物販

Amazonで売上をアップするための秘密はこれだ!

Amazonに新しい商品を出品したときに、自分が出品している商品のページにアクセスがなかなか来ないということに悩む人が少なくありません。自分で作った商品ページにアクセスが来ないということに悩んでいる人は、検索エンジン対策SEOをきちんと行っているでしょうか。

Yahoo!やGoogleと同じように、 Amazonでも検索エンジン対策は売上アップのためにとても重要になってきます。商品リサーチ以上に、SEO対策に時間をかけた方がいいのだというトップセラーもいるくらいです。

この記事では、Amazon独自にあるといわれている検索エンジンへの対策法についてお伝えします。

Contents

理解必須!Amazonの検索エンジンA9とは!?

現在のWEBの世界というのは、 Googleの検索エンジンに支配されているといわれていますが、AmazonではAmazon内部の売り上げを最大化させるための独自の検索サーチエンジン「A9」を持っていると言われています。 Amazonでショッピングする人も、出品をしている人も、このA9の結果を許しているということになるのです。

このA9はAmazonの最大のモットーである顧客満足を最大化させる、ということだけに特化して作られている検索エンジンになります。瞬時にお客様が求めている商品を検索結果に提供するためにはどうしたらいいのか、ということを判断できるように、アルゴリズムやシステムが常に改良され続けています。

Amazonのモットーは「地球上で最もお客様を大切にする企業である」ということです。この意味をきちんと理解して、いい商品を提供するのは当たり前ですが、いい商品をお客様に届けるための検索エンジンの特性を理解しておけば、他の出品者よりも高い検索結果表示による露出度アップでの売り上げアップを図ることができるのです。

検索順位は売上件数で決まる!

まずA9が評価するのは、売上件数になります。この売上件数は最も重要なことであるといわれています。

この売上件数というのは、長い期間を見ているのではなくて、短い期間での直近での売上件数を見ています。期間については公表をされていませんが、だいたい7日から10日程度ではないか、という人もいます。

ですから、短期間で多く売れた商品が突然、検索順位の上位に上がってくることがあります。その検索順位をキープし続けるためには、継続して売り上げを上げ続けなくてはいけません。

なかなか外から対策を施しようがない部分ですが、Amazon内SEOをする上では覚えておくべき特徴になります。

A9は購入者レビューも評価している!

A9は購入者によるレビューも評価の対象にしています。Amazonでは商品のレビューを購入者ではなくても書き込むことができますが、 Amazonの方ではレビューを書き込んだユーザーがその商品を購入した履歴があるのかどうかという点もチェックしています。

Amazonでの購入履歴がないユーザーのレビューは評価の対象とはありません。

評価されるポイントは、購入経験のあるユーザーのレビューの件数と評価の点数になります。購入者が多くてもレビューが少なかったり、評価の点数が低い商品は、検索順位も下げられてしまいます。

ただ単に売れればいいと考えるのではなく、Amazonでは購入後の顧客体験の質も重要視しています。ネガティブな評価はできるだけ少なくして、ポジティブな評価をたくさんもらえるようにすることも大切なポイントになってきます。

また、自作自演のレビューや、レビューの書き込みを依頼するような行為もAmazonは監視しています。不自然なアクセスや書き込みが多い場合には、何らかのペナルティが課される可能性があるので、絶対にやめましょう。

クリック率と購入率のバランスも重要!

A9では購入された件数が最も重要だと書きましたが、クリック率と購入率のバランスというのも計算しているようです。

同じ5個商品が売れるのでも、10クリックで5個売れるのと、100クリックで5個売れるのでは全く意味合いが違ってきます。

この場合、購入率がいい10クリックで5個売れる商品の方が上位に来るのは言うまでもありません。

また、検索順位1位の商品よりも2位の商品の方が購入率がいい場合には、順位が入れ替わります。購入率というのも大切なポイントになってくるということを覚えておきましょう。

商品ページのコンテンツは検索エンジン対策として重要!

