物販

ネットショップに必須のSEO対策!「コンテンツSEO」虎の巻

ネットショップやECサイト運営で最も重要なのは、「集客力」です。どれだけ素晴らしい商品を用意しても、そのサイトを見てくれる人が少なければ、売り上げは期待できません。しかし、多くのユーザーに閲覧されれば、それだけ購入してもらえる確率はアップします。

ただ、集客力を上げることは、口で言うほど簡単なものではありません。とくにネットショップ初心者にとって、大きな悩みの種ではないでしょうか?

そこで重要なのが、「SEO」です。SEO対策が充実すれば、おのずと集客力の増加や商品の購入に至った割合を示すコンバージョン率のアップが期待できます。しかし、そもそも「SEOって何?」「何をどうしていいかわからない」という人も少なくないでしょう。

そんな方のために、今回は「SEOのイロハ」とおすすめの「コンテンツSEO」について、どこよりもわかりやすく解説します。ぜひ参考にしてください。

SEOのイロハ

SEOは、ネットショップやECサイトのみならず、あらゆるWebサイトを運営管理していくうえで大切な集客手法の一つです。「SEO対策が上手くいくかが、サイトの価値を大きく決定する」といっても過言ではありません。そこではじめに、SEOの意味やメリット・デメリットなどについて解説していきます

SEOって何?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で「検索エンジン最適化」を意味します。ここでは、日本でもっともシェアが高い検索エンジンのGoogleを例に説明します。

検索エンジンは、Googleが独自のアルゴリズムで優良であると認めたサイトを優先して上位に表示させるシステムになっています。その評価基準は公表されていませんが、ネットショップで成功するためには、Googleから高い評価を受けることが絶対条件なのです。そのために、あらゆる工夫をしたり、仕組みを作ったりしていくことを「SEO対策」といいます。

検索した際に自分のサイトが上位に表示されれば、その分サイト訪問者数が増えやすいので、コンバージョン率アップが期待できます。とくにAmazonや楽天など、検索エンジンによるドメインパワー(検索エンジンによるドメインへの評価)の強いサイトに対抗しようと思えば、的を射たSEO対策を講じることは避けて通れない必須のマーケティング手法といえるでしょう。

SEOのメリットとデメリットを理解する

SEO対策を行うのは、基本的にみなさんのようなネットショップやECサイトの運営者です。SEO専門業者も多数ありますが、すべて独自で行えばコストはかかりません。広告費もゼロです。そして、上手く当たればコスパの良さは桁違いです。

しかし、SEOは必ず成功するという保証はありません。力を入れて対策したわりには、成果が上がらないということも珍しくないのです。こうしたメリットとデメリットは、SEO対策を行う前にしっかりと心に留めておきましょう。

成果が出にくいネットショップのSEO対策

独自性の高い商品や競合の少ないレアなアイテムを扱う場合、検索結果では比較的上位に表示されやすいです。ところが、他社も扱っている商品や、どこかから仕入れた商品を販売する場合は、SEO対策を行ってもなかなか成果が出にくいのです。

その理由は、Amazonや楽天といったドメインパワーの強いメジャーなECサイトが上位を独占する傾向があり、そこに食い込むことは至難の技だからです。ドメインパワーの強い大手ネットショップは、膨大な手間とコストをかけてSEO対策を行っているので、立ちあげたばかりの中小や個人のネットショップではそう簡単に太刀打ちできません。

自分のコンテンツのドメインパワーを調べたい場合におすすめなのが、有料ツールのMOZを活用する方法です。登録すれば一部機能は無料で使えるほか、有料の機能を無料でトライアルすることも可能です。残念ながら日本語には対応していないため英語での登録が必須ですが、これを使えばドメインパワーの強弱がはっきりとわかります。SEO対策の一つとして、利用してみてはいかがでしょう。

ネットショップのSEO対策で成果を出すための4つのコツ

ネットショップのSEOで成果を出すためには、いくつかのポイントがあります。キーワードは、「ロングテールキーワード」「良質なコンテンツ」「リンクの構築」です。一つずつ順を追って解説していきます。

「ロングテールキーワード」を設定する

ネットショップの命綱は、一にも二にもユーザーの検索にヒットすることです。これなくしては、1円の売り上げも期待できません。では、多くのユーザーの検索に自分のサイトがヒットするには、どうすれば良いのでしょう。

