物販

Amazonマーケットプレイス出品で売れ筋商品の一覧はどうやってGETすればいいのか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonで副業として出品を始めた人の多くが最初にぶつかる大きな壁というのは、売れ筋商品を見つけ出す、ということでしょう。確実に売れる売れ筋商品の一覧というのがどこかにあれば話は早いのですが、自分でビジネスを展開していく上で、そんなに甘い話はありません。

いろいろと試行錯誤をしながら自分で売れ筋商品の一覧を作っていくしかありません。売れ筋商品を見つけるためには、今現在売れ筋商品を抱えている出品者がどんな商品を販売しているのかを調べるのが1番手っ取り早いことです。

この記事では、出品者(セラー)IDを調べることで、売れ筋商品を見つける方法についてお伝えします。

Contents

【期間限定無料公開】ノーリスクで時給1万円の国内転売ノウハウ



物販ビジネスでは、利益率が高ければ販売する商品点数が少なくて済みます。

これから副業でネットビジネスを始めたいというのであれば、ただ漫然と稼げそうな方法に 手を出すのではなく、副業の少ない時間でも稼げる利益率の高いビジネスを始めるべきです。

そこでおすすめしたいのが国内転売です。

国内転売というとネットビジネスの中では今や珍しい方法ではありませんので今更と思うかもしれません。確かに、普通の国内転売であれば利益率は10%程度が当たり前です。しかし、今回ご紹介する国内転売のノウハウは利益率40%とかなり高めで、無在庫販売かつ発送作業が不要です。

在庫を持つリスクがない上に、商品が売れても自分で発送をする必要がなくて利益率40%。発送作業がなければ場所に縛られることがありませんので、パソコン1台あればどこからでも稼ぐことができます。

そんなあり得ない稼ぎ方について、ノウハウ構築者本人が全貌を曝け出している映像を無料で公開します。

期間限定の公開なので、見逃さないよう早めに登録することをおすすめします!

>>> 【3月25日24時まで】副業でも1日1時間の作業で月収30万円稼げる無在庫国内転売の秘密を知るにはこちらをクリック

Amazonマーケットプレイスにはどんな種類の出品者がいるのか?

まずは、Amazonのマーケットプレイスにはどんな種類の出品者がいるのか理解しておきましょう。 Amazonマーケットプレイスの出品者には、個人出品者大口出品者、大型店出品者の3種類が混在しています。

【Amazonマーケットプレイス出品者①】個人出品者

まずは、個人出品者というのはどのような出品者なのでしょうか。個人出品者というのは、自分の家で要らなくなった中古品や、コレクターしていたけれども飽きてしまった商品など、個人で売りたい商品を出品している人になります。

小口出品者として出品している人が多く、基本的に既にAmazonに登録されている商品しか出品することはできません。また、個人出品者であっても、商品はAmazonマーケットプレイスの商品として出品され、配送料返品ポリシーなどはAmazonの規約に従う必要があります。

【Amazonマーケットプレイス出品者②】プロマーチャント(大口出品者)

大口出品者というのは、ショップのオーナーなどが商品をまとめて出品できるのが特徴です。セラーセントラルで在庫管理をしたり、 Amazonの公式の様々な販売者向けのツールや機能も使うことができます。こちらも配送料や返品ポリシーなどは、 Amazonの規約に従わなくてはいけません。

【Amazonマーケットプレイス出品者③】大型店出品者

大型店出品者というのも、 Amazonには出品しています。例えば、ビッグカメラやマツモトキヨシなど、誰でも知っているお店のアカウントをAmazonで見つけた事はありませんか。

実店舗も大規模に出店している店舗が、 Amazonにも出品しているのが、大型店出品者になります。こちらは個人が副業で始めるAmazon出品では、ライバルになりえないのであまり考えなくていいでしょう。

売れ筋出品者を探せ!AmazonでセラーIDを調べる方法

自分がライバルにしたいと思う、売れ筋商品をたくさん持っている出店者を見つけたときには、その出店者がどんな商品を出品しているのか知られるためには、出品者(セラー)IDを確認する方法があります。ここからはセラーIDを確認する方法について見ていきましょう。

Amazon出品者に割り当てられるセラーIDとは?