自分のショップのホームページなどを作っている人は、経験があるかと思いますが、検索エンジン対策というのは、ページに書かれているキーワードなどの情報がとても重要になってきます。

これはAmazonの商品ページのAmazonSEOにおいても同じことが言えます。 Amazonの商品ページでは次の項目を自分で作ることができます。

ページタイトル
サブタイトル
商品説明文
編集レビュー
商品画像のファイル名
著者、作成者などの名前(出版物に限る)
Amazonスペシャルキーワード

この7つの項目に自然な形で検索されたいキーワードを効果的に組み込めるかどうか、というのがとても重要なポイントになってくるのです。

在庫数は多い方が検索上位に来やすい!

また、Amazonでは在庫数も検索結果に影響を与えます。顧客満足を最も大切に考えるAmazonにとっては、お客様が買いたい商品が在庫切れで買えないという事態が最も避けたいことなのです。

Amazonでは在庫数が多くて、在庫切れを起こす可能性が低い商品の方が上位に表示される仕組みになっています。相乗り出品をしていると、在庫数が多い出品者の方が上位に表示されたり、カートを獲得できる可能性が高くなることがよくわかります。

かといって出品者としては売れるかどうかわからない在庫を大量に抱えたくないというジレンマもありますよね。しかし、売れ行きがいい商品は多少のリスクを冒しても在庫を十分に持っておき、検索順位での露出を増やしたり、カートを獲得したほうがより大きな儲けにつながる、ということも理解しておきましょう。

検索キーワードの選び方のポイントについて

Amazonの検索エンジンでは、 Googleの検索エンジンとは違い、いかにお客様に満足してもらって商品を購入してもらえるか、という視点が入っています。

しかし、検索エンジンですから、検索されるためのキーワードの選定が重要になる事は言うまでもありません。 Amazonで商品を探しているユーザーの多くが、キーワード検索で商品を探していると言う現実を考えると、キーワード選定は、検索結果の表示に直接関連づけるとても大切な項目となります。

ということで、ここからは、より購入率を上げることができるキーワードの選定の仕方について見ていきましょう。

サジェスト機能からキーワードを選ぶ

まず検索キーワードを選ぶ方法としては、サジェスト機能を活用するという方法があります。

サジェストというのは、検索窓にキーワードを入力したときに、そのキーワードに関連したキーワードが、検索数が多い順番に検索窓の下にずらりと表示される機能です。

このサジェストキーワードは、その商品に関して、最も検索数が多いキーワードになるので、参考にすることで、より商品ページを検索されやすくなってきます。

検索予測機能を使ってみる

検索予測機能を使ってみるというのもいいですね。

サジェストと同じような感じなのですが、 Amazonの場合には、商品カテゴリによって、予測されるキーワードが変わってきます。

基本的に、自分が出品する商品カテゴリーの予測キーワードを使うのですが、他のカテゴリーから探してみるのもいいかもしれません。

キーワードツールを使ってみる

Amazonの商品ページやカテゴリーページというのは、GoogleやYahoo!の検索ページにも表示されることがあります。

あなたも何か調べごとをしたときに、GoogleやYahoo!の検索結果にAmazonのページが表示されているのを見たことがありますよね。

Googleで頻繁に検索されているキーワードを知るためには、Googleが無料で提供しているGoogleAdWordsキーワードプランナーというツールが便利です。

世の中の人がどんなキーワードで商品や情報を探しているのかを知ることもとても大切なポイントになってきます。

また、ライバル出品者などのタイトルなども参考にしてみましょう。

Amazonに新規出品するときのキーワードの選び方

Amazonで新規出品をするために自分で商品ページを作る場合には、キーワードがとても重要となります。ここからは、具体的なキーワードのやり方や決め方について具体的な方法を見ていきましょう。

売れている商品ページの調査

まずは自分が出品する商品と同じような商品で、売れ行きの良い商品ページを見てみましょう。

Amazonのカテゴリーから、自分が出品したい商品カテゴリーで、上位に表示される商品は売り上げがいい商品になります。

いくつかの商品をピックアップして、その商品ページのタイトルや、商品説明に書かれているキーワードをピックアップしていきましょう。

自分が考えているのとは違うキーワードが使われていたりします。例えばブリザードフラワーを出品したい場合には、「枯れないお花」といったキーワードで出品されています。実際に「枯れないお花」で検索して、どのようなサジェストキーワードが出てくるのかといったことも調べてみましょう。

参考:Amazonのランキングの仕組みや売れる商品のリサーチの方法とは?