それは、的を射た「キーワード」を設定することです。「こういう商品が欲しい」という購買意欲の強いユーザーが頻繁に使うキーワードを探り当てて設定しておけば、サイト訪問時にそのまま購入に至るケースが増えます。さらに成果が出やすいのは、「ロングテールキーワード」の設定です。ロングテールキーワードとは、読んで字のごとく、1つの単語ではなく、3~4つの言葉を組み合わせたキーワードを意味します。

たとえば、「牛肉」の検索を例にとって考えてみましょう。牛肉が欲しいときには、確かに「牛肉」で検索エンジンにかける人もいるでしょう。しかし、購買意欲が強いユーザーほど、「A5ランクの牛肉」「バーベキュー用の牛肉」というような形で、検索内容を具体的に絞って探そうとする傾向が強いです。「A5ランクの牛肉」であれば、「A5ランク」、「の」、「牛肉」で3語になります。

そこでおすすめなのが、「ラッコキーワード」というツールです。ラッコキーワードを使えば、キーワードに沿ったサジェストキーワードを以下のように提案してくれます。

そこで自分にマッチするものを見つけたら、「Googleキーワードプランナー」を使って検索ボリュームを調べます。以下のように表示されるので、その中から最適なロングテールキーワードの候補を選定します。検索ボリュームが多すぎると競合とバッティングするので、目安は月間500回前後検索されているものが良いでしょう。

また、どうしてもロングテールキーワードの選定が難しい場合は、Amazonの検索バーを使うのもおすすめです。上記の方法では見つからなかったとっておきのワードが見つかることがあります。

ロングテールキーワードに沿ったコンテンツ作成をする

ロングテールキーワードを決めたら、該当するサイトのそれぞれのページをキーワードに沿った内容に作り上げていきましょう。ユーザーの心理を考えると、たとえば、「A5ランクの牛肉」が欲しいのに、「バーベキューにおすすめの牛肉」ばかりが紹介されたページに案内されると、興ざめしてサイトを離れてしまう可能性があります。つまり、ユーザーが閲覧したときに目的通りの内容が表示されていて、「これを買おう」と思ってもらえるようなコンテンツに仕上げることが大切なのです。

具体的な方法を4つご紹介します。

URLは短く

Googleは、同程度の内容であればURLが短いサイトを優先して上位に表示する傾向があります。そのため、できるだけURLを短くする方が良いでしょう。

単語は1,000以上入れる

商品を紹介するページには、1,000以上の単語を入れるのがおすすめです。Googleは読者の利益を最優先するので、長くて丁寧なコンテンツを検索上位に表示する傾向があります。読者の立場に立って、「素材やサイズなど商品の細かな情報」「おすすめの用途」「実際に購入したユーザーのレビュー」など、読者に安心と信頼を与えるような内容をたくさん盛り込みましょう。

ロングテールキーワードを頻繁に使う

コンテンツ内には、ロングテールキーワードをほどよく散りばめるようにしましょう。読者が検索に使用したキーワードは、読者とショップサイト運営者をつなぐ橋渡しの役割を担っています。このキーワードを通じて両者が繋がっていることを強く認識して、くどくならない程度に上手く挿入してください。目安としては、1ページに4~5回です。多すぎるとGoogleからペナルティ対象とみなされるので注意しましょう。

内部リンクを追加する

もし、閲覧回数や被リンク数が多いページがあれば、そこに商品の内部リンクを貼りましょう。そうして読者を広く呼び込むことができれば、コンバージョン率アップが期待できます。

消費喚起するコンテンツを作る

実益のあるコンテンツSEOを行うためには、読者にその商品を買いたいと思わせる魅力的なコンテンツ作りが不可欠です。導入は、とっつきやすいブログが良いでしょう。たとえば、牛肉を扱うなら、「肉が美味しくなるエサの秘密」「名店のシェフがこっそり教える絶品調理法」「鮮度を落とさない保存方法」など、「早く食べたい!」と食欲をそそる内容に仕上げるのが良いです。

実際にユーザーに爆買いされているネットショップのサイトを複数チェックして研究するのもおすすめです。ユーザーの心を鷲掴みにするキャッチーなワードや安心させる表現、食べたいと思わせる美味しそうな画像や動画など、商品価値を底上げするような仕組みが随所に隠されているはずです。

Googleが高く評価するのは、読者目線に立った親切で良質なコンテンツです。先ほども説明したように、SEO対策で成果を出すのは決して容易なことではありません。それは、Googleから良質だとお墨付きをもらうには、手間と時間がかかるからです。どこにでもありそうなありふれた内容やレイアウトでは評価されませんし、更新が途絶えがちなコンテンツも検索上位には表示されません。