セラーIDというのは、 Amazonマーケットプレイスで出品者に割り当てられている固定のIDのことです。出品者IDとも呼びます。気になる出品者を見つけたら、まずはセラーIDを調べて、その出品者がどのような商品を出品してるのかすぐに調べてみましょう。

セラーIDはAmazonセラーページから調べることができる!

気になる出品者のセラーIDというのは、セラーページから調べることができます。

まずは気になる出品者がいたら、セラー名をクリックしてみましょう。するとそのセラーについての詳細ページに飛びます。

そのセラーページのURLを見てみましょう。

上の画像の赤枠の中の、URLの中のseller=の後のAから始まる13桁の英数字がそのセラーのIDになります。セラーIDの前にmarketplaceID=の後から始まる同じような14桁のIDがありますが、こちらはマーケットプレイスのIDになり、セラーIDとは異なるものです。よく間違える人がいるので気をつけましょう。

セラーIDからセラーページを見る方法

セラーIDがわかったら、そのセラーが出品している商品が見られるセラーページを見てみましょう。セラーページのURLはhttps://www.amazon.com/s?me=のイコールの後にセラーIDを付けるだけです。

Amazonで売れ筋セラーIDを見つけると何ができるのか?!

売れ筋セラーのIDを見つけることができたら、一体どんなことができるのでしょうか。売れ筋商品を扱っている出品者だということは、その出品者と同じ商品を出品すれば、まずは間違いがないということをしています。ですから、その出品者が扱っている商品のASINを片っ端から抜き出していきましょう。

ツールを使えば、セラーIDからの出品者が出品している商品のASINを簡単に取得することができます。

AmazonセラーIDを無在庫輸出で活用しよう!

AmazonのセラーIDの活用法では、 Amazonの在庫輸出で活用する方法があります。無在庫販売というのは、在庫を持たずに売れて入金があってから商品を仕入れる販売方法になります。

少ない資金でも、入金後に仕入れることができる、というメリットがあります。Amazonでの無在庫輸出というのは、主にアメリカのAmazonで販売する人が多くいます。

アメリカのAmazonで無在庫輸出をしている日本人の出品者を見つけたら、そのセラーIDから商品情報をゲットして、同じような商品を真似して出品してみましょう。

AmazonセラーIDを無在庫輸入でも活用しよう!

無在庫出品は、輸出だけではなくて、輸入で行うこともできます。こちらも入金を確認してから商品を仕入れるのですが、販売する場は日本になります。日本のAmazonで主に中国から安く仕入れた商品を、無在庫販売していきます。

こちらも無在庫輸出と同じように、無在庫輸入をしている販売者を日本のAmazonで見つけて、そのセラーIDから商品を探して、真似して出品するだけです。

AmazonセラーIDをFBA販売にも活用しよう!

FBA販売を始めようと考えている人の中には、どんな商品をFBAに回すべきか悩んでしまう人もいるでしょう。そんな場合にもセラーIDを活用することができます。

売れ筋のセラーがどんな商品をFBAに回しているのか調べることで、自己出品するべき商品と、FBAに回すべき商品を調べることができます。

Amazon出品者IDをGETして儲かる商品一覧を作ろう!

