物販

Amazonで転売する時の出品規制を回避する方法やFBAの利用方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonでの転売が禁止になったのかと思うほどの、規約変更によってせどらーに影響が出ています。規約を守ることは、せどりをする者にとって重要でもあり、基本でもあります。ここではAmazonで転売する時の、出品規制を守る方法と、規制の詳細について解説していきます。

Contents

無料動画|出品するだけで売れるブルーオーシャン
韓国輸出で稼ぐ方法を暴露した対談を期間限定公開



韓国輸出はまだ実践者が非常に少なく、ブルーオーシャンの市場です。しかも無在庫販売、難しいリサーチもなし、利益率も40%と驚きの連続です。

ただ商品を出品するだけで稼げてしまう、それが韓国輸出です。そんな手法の全貌を、期間限定で無料公開中です。




Amazonのコンディションとガイドラインの変更内容

大きな変化があったのは、2017年9月12日で、「コンディション・ガイドライン」というAmazonの規約が変更になっています。特に注意したいのは、「新品」としての出品禁止の商品と書かれている部分で、せどりや転売をする方に大きな影響が出る部分です。

もしメーカーや卸業者から仕入れてAmazonに出品している場合は、それほど影響がない事が多いですが、念のためにも変更になった規約の部分を確認していきましょう。

変更になった部分を見ていきましょう。

新品」として出品禁止の商品
以下のいずれかに該当する商品は、新品としてAmazonに出品できません。

・個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
・メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
・Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

上記に該当すると、出品することができませんので、詳しい条件を見ていきましょう。

「個人(個人事業主を除く)から仕入れた商品」とは?

個人から仕入れて、Amazonに出品するというのは、例えばヤフオクメルカリなどのオークションで仕入れて、Amazonで新品として出品するという事です。

注意書きとして、「個人事業主を除く」と書かれているので、ヤフオクやメルカリで出品しているのが個人事業主の場合は、例外に含まれます。

問題はどのように個人から購入したのか、それとも個人事業主から購入したかの見極めをするのかということです。もし個人から購入してもばれることはないと考えていると、証拠を求められる事態になる可能性もあります。考えられるのは、仕入れ元の請求書や領収書が証拠になるということです。

これらがあれば、購入先の証拠となって規約違反ではないことの証拠になると予想されます。

「メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品」とは?

これは家電製品などで、保証書がある商品が含まれます。もし保証書に印が押されて、その保証期間が正規販売店よりも短くなるのであれば、注意が必要です。

他にも、保証書が無くてもメーカー側が「正規代理販売店の出品の商品のみの保証」としているのであれば、これも規約違反の条件に含まれる可能性が高いです。

もしメーカーや卸の業者から仕入れている場合は、問題ないケースが多いと思いますが、仕入先によっては保証期間について注意しないと規約違反している可能性があります。

「Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品」とは?

これはAmazonで買った商品をAmazonで再出品することができなくなります。
ガイドラインに沿って判断すると、「新品」として出品することができなくなるので、中古品としてなら販売することはできます。

タイムセールなどで格安販売されているものを購入し、セール期間が終わってから通常価格で販売する出品者もいますが、このパターンが規約違反になるので、減少していくことが考えられます。
これはユーザーとしては、規約変更によるメリットとなるでしょう。

このパターンもばれないと考えていても、先ほど考えた「個人(個人事業主を除く)から仕入れた商品」と同じようにチェックが入る可能性があります。しかもIPアドレスなどを元にして、規約違反が発覚する可能性もあるので、別アカウントでの出品も危険です。

正しく規約を守ることが基本でもあり、せどりで成功するためのポイントになります。

該当商品がある場合にはどうするのか?

この規約変更によって、出品禁止に該当する商品は、ガイドラインの変更前に出品したものでも適用されます。

もし出品禁止の商品を取り扱っている場合には、最悪の場合アカウント停止になる可能性もあるので、早めに対応することが必要です。

出品者が早期にすべき対応

出品している商品の確認として、下記のことが求められます。

1:出品している商品がガイドラインの基準を満たしているか確認する
2:該当商品を販売停止にする
3:該当商品をFBA納品しているのであれば返送か廃棄対応する
4:該当商品の情報をSKUも含めて削除する

規約変更後の仕入れや販売方法の変化は?

