物販

アマゾンにレコードを出品できるのか?出品に制限があるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今の時代に、古くなったレコードは売り物になるのでしょうか。Amazonなどでは、個人でも何でも売れる時代です。

レコードやCDを買取しているお店もたくさんあります。今回は、レコードをどうやって高く売ることができるか、ということを詳しく解説していきます。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。

あなたのビジネスを成功させるために、ぜひこの無料動画を活用して下さい。




レコードはAmazonマーケットプレイスで売れるのか

レコードについて、Amazonでは、LP盤・EP盤・12インチシングル盤など、様々なレコードを取り扱っております、としています。

では、詳しくどのようなものなのか見ていきましょう。

「レコードについて」の詳細ページでは

Amazon.co.jpのヘルプ内にある「レコードについて」というページに、レコードの商品詳細ページは、商品タイトルの最後に[7 inch Analog]または[12 inch Analog]という表示があります、となっています。

また、SP盤は取り扱っておりません、ともなっています。

つまり、LP盤やEP盤などのレコードは取り扱っているということです。

レコードの商品詳細ページ参照
Amazon ヘルプ 「レコードについて」

レコードを注文する場合

レコードを注文したい場合、次の順序で進んでください。

(1)Amazon.co.jpミュージックストアにアスクセスする。

(2)そのページの上部にあるサーチボックスに、商品タイトルなどを入力し検索ボタンをクリックする。

(3)検索結果が表示されたら、商品タイトルかイメージをクリックして商品詳細ページを開く。

(4)注文する場合は、商品をショッピングカートに入れ、レジに進むボタンをクリックする。

(5)アカウントにサインインする。

(6)お届け先住所、配送オプション、お支払い情報などを入力する。

(7)注文内容を確認する。

(8)「注文を確定する」をクリックする

返金手数料について

レコードなどミュージックカテゴリーの商品を購入者に全額返金する場合、Amazonはトランザクションごとの手数料を出品者に返還することになっています。

また注文代金の一部を購入者に返金する場合も、同率の販売手数料を返還することになっています。

つまり、何らかの事情で購入者に注文代金を返金する場合、その注文にかかった手数料を出品者に返還することになっているということです。

Amazonのミュージックカテゴリーに出品制限・出品規制

AmazonでCDやレコードなどのミュージックカテゴリーを出品する際に、規制や制限が入りました。

新品のCDやDVDを出品登録しようとすると、「出品許可がありません」という表示が出て登録ができないという例が多く見られました。

なぜそうなったしまうのか、詳しくはAmazonでも公表していませんが、ミュージックカテゴリーに制限が掛かっている方がいることは確かです。

これは、著作権元より一部出品者の肖像権侵害などがあったためのようです。

つまり、一部の出品者が海賊版を扱っていて、Amazonがそれを取り締まろうとしているようです。

ただすべての出品者に対して制限を行っているようではないので、検証してみましょう。

AmazonでCDを出品しようとすると、「出品許可がありません」表示される

せどりを行っている方の中には、CDやレコードを出品している方も多いと思います。

自宅に残っているCDやレコードはもう聞かないものもあるでしょうから、そういったものを販売しようと思っている方もいるでしょう。

しかし、Amazonマーケットプレイスで売ろうと思ったら、「出品許可がありません」と表示されてそこから先に進めず、出品登録できずに困っている方がいるようです。

何が問題なのか、制限を外すことはできるのか、何か方法はあるのでしょうか。

ミュージックカテゴリーに出品制限がかかってしまっている出品者

出品制限がかかってしまっている方をまとめると以下の方のようです。

・過去12か月間の間に、CDを出品していない方。

・2016年11月以降に新規アカウントを取得している方。

それでも中には例外もあるようで、はっきりとAmazonから公表されていないため、正確なところは不明です。

テクニカルサポートに問い合わせても明確な回答は得られませんでした。

個人情報の取得を目的として、CDなどを低価格で販売している業者が一部存在し、そのクレーム対応としてそういった業者を締め出す方法の一つなのかもしれません。

音楽系のDVDやBlu-rayも出品制限がかかっている

ミュージックカテゴリーの商品と言っても、全ての商品ではなく、商品によっては出品できるものもあります。

DVDでも出品できる商品もあれば、出品できない商品もあります。

特にジャニーズ系などの人気アイドルの場合、出品制限が入るものがあるようです。

これもAmazonの方で、どれが制限が適用さるのかという公式なものは無いため、はっきりとは指定できませんが、商品を仕入れる場合は注意をして調べてから仕入れるようにした方がいいようです。