その商品の作り手や売り手の真心と真剣さがひしひしと伝わること、そして「買ってあげよう」ではなく、「買わせてほしい」「大切なあの人にも贈りたい」と思わせるまでの消費喚起ができるか、という点で真価が問われるといえるでしょう。これができれば、Googleからの高評価はもちろん、リピーターを増やすことも夢ではありません。

被リンク獲得に注力する

せっかく力を入れて良いコンテンツを作成しても、多くの消費者の目に留まらなければ意味がありません。コンテンツは、検索上位に表示されれば多くの読者を得ることができますが、そう簡単にはいきません。それよりも他の人気コンテンツにリンクを貼ってもらい、そこから読者を呼び込む方がより早く結果が出ることも少なくありません。

たとえば、「牛肉」を売るなら、生産者が営む牧場のサイトやブログにリンクを貼ってもらうと良いでしょう。また、その肉を使っている名店などのサイトも良いかもしれません。ソムリエによる牛肉に合うワインの紹介ページにリンクがあれば、より注目度もアップするでしょう。

このように、関連性の高いサイトのオーナーに売り込んだり、他のサイトに寄稿して存在をアピールする方法はおすすめです。良質なコンテンツの被リンクの獲得は、決して簡単ではありません。しかし、コツコツとあきらめずに続ければ、大きな結果につながることもあります。ぜひ挑戦してみてください。

被リンク獲得のために必要なこと

SEOを成功させるには、「検索エンジンへのアピール」「他のコンテンツで高評価を得る」「ユーザーの満足度(CS)を高める」の3点がポイントです。

これまで説明してきたように、Googleから高評価を得るためには良質のコンテンツを作り続けることが重要です。しかし、この「検索エンジンへのアピール」だけで目覚ましい結果を得ることは極めて難しいといって良いでしょう。

そこで鍵を握るのが「他のコンテンツで高評価を得る」こと、すなわち「被リンク」を獲得することです。自分のコンテンツだけでは、数や量に限りがあります。しかし、他の優良コンテンツで認められ、リンクをつなぐことができれば、認知度アップの可能性は大きく広がります。結果として顧客満足が高まれば検索件数も増加していく、という正の連鎖が起きます。これこそが、ネットショップの「コンテンツSEO」必勝パターンなのです。

他者から評価される被リンクの重要性

近年デジタル化が進み、スマホの普及率が急増する中、一人のユーザーがたった一つのサイトだけで閲覧を終えるのは珍しいといえます。むしろ、関連記事や関連動画、そして関連商品やサービスにも食指を動かして自らの所有欲や購買欲を満たしたい人が山ほど存在します。そこでキーとなるのが「被リンク」の存在です。

被リンクは、「もっと見たい」「もっと知りたい」「もっと教えて」というニーズに応える格好のツールといっても良いでしょう。もし、自身の商品が人気コンテンツ内の沸騰ワードとしてリンクされれば、その勢いであっという間に注文が殺到することも考えられます。これが「被リンク」の大きな魅力です。

SNSこそ被リンクの宝の山

被リンクの候補となるサイトは、ネット上に無数に溢れています。そのなかから最適のコンテンツを見つけるのは、難しいと感じるかもしれません。ところが、現実はそうでもありません。ここで最もおすすめなのが、TwitterやFacebookなどのSNSの活用です。

現在のネット上のプラットフォームで、SNSの発信力をしのぐものは存在しないでしょう。もし、あなたの商品がInstagramやTwitterでシェアされて広く拡散されれば、思いもよらない客層からのオファーが飛び込んでくる可能性があります。するとその商品だけでなく、他の関連商品やネットショップ自体のファンも増えて、売り上げが桁違いにアップすることもあります。

SNSはフル活用すべき格好の被リンクツールです。現在の「コンテンツSEO」成功のための王道といって良いでしょう。

リスティング広告とSEOの違い

SEO以外に集客をする方法として、「リスティング広告」があります。リスティング広告は、他のサイト上に自社商品やサービスを広告としてアップし、読者がクリックすれば自社サイトにつながるという仕組みです。SEOとリスティング広告は、どちらか一方を選ぶという性質のものではなく、併用するのがオーソドックスな手法です。ただし、SEO同様、メリットとデメリットがあるので、そこを理解して活用することが大切です。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告は、一般の広告と同じでお金を払う必要があります。つまり、有料という点がSEOと大きく異なる部分です。