この規約変更によって、今までよりも注意すべき点があります。

・個人から商品を仕入れないこと
・メーカー保証が受けられないものはAmazonで販売しない
・Amazonで仕入れをしない

上記の点を気を付けるだけでも、この規約変更の条件を満たすことができます。

コンディション・ガイドラインを再度確認する

Amazonでは規約違反をしていると、厳しい措置が取られます。アカウント停止になって再作成ができないというケースもありますので、規約の変更には即座に対応することが大切です。

Amazonに出品しているのであれば、規約が変更されたという機会を活かして、他の出品商品もガイドラインの基準を満たしているか再確認してみるのが良いでしょう。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

メーカーの出品規制の詳細を理解する

no stopping sign

ここでメーカー出品規制についても考えてみましょう。

出品規制がかかっているのは下記のメーカーです。

・BenQ Japan
・BROTHER
・CANON
・CAPTAIN STAG
・CASIO
・DJI
・BOSE
・EPSON
・Ergobaby
・FUJIFILM
・GOPRO
・Hoppetta
・NIKON
・OLYMPUS
・PANASONIC
・PENTAX
・RICOH
・SIGMA
・SONY
・ショップジャパン

家電量販店での仕入れをしている方には、大きな影響が出るメーカーばかりです。

出品規制と販売者の質の関係性

出品規制がかかっている理由を考えると、なぜ規制がかかる分野があるのか理解することができます。

そもそも規制というのは、理由があって規制がかかるようになります。
こうした規制の理由を考察してみると、一つの理由を思い浮かべることができます。

それは「販売者の質を向上させる」という事です。

というのもネットビジネス副業が盛んになると、参入が容易なAmazonでのせどり出品をする人が多くなってきました。
そうなるとどのような結果になるかというと、質の良い販売者だけでなく、商品や物を販売する事に関して意識が低い販売者の存在者が目立つようになるのです。

もちろん真面目に出品をして販売をしている出品者も多いのですが、価格を下げ続けたりや商品を雑に取り扱ったりと、クレームの原因になるように状態が続いたりするのです。

商品を購入した人にとって、Amazonから購入したというイメージがあるので、販売しているのは一人の出品者というイメージは少ないのです。Amazon側としては、ネームブランドを守る必要があるので、販売者の質を向上させる必要があるのです。

メーカー規制の商品は出品不可なのか?

Amazonでせどりをする場合には、家電商品がターゲットになる事が多いですが、先ほどのリストのメーカーが取り扱えないとなると、せどりの幅が狭まるのではと心配になります。

しかしこの規制で制限されているのは、新品の商品に関してになるので、再生品、中古、コレクターなどはこれまでと同様に出品可能です。

規制のメリットを見つけてビジネスの可能性を広げる

どのビジネスをするにしても、規制や壁を越える必要が生じることはたくさんあります。

しかしその壁をどうとらえるかは、前進するのか、または後退するのかを左右することになります。
メーカー規制を例にとると、ライバルが減るという事が大きなメリットになります。

価格競争が過激にならないので、高値での販売が可能になり、出品者が減ることから、ライバルの数も少なくなる事が考えられます。

もちろんデメリットになることもあるのも事実ですが、メリットがどうあるのかという事を忘れずにいると、収益を拡大させる方法を思いつくことができます。

出品規制を解除して販売する方法とは?

出品制限があるという事は、許可を得ることができれば、販売も可能でライバルと差をつける方法にもなります。

出品許可の取り方(特定カテゴリーの場合)

カテゴリーによって出品許可の取り方が異なりますが、それでも説明通りに進めていくと問題ありません。

まず出品制限があるカテゴリには、出品許可申請というボタンが出現します。

その後必要な書類が表示されるので、Amazonにこれらの書類をまとめて送信します。

これで出品許可を取ることができます。

問題があるのであれば、Amazonのテクニカルサポートに質問をして、許可申請をすることもできます。

出品許可の取り方(特定メーカーの場合)

