おおむね30日)は返品を受け付ける」方針です。それ以上経過してしまうと返金額が減額されることがあります。

amazon出品の場合は出品者ごとに返品ポリシーを設定しており
・出品者独自の返品ポリシーを定めている場合
・amazonと同等の返品ポリシーを定めている場合

があります。出品者によって、売る商品も違えば、考えも違うのですから、それぞれにポリシーが違うのは仕方がありませんね。

amazon出品の返品方法は何が違う?

まずamazonの返品方法を見ていきましょう。

amazonホーム画面より右上あたりにある「注文履歴」をクリックして開きましょう。今まで注文した履歴が並びますので、その中から返品したい商品を見つけましょう。

注文数が多くて探すのが大変だという場合は、注文履歴画面の上あたりにある検索窓で検索しましょう。

返品理由の選択は必須!

返品したい商品を探せたら、今度は「商品の返品・交換」「出品者を評価」「配送/梱包についてのご意見を送る」「商品レビューを書く」「注文を非表示にする」の5つのボタンが出てきますので、その中の「商品の返品・交換」をクリックしましょう。

「返品の理由を選択」の欄でプルダウンが出ますので、該当の理由を選択してください。以下のように出ます。

・間違えて注文した
・Amazon.co.jp以外でより安い商品を見つけた
・性能や品質が良くない
・手持ちのアイテムとの互換性がない
・商品がしっかりと梱包されていなかった
・お届け予定日までに届かない
・付属品や特典が不足
・商品に配送中にできた目立った傷、破損あり
・違う商品が届いた
・商品に不具合または損傷がある
・注文していない余分が入っていた
・都合により必要が無くなった
・注文した覚えがない
・サイト上の説明と違った

ほとんどの理由で返品が出来るのは、amazonが顧客目線で顧客最優先にシステムを運営しているからこそであり、自己発送であっても返品は少なからず発生する可能性はあるのです。

理由を選択したら「具体的な理由をご記入ください」と出ますので、出来るだけ詳細を記入します。その下にある「次に進む」ボタンをクリックしましょう。その後返金などについての質問があるので入力していきます。

手続きが完了したら着払いにて返送します。

amazonマーケットプレイスでの返品方法は何が違うの?

amazonマーケットプレイスでの返品方法について、amazonは「Amazon.co.jp で販売している商品とは異なり、Amazon.co.jp はAmazonマーケットプレイスでの取引には直接関与いたしません」としています。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201819160

【STEP1】出品者に返品の可否を問う
①注文履歴画面に出ている出品者名をクリックしてプロフィールページを開きます
②画面下あたりにある「返品および返金について」で確認する(Amazon.co.jp返品ポリシーを参照してください。と出ていたらamazonの規約に準じます)

【STEP2】出品者へ返品を依頼する
①注文履歴画面から入り、返品したい商品の横にある「商品を返品」ボタンをクリックする
②返品の理由を選択し、詳細を記入する

【STEP3】出品者が内容を確認し承諾する(目安は2営業日以内)
①出品者から返品の可否をメールで連絡が来る
②承諾の場合は返送先住所や返送手順が記載された返品用ラベルが発行される

【STEP4】商品を返送する
①発行された返品用ラベルを印刷し、印刷画面にある「返送手順」に従って商品の返送手続きをする

【STEP5】返金される(目安として7日以内)
①出品者が商品を受け取り次第、返金処理がなされます。その際amazonから返金に関するメール連絡が来るので、しっかり確認しておきましょう。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201819300

amazonマーケットプレイスの返品方法と言っても、難しいわけではありません。商品によっては開封済みだと代金を全額返金出来ない場合もあり、商品に付属品があるのなら必ず一緒に返送することが必要になってきます。

返品不可?例外の商品に要注意

顧客優先であるamazonですが、必ずしもすべての商品が返品可能というわけではありません。「下記のケースでは、理由にかかわらず返品・交換を承りません」とされているamazonの返品交換条件を見ていきましょう。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_lp_201819090_aorp?nodeId=202063080

