物販

AmazonのSEO対策で上位表示し売上爆増する攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonで商品を販売してもなかなか売上が伸びない、競合しているライバルの方に顧客が集中している、そんな経験はありませんか。

買ってもらえるはずの商品を選んで仕入れているのに、売上が伸び悩むのは、SEO対策が十分ではないせいかもしれません。

そこで今回は、AmazonでSEO対策をする方法や、販促など売上をアップさせるための対策方法について詳しくご紹介します。

Contents

AmazonSEOで上位表示させる方法を動画で見る

AmazonSEOとは?上位表示の仕組みや重要性

Amazonでリサーチをして、売れ筋商品を仕入れているはずなのに、なかなか売上が伸びない場合、SEO対策ができていないことが大きな原因となっていることがあります。

SEO対策といってもピンとこない、またそもそも対策を立てていないという方は、早急にSEOについて理解し、対策する必要があります。

そこでAmazonSEOとは一体どんなものなのか、そのアルゴリズムについて詳しくご紹介します。

Amazon内でSEO対策して上位表示するってどういうこと?

Amazonに限らず、私たちがショッピングサイトで買い物をする際、はっきりと商品名が分かっている時もあれば、「アレが欲しいんだけどどんな名前だったかな…」と考えながら検索をして調べますよね。

SEOとは、特定のキーワードを打ち込んで検索をした際に、表示されるページで上位に表示させるための技術のことをいいます。

AmazonにSEOがあるように、楽天でもSEOがありますし、Yahooショップにもあります。

ここで大切なのは、いかに購入者が欲しいと考えているを早く表示することができるか、また購入につながるように表示させることです。

Amazon内SEOの対策ができているかいないかが、売上を左右するといっても過言ではありません。

GoogleとAmazonの検索の違いとは?

GoogleとAmazon、どちらも検索して探すという目的はありますが、この2つの検索エンジンには大きな違いがあります。

Google

Google検索の大きな目的は、「検索している人が正しい情報にたどり着く」ことです。

その検索の結果、広告がクリックされることでGoogleは収益を上げています。

Amazon

Amazonにおいての検索は、購入者が検索した結果、購入にその結果がつながることが大きな目的です。

もちろんAmazonにも広告枠はありますが、Googleのように結果的に広告をクリックしてもらうことが目的ではないという点で、この2つの検索の目的は全く別物といえます。

つまりGoogleのSEO対策では、AmazonのSEO対策にはならないということなのです。

Amazon上位表示のアルゴリズムとは?

Amazonで検索した際に表示される一覧を作る仕組み、そのアルゴリズムはAmazon独自のものです。

Amazonで検索した場合に表示する結果は、検索した顧客が興味を持っている商品、また欲しがっている商品に合致した商品であることが重要です。

そのため、特定のキーワードを入力した時に出る商品は、「売上につながる、購買される可能性の高いものから順に表示」するということになります。

ただ単に売上につながるのであれば、過去のデータを見ながら売れた数が多い商品から表示すればいいのですが、Amazonではそう単純な動作はしない仕組みになっています。

売上についても、ジャンルによっては季節で売上が変わることもありますし、ブームといった旬で左右されることもあります。

さらに新着商品も次々と入ってきますので、その販売も必要です。

そのためにAmazonで考案されたのが、ベストセラーランキングというランキングです。

このランキングでは、新着や過去に登録された商品に関係なく、一定時間の売上でランキング表示されます。

もちろんその時大量に売れたとしても、その後売れなければランキングは落ちていきますし、一瞬売上が伸びればそれだけで一気にランキング上位となることもあります。

これは顧客がある特定のキーワードで検索し、ある商品が売れたとします。

その同じキーワードで、また別の顧客が調べた時に、その商品を上位に表示する仕組みです。

例えば「ウォーキングシューズ 紐なし」と打ち込んで表示された商品を購入した場合、その商品は売れたという実績がありますので、同じキーワードで打ち込んだ場合に、その調べている人に「そのキーワードで調べた人はこのシューズを買ったよ」と案内してくれるわけです。

つまりそのキーワードで調べた人が、購入しやすいページであると判断されるため上位表示されるということなのです。

AmazonでのSEO対策には、このキーワードの対策が最も重要であると考えられます。

ただしこのアルゴリズムは、今後さらに変化していくことも考えられます。

それでもAmazonのSEOの仕組みを理解しておくことは、今後SEOアルゴリズムが新たに進化したとしても必要です。

より購入者が欲しいと考えているものを提供しやすくすること、それがAmazonのSEO対策なのです。

Amazon上位表示攻略に必須の検索エンジン「A9」の3つのポイント

Amazonでは独自の検索エンジンを使って、購入したい商品、そして購入したくなる商品を表示させる仕組みを持っています。

Googleでは検索ロボットという情報収集をする仕組みを使っていますが、Amazonではこのサーチエンジンのことを「A9」と呼んでいます。

Googleで検索して上位表示してもらい、広告をクリックしてもらうために、検索エンジンを最適化するSEO対策と同じように、AmazonでもこのA9で検索する際に表示させるようにSEO対策が必要となります。