特定メーカの出品許可には、必要書類をまず揃えます。

1:「出品許可申請」というボタンをクリックします。

2:いずれかの書類を用意します。
メーカーからの販売許可は難しいので請求書を用意する方が容易でしょう。

3:必要書類をAmazonに送信する

この作業をするだけで、出品許可を取ることができますので、他の出品者との差をつけていくことができます。
出品許可の条件はメーカーによって異なるので、調べて必要な書類や条件を満たしていきましょう。

出品制限があるメーカーについて

出品制限がかかるメーカーは、今後増えてくる傾向が予想されます。

しかしせどりや転売をする人がいるという事は、Amazonに利益をもたらしているとも言えます。
営利企業であるAmazonという企業が、せどりや出品する人が壊滅する状況は作りません。出品者の減少は、Amazonの利益の減少につながるからです。

またFBAの倉庫についても、たくさんの従業員がいるので、Amazonを利用して購入してもらう人が増えないと、FBA倉庫で働く従業員の仕事がなくなってしまう事になります。

どうしてもメーカーなどを守るために、こうした出品制限が必要になってきますし、特に新品の出品に関して制限がかけられています。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法
>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

Amazonの刈り取りとはどういった仕入れ方法なのか?

Amazonでの出品をしていると、Amazon刈り取りという言葉が存在しています。

この仕入れ方法を知っていると、どのような対策をしていくのかが見えてきます。

Amazon刈り取りとは、簡単に説明をすると、Amazonで仕入れをしてAmazonで転売するという方法です。

Amazonで販売する商品には、出品者の数が多い商品もあります。
それだけ出品者が多いと販売している価格にも差が生じてきます。

その販売価格差が5000円から10,000円まで広がる事も実際にあります。
この販売価格差を活かして、再出品することが専門用語で「刈り取る」と呼ばれている出品方法です。

なぜここまで価格差が生じるのかというと、大きく分けて2つの理由です。

・どうしても早く売りさばきたい
支払い期日に追われている出品者の場合、現金が欲しいので安く販売することがあります。

・評価が欲しいので安く出品する
新しくAmazonで出品している人は、評価が欲しいので安く出品していることがあります。

このような出品者を狙って安く仕入れるのが「刈り取り」と呼ばれている手法なのです。

Amazonの刈り取り禁止への対策方法はあるのか?

変更になった規約の要点をまとめると、個人事業主を除く個人から仕入れて転売ができないこと、さらにAmazonで仕入れた商品を再出品してはいけないという2点になります。

それで基本的にできる対策として、請求書で取引できる業者から仕入れをするということです。
基準が明記されていないので、個人と業者の違いがはっきりしていませんが、請求書などがあれば、ビジネスとして仕入れをしている証拠になります。

忘れずに請求書、領収書などをもらっておき、対策をしておきましょう。

さらに転売禁止についてですが、これは新品商品としての販売が不可という意味です。

つまりもし刈り取りをして仕入れをしたのであれば、新品としては出品不可になります。
中古品や再生品としては出品することができますので、新品としては出品しないようにします。

商品の状態によっては、新品なのにという事もあるかと思いますが、規約の変更によってAmazon内で仕入れたものについては、中古品や再生品として出品することが求められます。

Amazonの中での販売については、エンジニアが把握していますので、ばれないという軽い気持ちで規約を違反しないように、条件を再確認したいものです。

刈り取りをして販売した場合はどうなる?

刈り取りをして販売していた場合に起きるケースとして3つあります。

1つ目は、Amazonへのライバル出品者のチクリです。

ライバルを蹴落とし、生き残るためにチクリは良く利用される手段ですが、刈り取りを対象にこの方法が増えていくことが考えられます。

具体的には、この商品は偽物だったという報告がされます。
Amazonはこうした報告を聞くと、購入者を守るために、商品の証明を求めてきます。

もしこの時に個人から仕入れていると、商品を証明する書類がないので、規約を守っているという証拠がないという事態になります。

2つ目はペナルティでアカウントが停止するという事です。

運営側から新品の条件を満たしていないという事で、クレームが入るというケースもあります。

証明書を提出しない限り、アカウントが停止され、解除されないという事も考えられます。アカウントが停止していると、販売が差し止めになり、入金もされません。

もし商品の支払いが残っているのであれば、この入金が充てられるはずの支払先に、支払いができないという事態になりかねません。

最後の3つ目にアカウントの永久停止が考えられます。

アカウントの一時停止であれば、再開の可能性は残されています。

しかし証明書を用意できずに、アカウント閉鎖の場合は復活させることが不可能です。
在庫も引き上げる必要があり、今後の再開も期待できません。

規約変更後のすべきことは?

