物販

甘い考えは危険!中国輸入で偽物は絶対扱わないこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は中国輸入で度々問題となるブランド品についてまとめました。
本物と偽物の見分け方から、誤って扱わない方法、もしも偽物を扱った場合のリスクまで詳しく解説していきます。

Contents

無料動画|出品するだけで売れるブルーオーシャン
韓国輸出で稼ぐ方法を暴露した対談を期間限定公開



韓国輸出はまだ実践者が非常に少なく、ブルーオーシャンの市場です。しかも無在庫販売、難しいリサーチもなし、利益率も40%と驚きの連続です。

ただ商品を出品するだけで稼げてしまう、それが韓国輸出です。そんな手法の全貌を、期間限定で無料公開中です。




輸入禁止の偽物やコピー商品について

輸入ビジネスをする上で絶対に仕入れてはいけないとされている偽物やコピー商品。
中国の様々な模倣をニュースに取り上げられているので、なんとなくでも想像がつきますよね。
しかし、具体的にどういうものを指しているのか、仕入れてしまった場合にどうなるのか、説明できないという方もいるのではないでしょうか。
その点について掘り下げて説明していきます。

偽物とはどういったものを指すのか?

中国で販売されているブランド品は、十中八九偽物であると言っても過言ではないのですが、具体的に偽物とはどういったものなのでしょうか。
これは、知的財産権を侵害しているものを指しています。

たとえば、グッチやルイ・ヴィトンといったブランド名(商標権)を無断で使用したり、ブランド品のデザイン(意匠権)をまねて作られた物です。
ブランドは、デザインの意匠登録やロゴの商標登録がされていて権利として守られているため、許可なく真似するのは犯罪にあたります。

偽物の取り扱いを失くすためにも、必ず理解しておきたい部分です。

Amazonなど販売サイトの信用にも関わることでもあるので、下記の記事も参考にしてください。

参考:アカウント停止になる前に!Amazonに出品している商品情報の一括削除の方法とは?!

偽物を仕入れてしまうと何が起きるのか?

まず、知的財産権の権利を持つ者(権利者)が税関に輸入差止を申し立てている場合は、税関で止められたあと権利者と消費者に、「知的財産権を侵害するものにあたるか」ということの認定を開始する旨の通知が届きます。
これは、その商品に対し権利者と争うか否かを決めることでもあり、不服の場合は申し立てを行い、申し立てせず受け入れる場合は任意放棄を行います。

該当しないと認められれば輸入許可が下りますが、そうでない場合は当然自分の手に渡ることはなく、基本的には税関で破棄となるのです。また、正直に言うと申し立てをされればほぼ勝ち目はないと考えてよいでしょう。
なお、差止申し立てがされていない場合でも、止められることはありますのでご注意ください。

万が一、税関で引っかからず仕入れて販売しても、権利者と争うリスクは十分残っています。裁判等大事になることもありますので、気づかず仕入れ・販売した際は、気づいた時点で然るべき対応を取りましょう。通関したとしても、れっきとした犯罪行為に変わりはありません。

また、有名ブランドであれば、非常にわかりやすいので仕入れることも少ないでしょうが、問題はマイナーなものを知らず知らずのうちに購入した場合です。
このリスクを防ぐためには、税関のホームページで【差止申立受付・受理状況】を確認すると良いでしょう。キーワード検索ができるので、ブランド名や商品名等で検索してみることをおすすめします。

偽物の輸入は税関で止まってしまうだけでなく、悪質とみなされれば最悪逮捕ということもあるくらい大きな問題です。また、仮に販売したとしても最終消費者からクレームになることは間違いないでしょう。あまりにもリスクが大きい行為なので、絶対にしないでください。

税関で止まった際の費用は…?