Amazonでは、検索をする顧客が求めている商品をスムーズに表示し、買い物をし続けてもらえる、買い物をするならAmazonで購入しよう、と思ってもらえるように、あらゆるデータを反映させてアルゴリズムを作り上げています。

このA9ではどのようなデータが、反映されているのかを詳しくご紹介します。

そのアルゴリズムをきちんと理解することができれば、A9アルゴリズムがあなたの商品を評価し、検索上位に表示してくれるようになるだけでなく、売上にもつながっていくことになります。

Amazon上位表示のポイント1.販売個数の実績が表示につながる

検索して検索して上位に表示されているものの方が、購入されやすいともいえますが、上位に表示されるためには「直近での販売回数」が最も重要です。

つまり売れれば売れるだけ、さらに売れていくのが、Amazonの仕組みともいえます。

ただし1年に1度、ブームで爆発的に売れたとしても、その後検索上位に表示されている間に売上がなければランキングは下がっていきます。

そのためこの仕組みを知っている企業などでは、セールを行います。

たとえ利益が出ない、赤字になる可能性がある価格にしたとしても、検索上位になるためには金額よりどれだけ購入されたかが重要な意味を持つからです。

検索上位に表示されれば、アクセスも多くなりますので、そのタイミングで価格を戻すという方法を採ります。

価格を戻して売上が落ちた場合は、またセールを行えばいいので、まずは販売個数(購入回数)を増やすことが最も重要なSEO対策となります。

Amazon上位表示のポイント2.高評価のレビューを獲得する

Amazonの検索では、商品のレビューも重要視されています。

これは単にレビューの数が多いということではなく、4つ星、5つ星の高評価をどれだけ多く獲得しているかということです。

4つ星、5つ星のレビューがレビューの90%を占めているかどうかといった点も、検索上位に表示される大きな要因となります。

日本のAmazonではレビュー数表示となっていますが、海外ではパーセンテージ表示となっており、日本のAmazonも今後パーセンテージ表示になると考えられます。

このことからも、購入者が高評価のレビューを書いてくれる商品が、別の購入者にとって有益な情報であると判断されていることが分かります。

Amazon上位表示のポイント3.成約率とクリック率も検索上位表示につながる

Amazonでは、成約率とクリック率も重要視されています。

成約率とは、商品ページにアクセスした顧客の内、何パーセントが購入しているのか、というデータで、ユニットセッション率という名前でビジネスリポートに表示されています。

つまり検索して表示された商品を見て、即購入につながったということは、今後同じように検索した顧客がまた購入してくれる可能性が高いということになります。

このユニットセッション率を高めるためには、また対策が必要となりますので、次に詳しくご紹介します。

ユニットセッション率はどうすれば上がる?3つの方法

SEO対策でキーワードが検索されても、購入につながらなければ売上にはなりません。

そのためクリックしてもらってから、購入までにつながるようにする、ユニットセッション率を高める対策が必要となります。

そこでユニットセッション率を高める工夫について、詳しくご紹介します。

Amazon上位表示対策1.商品ごとに最適なキーワードを設定し顧客を囲い込む

アクセスを増やすために、セールを繰り返し行うといった方法もありますが、それでは単にクリックしてもらえるだけのページにしかなりません。

「アレ欲しいんだけど何だったかな…」といった方が検索してたどり着けるような、最適なキーワードをつけることのほうが遙かに大切です。

全く意味の違うキーワードを入れる、例えばマグカップを売りたいのに、キーワードがコーヒーでは、せっかくクリックしたお客さんが「なんだ違うじゃないか」とページを閉じてしまいます。

関連のあるキーワードであるからこそ、お客さんが欲しいものを探しやすくなっているということを忘れてはいけません。

Amazon上位表示対策2.FBAを利用してユーザーの利便性を図る

FBAとは「フルフィルメント by Amazon」の略で、商品の保管から出荷、配送から返品までをAmazonに委託するサービスです。

商品のページにある「Amazonプライム商品」とあるのは、このFBAによって出品されている商品です。

利用することで、購入する側は配送料無料、支払い方法が多数選べるなどのサービスを受けることができ、出品する側は検索で上位表示されたり、ショッピングカートボックスを多く獲得できるなどメリットが多くあります。