①受注生産・特注品・刻印入り・サイズお直し品など
②メーカー既成の外装がない状態での返送や、外装のみに損傷がある場合
③メーカー既成の外装に直接出荷伝票が貼られているという理由の返品
④使用済みまたは開封済みの消耗品
⑤メーカーが初期不良と認定していない場合(液晶パネルのズレ、ドット抜け、使用後の外観の傷など)
⑥拡張機器の増設、パーツの取り替え、商品自体を改造、調整した商品
⑦お客様のご要請でメーカーから鑑定書・鑑別書の発行を受けている商品
⑧車用タイヤ・ホイールセット
⑨その他、商品詳細ページに返品できない旨の記載がある商品

どれも返品を受け付けられないと判断できるものばかりですね。顧客優先とはいえ、このあたりのことはユーザーにしっかりと理解して購入してもらう必要があります。

返品リクエストが来た!まず何からするのだろう

amazonのポリシーから言って、返品リクエストが来たら原則的に対応することになっています。この返品リクエストに対応しない・または対応が遅れると、評価が著しく下がってしまう可能性が高いです。顧客なりの事情があって返品リクエストをしているわけですから、早急に対応するように心がけて下さい。

商品到着から30日以内の返品リクエストであれば、原則的に返品に対応するようにしましょう。ここで気になるのは返送料です。

【返品の際にかかる返送料について】
購入者都合→購入者負担
出品者の不手際→出品者負担

購入者都合であれば、当然返送料は出品者は負担する必要はありません。逆に出品者側の不手際による返送なら、出品者負担として着払いにしてもらいます。購入者都合であるのに着払いになっていた場合は差し引いて返金することも出来ますので、落ち着いて対応しましょう。

返品受付の準備をしておこう

まず、amazonセラーセントラルの画面から出品者用アカウント情報を開きます。そこから「返送先住所」を設定しておきましょう。

自己発送を設定している出品者の場合、返品方法は出品者が指定することが出来ます。

①返品ラベルを印刷して商品を入れた箱に貼ってもらう
②集荷依頼をして返送手続きをしてもらう
③商品をこちらで確認できたら返金処理をする

この辺を文章で説明しておくとスムーズに行くでしょう。

返品リクエストはどのように受け付けるのか

「返品リクエスト」って何だろう?きちんと対応できるかな?…。そう思ってしまいがちですが、amazonの返品リクエストは非常に分かりやすいシステムです。まず返品リクエストを受付けると、登録のEメールに次のような通知が来ます。

「返品リクエストを承諾する」「返品手続きを終了する」「返品リクエストについて購入者様に連絡する」などのリンクが貼ってあるので分かりやすいです。そしてamazonセラーセントラルには次のように表示されるので「返品リクエスト」の横の数字をクリックして開きましょう。

商品を返送してもらうか・返金のみの対応か

ここで返品リクエストの詳細画面に入ります。

商品の返送を求める場合は返送先住所を漏れなく入力しましょう。

商品の返送を求めない場合は「返品リクエストを終了」ボタンをクリックします。

終了する理由のプルダウンに「返金済みです。商品の返送は不要です。」などの文言があるので選択します。

「返品手続きを終了」のボタンで終了します。

返金処理の前に必ず確認しておきたいこと

返金処理は慎重に行わなければなりません。次のことを十分確認しておきましょう。

①返金処理をしても返送の必要がないと判断した場合、商品は購入者が自由に所有することが可能です。
②返品された商品が破損などの問題がある場合は、代金の一部のみの返金という対応が可能です。この場合はクレームを避けるためにも購入者には事前に説明しておきましょう。
③出品方法に何ら問題がないのに、購入者の事情のみで返品希望している場合は、配送料を購入者負担で返金することが可能です。