一概には言えませんが、「認定手続開始通知」が来た時点で争わず受け入れた場合は、所有権を放棄する形になるので、破棄費用がかからないことが多いです。
しかし、争った場合は破棄する際の費用は掛かってくるので良いことは何もありません。

稀に、権利者の同意が取れた上に経済産業大臣が認めた場合、返送することも可能となります。しかし、ほとんどの権利者はそれを認めないことや知的財産権の侵害が認めれられたものはそもそも輸出ができないため、ここでは返送の際に発生する費用は割愛します。

争った場合、認定までに約1ヵ月の期間を要します。その間倉庫に保管されているため、最低でも1ヵ月分×1日あたりの倉庫保管料が必要になってくるのです。倉庫保管料は荷物の大きさ等によって異なるので一概にこれという金額は出せませんが、仮に1日1000円だとしたら……倉庫保管料だけで3万円近くになりますね。それにプラスして破棄費用等が発生すれば、かなりの金額になることは確かです。

中国輸入でブランド品は仕入れてはいけないの?

こういった質問をよく耳にしますが、この答えは中国輸入ビジネスではやめておくべきです。
とても曖昧な言い方ですが、本物であれば特に問題はありません。しかし、本物を確実に見分けられる自信はありますか?また、本物を探す作業自体効率が悪いので、全体的に見ても得より遥かに損の方が大きいです。

中国輸入とブランド品についてもう少し掘り下げて見てみましょう。

中国輸入以外の偽物については、下記の記事を参考にしてください。

参考:BUYMAで偽物を出品!?仕入れ先を見極めるには?

やめておくべき理由とは

答えは簡単、中国輸入の仕入ルートにあるブランド品はほとんどが偽物だからです。
ニュースや特集番組でもよく取り上げられていますが、中国の町工場では偽ブランド品を大量生産しているところがたくさんあります。商品をコピーする能力は世界一と言ってもいいくらい、中国には模倣品で溢れていて、本物志向の中国人が増えていてもまだまだ模倣品人気は根強いのです。

そして、そんな商品は、中国輸入の仕入れ先としてよく使用されるタオバオアリババ等では大量に販売されています。元々中国の現地人がサイトを利用することを想定しているため、仕方ない部分ではあるのでしょう。
しかし、販売されているからといって模倣品を仕入れることは、認識の有無を問わず法律違反となります。仮に輸入できたとしても、もちろん違反です。

知的財産権の侵害を意図的に行った場合、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金となるか、その両方が科されます。また、法人の従業員が侵害した場合は所属する法人に対しても3億円以下の罰金が科されるのです。

ならば、意図的ではないことを主張すればよいのかというとそうではありません。主張したとしても悪質とみなされれば当然罰が科されます。

ブランド品の輸入は、自分を守るためにも止めておきましょう。

中国輸入で仕入れ可能なものとは

ブランドを謳ったものではないもの、つまりノーブランド品(ノーブランドと表記されていてもブランドロゴが入っていればアウト)であれば輸入が可能です。
要は許可のないブランドロゴがなく、かつ輸入禁止品目に該当しないものなら輸入できるということなので、選択肢は無数にあります。

ノーブランドで仕入れる商品の例をいくつかあげてみましょう。

・手袋やマフラー
・トップスやボトムス
・トートバッグやショルダーバッグ、その他バッグ類
・ドレス、コスプレ衣装
・時計やベルト
・小物ポーチ
・折り畳み傘
・スマホカバー、アクセサリー
・浮き輪や水着
・ハートレートモニター
・糖度計
・ハンドスピナー
・ブロック

上にあげたのはほんの一例であり、実際はもっと多くのジャンルから候補が選べます。
もちろんその中では需要等も考えながら仕入れなければなりませんが、わざわざブランド品を扱うよりリスクは低いでしょう。

本物かどうかを見分ける方法とは

ブランドは避けましょうと説明しても、どうしてもブランドにこだわりたいという方もいます。
本物と偽物の見分け方は、誰が見ても明白な本物である証拠や証明できる書類を確認することです。その証拠があって100%本物だと自信が持てるのであれば扱ってもいいですが、少しでも不安があれば仕入れはやめておきましょう。

