スキル

【Webライター】初心者でも副業で月10万稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「文章を書く仕事」と聞くとどのような仕事を思い浮かべるでしょうか?小説家やコピーライター、グルメライターなど種類はたくさんあります。

文章を書くというの仕事は、人の手によるものでしか魅力的なものは書けないので、IT文明が進んでいる昨今でもライターという仕事は人気があります。その為専門的な知識や秀でた才能が必要にも感じますが、ライターの副業というものは初心者でもできるのです。その中でも「Webライター」は自宅にいながらできる仕事で、副業としてとても人気があります。

Webライターになる方法は?

Webライターを始めるには難しい試験や資格も必要なく、誰でもすぐに始められる職業です。強いて言うなら、どこかからか注文を受けて、文章を執筆して、報酬をもらった時点で誰でもフリーのWebライターです。そうなる為にも、まずは注文を受けることから始まりますので、どこで注文を受けるのかをご紹介します。

クラウドソーシングで受注する

Webライティングの仕事をする為に一番手っ取り早い方法はクラウドソーシングサイト通じて受注する事です。その理由としては何よりも案件の多さです。クラウドソーシングサイトでは常に数千件の案件があり、自分に合った案件を選べるような状態です。

初心者向けの簡単な案件は報酬が低く、難しい案件ほど報酬が高くなるのが一般的です。有料のクラウドソーシングサイトもありますが初めてWebライターをするなら無料のサイトでも十分始められます。

メディを通じて応募する

メディアがWebライターを募集している場合もありますので、それに応募して受注することも可能です。ネットで検索すれば、ニュースのライティングやスピーチの文字起こしなど募集内容はさまざまです。

ほとんどの場合経験者を募集しているので、初心者の時に応募するのはハードルが高くなります。編集者がいて自分の書いた文章をチェックされるのでスキルアップにもつながりますが、採用の前提としてある程度の知識と技術も必要です。好きなメディアがあるなら、そこへ応募して受注するのもおすすめです。

企業専属のWebライターになる

メディアを運営する企業がWebライターを募集していることもあり就職、転職サイトでは募集していることが多いです。企業と雇用契約をする形になるので時給や月給での報酬になることが多いので、フリーWebライターをするよりも安定的に収入を得られます。

ただ、企業に雇用されるということは企業の縛りがあるので、会議や行事への参加が必要な場合もあります。また、ライティング以外にも編集など他の仕事をする可能性もあります。フリーWebライターよりも自由がなくなるということは理解しておきましょう。

Webライターが初心者におすすめの理由は?

Webライターは初心者におすすめですが、その理由をご紹介します。

自由度の高い業種であること

Webライターは「フリーランス」というカテゴリになり、自分で仕事の場所、時間を決めて作業をすることができます。自分がどれぐらい稼ぎたいかにもよりますが、自分の都合に合わせて受注すればプライベートや本業に支障なく副業としてすることも可能です。

また、会社に行かなくても作業ができるので自宅やお気に入りのカフェでもライティングができます。パソコンとネット環境があればできるので、都心から離れて暮らしたいという人でも、フリーWebライターとして働くことができます。

今後の可能性を広げられる

ライティングスキルを身に付けることによって、今後のできる仕事の幅がグッと広がります。「文章を書く」というスキルは地道に努力してしか身につかないスキルなので、ライティングスキルが身につけばメディアやマーケティングの会社へ就職することもできます。

また、Webサイトを運営をしている会社は非常に増えてきているので、幅広い業種での活躍が期待できます。ITが進めば進むほどライターの活躍できる場面は増えるので、今後は今よりもっとチャンスが広がっていきます。

専門的なスキルを身につけられる

Webライターとしての経験値を積むことで文章能力だけではなく、様々なスキルを身に付けることができます。また、文章の構成能力が身につくと人前で話す時にも相手に伝わりやすい話し方ができるので、プレゼン能力を伸ばすヒントにもなります。ライティングをする時に色々な情報を取り扱うので情報に敏感になり、マーケティングの知識を身に付けることもできます。

作業効率が上がれば報酬もその分増えていくので、スキルが身につけば他の人との差別化もできます。スキルが身につき能力の分だけ報酬が増えるというのも、Webライターの大きな魅力です。

Webライターに必要な能力は?

Webライターといっても、その仕事内容はさまざまです。Webサイト制作でのライターの仕事内容はページのコンセプトに基づいた記事を作成して、発注社とコミュニケーションを取ってその要望に答えるという内容になります。具体的に情報をまとめるのかキャッチコピーを作成するのか、説明文を考えるのかは様々です。

Webライターに一番必要な能力は発注者の要望を汲み取り、それにライターとして応えることが一番重要になります。その為に何が必要になるのかをご紹介しまします。

コミュニケーションスキルについて

ライティングの注文をする人であるクライアントが求めている事を打ち合わせの内容で汲み取る能力は、Webライターをする上では大切になります。Webライターという仕事は自分自身を商品として営業をして、技能を発揮する仕事という事を理解しましょう。

常に周りにアンテナを張っておいて、色々な分野の情報をキャッチしておく必要があります。また、文章を構成するためのライティング技術も色々な文章を読む事で身につくので情報サイトや本、雑誌などを見て文章力を身につけましょう。他のページでは、どのような情報の発信方法なのかを見て学んでおく事で、自分の引き出しも増えます。

正確な情報を集める能力

Webライターとして案件を扱う時、クライアントの要望を叶える為に情報を収集するという作業があります。その時に正しい情報を探して、さらに深掘りして自分にしかできない情報発信の方法をクライアントに提示することでライターのしての価値が上がります。そのための行動力と情報を調べる能力はWebライターとして大切な能力です。また、常日頃から様々な情報を仕入れておくと自分の情報の引き出しが多くなります。