返品・返金処理でクレームにならないように、また出品者側に過度な負担がないように、上記のことを理解しておく必要があります。

返金理由の定義を理解しておこう

「返金理由」を選択する際、間違いなく正しいものを選択するべきです。そのためにも、それぞれの文言の定義を確認しておきましょう。

①在庫切れ→商品の在庫が無い
②調整→当てはまる返品理由が無い
③購入者都合キャンセル→出荷前に購入者よりキャンセルの申し出があった
④商品未受領→出荷済みなのに購入者が受領していない
⑤購入者からの返品→商品が返品・または返品予定
⑥出荷負荷→在庫があり対応可能なのに、購入者住所が不正確などの理由で出荷不可能
⑦商品と説明の不一致→商品ページの説明と商品が一致しない
⑧価格間違い→出品者が「合計額が通常よりも高くなった」と判断した
⑨発送先住所に配送不可→配送不可のため荷物が返送されてきた
⑩間違った商品→商品ページの説明とは違う状態の商品が届き、当該商品よりも安価な商品と交換した
⑪配送業者による遅配→配送業者による遅配が原因
⑫配送予定期間内の配送不可→何らかの理由で出荷が遅延した

該当すると思う返金理由を正確に選択しましょう。

いざ返金処理をしよう!返金処理の手順とは

返金手順を確認しておきましょう。

①amazonセラーセントラルの注文画面で返金対象の注文を探します。(注文数が多いなら注文検索も使用できます)
②該当の注文を見つけたら「返金を実行」ボタンをクリックします。慣れないうちは注文番号を押して注文の詳細を確認してから「返金を実行」ボタンをすることをおすすめします。
③返金額「全額」または「一部」のどちらかを選択します。

ここまでは操作は同じですが、返金額によってここからは違います。

【全額返金の場合】
①全額返金のボタンをクリックします。
②該当する返金理由を選択しておきます。
③任意で購入者へのメッセージを入力します。(出来るだけメッセージを添えるようにしてください)
④返品理由や購入者とのやり取りなどを出品者メモに追加しておくことが望ましいです。
⑤「全額返金する」ボタンをクリックします。

【一部返金の場合】
①一部返金のボタンをクリックします。
②該当する返金理由を選択しておきます。
③返金額を入力します。(ギフト包装料など商品以外に予定していた料金の返金も可能です)
④任意で購入者へのメッセージを入力します。(出来るだけメッセージを添えるようにしてください)
⑤返品理由や購入者とのやり取りなどを出品者メモに追加しておくことが望ましいです。
⑥「一部返金する」ボタンをクリックします。

返金処理をすると自動的に返品リクエストは終了します。データの更新までに最長で15分ほど有することがありますが、返品管理画面の「終了した注文」から購入者に連絡は可能です。

フィードを通じて返金を実行した場合は即時に返金処理が完了しますが、返金を手動で実行した場合、返金間違いの修正が出来るように最大2時間ほど「保留中」の状態を維持します。

間違って返金処理をしてしまったら

購入者に対して返金処理が無事に完了しているものに関しては、返金をキャンセルすることはできません。しかし手動で返金処理を行い、返金ステータスが保留中になっている状態である場合に限って「この注文にあるすべての返金をキャンセルします」をクリックすると返金をキャンセルすることは可能です。

もし返金処理完了後に返金をキャンセルしたい場合は購入者に連絡を取る必要があり、amazonから再度クレジットカード請求をしても良いかの承諾を得なければなりません。amazonは、購入者からの直接依頼があった場合のみでしか再請求が出来ないのです。

購入者が同意してから「購入者から」amazonカスタマーサービスへ再請求依頼をすることになります。間違って返金処理をしてしまうと購入者に負担がかかってしまうのですね。