仕入れてから売れなかったら、そのまま赤字になってしまいます。

ですから、CD、レコード、DVDなどは特に注意しましょう。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法

>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

Amazonの出品制限カテゴリーやブランドの確認方法と解除方法

ここ数年、Amazonでは出品規制や出品制限が増えています。

制限があるものには、カテゴリーと商品の2種類があります。

企業としてAmazonで出品している場合、仕入れ先の卸売業者の請求書があれば問題ありませんが、個人でせどりをされている場合、そういった請求書が手に入れられなかったらどうすればいいでしょうか。

制限がかかっているかの確認方法と申請方法

まず、どの商品が制限がかかっているのか確認する方法です。

セラーセントラルの下部にある「サポートを受ける」というボタンをクリックします。

画面右側にサーチボックスがありますので、そこで「出品申請」と検索すると下に「出品申請」の項目が出てきますのでそちらをクリックします。

一覧で、申請が必要な商品やカテゴリーが表示されます。

この中で、「商品を出品」となっているものは問題なくそのまま出品できますが、「出品を申請」となっているものは申請をしないと出品できません。

このように、一覧で表示されているカテゴリーやブランドは、申請をして許可をとる必要があります。

これはまだ増えていく可能性もあるので、頻繁にチェックをしていきましょう。

特に有名ブランドなどは増えていっていますので注意が必要です。

新規でアカウントを取得した場合など、まだこの一覧が表示されない方の場合は、先程のサーチボックスに「出品許可」と入力し検索します。

すると、「出品許可が必要なカテゴリーと商品」という項目が出てきます。

これをクリックすると一覧が表示されます。

そして申請をしたいカテゴリーや商品をクリックして、そのページの下の方にある「出品を申請」をクリックして申請します。

カテゴリーの簡単な解除方法

次にカテゴリーの解除方法ですが、ペットを例にとって説明していきます。

ただし、年々Amazonの方でも変更点があるためこの通りではないこともあります。

まず、先程のページより申請を行います。

実際に商品登録をして、「申請する」というボタンが出てきたらそれをクリックしていも大丈夫です。

このように「ペット用品の出品申請」というページが表示されます。

まず、「商品はすべて新品ですが?」⇒「はい。」

次に、「商品に商品コード(JAN)がありますか?」⇒「商品に商品コード(JAN)があります。」

とそれぞれを選択して、「続ける」をクリックします。

並行輸入品ですか?」⇒「いいえ。」

とクリックします。

画像を1枚アップロードします。

画像の条件がいろいろありますが、「はい。」とクリックしていきます。

こちらの画像をアップロードしたとします。

先程のいろいろな条件を満たしている画像をアップロードしてください。

サイズがあっていない場合は、サイズを合わせて変更してください。

「アップロードされました」と表示されたらOKです。

最後にEメールを入力して、「申請内容の送信」をクリックしたら終了です。

初めての場合は、次の手順で、出品者の氏名や住所、電話番号を入力します。

また、「情報・ポリシーを確認する」というのも必要です。

申請に請求書が必要な場合の解除方法

今度は、簡単に解除ができない場合です。

今までは、仕入れた際のレシートなどを提示すれば大丈夫でしたが、今後は請求書が必要となっています。

・請求書がネットで販売していない卸売業者のものであること。

・一般客に販売していない卸売業者であること。

・レシート、領収書、納品書の類は使用できない。

・180日以内の日付のものであること。

・合計して30点以上の商品を購入している請求書であること。