また、中には本物として合格の基準に満たなかった品を横流しまたはB級品として販売している業者もいます。本物とほとんど変わらないので扱ってもいいのではと考える人もいますが、これも正規で認められたものではないので違法です。絶対に扱わないでください。

また、キャラクター使用の商品も非常に偽物が多く、この中から本物を見つけ出すのは効率が悪いですし、証明書等の偽装を重ねる業者もいるのでリスクが非常に高いです。繰り返しになりますが、キャラクターや高級ブランド品を扱うのは絶対にやめましょう。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

偽物の定義と、掴まないためにできること

この記事内でも偽物には注意すべきと説明していますが、中には判断が付かず仕入れてしまうという人もいるのが現状です。そうならないために、偽物の定義や仕入れないための対策をお伝えします。

偽物の定義とは

中国の偽物のレベルは、誰がどう見ても完全に偽物とわかるものから、似ているような気がする、そっくりで気づかないというものまでいろいろあります。特に後者のような商品は、判断に迷う人もいるのです。

偽物の定義としては、知的財産権を取得している物を、権利者に無断で使用した商品であり、中国輸入で多いのはブランド名・ロゴ(商標権)やデザイン(意匠権)を侵害したものになります。
ブランド名であれば商品のタイトルや詳細ページに入っていると気づくかもしれませんが、商標登録されていることを知らずに偽物を仕入れてしまうというケースも実は多いのです。

たとえばウォークマンやハンディカム。一般名称と認識している方もいますが、実はソニーが商標登録しているものです。一般名称として認識していれば、そのキーワードが入っていても疑問を持たずに仕入れてしまうというのですね。

知ってる人もいれば知らない人もいる商標は特に使われやすく、知らない人をターゲットにしているといっても過言ではありません。あとは意外なところだと「女子高生」も実は商標登録されていたり、他にも意外な言葉が登録されているので注意が必要です。

では、権利がある物を見極め、仕入れないようにする対策について説明していきます。

権利があるものを見極める方法

商標権・意匠権・特許権が申請されている物は、特許情報プラットフォーム J-PlatPatというサイトで検索できます。

検索窓横のプルダウンから調べたい権利を選び、キーワードで検索ができるので、これを使用してチェックするようにしてください。

また、ネットで「ルイ・ヴィトン(調べたいブランド名) 偽物」等と入れて検索すると、チェック項目や特徴が出ているサイトがいくつも見つかるのでそちらもうまく活用していくとよいでしょう。

中国のサイトで売られているブランドに本物はある?

タオバオやアリババ、アリエクスプレス等、中国輸入ではよく使用されるサイトですが、ここには様々な有名ブランドの名前を使用した商品が販売されています。

タオバオでエルメスのバッグを画像検索すると、複数のバッグが出てきました。

値段を見ると、HERMESと書かれたものは¥46600.00(人民元)となっているのですが、隣のバッグは¥212.80(人民元)となっています。このケースのように定価よりも相当安い金額で販売されているものは多くありますが、まず偽物です。
エルメスに限らず、シャネル、グッチ、アディダス、ナイキ等有名ブランドであるものはまず偽物が販売されていると考えましょう。

他にも中国で販売されている偽物の例

中国=偽物というイメージを持つ人が多いほど、当たり前のように販売されています。
一見偽物だとわからないものだと、本物には手を伸ばせない人が購入したがるので根絶することは難しいのでしょうが、だからといって扱ってよいわけではありません。

また、中国に限らず日本でも海外でも偽物を製造・販売している人はいるので、仕入れる際には注意が必要です。とはいえ、やはり中国のサイトでその確率がぐんと上がるのです。
実際どのような商品があったかをいくつか紹介します。