なお、返金キャンセルは購入者に通知されず、返金処理完了の場合のみ通知されます。

ギフト券で購入した場合の返金方法

amazonギフト券やamazonギフトクーポンで購入した商品の返金処理についてですが、通常通り返金処理を行いましょう。返金分のギフト券やギフトクーポンは、無事に購入者のアカウントに戻ります。購入前の状態に戻るので、至って簡単ですね。

amazonポイントを使用して購入した場合の返金方法

amazonポイントを利用して、全額または一部を支払った場合の返金処理についてですが、こちらも通常通り返金処理を行いましょう。amazonポイントはそのまま購入者のアカウントに戻されるので、購入前と同じ状態に戻すことが出来ます。ギフト券などの処理と同じです。

amazonで返品リクエストが来たら絶対応じるべきなのか

それにしても、返品リクエストは必ずしも対応しなければならないものなのでしょうか。amazonの購入者優先の理念に沿って、出来るだけ対応したいのですが、残念ながら悪質な購入者に振り回される出品者も少なからずいるのは事実です。

困った購入者の返品リクエストについて、落ち着いて対応が出来るよう、amazon規約について確認しておきましょう。

【amazonと購入者】双方の規約について知ろう

amazonには規約があり、出品者が返品リクエストを受けた際、もちろん「出品者側」の規約を確認します。規約を遵守しつつ、的確に対応したいのは当然ですね。

しかし、どうも「出品者側」だけではなく「購入者側」から見た規約も存在するのです。これなら統一してくれた方がややこしくなくて助かるのですが、とりあえずこの2つを比較してその違いを見ていきましょう。

amazon出品者側の返品規約

amazonの「ヘルプ&カスタマーサービス」画面から「返品・交換の条件」を見ていきましょう。細かい記載があるものの1番上には分かりやすく「Amazon.co.jpおよびAmazonマーケットプレイスの大半の出品者は、原則として商品到着から30日以内の返品・交換を承ります。」と記載があります。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202063080

ここまで断言されていると、出品者はこの通りに対応すべきだと判断しますね。

amazon購入者側の返品規約

今度は購入者側から見た規約を確認してみましょう。今度はヘルプ&カスタマーサービスの画面より「amazonマーケットプレイス商品の返品について」を見てみます。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201819160

「Amazon.co.jp で販売している商品とは異なり、Amazon.co.jp はAmazonマーケットプレイスでの取引には直接関与いたしません。出品者には、独自の条件を設定している場合とAmazon.co.jp と同等の条件を設定している場合があります。」と記載があります。

購入者はまず、出品者の返品条件を確認する必要があります。出品者が独自の条件を定めている場合は、それに沿って対応しなければならないのです。

出品者側の規約→到着後30日以内なら返品リクエストに対応すべき
購入者側の規約→出品者に従うべき

このように少し矛盾を感じざるを得ない表現になっているのですね。

結局どちらの規約を優先するべき?

結局どちらを優先すべきなのか…?2つをまとめると

・基本的には商品到着後30日以内なら返品に応じるべき
・独自ルールのある出品者のみ、その条件で対応できる

ということですね。とりあえず大手でもなく、個人で自己発送出品を始めたい、もしくは今始めている人は、amazonの方針通りに「商品到着後30日以内なら対応する」ようにした方が良さそうです。

【悪質な返品要求】amazonから出品者へ返金されるケースとは

自分もamazonなど、ネットで買い物をすることがあるというのなら、たまには返品したくなる気持ちも理解できますよね。返品理由が正当なものなら、こちらも返品に応じるのには何ら問題はありません。ただし、それは常識の範囲内のことです。

amazonの返品リクエストには、次のような信じられない要求も実際にあるのです。このようなこともあるのだということを知っておきましょう。

付録のある商品は証拠写真を撮っておくべし!

付録付きのもので「付録が無かった」と言うクレームが入り、返品要求があったケースです。付録付きのものを入荷しているはずで、自分でも確認済みであったとしても「付録があった証拠」がないとamazonのような第三者は正しく判断できません。

amazonは補償するにあたって、当然「付録があった証拠」を要求してきます。商品のSKUに購入日などを記載し、同じ日付で画像を残しておくなどの工夫が必要です。商品が売れても、これでは損しかしませんね。しかも評価を悪くされると非常に厄介です。

仕入れ明細なども取っておくべし!