規約変更などから考えられるのは、Amazonとして求めてる商品があるということです。

それは卸業者から仕入れた正規商品、さらに自社のオリジナル商品の2つです。

長い目で見ると、今回の規約変更でもそれほどの影響が出ないと考えられますが、これからの規約変更にも注意が必要です。

もしこれまで個人出品している場所から仕入れをしていたのであれば、この新品条件に引っかかる可能性が高まります。
しかし個人から仕入れているということが、クレームとして入るというケースはそれほど考えられないので、クレームが入る多くのケースは刈り取りをした場合でしょう。

この場合他の出品者からの通報によって、運営側からのクレームが入る可能性があります。

それでしっかりとした卸業者という仕入れ先からの仕入れが重要になります。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

Amazonの転売の出品規制を回避する方法

Amazonの出品規制が複雑になってきているので、何が出品可能で、どの商品が規制がかかっているのか分かりにくくなっています。解除ができる商品と分かっているのであれば、問題なく販売できるのですが、後で規制がかかっていることに気付くと、仕入れが無駄になってしまいます。

出品規制を回避する方法について解説していきましょう。

Amazonの出品規制を最初に見ておく

商品を仕入れてから、出品規制がかかっていることに、気付くこともあります。
しかしもし規制がかかっている商品が分かっていれば、この問題を防ぐことができます。

まずは仕入れをする段階で、規制の確認をすることができます。
出品を新規でする際には、出品登録をするはずですので、その段階で確認も同時にしていきます。

実店舗での仕入れであれば、セラーアプリで、パソコンからの場合はセラーセントラルで確認をします。

Amazonセラーアプリか、セラーセントラルでの確認方法

スマホのアプリでAmazonセラーという売り上げを確認し、出品もできるアプリがあります。

これはAndroidでもiosでもどちらでもダウンロード可能なアプリで、店舗で商品を探している場合に、利益がある商品を見つければ、その場で出品登録までできてしまいます。
そうすると、出品可能なのか、また手数料がいくらなのかなども分かります。

まずはバーコードをカメラ機能で見ていきます。

すると「出品」というボタンが出現しますので、これを押します。

次の画面では、何が出品できるのか、コンディションの選択があります。
新品・中古・コレクターなどから、出品可能なものが表示されます。

もし出品不可の商品であれば、Amazonに出品できないと表示されていきます。

これで商品を登録する前に、出品できるのかを確認できます。

パソコンを使っている場合は、セラーセントラルのカテゴリ登録から確認していきます。

「商品を1点ずつ登録する」という画面で、型番やJANコードで登録をしてみます。

出品登録をしてみると、出品規制があるのかどうか確認できます。

手間を省いて出品を

出品規制されている商品はたくさんあります。
初めて仕入れをする商品であれば、特に慎重に仕入れをしないと、赤字になったり、オークションで売るという手間が増えたりします。

出品登録を先にしてしまうという方法を使って、出品可能なのかどうか先に確認をします。
手間がかかることは省くか、先に確認をしてしまうのが、後でさらに面倒にならないためにできることです。

効率よく出品することで、売り上げの向上につなげていきましょう。

Amazonで転売するならFBAがおすすめな理由

Amazonで転売をするのであれば、商品の梱包と発送が必要になります。この納品作業は、売り上げには関係ないので、できる限り減らすのが効率化への道です。

それで効率よく発送作業を進めていく上で、FBAというサービスが効果的です。

転売している方向けのFBAサービスの詳細

FBAというのは、フルフィルメント by Amazonの略で、登録をするとAmazonの物流を効率よくしてくれるものです。

転売をするうえで非常に重要ですので、利用の仕方を把握しておきましょう。

FBAのサービスはどんな人に向いているのか?