グッチやシャネル等の高級ブランド品

タオバオ高級ブランドを検索すると、タイトルに「正品」とついているものがあります。この正品は本物を意味するのですが、まずありえないでしょう。

海外ブランドの正規品は、メーカーと契約している日本の正規代理店が国内に流通させています。つまり、正規代理店でない事業者(輸入ビジネスをしている方)が輸入することは通常あり得ないのです。

ちなみに並行輸入品という言葉がありますが、これはメーカーが正規品として海外の小売店等に卸したものを購入した人・業者が転売しているもののことです。本当にメーカーから輸入したものならば正規品であるのですが、正規品と謳われているだけの偽物も多く存在しますので、とてもリスクがあります。

タオバオ等で正品と謳われているものも、並行輸入品として扱うには危険ですので絶対に仕入れないようにしましょう。

CanonやNikon等の日本のメーカー品

タオバオにはCanon等の日本メーカーの物も多数販売されています。

タイトルや写真を見ると、しっかり「Canon」等の文字がありますね。
これも、正規ルートではない代物ですし、価格等を見ても高確率で偽物であると判断できるので、仕入れない様にしましょう。

ナイキやアディダス等のスポーツブランド

タオバオで「NIKE」と検索すると、シューズやウェアがヒットします。

こちらも価格を見ると、1000人民元未満の物がほとんどです。
上で紹介したものもそうですが、定価を調べるとどれも純正品ではあり得ない金額での販売になっています。
これらは、知的財産権を侵害した偽物であると断言してもよいでしょう。

さも本物かのように販売されているので疑問を持たずに購入する人もいるのですが、自分で調べ、疑問を持つ癖をつけてリサーチを行うようにしてください。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法
>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

偽物を仕入れないために意識することとは

しつこいようですが、絶対に偽物を仕入れてはいけません
そのためには、下記のポイントを意識してください。

ノーブランドのみ対象とする
知的財産権の侵害が疑われるものは仕入れない
・明らかにロゴ等を使用したものは仕入れない

これらのポイントを順番に説明していきます。

・ノーブランドのみ対象とする

タオバオやアリババ等のサイトでは、本物と謳っている偽物が多く存在します。そのため、最初からブランド品を扱わないと決めましょう。
これだけ言ってもどうにかしてブランド品を扱おうとするならば、もうお伝えすることはないのですが、犯罪行為に手を染めるだけですので自分で自分の首を絞めているのと同じです。

ノーブランド品でも、需要があるものはたくさんあります。長く安全に利益を出して行きたいのであれば、ノーブランドの中から需要の高い商品をピックアップして扱っていきましょう。

・知的財産権の侵害が疑われるものは仕入れない

知的財産権を侵害したものは高級ブランド品だけではありません。
アニメーションに登場するキャラクターを模倣した商品も数多く存在します。
ピカチュウやマリオ、ディズニー映画のキャラクター等、日本でも仕入れて販売している人もいますが、これも意匠権や商標権の侵害になるので犯罪です。
誰かがしているから自分もしていいとは考えないようにしてください。

・明らかにロゴ等を使用したものは仕入れない

ブランド名が書かれていなくても、画像にロゴ等が入っている物も存在します。ノーブランドのパロディ品はAmazonでも販売されていますが、これも非常に危険です。
よく見ると微妙に違うものもありますが、完全に一致している物は確実にアウトですので、怪しいものは扱わないことが一番でしょう。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

偽物を販売するとどうなるのか

偽物は危険だとどれだけ言っても、利益に目がくらんで扱おうとする人もいます。
実際、偽物やコピー品を売っているのは一人だけではないので、皆やっているからとハードルが下がってしまうのですね。

しかし、リスクを知っているのでしょうか。中には、そんなリスクがあったなんて……という人もいるくらいですので、リスクを考えずにしているという人もいるのです。
次は具体的なリスクについて説明していきます。