新品の商品を出品していたケースです。返品リクエストが入り、返品理由を確認すると「新品を購入したのに中古だった」というものです。出品者が不審に思い、商品を返却してもらうと、自分が出品したものより明らかに型が古いものだった。

どうやら新品のものを受け取り、返却する時に古い商品を送り返してきたということのようです。信じられない行為ではありますが、amazonで実際に起こった事例です。この場合もamazonは「新品だった証拠」を求めてきます。

amazonとして、正確に判断し補償をするためには仕方のないことでもあります。結局仕入れの明細や返却商品の画像などを提出したら、amazonは仕入れ明細にある金額を補填してくれたようです。しかし、これは仕入れ明細を残しておいたことが功を奏したわけであり、残していなかったら泣き寝入りになっていた可能性が高いですね。

どんな小さいものでも証拠となりうる書類などは廃棄しないようにしておきましょう。

新品商品の証拠は残しづらい時もある

新品の商品ほど証拠を残しづらかったりするようです。新品の商品を出品したものの、部品がそろっていないと返品リクエストが入ったケースです。

通常は、新品の商品なので基本開封せずに出荷します。要するに出荷前に新品の商品の中身を開封してまで確認はしません。開封してしまうと「未使用」であっても「未開封」ではなくなってしまいますよね。逆に言えば「未開封」のまま発送するべきものでもあります。

新品で仕入れているので、未開封である以上、欠品があるとは考えにくいのですが、証拠画像があるわけではありません。となると、amazonはもちろん補償してくれないのです。とにかくどんなケースでも「証拠」がないと出品者が泣き寝入りする羽目になることが多いのですね。

amazon出品の返品依頼は落ち着いて対応しよう

自己発送のamazon出品で返品依頼が来たら、焦ってしまいそうですね。しかし正しく手順をふめば難しいことはありません。とにかく「間違えない」「丁寧に対応する」ことを意識しましょう。また、理不尽な購入者の要求に泣き寝入りすることのないよう、出品する際は証拠となる書類などを残しておくようにしましょう。

売買ですから「返品」されることも当然あるのです。amazon出品の返品方法について理解しておけば、落ち着いて対応できるはずです。返品を怖がらず、どんどん出品してくださいね。

【お知らせ】1年以内にサラリーマンの月収を超えて独立する方法を無料でお教えします!



今や副業でもサラリーマンの月収程度の稼ぎなら当たり前、大きく稼いでいる人は個人でも年収1000万円以上という方もたくさんいます。

「そんな風に稼ぐことができるのはセンスのある人たちだけでしょ…」とあなたは思ったかも知れませんが、それは違います。

ビジネスで成功するために必要なのは、才能やセンスなどではありません。正しいやり方を知り、その通りにしっかりと実践をすれば自ずと稼げるようになります。

もしあなたが、

  • 本業の給料以外にも収入の柱が欲しい
  • どれだけ頑張っても思うように上がらない年収に嫌気がさしている
  • お金がないせいで常に心に余裕がなく、どこか暗い毎日を一変させたい
  • 自分の力だけで稼げるようになって、人や場所に縛られない生活をしたい
  • 仕事のストレスから解放されて、自由な暮らしを送れるようになりたい
  • 借金やローンを返済して余裕のある生活ができるようになりたい
  • 経済的余裕がなく、奥さんや子どもに我慢をさせるような生活をどうにかしたい

  • こんな風に思っているなら、以下の情報を必ずご確認下さい。

    10年以上にわたってネット物販ビジネスの成功者を輩出し続けてきたノウハウを無料でお教えします。

    >>> ネット物販で年収1000万円以上を稼いでエグゼクティブになる方法はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る