・メーカーまたは卸売業者の名前と住所が示されていること。

・出品者の名前と住所が示されていること。

・テクニカルサポートからの電話に対応すること。

以上のような条件を満たす請求書が必要となります。

個人でせどりをされている方にとって、一番ハードルが高くなってくるのが、ネットで販売していない卸売業者から30点以上を商品を仕入れることです。

しかし、今後Amazonを利用してせどりを行っていくのであれば、そういった仕入れ先があった方が便利です。

他の人にも同じように制限がかかっているということは、そこでせどりができる人が限られてくることになります。

タウンページなどを使って、卸売業者を探し、独自の仕入れルートを作ることは、定期的な売上をあげるためにも役に立ちます。

実際の申請の方法です。

新品かどうか、30点以上あるかどうか、独自ブランドかどうかにチェック入れ、「続ける」をクリックします。

ここで請求書をアップロードして、「続ける」をクリックすると終了です。

その後、テクニカルサポートから確認の連絡が入りますので、対応してください。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

中古レコードで稼げない方に、新品レコードでの稼ぎ方を解説

ヤフオクなどで中古レコードの落札価格を見ていると、数万円もするものがあります。

これはもしかして、中古のレコードを売れば儲かるのかもしれないと思ってしまいます。

しかし、実際のところはそうはうまくいきません。

でも、新品のレコードであれば、そこそこの利益を出すことができます。

中古レコードの難しさ


ヤフオクなどで中古のレコードの落札価格を見ていると、数万円もするものがあります。

まだせどりに詳しくない人であれば、これは行けると思ってしまいます。

この画像と同じレコードを海外から仕入れて国内で販売すれば数万円儲かるのかも、と思うでしょう。

アメリカのAmazonではこのように、同じレコードが安く売っています。

15.69ドルなので、2000円もしない価格で仕入れることができます。

でも、実際にこのレコードを国内で販売するとどうなるでしょうか。

高く売れている中古レコードには理由がある

実際には、国内で販売しても2000円程度にしかなりません。

全く同じレコードのように見えますが、先程のヤフオクのようには高くなりませんでした。

これには理由があって、高く売れる中古レコードにはプレミアがついていたのです。

プレミアがつくレコードとはどのようなものかと言うと。

・USオリジナル商品

・RVG刻印がるもの

・ディープグループのもの

・重量盤であること

・プロモ盤であること

・モノラルであること

という感じです。

特にジャズを聴く方はよくわかると思いますが、こういったレコードにはプレミアがつきます。

このようなプレミアレコードはAmazonで購入することはまずできないので、レコードを扱っている店舗で探して購入するしかありません。

しかし、そういう店舗ではプレミア商品は高値で販売しているため、せどりをしても大した儲けにはならないのです。

普通のレコードを仕入れて、プレミア商品のようにしてだまして売ろうと思っても、こういった商品を欲しがる方は、元々レコードに詳しく、知識もあるため引っかかる人はいないでしょう。

新品のレコードはどうなのか

中古のレコードをせどりで販売しても難しいのであれば、新品のレコードはどうでしょう。

例えば、このような新品のレコードはどうでしょうか。

入札が10件もあり、落札価格も3250円となっています。

これをある程度安く仕入れられれば、せどりをする価値はあります。

先程の中古レコードのときと同じですが、15.69ドルということは、2000円程度で仕入れられます。

ということは、新品で仕入れて国内で販売すれば、差額1000円程度は利益が出るということになります。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法

