物販

Amazon出品者が利益拡大するには?手数料への理解が重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazon物販で利益を拡大していくには、Amazonの手数料に対する理解を深める必要があります。

そこで、今回はAmazonの分かりにくい手数料をキチンと理解して、利益拡大へと繋げていく方法を紹介します。

Contents

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。

あなたのビジネスを成功させるために、ぜひこの無料動画を活用して下さい。




Amazonでは出品プランごとに手数料が違う?

Amazonでは小口出品/大口出品の2つから出品プランを選択します。

小口出品と大口出品では手数料が違うので、ご自身のAmazon運営スタイルに合った出品プランを選択しないと手数料を余計に払ってしまうことになります。

この項では、小口出品と大口出品の手数料の違いを比較します。

Amazon出品プラン①: 小口出品

手始めに小規模でAmazon物販を始めたい方が選択すると良い出品プランです。

・ 1個商品が売れる度に100円の基本成約料と販売手数料が発生
・ Amazonに商品ページが存在する商品のみ出品できる ※オリジナル商品などは不可
・ 商品の出品は1つづつ手打ちで登録

Amazon出品プラン②: 大口出品

本格的にAmazon物販で利益を挙げたい人が選択すると良い出品プランです。

・ 月額料金4,900円に加え、1個商品が売れる度に販売手数料が発生
・ Amazonに商品ページが存在する商品だけでなく、オリジナル商品なども出品できる
・ CSVファイルをアップロードすれば大量の商品を一括で出品できる

小口出品と大口出品の違い

大口出品では月額料金が4,900円かかりますが、1個商品が売れる度に発生する100円の基本成約料がかかりません。

そのため、月間50商品以上を販売する出品者は大口出品プランでAmazon物販をすると良いでしょう。

また、大口出品プランではデータ分析レポートAmazonスポンサープロダクト(Amazon内の広告サービス)が利用可能で、出品者に対するサポート体制が備わっています。

Amazonではカテゴリーによって手数料が変動する?

Amazonでは売れた商品のカテゴリーによって、手数料が変動します。

つまり、カテゴリーによっては利益が薄くなってしまいます。

この項ではカテゴリー毎の手数料の違いを紹介します。

出品者が受け取れる金額

販売価格 – 販売手数料 – 100円(基本成約料 ※小口出品プランのみ) = 出品者が受け取れる金額になります。

FBA(Amazonの発送代行サービス)を利用する場合はさらに手数料が発生します。

また、特定のカテゴリーの商品には別途、カテゴリー成約料もかかります。

メディア商品にはカテゴリー成約料が発生する

書籍、ミュージック、DVD、VHSはAmazonにおいてメディア商品と呼ばれます。

このメディア商品が売れると、別途カテゴリー成約料として以下の金額の手数料が発生します。

・ 書籍 86円
・ ミュージック 151円
・ DVD 151円
・ VHS 151円

販売手数料はカテゴリーによって変動する

売れた商品のカテゴリーによって率は変動しますが、販売価格の数%が販売手数料として徴収されます。

カテゴリー毎の販売手数料は以下の画像の通りです。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

FBAは手数料を支払ってでも利用する価値があるのか?

Amazonでの利益拡大にはFBAの利用が欠かせません。

ですが、FBAは便利な反面、手数料が余分に発生することを理解しておかないと失敗してしまう可能性もあります。

この項ではFBAを利用すると発生する手数料を紹介します。

自己発送とFBA

Amazonでは商品を自ら発送(自己発送)するだけでなく、FBAを利用してAmazonの倉庫に商品の管理梱包、発送を代行してもらうことも可能です。

FBAを利用すると当然ですが、手数料が加算されます。

そのため、1つあたりの利益は減少してしまいますが、物販において手間のかかる作業を代行してもらえるので、かなりの時間削減になります。

FBAを利用すると結果として、利益を挙げるのに重要な仕入れに大きく時間を割けて、1日に捌ける商品の数も増えるので利益増大を望むことができます。

尚、FBAを利用すると以下の3つの手数料が発生します。

・ 出荷作業手数料
・ 重量手数料
・ 月間保管手数料

出荷作業手数料と発送重量手数料の体系

・ 出荷作業手数料
商品のピッキング、梱包、出荷にかかる手数料で、商品1個あたりに発生します。

出荷作業手数料の詳細は以下の画像の通りです。

「メディア商品であるかどうか」、「商品のサイズ」によって手数料が決まります。

また、45,000円以上の商品は高額商品の区分に該当して、出荷作業手数料は0円になります。

高額商品という例外を除いては、商品サイズが小さいほど出荷作業手数料は安く済みます。

・ 発送重量手数料
商品の1出荷ごとに発生する手数料です。

発送重量手数料の詳細は以下の画像の通りです。

大型サイズ、高額商品の発送重量手数料は0円で、小型/標準サイズには発生します。

小さめサイズにもかかわらず、重い商品は手数料が多くかかると理解しておきましょう。

月間保管手数料はAmazon倉庫の場所代

FBAを利用すると、Amazon倉庫に商品を納品することになります。

そのため、Amazon倉庫の場所代を支払はなくてはなりません。

月間保管手数料はその場所代にあたる手数料です。

商品を納品してから出荷されるまでの日割計算で手数料が発生します。

月間保管手数料は商品の体積が大きいほど高くなるので、サイズが大きくて売れるまでに時間のかかる商品を取り扱う場合は、仕入れと納品のタイミングに注意が必要です。

実際にFBA利用で商品が売れたら、いくら手数料がかかるのか?