これによってさらなる売上アップが見込めます。

Amazon上位表示対策3.商品紹介コンテンツを充実させる

ネット販売では、実際に手に取って見ることができませんので、商品紹介ページで詳細な説明と多くの画像が使われている商品は、安心と信頼を得られやすくなります。

実際に使うイメージができる画像、お店に並んでいるようなディスプレイなど、購入する人が参考になるしっかりした商品紹介ページを作ることが、売上につながります。

SEO対策の第一歩!キーワード設定でおさえておきたい3つのポイント

AmazonのSEO対策で最も重要なのが、検索キーワードです。

そうはいっても人が見てくれるキーワードであっても、紹介する商品に合わない変なキーワードでは検索エンジンのA9のあなたの商品ページの評価が下がりますし、良いキーワードを入れていない、また逆にキーワードを詰め込みすぎるのもマイナス要因となります。

ここでは検索キーワードの「王道」について、さらに検索キーワードに強くなるための方法をご紹介します。

検索キーワードとは何?なぜ必要なの?

検索キーワードとは、Amazonでお客さんが欲しい商品を探す時に検索窓に打ち込む文字のことで、どのような文字(単語)を入力するのかをこちらで予想して設定します。

あなたが予想したとおりの文字を入力してもらえれば、あなたが出品した商品が検索でヒットしますので、検索結果に表示され、お客さんが商品を選ぶ窓口になるともいえます。

ただしお客さんがどのような文字を入力するのか、それを予想するためには、まずお客さんの側に立って考えることが必要です。

誰が見ても同じことを思い浮かべる商品なら、キーワードも予想しやすいのですが、「見たことあるし知っているんだけどアレってなんて商品名だったっけ」という商品もたくさんありますよね。

例えばドリップコーヒーを飲む時にマグカップに乗せる、紙を敷いてコーヒー豆を入れるあのアイテム。

このアイテムの名前を知っていますか?

一般的にはドリッパーと呼ばれていますが、フィルターと呼ばれたり、メーカーの名前で呼ばれたりするので、「コーヒー入れる時のアレ」と思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

商品でも色々な呼ばれ方をしている物や、様々な用途に使われる道具などは、お客さんがどう呼ぶのか、またどんな風に検索するのかを考えてキーワードを設定することが必要となってくるのです。

検索キーワードはどこで入力すればいい?

検索キーワードの入力は、Amazonの商品カタログ内に「検索キーワード」という項目が用意されていますので、ここに入力することになります。

キーワードの入力は1行につき100文字、合計で全角500文字が上限となっています。

ただし入力すればそれでおしまいというわけではなく、そのキーワードがきちんと反映されているか、また検索した時にヒットするかを確認する必要があります。

Amazonのシステムエラーやバグでキーワードが反映されないこともありますので、キーワードを削除したり入れ替えたりといったいわゆる「チューニング」をしながら、より検索しやすい環境を整えることが大切なのです。

Amazonでの上位表示にはタイトルも検索キーワードに影響する!

検索キーワードに目が行きがちですが、実はタイトルに含まれているキーワードも、検索結果に反映されます。

タイトルに入っているキーワードは、検索キーワードに同じように入れる必要はないので、それだけ検索キーワードの幅が広がるということになります。

ただし検索を意識しすぎて、情報をタイトルに詰め込みすぎると、かえって長いタイトルになって見づらくなってしまいます。

短く見ただけですぐにどんな商品か分かるタイトルの方が、お客さんも見やすくなるのでクリック率を高め購入につながることになります。

Amazonで上位表示するために検索需要も把握しよう

Amazonで商品を販売するためには、検索キーワードが重要であるということをご紹介してきましたが、検索で上位に表示されるためにはより需要のある、検索に使われやすいキーワードを、タイトルや箇条書き、商品ページやキーワード欄などに入力することが必要です。

その商品には、どのようなキーワードで検索されているのか、また不必要なキーワードは取り除く必要がありますので、より検索の精度を高めるためにも使うべきツールやその使い方を詳しくご紹介します。

キーワードプランナーとは?どう使う?