タイトルとキーワードの使い分けのやり方とは

キーワードをピックアップしたら、タイトルに使えるキーワードと、タイトルには入れられないキーワードを分けましょう。

Amazonではタイトルに使ってはいけないキーワードが決められています。

タイトルに使ってはいけないキーワードというのは、「今だけ!」とか「これだけ!」といった商品とは直接関係がない言葉や、セール、OFF率、激安、送料無料、限定予約、入荷日、シーズンといった言葉、Amazon(アマゾン)も入れてはいけません。

実際に検索してみると、シーズンを表す言葉などがたくさんタイトルに使われていますが、通報されたら一発でアウトになるので、余計なリスクは負わないようにしましょう。

また、レディース財布なのにメンズと入れると、うそをついていることになります。これもばれるとペナルティになる可能性があるので、やめておいた方が無難です。

その代わり、タイトルに入れられないキーワードは、検索キーワードに入れることができます。ただし、激安、母の日、Amazonといった言葉は禁止ワードなので、入れないようにしましょう。

他にもキーワードがないか考えてみよう!

ブリザードフラワーを出品する場合に、まずはサジェストキーワードを見つけるために「ブリザードフラワー」と検索してキーワードを見つけます。

しかし、ブリザードフラワーという言葉を知らない人は、 「枯れないお花」で検索していますので、「枯れないお花」でも検索をして、サジェストキーワードを見つけてみましょう。

さらには、「枯れない」だけで検索したときにどのようなキーワードが見つかるか、というのも、意外なキーワードを発見できる方法になります。

このように、関連するキーワードの幅を広げていくことで、自分の商品の販売につながりそうな思いもよらなかったキーワードを見つけることができます。

また、見つかった新しいキーワードから、ユーザーがどんなセット商品を求めているのか、ということもわかってしまいます。これらのデータをもとに、新たな商品開発にもつながっていくのです。

Amazon内SEOでランキング上位を狙おう!

AmazonではA9という特殊な検索エンジンを使っていることを、最初の方でご説明しました。

実はAmazonでの検索エンジン対策というのは、出品者の多くが手を付けられないでいる部分になっています。しかし、ユーザーの多くがAmazonのページ内での検索から商品を選んでいることを考えると、検索エンジン対策をしっかりと施すことが、長期的に商品が売れるためのキーポイントになってくるのはいうまでもありません。

ということで、ここでもう一度、AmazonSEOの具体的な対策についてみていきましょう。

商品タイトルの付け方について

AmazonSEOで最も重要になる部分は、商品タイトルになります。やたらと長すぎるタイトルの商品が多いのは、SEOに必要な情報をすべてタイトルに込めているためです。

タイトルがシンプルすぎると、ユーザーが求める情報が少なすぎて、検索結果に乗ってこないので、 購入してもらえません。

しかし、逆にSEOの効果を高めようと、何でもかんでもタイトルに詰め込みすぎると、今度はAmazonで規約違反とみなされてしまう可能性があります。

Amazonで商品タイトルが規約違反とされてしまうと、タイトルがロックされてしまい、変更することができなくなってしまいます。

キーワードはしっかりと厳選して、ユーザーに商品をしっかりとアピールできる見せ方や数で入れるようにしましょう。

参考:Amazon新規出品における商品名・検索キーワード設定の重要性とコツ

出品キーワードの対策は?

タイトルに含めるキーワードのほかに、出品キーワードをいくつか決めていきますが、この時に重要になるポイントには、ユニットセッション率があります。ユニットセッション率というのは、ページを見られた数に対して、購入に至った割合になります。

購入数が少なくても、ユニットセッション率が高いと判断されれば、検索結果が上がる場合もあります。というのは、Amazonにとっては、購入率が高い商品ページをより頻繁にユーザーに届けることで、ユーザー満足度を一気に上げることができるからです。

Amazonにとっては、アクセス数が多いけれども、なかなか買ってもらえない商品よりも、確実にページを訪れた人が買ってくれる商品をユーザーに提案したほうがいいことは言うまでもありません。

Amazonの立場に立って考えてみる、という視点も持つようにしましょう。

例えばレディース財布を売っているのに財布ならメンズもあるからといって「メンズ」と入れていても、父の日のプレゼントを探している人が、そのお財布を購入するでしょうか?!