Amazonには、たくさんの出品者が多くの商品を販売しています。出品者たちの目的というのは、まず例外なく「儲ける」ことを第一の目的として商品を販売しているのは言うまでもありません。

Amazonで販売を続けている出品者は、何らかの方法で商品を仕入れて、必ずAmazonで儲けているわけです。

ということは、売れ筋のセラーというのは必ず儲かる商品リストを持っているということです。売れ筋セラーを探して、その儲かる商品リストを真似すれば、あなたも簡単に儲かる商品リストをGETすることができるのです。

ただし、ビッグカメラといった大規模小売店や魔法瓶のタイガーなどのメーカーも出品してます。大規模小売店やメーカーとは同じ土俵でもちろん戦うことはできません。

自分と同じ土俵で戦っている、副業セラーで儲けている人を見つけて、その商品を参考にしましょう。

【Amazon出品儲かる商品一覧作りのコツ】同レベルの出品者を参考に!

自分なりの売れる商品の一覧を作るためのコツというのは、まずは自分と同じレベルの出品者を見つけることが大切です。

Amazonの出品者には、大規模小売店やメーカーも参入しています。そういった大規模セラーとは最初から同じ土俵で勝負できるわけがないので、自分と同じレベルの出品者の中から、売れ筋商品をたくさん抱えている人を見つけるようにしましょう。

【Amazon出品儲かる商品一覧作りのコツ】手法が同じ出品者を見つけよう!

Amazon出品を始めるための方法にはいろいろな方法があります。中国転売無在庫販売、近所のドン・キホーテや家電量販店で仕入れる人、ブックオフを回って中古品のお宝をつけて販売する人など、様々な形態の出品者が混在しています。

売れ筋商品の一覧を作成する場合には、自分がどんな土俵で勝負しようかしっかりと決めたうえで、同じ手法で稼いでいる出品者の売れ筋商品を真似して行くようにしましょう。

例えば、今回は家電製品を扱う場合の売れ筋出品者のみつけかたについて見ていきましょう。まずはAmazonで「イヤホン」と検索してみましょう。

あまり安い商品だと利益を出せないので、今回は3000円以上の商品を探します。商品を見つけたら、「新品」をクリックしてみます。

するとたくさんのお店が出てきます。店名をクリックすると、その店が今販売している商品を見ることができます。

出品者の中には「AMAZON.CO.JP配送センターより発送されます」とオレンジ色で書かれている出品者がいます。これはAmazon出品で最もよく売れるFBA出品者になります。あなたもFBA出品者になるつもりであれば、FBA出品者の出品商品を見ていきましょう。

出品者名をクリックすると、その出品者が出品している商品がたくさん出てきます。

こちらに出てくる商品は売れるからこそ出品されているのです。こうして売れ筋商品がわかったら、次はどこで安く仕入れられるのか、それを見つければいいのです(それが一番難しいのですが…)

【Amazon出品儲かる商品一覧作りのコツ】規模が同じ出品者を見つけよう!

自分が売れ筋商品を真似するのであれば、自分が無理することなく後を追えるレベルの出品者を見つけることも大切になります。サラリーマンが副業で始める場合には、それほど大きな資金を投入することは不可能です。ですから、大規模な資金をもとに大量出品ができる出品者は最初からライバルにはなり得ません。

自分と同じ規模の出品者を見つけるのに参考になる指標には、出品者の評価があります。評価の数が1000以上の出品者は大規模出品者である可能性が高いので除外します。500以下ならサラリーマンの副業の可能性もあります。

評価からは出品数を把握することもできます。下の画像では「過去12か月で何件の評価」と書いてあります。Amazonの評価は30個売れたら評価が1個付くと言われているので、評価数に30を掛けた数字が12か月で販売数だと考えていいでしょう。

こちらの画像では、1か月あたりの出品数は次のように考えます。

SHOP☆MARS
421(件)×30(個)÷12(月)=1052.5(個/月)
大規模出品者であることがわかります。ライバルとしては考えられません。

甲陽電産
18(件)×30(個)÷12(月)=45(個/月)
このくらいならサラリーマンの副業でも現実的に販売可能な数字になります。
まずはここを目指せばいいということがわかります。

競合相手の在庫状況を確認する方法

売れ筋商品を見つけて、その商品を扱っているライバルとなる売れ筋セラーを見つけたら、次にその相手を詳しく分析していく必要があります。5番手以内につけることができた場合には、上の方のセラーの在庫がなくなり次第、あなたの商品が売れるようになっていきます。

ということは、あなたが売りたいと考えている商品の在庫をライバルセラーがどのくらい持っているのか知ることはとても大切になります。ということで、ここではツールを使って競合分析する方法について見ていきます。

Amazonで競合相手が調査できる!Amzpecty(アムスペクチ)とは?