ライティングをする時には他のページを参考にすることがあるかと思いますが、その内容に自分のオリジナル性を上手く含ませるというスキルも必要です。

仕入れた情報をどのように上手く使うのか、それがWebライターとして重要な能力です。ライティングをするにあたっての国家資格やTOEICのような目安はありません。その為決まった勉強方法がないので、情報を上手く取り扱い自分のライティングスキルを伸ばしていく必要があります。

自分だけにしか書けない文章を書く能力

誰でも簡単に始められるWebライターだからこそ、ライバルは多くネット上には多くのWebページが存在して多くの文章があります。その為、現存するような文章構成ではそれを読んだ時の魅力は半減してしまいます。

自分にしか書くことができない文章を意識して、読む人にとって魅力的な文章でなければなりません。そのための文章を考える能力も、Webライターには大切です。

得意分野の専門知識を身に付ける

Webライターとして仕事をする時、どのようなカテゴリを得意分野としていくのかを事前に決めておく事がオススメです。今まで自分がしてきた事を踏まえて、その事を深く知らないとわからないような専門知識を持っていると、ライターとして活動する時にも得意分野にできます。

インターネット常には乗っていないような限られた人が知っているような情報を書くことができれば、それだけでその文章は非常に価値のあるの文章になります。専門的な知識を身につけてその事を発揮できるカテゴリーで執筆するとWebライターとしての評価も高くなります。

SEOに関する知識も身につけておく

SEOとは「検索エンジン最適化」を意味する言葉で、「Search Engine Optimization」の略語です。検索エンジンで上位に表示される為の対策で、Webページをどのようにして上位に表示させるかを工夫するかがWebサイトを作る時には重要です。その為の文章を考えるのもWebライターの重要な役割です。

一言で言うと「質」の良い文章を考える必要があり、読み手がどのような気持ちになるかを考察して文章をライティングしていきます。自分自身、読み手、クライアントのどの方面にもネガティブでなくポイジティブな印象を与えるライティングを心がけましょう。

Webライターとして稼ぐ為には?

Webライターとして稼ぐ為の、大切な情報をご紹介します。ご紹介する内容に注意してWebライターとして活動すれば、効率良く稼ぐことができます。

文字単価を意識する

Webライターとして活動する為に案件を探す時に、「文字単価」というキーワードが出てきます。文字単価といは1文字あたり何円の報酬が出るのか、という報酬の基準です。1案件につきどれぐらいの文字数が必要かを考慮して、報酬を文字数でを割ると文字単価が出てきます。

活動したてのころは文字単価0.3〜0.5円でコツコツと地道に実績と知識を蓄えるのが一般的です。慣れてきたら文字単価1円から1.5円の案件を扱うようになり、執筆スピードも向上するので数万円を稼ぐことも可能です。同じところから何度も受注を繰り返していると、能力が認めらて文字単価が上がることもあります。

得意な分野でライティングをする

自分の得意分野で執筆をすることも、効率よく稼ぐには重要です。知らない分野だと調べる作業に時間がかかってしまい、執筆スピードも遅くなります。また、既出の情報ばかりになるので内容が薄くないり、魅力的なライティングができません。

自分が得意な分野でライティングをする事で、知っている知識やその知識の深掘りした情報を調べるだけでリサーチにも時間がかかりません。また、自分自身が体験した事やインターネットに無いような情報をライティングすることもできます。自分の得意な内容であれば文字数を稼ぐこともできるので、作業スピードも向上して効率よく稼ぐことができます。

目安は30記事を納品すること

Webライターとして活動して同じクライアントから30案件ほど納品したタイミングで、単価交渉をすることも考えてみましょう。クライアントからすればこちらの要望を汲み取ってくれて、自分のイメージに近いものを描いてくれるライターに対して、単価を上げて今後も納品してほしいという気持ちがあります。単価を交渉することはライターとしてはステップアップにも繋がるので、30案件を目安に単価交渉をしてみましょう。

単価を上げる為に必要な能力を身につける

単価を上げるには、それに応じた能力を身に付けることも大切です。パソコンを取り扱う仕事なので色々なものがありますが、とくにオススメのスキルをご紹介します。

たとえば、先ほどご紹介した「SEO対策」に関するスキルや、イラストレーターやフォトショップを使うスキルがオススメです。文章とWebデザインができるようになると、ライティングと同時にデザインの仕事を受注することも可能になります。同じクライアントから受けることで、より効率よく単価を上げることができます。

単価の交渉をする

先ほどご紹介したように30記事の納品を目安に、単価を上げてもらう交渉をしてみましょう。もちろん交渉をするだけのライティングスピードや内容が必要になりますが、不安に思わず一度ダメ元で交渉してみましょう。

実績や経験の分だけ単価が上がるのは、仕事をする上では当然のことです。何年も同じ報酬で納品していること自体が、間違いであり損をしていると理解しましょう。また、こちらから単価交渉を切り出すことが重要で、クライアントから単価を上げると提案することはあまりありません。

というのも、クライアントはできる限り低コスで高パフォーマンスなライティングを求めているからです。ライターから単価交渉をする事でクライアントは「単価を上げないと他に行ってしまうかもしれない」という危機感も感じるので、勇気を出して切り出してみましょう。事前に単価を上げてもらう為の条件を話しておくことも、可能であればしておくと自分の目標にもなります。

まとめ

Webライターは誰でも始められる仕事ですが、奥が深くて稼ぎたいならスキルが必要な仕事です。自分にしかできないライティングスキルを身に付ける事で今よりももっと稼ぐことができます。今回の内容を参考にして安定した年収アップを目指して、Webライターとして成長できるように頑張りましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る