買う人がいないわけではないかもしれませんが、メンズ財布を探している人が、ユニセックスでもないレディース財布を買うわけもありません。Amazonの立場で考えてみたら、買われる可能性が低いのに、検索結果に表示させる手間を取らせて…、ということになるのは目に見えています。

アクセス数は稼げても、実際の購入率は下がります。これはAmazonにとってはとても効率が悪いことなので、もっと購入率が良い商品と検索結果を入れ替えよう、ということになります。

するとページの評価が下がっていき、ますます売れ行きは悪くなっていく一方です。

無駄なアクセスを増やすことを考えるのではなく、見られたら購入してもらえる商品ページを作ることを目指して頑張っていきましょう!

商品仕様部分の対策について

Amazonの商品ページには、商品仕様部分というのがあります。

簡潔な短文で、その商品の優れている部分や、特徴、メリットなどのセールスポイントを書きます。

あまりこちらに力を入れている人は少ないのですが、こちらに入れたキーワードもA9は見ていると言われています。キーワードを狙っているという形ではなくて、自然な形で入れるとベストです。

5行すべて使うと評価が上がるとも言われています。対策を施していない人が多い部分で、意外なねらい目です。ぜひこちらもしっかりとした文章を作るようにしましょう。

商品説明の対策について

商品説明部分は、商品紹介コンテンツ機能が大口出品者ならだれでも使えるようになったために、今ではほとんど使われなくなりました。

しかし、わかりやすくユーザーに伝えやすい部分ですし、こちらをしっかりと使っている出品者のユニットセッション率は高いのが現実です。

検索されたいキーワードを自然な形で入れるとSEO対策になります。

有料広告を使った対策について

有料広告を活用するのも有効です。有料といっても、Amazonの有料広告はペイパークリック(PPC)モデルを採用しているため、ユーザーが広告をクリックするまで料金は発生しません。また、Amazonの広告はオークション方式で販売されているため、出品者は支払う金額を予め指定し、もっとも高い金額をつけた出品者が広告を表示できる仕組みになっています。

Amazonで利用できる広告は、主に下記の2種類です。

・スポンサーブランド広告
・スポンサープロダクト広告

それぞれについて、解説していきます。

Amazonスポンサーブランド広告を使った対策について

スポンサーブランド広告とは、ユーザーが入力した検索ワードに連動して表示される「キーワード広告」です。スポンサーブランド広告を活用すると、下記の3つの要素が、ページの上部などに表示できます。

・ブランドロゴ
・自由に作成できる見出し
・最大3つの商品

実際にAmazonで「カメラ」と検索してみると、このように表示されます。

Amazonスポンサープロダクト広告を使った対策について

Amazon出品初心者の多くが手を出せないでいる、スポンサープロダクトの活用についてお伝えします。

いきなり最初から広告費を使って、スポンサープロダクトを利用するというのは、抵抗が大きいのもわかります。

しかし、スポンサープロダクトの本当の目的について考えてみましょう。それは、自分が本当に表示してほしい検索キーワードで最上位に表示させることです。

スポンサープロダクトを利用している商品は、検索結果よりも上位に来るので、商品ページのアクセス数は上がります。また検索キーワードと商品がマッチしていれば、購入率も上がり、ユニットセッション率も上がります。

しかし、広告であろうと検索結果であろうと、そのキーワードから購入された商品である、という実績はAmazonでは同じ購入実績としてカウントされるのです。その結果として、そのキーワードでの検索順位が上がり、広告を使わなくなくてもアクセス数が増やせるのです。

つまり、広告を利用する真の目的は、購入してもらうことだけではなく、AmazonSEO対策を施す、ということでもあるのです。

なかなか新規の商品の場合には、検索結果に乗せるのが難しいのが現状です。しかし、広告を使うことで、検索結果を一気に上位に持ってくることが簡単にできるので、ぜひあなたもトライしてみましょう。

売上アップ対策における5つのポイント

最後に、売上アップ対策における5つのポイントをまとめます。

1.商品情報は詳細まで登録する

ユーザーに安心して買ってもらうためにも、商品情報は詳細まできちんと登録しなければなりません。

例えば、このようなポイントを網羅できているかを確認してみましょう。

・商品名は正確に入力されているか?
・商品画像は適切な枚数が登録されているか?
・商品画像の画質は悪くないか?
・商品説明は詳細まで書かれているか?