Amazon出品している競合相手を分析するためには、Amzpectyというツールがおすすめです。こちらのツールを使えば、競合相手の在庫数の合計やFBA出品者のリストなどがCSVでダウンロードすることができます。

Amzpectyの導入方法

AmzpectyはGoogleの拡張機能として追加することができます。以下からアクセスしてみましょう。

amzpecty

amzpecty インストール

拡張機能は多く入れすぎると、ブラウザの読込み速度が遅くなります。 Amazon出品が情報の速度が死活問題となってくる場合もあります。今は使わない拡張機能はオフにしておくことをお勧めします。

右上の青の線の「〇」ボタンを押したら読み込みが始まります。少し時間がかかるので、その間は違う作業をして待ちましょう。

するとこちらの画面になります。

このツールを使わない場合には、いったん自分のカートにその商品を99と入れて在庫数を確認するのが一般的な方法ですが、とても手間がかかるのでこのツールを使えるのはとても助かります。

まだ使ったことがない人は、ぜひ使ってみましょう。

Amzpectyの利用料金や支払方法について

これだけ便利なツールだと、料金の方が気になりますね。便利な分、かなりお高いのではないかと思ってしまいますが、その辺はどうなのでしょうか。

まずは5日間は無料で使うことができます。

その後は$9.99 / 月で使うことができます。1100円ちょっとですね。

支払いはPaypalのみとなりますが、Amazon出品を続けていくのであれば、使わない手はありません!

Amazon出品では競合相手をしっかりと調査して自分の商品一覧を作ろう!

この記事では、お手本にしたいライバルセラーを見つけて、売れ筋商品を見つけて、自分なりの一覧を作っていくための方法についてお伝えしてきました。副業初心者には、いったいどの様な商品を仕入れたらいいのか、本当にわからないものですが、ライバルセラーと同じ商品を最初はとにかく仕入れて出品するということを繰り返していけば、だんだんと自分なりの商品一覧が出来上がっていくことでしょう。ぜひ、競合相手をしっかりと調査して、売れ筋商品をがっつりと見つけていってください!

【お知らせ】1年以内にサラリーマンの月収を超えて独立する方法を無料でお教えします!



今や副業でもサラリーマンの月収程度の稼ぎなら当たり前、大きく稼いでいる人は個人でも年収1000万円以上という方もたくさんいます。

「そんな風に稼ぐことができるのはセンスのある人たちだけでしょ…」とあなたは思ったかも知れませんが、それは違います。

ビジネスで成功するために必要なのは、才能やセンスなどではありません。正しいやり方を知り、その通りにしっかりと実践をすれば自ずと稼げるようになります。

もしあなたが、

  • 本業の給料以外にも収入の柱が欲しい
  • どれだけ頑張っても思うように上がらない年収に嫌気がさしている
  • お金がないせいで常に心に余裕がなく、どこか暗い毎日を一変させたい
  • 自分の力だけで稼げるようになって、人や場所に縛られない生活をしたい
  • 仕事のストレスから解放されて、自由な暮らしを送れるようになりたい
  • 借金やローンを返済して余裕のある生活ができるようになりたい
  • 経済的余裕がなく、奥さんや子どもに我慢をさせるような生活をどうにかしたい

  • こんな風に思っているなら、以下の情報を必ずご確認下さい。

    10年以上にわたってネット物販ビジネスの成功者を輩出し続けてきたノウハウを無料でお教えします。

    >>> ネット物販で年収1000万円以上を稼いでエグゼクティブになる方法はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る