この項では、FBA利用で商品が売れたら、いくら手数料がかかるのかを実例を交えて紹介します。

FBAを利用して商品が1つも売れなかった場合

FBAを利用して物販しているのにもかかわらず、商品が1つも売れなかった場合は以下の代金/手数料がかかります。

・ Amazon倉庫まで商品を納品するのにかかる配送料
・ 在庫保管手数料

納品時の配送料は、利用する運送業者や一度に送る商品の数(梱包の大きさ)によって変わるので、ご自身で配送料を調べて下さい。

在庫保管手数料は、CD1枚の場合1ヶ月で2円、DVDで3円ほどになります。

CDやDVDは1枚あたりに換算すると大した金額ではありませんが、100枚単位で納品して売れ残りが続くと在庫保管手数料がかさんできます。

FBAを利用して商品が1つ売れた場合

ここでは仮に、FBA利用で「3,240円のCD」が1枚売れた場合に実際に掛かる手数料を計算します。

CDが売れた場合には以下の手数料が発生します(税込)。

・ 販売手数料: 486円
CD/レコードの販売手数料は商品代金の15%になります。3,240円×0.15=486円

・ カテゴリー成約料: 151円
CDはメディア商品なのでカテゴリー成約料が発生します。

・ 出荷作業手数料: 88円
CDはメディア商品なので一律88円の出荷作業手数料が発生します。

・ 発送重量手数料: 58円
CDはメディア商品かつ、特に付属品がなければ小型サイズに区分されるので58円の発送重量手数料が発生します。

手数料の合計は783円になります。

そのため、実際に手元に残る金額は、3,240円-783円=2,467円です。

さらにここから、仕入れ値と月間保管手数料を日割り計算して、差し引いた金額が純利益となります。

FBAを利用して利益を拡大する考え方

FBAを利用すると余分に手数料が発生するため、利益率は下がってしまいますが、発送作業が半自動化します。

なので、FBAを利用してAmazon物販で利益を拡大するには利益率よりも、回転率を重視するように考え方をシフトしていくべきでしょう。

FBAを利用すると、時間が削減できるのでその分仕入れに時間を割けるようになります。

その時間を利用して、薄利でも回転率の良い商品を大量に仕入れることのできる仕入れ先を探すことに集中しましょう。

薄利多売という考え方が備われば、Amazon物販でより利益を拡大できます。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法

>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

FBA料金シミュレーターで仕入れの上限金額を知るには?

AmazonセラーセントラルにはFBA料金シミュレーターというツールが存在します。

FBA料金シミュレーターを使えば前項で行った手数料の計算を瞬時に実行してくれて、仕入れの上限金額を算出することが可能です。

赤字になる商品を仕入れてしまわないためにも、FBA料金シミュレーターを十分に活用しましょう。

この項では、FBA料金シミュレーターの使い方を紹介します。

FBA料金シミュレーターは以下のURLから利用できます。

FBA料金シミュレーターの公式HP

FBA料金シミュレーター 各項目の入力

ここでは「namie amuro 5 Major Domes Tour 2012 ~20th Anniversary Best~ [DVD]」を対象商品として、FBA料金シミュレーターで仮想の利益を算出します。

対象商品の商品ページから、JANコードをFBA料金シミュレーターの検索窓にコピペして「検索」をクリックします。

「商品代金」には想定する販売価格を入力しましょう。ひとまず、Amazonでの現在価格を入力します。

「Amazonへの納品」にはFBA倉庫への納品にかかる配送料を入力します。ここでは仮に164円かかることにします。

「商品原価」には仕入れ値を入れて、「計算」をクリックして下さい。ここでは仮に2,000円で仕入れることにします。

このDVDを2,000円で仕入れて3871円で売ると、757円の利益になることが算出されます。

FBA料金シミュレーターで仕入れの上限金額を算出する

FBA料金シミュレーターの「商品原価」に0を入力して、「計算」をクリックして下さい。

こうすることで赤字と黒字の境目の仕入れ金額、つまり仕入れの上限金額が分かります。

このDVDはFBA利用では、2,757円以下で仕入れないと赤字になります。

FBA料金シミュレーターで利益確保

Amazon物販の仕入れをする際には、十分な利益を確保するためにFBA料金シミュレーターで事前に利益計算を行いましょう。

仕入れた商品を出品後、価格競争に巻き込まれることも予想して、FBA料金シミュレーターの「商品代金」の部分にはモノレートを参照に安めの値段を付けておいた方が賢明です。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

Amazonで手数料を抑えて利益を拡大するには?