1:発送の手間が省けるということ。
売れた商品を発送する作業を自分でしていると、時間も手間もかかるので、一番面倒な作業です。

しかしFBAのサービスなら、商品が売れた際に商品を梱包して発送までしてくれる、便利な代行サービスをしてくれます。
梱包や発送のアルバイトや外注を雇う事もできますが、費用がかかります。
でもAmazonのFBAの場合は、小型商品で約100円、大型商品で約500円で梱包から発送まで代行してくれます。

2:Amazonの段ボールで梱包されるという事。
Amazonで買ったのに、良くわからない会社の段ボールで郵送されてくると、予想している商品と異なるイメージを与えてしまう可能性があります。

しかしAmazonのFBAなら、Amazonのロゴがかいている段ボールで発送されるので、Amazonの商品として扱われるというメリットです。
ネームバリューがあるので、購入者としても安心して利用できます。

3:到着までの早さ。

ネットで商品を購入すると、商品の到着まで時間がかかります。
しかしFBAなら、ネット購入でのこのデメリットを最小限にすることができます。

自己発送よりも早く購入者のところへと届けてくれるので、購入者としてもメリットがあります。

4:販売する商品がプライム対象商品になる

アマゾンプライムというのは、月額400円か年間料金3900円を払う事で、音楽配信やビデオが楽しめたり、プライム対象商品の送料が無料になるというサービスです。

FBAに登録すると、転売する商品もAmazonプライム対象になります。
プライム対象商品には、このような印が付いています。

これがあるとプライム会員は送料無料で、手元に届けてもらうことができるので、売り上げの回転が速くなります。

5:ギフトラッピングやメッセージの対応

ギフトラッピングは、通常の段ボールではなく、プレゼント用のギフトラッピングで梱包してくれ、値札や納品書も外してくれるサービスです。

ギフトラッピングを利用する方も意外と多いので、対応しているというのは、売り上げを伸ばすのに大切な要素です。
購入者もボタン一つで、ギフト包装してもらえるので、対応商品の方から選ぶことも多いです。

6:カートが取りやすくなる

これが一番大きなメリットになります。

カートが取りやすくなるというのは、商品のトップページに来ることが多くなるということです。
もちろんその方が売れやすくなるので、FBAのサービスを利用するメリットが多いと言えます。

これらのメリットを活かしていきたいという方が、FBAのサービスを利用すべき人です。
予想よりも、かなりのメリットがあることに気付かれるでしょう。

AmazonのFBAを利用すべき3つの理由

1つ目は購入者の送料が無料になることです。

この送料の一部はAmazonが負担しているとされ、購入者にとって大きなメリットをもたらします。
カートが取れやすくなり、送料の負担が少なく商品を販売できるのが、成功するうえで大きなポイントになります。

2つ目に時間の自由があります。

梱包と発送をAmazonがしてくれるので、倉庫に商品を納品するだけで、商品を販売できます。
旅行に出かけていても、梱包と発送をしてくれるので、商品に触れずにして商品の発送が完了します。

3つ目に、パソコン一つで商品の販売が完了するということです。

転売やせどりをする上でパソコンは必要ですが、FBAのサービスを利用すると、パソコン上で操作をするだけで商品の発送が完了します。

まさにパソコン一つでビジネスができてしまうのです。

規約には柔軟にしかし素早く対応する

規約の変更によって仕入先が変わるという出品者も多いかもしれません。
しかし規約というのは、購入者のためにあるものなので、Amazonとしては必要な変更になります。
購入者が気持ちよく買い物ができるように、Amazonも販売環境を整えているのです。

これを理解すれば、出品者としてはAmazonが設けている規約を理解し、規約に沿って購入者に貢献することが必要です。
Amazonという販売場所を借りているという認識があれば、規約に沿って販売するのも苦になりません。

規約が変更になる時は、ビジネスが大きくなるチャンスでもあります。柔軟に対応して、ライバルよりも早くチャンスをつかみましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法