広告が掲載される場所はオークションで決まりますが、クリック単価を競合より高くすることで落札さえできれば、すぐに掲載は可能です。しかし、人気のあるコンテンツほど、入札額は上がります。また、掲載後はクリックごとの課金制のため、想定以上に広告費がかかるリスクもあります。

そのため、予算内で収めるために一日ごとの上限を設定したり、短期間だけ集中してリスティング広告を出したりするなど、常に状況を把握しながら調整しなければなりません。慣れるまでの間は、この点にかなり神経を使うでしょう。

リスティング広告のメリット

リスティング広告でおすすめなのは、オークションで落札さえできれば、すぐにでも上位表示ができる点です。これはSEOでは得られない大きなメリットです。SEOで目に見えて成果を出すには、短くて3ヶ月、長い場合は1年経っても十分な結果が得られないケースは珍しくありません。それほど厳しい世界です。よって、即効性を望む場合は、リスティング広告の方が圧倒的に有利といえるでしょう。

先述したように、リスティング広告とSEOは、どちらか一方を選択するというものではありません。常に検索エンジンの評価を高める努力を行いながら、必要に応じてリスティング広告を打ち出すことが成果につながる正当な方法といえます。

SEO対策に関するよくある質問

最後に、SEO対策でよくある質問に回答していきます。

SEO対策せずに検索上位を狙えないのか?

ネットショップで継続して安定した収益を上げようと思えば、SEO対策は必須です。検索エンジンは、プラットフォーマーであるGoogleの管理のもとに運営されています。いわばGoogleが大家で、ネットショップのオーナーはそこに間借りする住人のようなものです。

日ごろの生活態度やマナーが良くて大家に気に入られれば長く住むことができる上、何かと便宜を図ってもらうことも可能です。しかし、感心されない生活ぶりだと、大家からの扱いも良くはなりません。

これと同じで、Googleが展開するネットサービスの環境を良くして、読者にとって有益なコンテンツを提供すれば、検索エンジン自体の評価も上がります。こうした仕組みを無視しては、ネットショップの成功を望めないということを認識しておきましょう。

SEO対策で上位表示を狙うのは難しい?

SEO対策で上位に食い込むのは、決して簡単ではありません。ECサイトの世界では、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ZOZOTOWNなどの大手サイトが上位をほぼ独占しています。集客力が桁違いの大手ECサイトでは、売上高は巨額なため、儲かれば儲かるほどGoogleにとっても大きなメリットがあります。そのため、検索上位に表示されるのです。

この環境下で検索エンジンからの評価を上げるためには、時間をかけて良質なコンテンツを作り続けるしかなく、その意味では決して容易とはいえません。

有効なキーワードは?

SEO対策で有効なのは、ロングテールキーワードです。商品に関連する3~4つの単語を組み合わせて、購買意欲の高いユーザーを取り込める内容のものを選定しましょう。リピート率が高かったり、そのアイテムが大好きなコアなユーザーが頻繁に使ったりするロングテールキーワードを突き止められれば、それが魅力ある大きなエサとなって、売り上げにつながる確率が増えるのです。

どんなコンテンツがいいの?

扱う商品の良さが引き立つコンテンツ作りが望ましいでしょう。ユーザーがつい惹きこまれるようなお得情報や楽しい話、悩みの解決につながるような商品の使用法を懇切丁寧に解説するなど、そこにしかないオリジナリティーに富んだ内容を目指すことです。設定したロングテールキーワードの内容やトピックスが含まれていることも必須です。

そして、ユーザーが納得して購入してくれれば、きっとリピーターになってくれるでしょう。業界は違っても、売り切れ商品が続出している有名店のコンテンツをよく研究するのもおすすめです。

それでもSEO対策の方法がわからない場合はどうすればいい?

SEO対策は、それを専門に請け負うプロの業者が存在します。「餅は餅屋」という言葉もありますから、今どきの有効なやり方を指南してくれるでしょう。一度相談してみると、大いに参考になるかもしれません。

まとめ

今回の記事では、ネットショップを成功に導くためのSEO対策について解説しました。コンテンツSEOはとても地道な努力が必要で、すぐに成果が出るとは限りません。しかし、検索エンジンの評価が得られるコンテンツが作成できれば、上位表示も夢ではありません。加えて、リスティング広告を適宜併用すれば、より即効性のある対策が可能になります。

人気店のコンテンツを研究するほか、ユーザーの目線にしっかり立って、どんなお店から買えると喜んでもらえるかを考えながら、この上ない素敵なコンテンツを作り上げてくださいね。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!