知的財産権法における罰則

意図的に商標権や特許権等を侵害したものを販売した場合【10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金かその両方】が科せられます。
法人の従業員が、業務の一環として行った場合はその法人に対しても3億円以下の罰金刑が下されるのです。

刑法上での罰則

偽物を、本物と偽り販売することは詐欺罪にあたり、【10年以下の懲役刑】となります。
初犯であっても、執行猶予とならないケースもあり非常に重い罪です。

販売サイトでのブラックリスト登録

輸入ビジネスの販路として、Amazon楽天メルカリヤフオク等様々なサイトがありますが、どのサイトも偽物の販売は許されていません。
もしも販売が発覚した場合、アカウント凍結の措置が下され永久に解除されることはないのです。

アカウント停止措置が取られた場合、別の販路で販売しましょうと教える業者やブロガーもいますが、絶対にしないでください。全てのサイトで凍結され二度と出品できなくなります。

中国輸入の偽物で逮捕された事例

中国輸入の偽物を販売して、実際に逮捕されたケースもあります。
紹介するのはほんの氷山の一角ですので、実際にはもっと多くの逮捕者が出ているのです。

もちろん、ノーブランドで問題のない商品であれば逮捕されることはありません。

Appleロゴが入った本体パネルを販売して逮捕

2014年10月に渋谷区の携帯電話修理店店長の男が商標法違反の罪で逮捕されています。販売したものは、Appleのロゴを無断で使用した本体裏のパネルです。押収された約260点のバックパネルには、純正品にはないカラーやデザインのものが含まれていました。
偽のiPhoneパーツが摘発されたのは、この事件が初めてです。
なお、略式裁判により罰金50万円が科されました。

ロゴの無断使用商品は、Amazonやタオバオなど様々なサイトで販売されています。有名なロゴならいざ知らず、マイナーなものだと気づかず仕入れてしまうケースがあります。
ロゴ等が入っていると気づいたらそのロゴ等を調べる癖をつけて、疑わしいものは取り扱いを避けていきましょう。

違法のコスプレ衣装で荒稼ぎして逮捕

2013年9月、広島県にて衣料品販売会社社長が逮捕されました。
違法にゴーカイジャーのコスプレ衣装を中国の工場に発注製作してネットで販売していたため、東映側が県警に相談。
忠告等を無視し販売を続けたため、逮捕となりました。
また、ゴーカイジャー以外にもアニメやアイドルのコスプレ衣装を無断で製作ネットにて販売しており、総額3億円ほどを売り上げていたのです。

公式のコスプレ衣装がないものでも、アニメ等から勝手にデザインを拝借し製作・販売すると違法となります。まして警告を無視していたとなると、極めて悪質と判断されたのですね。

偽クロックス輸入で逮捕

2011年5月、偽のクロックスを中国から輸入した、輸入販売会社社長ら3人が関税法違反により逮捕されました。
2010年6月より1万7660足もの偽クロックスを輸入し、販売したとみられています。

逮捕時、偽物だと知らなかったと3人とも否認しているようですが、過去の輸入歴から見ても黒と判断されたのでしょう。
このように一度税関で引っかかると、過去の輸入物を調べられたり、これから輸入する際にもその都度チェックが入るようになります。
一度通ったから大丈夫なんてことはないので、甘い認識がある方は捨ててください。

中国輸入で偽物を仕入れないためのまとめ

いろいろ説明しましたが、守るべきポイントをまとめました。

・偽物が多いのでブランド品は扱わない
・ノーブランドであってもロゴやデザインには要注意
・見慣れないロゴ等は自分で調べる
・怪しいと感じるものは仕入れない

何度もお伝えしてきましたが、利益に目がくらんで偽物を販売するのは非常に危険です。
得る利益以上にリスクが大きいことを理解してください。誰かがやっているから、一度大丈夫だったからといった甘い認識を持っていると、大事につながります。
逮捕となれば、今後輸入販売することも不可能になります。
どうか、安全に息の長いビジネスをしていってください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法