>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

1000円以上の利益を出して新品レコードを売る方法

この「Waltz for Debby」というレコードは、同じ新品でも2000円~3000円といういろんな値段で売られています。

中古品であればそれ以下になりますし、プレミアがついている場合は当然それ以上となります。

しかし、新品の場合は、相場が2000円~3000円程度と決まっています。

では、その価格幅の中で、どのようにして3000円で売ればいいのでしょうか。

開始価格が大事

同じ商品であれば、できるだけ高く売りたいですよね。

これには、少しコツがあります。

例えば、このレコードを開始価格1円からスタートしたとします。

すると、入札者は増えますが、落札価格は2000円くらいで落ち着いてしまいます。

しかし、開始価格を2000円くらいからスタートすると、入札者は減りますが、3000円くらいで落札されます。

つまり、開始価格というのは出品者のある意味サインであって、1円からスタートをすると、この出品者は安く売っても構わないというサインになります。

そうすると本当にこの商品を欲しがっている人からすると、何か問題があるから安く売ってるのかもと勘ぐって手を出しにくくなってしまうのです。

本当に欲しがっている人は、ある程度高くても新品できれいな商品を好みます。

だから、新品のレコードであれば、自信をもって高い値段から開始価格を設定して、できれば新品で何も問題が無いことがわかるように、返品も受け付けることです。

また、レコードの型番がわかるように、画像を載せるのも安心材料となります。

つまり、新品のレコードは、本当に欲しがっている人を相手に、きちんとした商品を高い価格で売る方が利益が出やすくなります。

商品のアピールの仕方

先程、レコードの型番がわかるように画像があった方がいいと書きましたが、写真をとるために、フィルムを開けて中身を出し写真をとっても、新品として出品することは可能です。

ですから、購入者に本当に新品であることを伝えるために、型番がわかるように写真をとって載せましょう。

そして、新品の場合、再生できないことはまず無いので、返品は可能としておきます。

再生できれば普通はトラブルは起きませんから、返品不可にしてしまうと逆に購入者に不信感を抱かせるだけです。

これで、価格は新品同様の価格で始めます。

中途半端に中古品のような価格にする必要はありません。

新品なんですから、中古品より高くて当たり前です。

自信を持って高い価格から始めれば、4000円で売れることもあります。

レコードの梱包と発送方法

アメリカのAmazonからレコードを購入すると、ピザの箱くらいのダンボールで発送されてきますので、それをそのまま再利用します。

レコードが破損しないように、気泡入り緩衝材を使用して梱包をしておきます。

もともと、頑丈なつくりのダンボールなので、それ以上に梱包に気を使う必要はありません。

発送は、ゆうメールでしたら、500gまでは300円です。

ゆうメールの場合、内容物を確認できる必要があるので、完全に梱包をせず、一部を開けられるようにしておかなくてはいけません。

古いレコードは売り物になるのか

音楽は、CDやダウンロードが主流になっている今の時代に、古いレコードは売れるのでしょうか。

レコードの売買事情について解説します。

古いレコードでも売れる

今の世の中、レコードを使っている人はいるのか。

古いレコードを買ってくれる人はいるのか。

不安に思うかもしれませんが、結論から言うと売れます。

レコードは今となっては古いもので、使っている方は少ないと思いますが、今でもレコード盤音源のものは売られていますし、レコードを再生するためのオーディオ機器も売られています。

つまりは、今でもレコードで音楽を聴いている人は少なからずいるということです。

そういう人は、レコードで音楽を聴くことを好んでいます。

だから、古いレコードでも売れるのです。

なぜ古いレコードが売れるのか

レコードで音楽を聴くことを好む人は、レコードの音を気に入っているからです。

現在、CDやMP3の方が主流で音質はいいのかもしれません。

それでも、レコードで聞く音楽とCDなどとを比べると、レコードの方が味があると思う人は結構います。

これは、好き嫌いの問題なので、個人の好みですが、特にクラシックやジャズを聴いている人はレコードを好む人がいます。

中には昔のアイドルなどでも、ジャケットを目当てで買っている人もいます。

好みは人それぞれですから、音楽に関してもそれぞれ個人で好みに差があるのは当たり前のことです。

レアなものは高く売れる

中古のレコードの場合、今では販売していなくて手に入れることができないものが多いです。

そういったものは、高いお金を出しても欲しいと思っている人はいます。

そういったレアなレコードは、高い価格で売れることがあります。

特に昭和のレコードや、ジャズ、クラシックなどは高くなることがあります。

名盤や廃盤は数万円になることもある

普通、レコード盤を売りに出すと数百円ということが多いですが、名盤や廃盤となったレコードの場合、数万円となることもあります。

自分にとって価値がなくなったものでも、欲しい人はいるかもしれませんから、まずは売ってみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自宅で古くなったレコードなど、処分に困ったら売ってみるのもいいのではないでしょうか。

Amazonでは制限や規制がかかっているものもあり、ハードルは少し高くなったかもしれませんが、それでも売る方法はあります。

せどりをしている方にとっては、逆にライバルが減ってチャンスかもしれません。

いろいろ試してみて、販路を広げていきましょう。

レコードのように、自宅で不要となったものも、売ればお金になります。

きちんと調べて正しい情報を得れば、赤字にはならないはずです。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法