ユーザーは実物を見て購入するわけではないので、商品情報は細かすぎるくらいに入力しても良いくらいだと考え、きちんと入力することを心がけましょう。

2.適切なカテゴリーを登録する

ユーザーは、カテゴリーで絞り込んで商品を探す可能性もあります。そういった検索でもきちんと表示できるよう、出品する商品のカテゴリー設定はしっかりと行いましょう。

カテゴリーを登録すると、カテゴリー内のランキングや売上も考慮して表示順位が決定します。そのため、もっと商品を多くのユーザーに見つけてもらいやすくなるといったメリットもあります。

3.購入率を上げる手法を活用する

商品を見つけてもらっても、購入されなければ意味がありません。そのため、ユーザーに購入されやすくする必要があります。ここでは、購入率を上げるために有効な手法を3つ紹介します。

1.AmazonのFBAサービスを利用する

FBAとは、フルフィルメントByAmazonの略称です。サービス内容は「Amazonによる物流手続きの代行」です。具体的には、受注・発送・返品などの対応をすべてAmazonが行ってくれます。

Amazonでは、迅速に届くことを求めるユーザーが多いです。FBAを活用すると、購入後、すぐに商品が配送されるため、そういったユーザーのニーズにも応えることができます。FBAを利用している商品にはプライムマークが付与されるので、マークなしの商品よりも閲覧率、購入率が高くなることが期待できます。

2.カートボックスを獲得する

カートボックスとは、Amazonで商品ページを開いたときに表示される「カートに入れる」ボタンで、商品を購入してもらえる権利のことです。

例えば、複数の出品者が同じ商品を出品していたとき、「カートに入れる」ボタンで購入される商品は、カートボックスを獲得している出品者が出品したものになります。それ以外の出品された商品を購入するには、別ページに遷移する必要があるため、カートボックスを獲得しているかどうかで購入率は大きく変わります。

カートボックスを獲得するには、以下の3つが重要と言われています。

・販売価格が最安値に近いこと
・在庫切れが発生していないこと
・配送スピードが速いこと

3.商品写真や商品説明を充実させる

すでに解説した項目であるため、詳細は割愛します。ユーザーに安心して購入してもらうために、商品の情報を充実させることを意識しましょう。

4.接客・追客をする

一度ついたユーザーを離さないよう、接客・追客には力を入れるのが良いでしょう。Amazonのユーザーは、商品や出品者の評価を見て購入を決断することも少なくありません。そのため、「問い合わせ対応は速く、丁寧に」「出荷遅延を起こさない」などは意識しておきましょう。

商品のレビューがユーザーの購入を後押しすることもあるので、商品を購入してくれたユーザーにはレビューの記入を促したり、高評価をもらうための工夫も必要です。

5.分析をする

これらの対策を実施すると、実績が数値となって計測できるようになります。そうなったら、その数値を分析して、改善に繋げましょう。

分析する内容は、例えば以下のようなものが挙げられます。

・商品が売れる時期・時間
・商品ページのコンバージョン率
・ACoS(売上高広告費率)
・利益率
・販売数

行った施策に対してどれだけの効果があったのか、常に分析するように心がけましょう。

検索対策をしっかりとして確実に売り上げアップしていきましょう!

この記事ではAmazon出品における検索対策についてお伝えしてきました。Amazon出品初心者の人にはちょっと難しいお話も多かったかもしれませんが、実はAmazon出品者でここまで考えてやっている人は少ないのが現状です。

しかし、商品ページなどもしっかりとキーワードを組み込みながら作ることで、検索結果の上位に表示させることができるので、ぜひあなたも検索対策をしっかりとして、売り上げアップにつなげてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!