Amazonに出品する際、工夫をすることで手数料を抑えて利益を拡大することが可能です。

この項では、Amazonで手数料を抑えるテクニックを紹介します。

Amazonでは多種の手数料を支払うことになる

・ 販売手数料
・ カテゴリー成約料(メディア商品のみ)
・ 出荷作業手数料(FBA利用時)
・ 発送重量手数料(FBA利用時)
・ 月間保管手数料(FBA利用時)
・ 基本成約料(小口出品プランのみ)
・ 月額料金(大口出品プランのみ)

Amazonで物販を行うには、これだけ多種の手数料を支払う必要があります。

販売手数料は、カテゴリーによって大きく異なり、概ね商品代金の8〜15%(Kindleアクセサリは45%)になります。

手数料を抑えて利益を拡大する

当然ですが、単純に売上を伸ばせば利益は拡大します。

対して、手数料を抑えることによっても利益を拡大することが可能です。

つまり、同一の商品でもより販売手数料の安いカテゴリーに出品することができれば、その分利益が上がります。

ですが、Amazonは規約上、商品を好きなカテゴリーに出品することは、あまり簡単なことではありません。

Amazonでは1商品1商品ページという規約があるため、出品しようとしている商品が既にAmazonに出品されている場合は、既に存在する商品ページに出品しなくてはなりません。

カテゴリーを変更することで利益が上がるケース

例えば、ご自身が新規出品をした「アウトドアブランドのマウンテンパーカー」を現在、「服&ファッション小物のカテゴリ(販売手数料15%)」で販売しているのなら、「スポーツ&アウトドア(販売手数料10%)」で販売したほうが手数料を抑えることができます。

もし、出品したいカテゴリー以外で同一の商品が既に出品されている場合は、「オリジナルのロゴやタグを付ける(簡易OEM商品)」、「セット売り」をするなどの工夫をして別商品として出品する必要があります。

Amazonの利益拡大のためには最安値出品が正義なのか?

Amazonには1商品につき1商品ページという規約が存在するため、価格競争が起こりやすくなっています。

価格競争に巻き込まれると、かなり頻繁に価格改定を行うことになり、結果的に想定通りの利益を得ることができなくなる可能性もあります。

この項では、最安値での出品が本当に正義なのかを紹介します。

最安値を付けるべき商品

まず、中古品でキズや汚れが目立っていたり、付属品や箱が揃っていない場合には最安値をキープして早めに売ってしまいましょう。

状態の悪いものは価格以外で他の出品者と差別化することができません。

また、自分以外にも多くの出品者が出品している商品も最安値を付けないと、出品者の一覧ページの1ページ目をキープできません。

2ページ目以降になると購入される可能性がグッと下がってしまうので、このような最安値を付けましょう。

もしくはこのような商品は最初から仕入れない方が無難かもしれません。

価格面以外で差別化を図る

価格面以外で他の出品者と差別化を図れば、最安値でなくとも商品を売ることができます。

中古品の場合は、付属品や箱がすべて揃っていること、商品のコンディションが良ければ最安値でなくとも売れる可能性が高いです。

新品の場合でもプライム対象商品になっていると、最安値でなくとも売れる可能性が高くなります。

プライム対象商品は、ほぼFBA発送なので「Amazon.co.jpが発送します」という文言が表示されるため、購入者への安心感に繋がります。

また、FBA発送ということで、必然的に梱包/発送関連のトラブルがほぼなくなるので、店舗評価も高い水準をキープしているでしょう。

購入者がプライム会員なら配送料やお急ぎ便も無料です。

プライム対象商品でなくとも、即日発送や配送料無料に対応していれば最安値でなくとも売れる可能性は上がります。

自分の商品が価格面以外で、他の出品者と差別化できる場合はモノレートなどを参照して、最安値よりも少し高い価格帯で売れる金額を設定しましょう。

利益を拡大するための価格設定3つのポイント

・ 最低でも出品者一覧ページの1ページ目に載せる
・ 他の出品者を出し抜けるギリギリの価格設定を見極める
・ FBAを利用して、自分の商品をプライム対象商品にする

特に新品の場合は価格面が重要視される傾向が強いので、価格競争に参戦しないと売れるのに時間がかかる可能性があるのは事実です。

ただし、競合している出品者の商品がプライム対象でないと、プライム対象商品の方が優先されることも多いです。

商品の回転率は重要ですが、最安値でなくとも十分な回転率をキープできる価格設定が可能な商品は探せばあります。そのあたりは、モノレートを参照にしてリサーチしていきましょう。

Amazon物販での利益拡大 まとめ

Amazon物販で商品が売れると、様々な名目の手数料が発生します。

Amazonの手数料体系は複雑です。FBAを利用するとさらに複雑化します。

なので、手数料を理解せずにどんぶり勘定をしていると、想定外に利益が少なくなってしまう可能性も少なくありません。

FBA料金シミュレーターを利用し、適切な価格で仕入れて、適切な価格で販売しましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法