キーワードプランナーとは、Googleアドワーズ広告を利用すると、その機能の1つとして利用ができるツールです。

調べたいキーワードを入力すると、そのキーワードがGoogleで検索された際に、どういった単語と組み合わされて検索されているか、またどれぐらい検索されているのか、関連ワードと共に表示されます。

iPhoneの携帯カバーのキーワードとして、iPhoneというキーワードを調べた場合、iPhoneの品番やカバー、ケースといったワードが出てきます。

例えばカバーとキーワードを入れていても、実際の検索ではケースが多いのであれば、ケースをメインのキーワードにして、紹介部分にカバーというワードを入れ込むことでより検索されやすくなります。

競合しているキーワードは、他のサイトでも対策をされているため、上位表示は難しいのですが、検索をよくされているものの、競合性が低いものを見つければ、キーワードにそれを入れ込むことで、検索上位を狙うことが可能となります。

AmazonページのAmazonサジェスト機能を活用しよう

Amazonの検索窓にキーワードを入力すると、その下にそのキーワードと関連性が高く、同じように多く検索されているワードが表示されます。

これがAmazonサジェスト機能です。

実際に検索した情報がここに表示されますので、キーワードとして有用性の高いものだといえます。

例えば「モバイルバッテリー」と打ち込むと、「大容量」や「軽量」「薄型」といったワードが、モバイルバッテリーと共に検索されているということが分かります。

ここに表示されていないワードをキーワードにしていても、検索される可能性は低い、もしくはない、ともいえますので、必ずチェックすることが必要です。

合わせて使いたいサジェストツールは?

Amazonサジェストキーワード一括DLツールは、キーワードサジェスト機能で表示されているキーワードをCVSファイルとしてDLすることができるツールです。

また他の検索エンジンにも同じようにDLツールがありますので、色々出力して見比べながら、自分の商品に最適なキーワードを調べましょう。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

ヤフーサジェスト キーワード一括DLツール

ビングサジェスト キーワード一括DLツール

ユーチューブサジェスト キーワード一括DLツール

Webの検索は、Amazonの商品の検索とは違う面もありますが、お客さんが商品を探す時に使うワードを調べる時にも参考になります。

販促を利用して検索上位を目指すための3つのポイント

Amazonの検索で上位表示されるよう、必要となるSEO対策には、販促も重要なポイントです。

サーチエンジンのA9の評価を受けるためにも、販促はどうすべきか詳しくご紹介します。

Amazonで上位表示を実現するためにタイムセールを活用して販売数をアップさせる

Amazonの検索で上位表示されるためには、キーワードだけでなく、販売数をアップさせることが最も重要です。

たくさんの商品が売れても、その後全く売れない日が何ヶ月も続けば、ランキングは下がりますし、検索しても上位には表示されません。

ただコンスタントに販売していくのもまた難しいのが現実です。

そこで活用したいのが、Amazonタイムセールです。

売上が一定数を上回っているなどの条件をクリアする必要がありますが、管理画面にある広告から選べるタイムセールで、「数量限定タイムダッシュボード」から出品する商品を選んでタイムセールを行うことができます。

セールを行えばアクセス数も増え、購入につながりやすくなります。

Amazonスポンサープロダクトを活用して検索上位に表示する

Amazonスポンサープロダクトとは、Amazon内で表示させる広告のことです。

クリック課金型となっていますが、見た目に広告とはあまり感じさせないため、クリックしやすく、さらにAmazon内だけでなく、GoogleやYahooの検索でも表示されるため、販売の拡大が見込めます。

キーワード対策をしっかり行えば、より検索して流入してくるお客さんも増えていきますので、スポンサープロダクトの分析ツールを活用してアクセスアップを狙っていきましょう。

重要!Amazonカスタマーレビュー対策で信頼性を高める

Amazonの検索で上位表示されるためのSEO対策も大切ですが、上位表示されるための対策の1つにレビューがあります。

レビュー自体がSEO対策に関係しているわけではありませんが、レビューで星5や4が多いということは、それだけお客さんに良い商品であるという信頼性の高さであり結果的に購入にもつながりますので、成約率であるコンバージョン率にも影響することから回り回って重要といえます。

カスタマーレビューを増やす方法としては、3つの方法があります。

AmazonVINEサービスを利用する

Amazonのトップレビュワーの方に、予約商品や新商品のサンプルを提供してカスタマーレビューを投稿してもらうサービスですが、Amazonの担当者が付いていないと使うことができません。

またVINEサービスを利用したレビューということが分かってしまいます。

直接ベストレビュワーにレビューを依頼する

インセンティブを払ってレビューを書いてもらうのは、Amazonでは禁止されています。

ただし割引クーポンを渡すことができますので、メールアドレスやツイッターアカウントなどを公開しているベストレビュワーに直接依頼してみましょう。

実際に商品を購入してレビューを書いてくれれば評価は上がりますが、購入していないアカウントでレビューを書いてもらうと評価は下がります。

評価依頼のツールを利用する

購入してくれたけれど、レビューをしていない人に対して、依頼をするツールを利用する方法です。

またメールを見ていない人へは、電話でレビュー依頼をする方法もあります。

メールよりも電話の方がレビューしやすいということもあるため、積極的に依頼をしていくといいでしょう。

こういったレビュー依頼も大切ですが、悪い評価をもらってしまった場合には、削除依頼を出すのもレビュー対策の1つです。

信頼も落ちてしまいますので、なぜ悪い評価をつけられたのか、早急に解決できる問題であれば、「誠意ある対応をしますので評価を取り下げていただけますか」と依頼しましょう。

商品の間違いや破損など、商品交換などですぐに対応できる場合もあります。

こういった対応には、外注を依頼することで負担が減ります。

インターネットと相性のいいAmazonロングテールSEOで上位表示を目指す3つの方法

ロングテールSEOとは、特定のキーワードと共に、その関連するキーワードを合わせて上位表示を狙うことで、より幅広い層をターゲットにすることで検索数を上げるSEOのことです。

ロングテールとは関連するキーワードでアクセスの少ない、しかし検索されるキーワードのことです。

実店舗での販売では、パレートの法則が販売における基本的な考え方でした。

つまり売れる商品はどんどん売れるから、売れる物を仕入れて売っていくという方法です。

しかしインターネットショッピングが増え、そちらが主流になってくると、パレートの法則では売れなくなってきました。

そこでいわれるようになったのが、「人気がない商品の売り上げが、全商品の中で人気のある商品の売り上げを上回る」というロングテールの法則です。

実店舗では陳列する数に限りがありますが、インターネットショップでは人気商品と共に、たまに売れる商品や、なかなか売上につながらないニッチな商品など幅広く用意することができます。

つまり実店舗では切り捨ててきた、検索で上位に上がらない80%のロングテール商品を必要とする購入者もインターネットショップでは取り込むことができます。

そこでロングテールSEOをどう取り込んでいけばいいのか、その具体的な方法を詳しくご紹介します。

Amazon上位表示にビッグキーワードとロングテールキーワードを取り込んだページを作成する

ロングテールSEOでは、ビッグキーワードとロングテールキーワードを組み合わせた複合キーワードで、ページを作成します。

例えば「バイクシューズ」というキーワードだと、競合するためたくさんの商品がヒットしてしまいますが、ロングテールキーワードで「ライディングブーツ」や「防水」、「抗菌」といったキーワードを入れればより必要とする層が絞り込めます。

「バイクシューズ」というビッグワードも含まれていますので、そちらの層からも購入する人が見込めますので、単純にビッグワードだけでは勝負できない商品でも、上位表示につなげることが可能となります。

ユーザーがアクセスするキーワードをコンテンツ内に取り込む

キーワードはたくさん入れればいいというものではないのですが、必要となる情報以外にも、細かい部分でユーザーが検索してくる場合、そのキーワードがコンテンツ内にあれば上位表示させることが可能となります。

例えばアパートを探しているユーザーが不動産サイトで検索する場合、「賃貸アパート」というのがビッグキーワードですが、普通検索する時には住みたい地名の他、「エアコン付き」や「床暖房付き」といったキーワードを入れて検索することがあります。

滅多に検索をされないキーワードかもしれませんが、アクセスする人がそのキーワードを入力したということが大切なので、コンテンツ内にそのキーワードがあれば、Google検索などで上位に表示される可能性が高くなります。

アクセスされるキーワードで新たなページを別に作る

情報が多いページはSEO上あまりおすすめできません。

情報ばかりで自分の必要な部分はどこなの?と調べるのに時間がかかってしまうと、ユーザーはそのページを離脱しやすくなるためです。

もうすでに作ってある商品ページなどで、新たに取り込みたいキーワードがある場合は、そのキーワードを中心に新たなページを作る方法もおすすめです。

元のページにあるキーワードでの取り込みと、新たなページでの取り込みといったユーザーの受け皿を増やすことにもつながりますので、より多くのアクセスを稼ぐことにもなります。

AmazonSEOで上位表示する方法まとめ

Amazon内でのSEO対策は、これからも進化や変化をしていきますので、今回ご紹介した方法だけでなく常に情報を収集していくことが必要です。

ただしAmazonの基本姿勢である、「お客様がオンラインで求めるあらゆるものを検索、発見し、可能な限りの低価格で提供する」ことを常に頭に置いて、ユーザーの立場でSEO対策をすることが何よりも大切です。

その対策をしても他のセラーの商品が売れるといった場合には、なぜその商品が選ばれたのかまたSEO対策は適切だったか、ユーザーの側からみて原因を究明し、常に改善して行くことが最も必要なSEO対策といえます。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法